髪の毛を早く乾かす方法7選!【簡単裏技】

髪の毛を早く乾かす方法を7選ご用意しました。ロングのヘアスタイルをしてみたいけど、長い髪の毛を乾かすのは大変。少しでも髪の毛を早く乾かす方法があるのなら知りたいですよね。上手なタオルドライの仕方やドライヤーの方法、髪を乾かす便利グッズなどもご紹介します!

髪の毛を早く乾かす方法7選!【簡単裏技】のイメージ

目次

  1. とにかく髪の毛を早く乾かす方法が知りたい!
  2. 髪の毛を早く乾かす方法7選
  3. 【髪の毛を早く乾かす方法】1.浴室近くでは乾かさない!
  4. 【髪の毛を早く乾かす方法】2.タオルは2枚使い!
  5. 【髪の毛を早く乾かす方法】3.上手なタオルドライの方法
  6. 【髪の毛を早く乾かす方法】4.ドライヤー前に髪をとく!
  7. 【髪の毛を早く乾かす方法】5.ペーパーで毛先の水分を吸う!
  8. 【髪の毛を早く乾かす方法】6.風量の強いドライヤーを使う!
  9. 【髪の毛を早く乾かす方法】7.タオルの上からドライヤー!
  10. 髪の毛を早く乾かすドライヤーの使い方
  11. 髪の毛を早く乾かすタオルの選び方
  12. 髪の毛を早く乾かす便利グッズいろいろ
  13. 髪の毛の乾かし過ぎに注意!ドライヤーの目安は?
  14. つやつや髪になるためのポイントおさらい♪
  15. 【まとめ】綺麗な髪の毛は女の命です♡

とにかく髪の毛を早く乾かす方法が知りたい!

髪の毛を乾かすのが面倒…。

男性にはあまり共感を得られないかもしれませんが、ロングのヘアスタイルや、髪量が多い人ならきっと「わかるわかる」と言ってくれると思います。

夏場はドライヤーするだけで汗だくだし、冬は早く髪の毛を乾かさないと、体の芯まで冷えて風邪を引きそうになる。

と、いうことで、「髪の毛を早く乾かす方法」をシンプルにまとめてみたいと思います。

いつものやり方と違うものがあったら、是非取り入れてみて下さいね。

乾かす場所や、タオルの使い方、ドライヤーの使い方などはすぐにでも実践していただけると思います。

ドライヤーの選び方や、髪の毛を綺麗に早く乾かす便利グッズなどもご紹介していきますよ。

綺麗な髪の毛キープできれば、女子力アップに繋がること間違いなしです!


◆関連記事:他の髪の悩みを解決したいアナタはこちらもどうぞ

髪の毛がベタベタする原因は?改善方法5選解説!
くせ毛の直し方は?髪の毛がくせ毛になる原因は?

髪の毛を早く乾かす方法7選

ヘアスタイルを選ぶ時に、ロングは髪の毛を乾かすのが面倒だからと躊躇しません?

実際に私もロングのヘアスタイルに憧れて、セミロングのヘアスタイルまで頑張って伸ばすものの、綺麗なままで髪の毛を伸ばせない&髪の毛を乾かすのがとても面倒なので、挫折しちゃいました。現在のヘアスタイルは肩にとどかないぐらいのボブで定着しています。

正しいタオルドライのやり方と、ちょっとしたコツを覚えて実践するだけで、通常の2倍の速さで髪の毛を早く乾かすことができるんですって。

そう聞いちゃうと、ロングのヘアスタイルにする夢、再熱しちゃいました。

早く髪の毛を乾かす方法を7つにまとめてみましたので、できるものをぜひ試してみて下さいね。

全部すれば、きっと通常よりもずっとずっと早く、髪の毛を乾かすことができますよ♪

【髪の毛を早く乾かす方法】1.浴室近くでは乾かさない!

まずは、乾かす場所についてです。

みなさんは、どこで髪の毛を乾かしていますか?浴室のドア開けっぱなしの脱衣所とか、浴室近くの洗面所などでドライヤーする人も多いのではないでしょうか。

これって、早く髪の毛を乾かす方法としては、いまいちなんですよ。

だって、浴室近くはどうしても湿度が高いです。空気中の水分が多いってことは、髪の毛の水分を蒸発させるのにも時間がかかってしまいます。

なので、なるべく湿度が低い部屋を髪の毛を乾かす場所として選ぶのが正解。

冬場は寒いので暖かい場所に限りますが、家族の邪魔にならないようならリビング、あとは寝室なども髪の毛を乾かす場所としてはいいでしょう。

【髪の毛を早く乾かす方法】2.タオルは2枚使い!

みなさん、湯上りのタオルドライは、どんなタオルを使用していますか?

大きなバスタオル一枚?

それとも、体はバスタオル、髪用にもう一枚タオルを使う感じ?

髪の毛を早く乾かす方法としては、「髪用に2枚のタオルを使用する」のがいいですよ。

まずは、大体の水分を一枚目のタオルで吸い取る。そして乾いた2枚目のタオルを頭に巻き付ける。

これで随分髪の毛の水分を減らせます。お試しあれ♪

【髪の毛を早く乾かす方法】3.上手なタオルドライの方法

あんまり大げさに考えなくても大丈夫です。タオルドライの手順を覚えてしまえば、あとはなんにも考えなくても身体が勝手に動いちゃいますよ。

上手なタオルドライの方法をご紹介しますね。
基本的にこちらのタオルドライで使うタオルも2枚ぐらいは用意しておきましょう。タオルが濡れて水分を吸いにくくなったと感じたら、新しいタオルと交換します。

上手なタオルドライの方法

(1)一番最初に拭くのは、髪の毛の根元や頭皮です。タオルを頭に被せて優しく頭皮に押し当てるようにして水分を拭っていきます。頭皮を揉むように手や指を動かすのもポイント。

(2)髪の毛の根元の水分をとったら、次は髪の毛の中間から毛先の水気を吸っていきます。髪の毛の束をタオルで挟み込むようにして、両手でパンパンと優しく叩いていく感じ。中間から毛先へと降りていくイメージですよ。

(3)髪の毛の根元の時も、毛先の時も同じですが、ガシガシとタオルで強くこすったり、髪の毛同士を摩擦させないように注意しましょう。

髪の毛は濡れている時が一番ダメージを受けやすいです。優しく水分を吸い取るイメージを大切にしてくださいね。

ココで便利グッズを使うとGOOD!

タオルの素材にこだわると、さらに髪の毛を早く乾かすことができますよ。

髪を早く乾かすグッズとして、マイクロファイバーのタオルがオススメ。後にどんなものかを説明しますね。

一度洗髪してからもう一度半身浴などをする人は、ターバンやタオルで髪を巻いてからにしましょう。

【髪の毛を早く乾かす方法】4.ドライヤー前に髪をとく!

しっかりタオルドライをした後は、ブラッシング!

とはいえ、通常のブラッシングのような細かい作業は必要ありません。

目的は、

(1)髪の引っかかりをなくす
(2)根元に残った水分をなるべく毛先にもっていく
(3)髪の毛を大まかに整えて、ヘアスタイルを作りやすくする

と、この3つ。

なので、目の荒いブラシやコームを使用します。くれぐれもいきなり根元からブラシを通さないように。
毛先から順にくしを通し、中間、そして根元と、区切ってブラシを軽く当ててあげましょう。

髪の毛はまだ濡れている状態なので、無理にブラシをすると髪にダメージを与えてしまうので、優しく髪を梳いていきます。

ココで便利グッズを使うとGOOD!

ここで、髪の毛を早く乾かす便利グッズを使用する方法もありますよ。

髪用の速乾スプレーや、ドライヤーの熱から髪を守るアウトバストリートメントもオススメ。

髪を乾かしながらヘアスタイルを作るにも、使用すると綺麗にヘアスタイルを作れるようになります。

【髪の毛を早く乾かす方法】5.ペーパーで毛先の水分を吸う!

タオルドライの後、さらにティッシュペーパーやキッチンペーパーなどで、中間から毛先の水分を吸うとよりドライヤーをする時間が短縮できますよ。

やり方は、タオルドライの終盤と同じ感じ。毛束をペーパーで挟んで優しく押してあげるだけ。一回に何枚もペーパーを使う必要はなく、2~3枚の使用で大丈夫です。

【髪の毛を早く乾かす方法】6.風量の強いドライヤーを使う!

髪を早く乾かす方法としては、やはりドライヤーを使うのがいい方法ではあります。

どんなドライヤーがいいのかというと、早く乾かすという点においては、熱よりも風量を優先するといいです。

もしも新しくドライヤーを買い替えようと考えている人がいるのなら、風量を気にしながら選ぶのがオススメですね。

音が静かとか、熱くなりすぎないのでヘアスタイルに時間がかかる人用のものとか、いろいろドライヤーを選ぶ時の基準は変化すると思います。

その中でも髪を早く乾かすのを目的とするなら、風力が強い方が良いことを覚えておきましょう。

ちなみに、風量1.3m3/分以上あれば十分に風力があると判断して良いみたいですね。

【髪の毛を早く乾かす方法】7.タオルの上からドライヤー!

ここで、昔テレビで紹介された裏ワザ的な髪の毛を早く乾かす方法をご紹介しますね。

(1)タオルで大体の水分をとった髪の毛に、新しいタオルを被せる。

(2)タオルの上からドライヤーを当てる。

(3)一部分だけに風を送るのではなく、手を動かしながらまんべんなくタオルの上からドライヤーをするのがコツ。

一見、なんだか余計髪の毛が乾くのが遅くなりそうな方法ですが、実際は通常の半分ぐらいの速さで髪の毛が乾くのだそうですよ。

髪の毛の水分をタオルが吸う→タオルの水分をドライヤーの熱で蒸発させる→タオルが乾いてまた髪の毛の水分を吸う

といった感じで、タオルの吸水力が断然アップするのだそう。

髪の毛に直接ドライヤーの熱を当てないことも利点ですから、髪の毛に優しい即効性のある乾かし方になりますね。

髪の毛を早く乾かすドライヤーの使い方

髪の毛を早く乾かす方法として、ドライヤーはもっとも便利なグッズですよね。

でもその便利グッズも使い方を間違えると、髪にダメージを与えてしまったり、髪の毛に変な癖をつけてしまいヘアスタイルを作る邪魔になったりもしかねません。

髪の毛を早く乾かすドライヤーの使い方、ご紹介しますね。

髪の毛を早く乾かすドライヤーの使い方

タオルで大まかの水分を吸い取ってからドライヤーを当てていきます。水分を多く含んだままでドライヤーを始めてしまうと、時間がかかってしまったり、髪を痛める結果になりますので注意しましょう。

(1)ドライヤーは髪の根元から毛先に向かって風を当てるようにします。

(2)髪の毛の根元に当てたいからと、頭を下に下げて髪の流れを逆にしてドライヤーを当てるのは、あまりお勧めできません。(髪に変な癖がついて不必要なボリュームがでる場合があるため)

(3)お勧めするドライヤーの当て方は、髪の毛をブロック分けすること。襟足、中間、頭部と、3か所ぐらいを目安にドライヤーを当てていきます。

(4)頭をまっすぐにして横に輪切りにするイメージ。まずは襟足部分の髪の毛だけを残しあとはクリップかヘアゴムで押さえておく。襟足の髪の毛にドライアーの熱風を上から当てていきます。少し指先で髪を動かしてあげましょう。

(5)粗方の水分が飛んだら、次は頭の上部三分の一の髪をクリップでとめて中間の髪の毛を乾かしていきます。こちらもドライアーの熱風を上からあてる。根元から毛先にむけて風を送っていくイメージです。

(6)最後に、トップの髪もほどき、全体的に上からドライヤーの熱風を当てる。

こうすると、根元の髪が早く乾き、変な癖が残ることはほぼありませんし、髪のキューティクルを傷めることも最小限に抑えることができるでしょう。

髪の毛を早く乾かすタオルの選び方

前の章でもご紹介した吸水力に優れた便利グッズとして、マイクロファイバーの素材でできたタオルをご紹介しますね。

マイクロファイバーのタオルとは、繊維の隙間がすごく小さいのが特徴で、繊維の隙間に水分が吸収されるため通常のタオルよりも吸水力がぐんと高いのですね。

また、化学繊維でできているためタオル自体の乾燥もとても早いです。

髪の毛の痛みが気になる人は、マイクロファイバーのタオル使用をお勧めしますよ♪

髪の毛を早く乾かす便利グッズいろいろ

髪の毛を早く乾かす便利グッズは、ドライヤーやマイクロファイバーのタオルだけじゃありませんよ。

他にも安価で便利なグッズが色々と登場していますので、一部ですがご紹介しておきましょう。

100均ショップでも購入できるものもあるので、気軽に試せそうですね。

マイクロファイバー手袋

見た目は軍手?モコモコした柔らか素材の手袋といった風貌。

マイクロファイバーの手袋をして、ドライヤーをすると早く髪の毛を乾かすことができるのだそう。

テレビの番組にも紹介されていたみたいですね。100均ショップで購入可能です。

こちら、ドライヤーをする際に手袋をしているため、髪が乾いたか確認しづらいのが難点なんだとか。オーバードライしないように、様子見しながら使用しましょう。

マイクロファイバー付きブラシ

ブラシにマイクロファイバー生地のモコモコしたのがついている感じのブラシ。イメージできますかね?

タオルドライ後にブラシで髪をとくのに使うと良さそうですよね。さらに、ドライヤーを使用時にも使うと時短できそうです。

通販などで大体1000円弱ぐらいで購入できそう。(定価は2000円ほど)

一度、使ってみたいですね。

髪用速乾スプレー

そして、髪用の速乾スプレーもありますよ。

雑誌やSNSでもよく話題に出されていますよね。乾かす前の濡れた髪の毛に拭きかけるスプレーなんですが、濡れた髪にスプレーして、余計に早く乾くってなんだか不思議な感じですよね。

速乾スプレーは、ドライヤーの熱から髪の毛を保護する成分や髪にツヤを与えてくれるものが多くあります。

スプレーを吹きかけてドライヤーをすると、水分だけ蒸発してトリートメント効果は残ってくれるのこと。ドライヤーする時間が短くなって、スプレーの成分のお陰で手触りの良い髪質になると人気は上々のようですね。

髪質が太い人や、ロングのヘアスタイルの人には、速乾スプレーはオススメ商品です。

速乾スプレーの値段は1000円台のモノから2000円ぐらいが多い感じですね。

本当にね、髪の長い人は本当に髪の毛を乾かすの大変なんですよ。速乾スプレーを使うと、髪の毛にまんべんなくドライヤーの風を当てられるみたい。

サラサラロングのヘアスタイル、憧れますよね。私も速乾スプレー、使ってみようと思います!

髪の毛の乾かし過ぎに注意!ドライヤーの目安は?

髪は濡れている時が一番ダメージを受けると言いますよね。

こう聞いちゃうと、しっかりとブローしなきゃって念入りなドライヤーをしやすくなってしまうんですが、これって髪には良くないみたいです。

乾かし切ったと思った時には、大体がオーバードライ、乾かし過ぎになるんですって。

ドライヤーの目安は、8割ぐらい乾いたかな、と思うぐらいが良いのだとか。それも髪の根元がしっかり軽くなっているとなお良いのこと。

8割ぐらい乾いたかなと思ったら、ドライヤーの風を温風から冷風に変えて全体的に空気を入れて髪の毛を冷やしてあげるといいみたいですよ。

つやつや髪になるためのポイントおさらい♪

さて、髪の毛を早く乾かす方法について、色々まとめてきました。

早く乾かすということは、髪のダメージを減らすことにも繋がり、つやつや髪になれるポイントにもなります。

ここでは、つやつや髪になるためのポイントを押さえておきたいと思いますよ。

髪の毛を乾かすのがいくら早くても、ボロボロの髪の毛だと嫌ですものね。

つやつや髪になるポイント

つやつや髪になるためには髪のキューティクルを守ることが大切。

そのためにできることは、

(1)ブラッシングはつや髪キープにとても重要。髪の汚れやほこり、もつれを梳いて、頭皮の血行もよくなる。
(2)シャンプー&トリートメントで髪の汚れを取り、ダメージ修復をする。
(3)濡れた髪の毛をなるべく早く乾かす。この場合、乾かし過ぎに注意。
(4)ダメージをうけた髪や、乾燥が目立つ髪にはトリートメント効果のあるスプレーや洗い流さないトリートメントを使うのもGOOD!


ヘアケアの基本はこの4つ。
そして、寝不足や不規則な生活、バランスのとれた食生活ができれば完璧ですね。

自分のライフスタイルや髪の状態に合わせて、できることからやってみましょう。

【まとめ】綺麗な髪の毛は女の命です♡

綺麗で素直な髪の毛を手に入れることで、やってみたいヘアスタイルにもチャレンジしやすくなるし、お洒落にも自信がつきますよね。

綺麗で素直な髪を手に入れるにはどうしたらいいか、となると、日頃のお手入れがとても重要です。

一日の髪の毛の汚れは、その日の夜にしっかりと落としてリセットさせてあげたいし、濡れた髪の毛はなるべく早く乾かしたい。

その気持ちこそが綺麗な髪の毛を手に入れる、まずは第一歩だと思います。

髪の毛を乾かす便利グッズや、綺麗な髪をキープさせるスプレーなどの助けも借りて、綺麗なお姉さんになりましょう♪

髪の毛に関する事にもっと詳しくなりたい人はコチラを見てね!

髪の毛が伸びる速さは?1ヵ月で髪はどれくらい伸びる?
髪の毛を早く伸ばす方法17選!一週間でこんなに伸びる?
髪の毛がチリチリになる原因と改善方法!病気かも!治すのは大変?
髪の毛が抜ける原因と対策!量や本数はどれくらい抜けると要注意?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ