40代のロングヘアが痛い・老けると言われる理由は?対策方法もご紹介!

40代のロングヘアが痛い・老けると言われる理由は?対策方法もご紹介!

若い頃からずっとロングヘアという人が気になるのが「40代のロングヘアは痛い」という言葉。その一方で「自分らしさを大切にしたい」と思う人も多いよう。そこで今回は40代でのロングヘアを「痛い」と言わせないためのヒントやポイントをまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.40代・女ざかりの魅力演出にふさわしいヘアスタイルは何?
  2. 2.ロングヘアが好きだけど40代だと「老ける」ってホント?
  3. 3.40代のロングヘアが老けて見える原因
  4. 4.40代で素敵なロングヘアの憧れ芸能人と言えば?
  5. 5.40代・どんなヘアスタイルだと「痛い」「老ける」と言われるの?
  6. 6.40代のロングヘア「痛い」「老ける」と言われない為の必須条件
  7. 7.40代のロングヘアスタイルをもっと楽しむためのポイントは?
  8. 8.ロングヘアの40代が「老ける」と言われないために出来るスカルプケア
  9. 9.40代のロングヘアを「痛い」と言わせない為には工夫が必要

40代女子のロングヘアをもっと楽しむためには、髪自体の工夫だけではなく、メイクや帽子などの顔や頭頂部全体の印象をきちんと整えることも大切です。

せっかくのロングヘアが、そうしたことをおざなりにしたことで「痛い」と見られたり、「老ける」スタイルと思われるのは本末転倒もいいところですよね

40代ロングヘアスタイルを「痛い」「老ける」と言わせない小物

パーマや巻き髪を取り入れたふんわり路線でもアレンジを生かしたきっちり路線でも、どちらにしても「がんばりすぎない」が「痛い」「老ける」ロングヘアにならないコツの40代女子。せっかくのロングヘアなので、顔廻りに大きな印象を与える干帽子といった小物にも気を遣いたいもの。

特に秋冬についそのお手軽さから使用しがちなニットキャップは、実は前髪などの扱いを間違えるとたちどころに「ダサい」「実年齢よりさらに老ける」という難しいファッションアイテム。

頭頂部にボリュームが足りないときやトータルコーディネート的に帽子を取り入れたいという時は、素材にこだわった上質なものを選び、「大人の女性」を演出。また、ふわっとしたシルエットの「ゆるふわエアリー感」を大切にするのが40代ロングヘアスタイルを素敵見せにするコツですよ。

「どんなのを選んだら良いか自信がない」という時は、帽子単体だけを見て買い求めるのではなく、あわせたい服装で出かけてからセレクトするとカンタンです。

40代ロングヘアスタイルを「痛い」「老ける」と言わせないアクセ

さらっと降ろしたヘアスタイルでも、きっちり結い上げたヘアアレンジでも、「老け見え」かそうでないかを決めるポイントの1つになりえるのがアクセサリー。

特にオシャレに敏感な40代女性のうち、いち早く流行のイヤリングやピアス、ネックレスといった顔周りのモノを普段のファッションに取り入れているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、そうしたオシャレ40代女子の内にも少なからぬ女性たちが「痛い」と片付けられてしまっているのも現実。その訳は「流行のモノが自分の年齢にふさわしいかどうか」の見極めを間違っている場合が多いようです。

例えば、スウィングタイプやキラキラ光って目を惹くタイプのピアスやイヤリングの場合などは、どうしても周囲の人の目がそこに集まるのは当然のこと。
その時に、一緒に目に留まりやすい耳廻りなどの髪にパサつき・もたつきがあったり、白髪が目立つといったお手入れ不足が目立つと、いくらオシャレのためにパーマやヘアアレンジをがんばっていてもパッと見たときの印象は「痛い」という一言で片付けられてしまいます。

40代ロングヘアスタイルを「痛い」「老ける」と言わせないメイク

「老ける」あるいは「老け見え」の1番の要因は、実は皮膚のたるみやシワ、シミではなく「年齢に合わないメイク」にあることが多い、とご存知でしたか?

実はこの「老ける」メイクが、せっかくのロングヘアスタイルを痛くみせることにもつながりかねません。特に「老ける」メイクとなりがちなのが、若い頃と同じメイク用品をそのまま使い続けている女性です。

いくらベストセラー商品で自分でも気に入っていても、20代の頃と40代の今の肌の色味やくすみでは大きな隔たりがあるもの。いわばキャンバスの色が違うのに、いつまでも同じ色のアイシャドウやライナー、チーク、リップを使っていては、同じ絵柄でも引き立つわけはありません。

さらに髪色を明るくしがちな40代のロングヘアスタイルで、アイブローだけいつまでも真っ黒だとそこだけ浮いて見えてしまい「老ける」要素満載に。ロングヘアを素敵に見せたいのなら、メイクも含めたトータルバランスが必要です。

ロングヘアの40代が「老ける」と言われないために出来るスカルプケア

シャンプー

スカルプケアのできるシャンプーは対策したいことによって細分化されています。頭皮のトラブル、白髪、薄毛、ハリやコシなど悩みに合わせてシャンプーを選ぶことが大切です。

40代でロングヘアをキープしたい人は、毎日のケアの積み重ねが大切。無理なく続けられるシャンプーでのヘアケアは抜かりなくしていきたいですね。

ヘッドスパマッサージ

ヘッドスパは、頭皮に対しマッサージと洗浄を行い、血行促進し老廃物を洗い流すことで頭皮を健康に維持させる頭を重きにおいたリラクゼーションです。

頭皮を洗うことにより頭皮の毛穴の汚れを落とし、それに加えマッサージで血流を改善します。

ヘッドスパはよく美容室で行われるイメージが強いかと思いますが、ヘッドスパをメインで行っているサロンもあり、ヘッドスパは女性だけでなく男性にも人気が出ています。

低出力レーザー

低出力レーザーはLLLT(Low level Laser Therapy)とも呼ばれている方法です。

人体に熱作用を起こさないほどの弱い波長で、刺激を与えずかつ頭皮の奥に届けやすく、米国で人気が出て、その影響で日本でも利用する方が緩やかに増加しています。

また、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017)」に推奨する薄毛治療の方法が低出力レーザーに関して記載されています。

40代のロングヘアを「痛い」と言わせない為には工夫が必要

次のページ

もっと素敵な40代になりたいアナタはこちらもチェック

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely