髪がボサボサになる原因は?ヘアケア方法11選!【これで美髪に】

髪がボサボサになってしまうことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。髪がボサボサになってしまうと、毎朝セットに苦労しますし、場合によっては、ボサボサの髪の毛を人に見せなければなりません。髪の毛がボサボサの人は、どのようなヘアケアをするべきなのでしょうか。

髪がボサボサになる原因は?ヘアケア方法11選!【これで美髪に】のイメージ

目次

  1. 【はじめに】髪の毛がボサボサになってしまう
  2. 髪がボサボサになる原因を知ろう
  3. 【髪がボサボサになる原因①】髪の乾燥
  4. 【髪がボサボサになる原因②】髪のダメージ
  5. 【髪がボサボサになる原因③】頭皮環境の悪化
  6. 【髪がボサボサになる原因④】生活習慣
  7. 【髪がボサボサになる原因⑤】栄養バランス
  8. ボサボサの髪!ヘアケア方法を知ろう
  9. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法①】美容院でトリートメント
  10. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法②】自宅でトリートメント
  11. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法③】ヘアアイロンでセット
  12. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法④】ドライヤーでセット
  13. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑤】シャンプーのやり方
  14. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑥】リンスとトリートメント
  15. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑦】ドライヤーの使い方
  16. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑧】質の良い睡眠を取る
  17. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑨】栄養バランスのとれた食事
  18. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑩】適度な運動
  19. 【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑪】ストレスを溜めない
  20. 【まとめ】ボサボサ髪の毛を根本から改善するのは難しい

【はじめに】髪の毛がボサボサになってしまう

髪の毛がボサボサになってしまうと、様々なヘアスタイルを楽しみたい女性にとっては大問題です。ボサボサの髪の毛でもそれが一つのヘアスタイルと思えるような、おしゃれなボサボサ髪の毛であれば問題はないですが、ボサボサの髪の毛で悩んでいる人は、そのようなおしゃれなボサボサ髪の毛ではないでしょう。

寝癖のような、雷に打たれたかのような、そのようなボサボサの髪の毛になってしまうということであれば、それをヘアスタイルの一つとすることはできません。毎朝、時間をかけてヘアスタイルをセットして、なんとか毎日を乗り切っているという人も多いでしょう。

ボサボサ髪の毛の癖を掴み、なんとか毎日ヘアスタイルをセットすることで、恥をかかないようにしているという場合はまだ良いですが、ボサボサ髪の毛の扱い方がわからないという人もなかには存在します。そのため、ボサボサのヘアスタイルで、毎日仕事や学校に行かなければならないのです。

ボサボサの髪の毛だと、様々なヘアスタイルを楽しむこともできませんし、セットに時間もかかりますし、何より恥ずかしい思いをしてしまうことになります。女性は様々なヘアスタイルを楽しむためにも、このボサボサ髪の毛とどのように向き合っていけば良いのでしょうか。

髪がボサボサになる原因を知ろう

ボサボサ髪の毛に悩まされている人は、ボサボサにならない方法を学ぶことも大切ですが、その前に髪の毛がボサボサになってしまう原因を知っておく必要があります。

ボサボサ髪の毛になってしまうのは、生まれつきの髪質が原因ということもありますが、そうではない場合、必ず身近なところに原因があるものです。その原因を見つけることが、ヘアケアの方法を学ぶためにも大切なことですので、まずはその原因から勉強していきましょう。

ボサボサ髪の毛になってしまう原因がわかれば、様々なヘアスタイルを楽しむための第一歩を踏み出すことができます。様々な原因が考えられるのですが、原因は一つではなく、複数当てはまることもあるものです。そのため、自分の心当たりがあるものをピックアップして、ボサボサの髪の毛を直すために役立てましょう。

ではさっそく、ボサボサ髪の毛になってしまう原因を紹介していきたいと思います。

【髪がボサボサになる原因①】髪の乾燥

髪がボサボサになる原因としては、髪の毛が乾燥していることが原因である場合もあります。

ボサボサ髪の毛の人の中には、ヘアスタイルを頻繁に変更する人も多いです。パーマなどをかけて、ヘアスタイルを頻繁に変更すると、髪の毛が薬剤により傷んでしまい、髪の毛は乾燥してしまうようになります。

ヘアスタイルの変更だけでなく、様々なことが原因で髪の毛は乾燥してしまうものです。ドライヤーを当て過ぎるというのも、乾燥の原因となりますし、ヘアアイロンでヘアスタイルを作っていると、それが原因で髪の毛がボサボサになってしまうこともあります。

ヘアスタイルの変更や、毎日のヘアスタイルのセットにより、ボサボサの髪の毛になってしまえば本末転倒です。おしゃれが原因でおしゃれをできなくなってしまうということになるからです。そのため、頻繁にヘアスタイルを変更したり、髪の毛を傷めるヘアスタイルのセットをしているという人は、充分に注意しておきましょう。


◆関連記事:憧れのさらつやストレートになるには?

サラサラつやつやの髪を手に入れる方法!ヘアケアで憧れの髪をゲット!

【髪がボサボサになる原因②】髪のダメージ

髪がボサボサになる原因としては、髪のダメージが原因という場合もあります。

女性としては、髪ダメージに十分に注意を払っていることと思いますが、あまりそのようなことを意識していない女性は、知らず知らずのうちに、髪の毛がダメージヘアになっていることも多いです。その結果、ヘアケアをしっかりとしておけば良かったと後悔することになります。

髪の毛の表面部分をキューティクルと呼びますが、これは髪の毛にとってのバリアですので、キューティクルがダメージを受けてしまうと、髪の毛のバリアに一部亀裂が入る状態となってしまいます。バリア機能が充分でなくなれば、女性の髪の毛は急速に乾燥してしまうものです。最終的にはボサボサの髪の毛となってしまいます。

多くの女性が毎日トリートメントをして髪の毛を守るのは、このようなことが原因で髪の毛を乾燥させないようにしているからです。ヘアケアをあまりしていない女性は、ボサボサになった髪の毛を見ながら反省し、ヘアケアの方法を学ぶようにしましょう。

【髪がボサボサになる原因③】頭皮環境の悪化

髪がボサボサになる原因としては、頭皮環境の悪化、という原因も考えられます。

頭皮は髪の毛を作る基盤になる部分です。頭皮環境が整っていないと、髪の毛はしっかりと成長することができないため、その結果として髪の毛がボサボサになってしまう場合があります。そのため、頭皮環境が原因で生える髪がほとんどボサボサになってしまうこともあるのです。

頭皮環境は単純にシャンプーをしていないというようなことで、悪化してしまうこともありますが、女性の中にそのような女性はあまりいないでしょう。

ただそれ以外にも、シャンプーの洗い残しや、汗などが原因で頭皮環境が悪化してしまうこともあります。そのため、心当たりがない女性でも、頭皮環境が悪化していることがあるため、注意しておきましょう。

【髪がボサボサになる原因④】生活習慣

髪がボサボサになる原因としては、生活習慣が原因となっていることもあります。

髪がボサボサになるということは、髪の毛が正しく、生成されていないことが原因の場合も多いです。それは髪の毛にしっかりと栄養分が届けられていないことが根本的な原因といえます。悪い生活習慣によって血行不良がおきると、このようなことが発生するため、生活習慣がボサボサ髪の毛の原因となっていることも多いのです。

また、睡眠不足などが原因で、髪の毛が正しく生成されていないということもあります。これも結局は生活習慣ということになるため、注意しておきましょう。

他にも、タバコや運動不足が原因で血行不良になっていることもあります。多くの女性がこのようなことが原因で髪がボサボサになるとは思わないため、正しいヘアケアを学ぶためにも、しっかりとこのようなことにも原因があるということを理解しておきましょう。


◆関連記事:髪型を失敗したらどうすればいいの!?

髪型失敗した時の対処法!美容院で失敗したらどうする?【男女別】

【髪がボサボサになる原因⑤】栄養バランス

髪がボサボサになる原因としては、栄養バランスが偏っていることが原因である場合もあります。

髪の毛は食事によって得た栄養素によって生成されます。栄養バランスが偏っていると、髪の毛の生成に必要な栄養をしっかりと摂ることができないため、結果として正しく髪の毛が生成されず、ボサボサ髪の毛になってしまうことがあるのです。

また、栄養バランスが偏っていると、頭皮に皮脂が過剰分泌されてしまい、頭皮環境を悪化させてしまうこともあります。そのため、食事というのは、様々な面でボサボサ髪の毛の原因になってしまうのです。

女性は食事が美容にも様々な影響を与えるため、ボサボサ髪の毛の改善意外の意味でも、しっかりと考えておかなければなりません。キレイになりたくないという女性はいないはずですので、ボサボサ髪の毛のためにも、キレイになるためにも、栄養バランスのとれた食事をするようにしましょう。

ボサボサの髪!ヘアケア方法を知ろう

ボサボサ髪の毛になってしまう原因を紹介してきましたが、多くの女性は、今回紹介した原因のいずれかに心当たりがあるのではないでしょうか。もちろん、生まれつき髪の毛がボサボサという女性の場合は、心当たりがないと思いますが、それ以外の女性は何かしら心当たりがあるものです・

原因を理解できたら、次に行うべきなのは、ボサボサ髪の毛を直す方法です。ボサボサ髪の毛を直す方法がわかれば、ボサボサ髪の毛のセットに悩まされることも少なくなりますし、長時間、髪の毛をセットする必要もなくなります。

とはいえ、ボサボサ髪の毛を直す、セットの方法もしっかりと覚えておかなければなりません。ボサボサ髪の毛を直すためには、それなりの時間がかかってしまいます。そのため、直るまでの間はボサボサ髪の毛をきれいにセットする方法が大切になってきますので、ヘアケア方法と合わせて、ボサボサ髪の毛を直す方法も覚えておきましょう。

ではさっそく、ボサボサ髪の毛のヘアケア方法を紹介していきたいと思います。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法①】美容院でトリートメント

ボサボサ髪の毛のヘアケア方法としては、美容院でトリートメントをしてもらうというヘアケア方法があります。

美容院で行うトリートメントは、自宅で行うものよりも効果が高いものです。美容院独自の成分を使っていることが多いため、市販されているものよりも、高い効果が期待できます。そのため、自分でやるよりも、美容院でトリートメントをしてもらうほうが、ヘアケア方法としては良い方法なのです。

ただし、美容院の中でも、あまり良いトリートメントをしていない美容院もあります。本来トリートメントは、パーマやカラーリングで薬剤を使用した後に行うべきではありません。なぜなら、薬剤の成分が髪の毛に残ってしまうからです。

美容院の中でも、正しい知識を持っている美容院と、そうではない美容院があります。そのため、しっかりとしたヘアケアを行ってくれる美容院を選ぶというのも、ヘアケアのためには大切なことです。口コミなどでその美容院が良い美容院かどうか、しっかりと確認しておきましょう。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法②】自宅でトリートメント

ボサボサ髪の毛のヘアケア方法としては、美容院でトリートメントをするというヘアケア方法もありますが、自宅でトリートメントをするというヘアケア方法もあります。

美容院でトリートメントをしても、その効果はずっと続くわけではありません。その度に、美容院に行くというのは金銭的に厳しい話ですので、市販のトリートメントを使って、自分でヘアケアするということも大切なこととなってきます。

ただこれも、薬剤を使用した後には行わないようにしてください。美容院でしっかりと対処できているのに、自宅で自分で薬剤を使用した後に、トリートメントをしてしまえば、髪の毛がボサボサになる原因を自分で作ってしまうことになります。

薬剤を使用した後、最低でも1日、安全策を取るなら2日はトリートメントをしないようにしましょう。それが正しいヘアケア方法となります。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法③】ヘアアイロンでセット

ボサボサ髪の毛を直すためには、ヘアアイロンでセットするというセット方法もあります。

これは根本的にボサボサ髪の毛を直す方法ではなく、とりあえずその日1日はボサボサ髪の毛を何とかしたいとという時に使う方法です。ヘアアイロンを持っていれば、ボサボサ髪の毛をその日1日、さらさらの髪の毛にセットすることができるのです。

セットの方法は簡単です。ブラシで髪の毛を下に流しながら、ヘアアイロンで髪の毛を挟み込み、伸ばしていけば、キレイにセットできます。ただし、あまりヘアアイロンでのセットを多用すると、髪の毛を傷つけたり乾燥させてしまうため、注意しましょう。

ヘアアイロンを行う際には、専用のスタイリング剤があるため、そのようなものを利用するというのもおすすめです。これを使うことで、ヘアアイロンの効果が持続し、ダメージも少なくなります。ヘアアイロンで髪の毛をセットしたいと思っている人は、合わせてスタイリング剤も購入しておきましょう。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法④】ドライヤーでセット

ボサボサ髪の毛をセットする方法としては、ドライヤーでセットするという方法もあります。

ヘアアイロンでセットしたほうが効果は持続するのですが、ヘアアイロンを持っていないという人も多いでしょう。そのような人は、ドライヤーでもセットすることができるため、その場しのぎの方法となりますが、実践してみましょう。

ドライヤーでボサボサ髪の毛を直す方法は、ほとんどへアイロンのときと同じです。ただ、少し下に引っ張りながら行ったほうが良いため、ロールブラシを使いましょう。ロールブラシで髪の毛を引っ張りながら、ドライヤーで熱を与えていけば、うまくボサボサ髪の毛を直すことができます。

直すことができたら、最後の仕上げとして、冷風をあててあげると良いです。そうすることで、効果が長く持続するようになります。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑤】シャンプーのやり方

ボサボサの髪の毛を直す方法としては、シャンプーのやり方を替えるという方法があります。

ボサボサ髪の毛を直すためには、頭皮をしっかりとケアするということが大切です。そうすることで、頭皮環境が良くなり、ボサボサ髪の毛を直すことができるようになります。シャンプーを行う上では、頭皮環境を乱す原因になることがたくさんあるため、そこを正しく行うということが大切なのです。

シャンプーは頭皮に成分が残りやすいです。髪の毛をしっかりと洗い、汚れを落とすことも大切ですが、頭皮にシャンプーの成分が残っていると逆効果ですので、しっかりと頭皮も洗い流すということを意識しておきましょう。

ただし、あまりにも力強く頭皮を洗ってしまうと、頭皮に傷ができてしまうことがあります。髪の毛自体も激しく洗うと、ダメージが与えられてしまうため、優しく丁寧に洗うようにしましょう。そうすることで、ボサボサ髪の毛を直すことができるようになります。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑥】リンスとトリートメント

ボサボサ髪の毛を直すためには、リンスとトリートメントの使い方をしっかりと理解しておくことが大切です。

先にも紹介しましたが、髪の毛を守るためには、トリートメントやリンスでしっかりと髪の毛にバリアを作ってあげることが大切です。ただ、なかにはリンスとトリートメントの違いや正しい使い方をわかっておらず、あまりバリアを生成できていない人もいます。

リンスもトリートメントも、髪の毛にバリアを作ってくれますが、髪の毛のトリートメントには髪の毛の栄養剤になる成分が入っています。そのため、トリートメントは髪の毛につけてから、少し時間をおき、軽く洗い流すということをしないと、栄養分が髪の毛に補給できず、意味がないものになってしまうのです。

リンスは栄養分が入っていないため、時間を置く必要はありません。そして、リンスを使ってから、トリートメントを使うと、トリートメントの栄養分がリンスの膜によって吸収されないようになってしまうため、これも注意しておきましょう。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑦】ドライヤーの使い方

ボサボサの髪の毛を直す方法としては、ドライヤーの使い方に注意しておくということも大切です。

なぜボサボサにならない方法として、ドライヤーの使い方が大切なのかというと、ドライヤーは髪の毛にダメージを与えやすいものだからです。そのため、ドライヤーを正しく使うことが、ボサボサにならない方法を覚える上では大切なこととなります。

ドライヤーで髪がボサボサにならない方法としては、完全に髪の毛をドライヤーで乾燥させないということが大切です。完全に乾燥させてしまうと、髪に熱を与えすぎ、ダメージが与えられてしまいます。ボサボサにならない方法としては、90%程度乾いたら、あとは自然乾燥させるということが大切です。

また、ボサボサにならない方法としては、ドライヤーと髪の毛の距離をある程度、空けてからドライヤー使うということも大切です。あまりにも近いと、熱で髪はダメージを受けてしまいます。ドライヤーで髪がダメージを受けてしまえば、ボサボサにならない方法とは真逆の方法となってしまうため、注意しておきましょう。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑧】質の良い睡眠を取る

髪がボサボサにならない方法としては、質の良い睡眠を取るという方法も大切です。

眠っている時に髪の毛は成長します。質の悪い睡眠だと、睡眠時間が長くても髪の毛は育たないため、髪がボサボサにならない方法として、質の良い睡眠を取ることが大切になってくるのです。

質の良い睡眠のためには、お酒を飲み過ぎた状態で寝ないということと、テレビやスマホのような興奮させる光が出るものを寝る前に見ないということが大切となります。

また、髪がボサボサにならない方法としては、睡眠不足にならないようにするということも大切です。しっかりと覚えておきましょう。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑨】栄養バランスのとれた食事

髪がボサボサにならない方法としては、栄養バランスのとれた食事を取るということも大切なことです。

髪は食事で得た栄養によって作られますので、これができていないと、髪の毛がボサボサになってしまいます。

特に髪がボサボサにならない方法として注目しておきたいのがビタミン、亜鉛、タンパク質です。

それぞれ、髪がボサボサにならない方法として、かなり重要な栄養素ですので、意識して摂取するようにしましょう。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑩】適度な運動

髪がボサボサにならない方法としては、適度な運動をするということも大切です。

適度な運動を行えば、血行促進効果を得られます。血行不良だと、食事をしても栄養が髪の毛に届けられないため、髪がボサボサにならない方法としては、適度な運動をすることが大切なことになるのです。

運動は有酸素運動を行うようにしましょう。そうすることで、ストレスのない運動をすることができます。

有酸素運動を週に3度ほど行えば、血行促進効果を得られます。美容のためにも良いため、実践してみてください。

【ボサボサの髪!ヘアケア方法⑪】ストレスを溜めない

髪がボサボサにならない方法としては、ストレスを溜めないということも大切なことです。

ストレスが溜まると、血行不良や睡眠不足というような症状を引き起こしてしまいます。そのため、ストレスは髪がボサボサにならない方法を実践する上では、大きな敵となるのです。

ストレスは生きていれば発生するものですので、定期的に解消することが大切です。

簡単にできるストレス解消は大声を出すことでしょう。自宅で簡単にできるため、近所迷惑にならないように注意しながら、実践してみましょう。

【まとめ】ボサボサ髪の毛を根本から改善するのは難しい

髪がボサボサになる原因とヘアケア方法を紹介してきましたが、ボサボサ髪の毛を一時的にさらさらにするのは簡単ですが、さらさらの髪の毛を生やすのは大変なものです。ヘアケアを長く続けることでしか、その成果は得られないため、根気よく続けるようにしましょう。

もっと髪の毛に関する情報を知りたいアナタへ!

髪・毛先がまとまらない原因は?おすすめのケア方法を解説!
髪をストレートにする方法9選!みんなの憧れさらさらヘアに!
髪の毛の痛みを治す方法9選!原因・ケア方法を知って改善しよう

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ