人生に疲れた時の対処法13選!20代・30代・40代別に解説!

人生に疲れたと感じると、もう生きているのがキツイとどんどん悲観的になってしまうでしょう。 しかし、人生に疲れたと感じるのは、あなただけではありません。 しっかりと対処法もありますし心に響く名言も紹介するので、もう1度起き上がってみませんか?

人生に疲れた時の対処法13選!20代・30代・40代別に解説!のイメージ

目次

  1. 人生に疲れたときってどうするの?
  2. 人生に疲れた時の対処法~20代~①相談する
  3. 人生に疲れた時の対処法~20代~②遊びに行く
  4. 人生に疲れた時の対処法~20代~③断捨離をする
  5. 人生に疲れた時の対処法~20代~④やるだけやる
  6. 人生に疲れた時の対処法~20代~⑤環境を変える
  7. 人生に疲れた時の対処法~30代~⑥とにかく寝る
  8. 人生に疲れた時の対処法~30代~⑦紙に書いて発散する
  9. 人生に疲れた時の対処法~30代~⑧1人旅をする
  10. 人生に疲れた時の対処法~30代~⑨本を読む
  11. 人生に疲れた時の対処法~30代~⑩何かを始める
  12. 人生に疲れた時の対処法~40代~⑪自分を甘やかす
  13. 人生に疲れた時の対処法~40代~⑫1人になる
  14. 人生に疲れた時の対処法~40代~⑬よく考えてみる
  15. 人生に疲れた20代への名言①開高健の名言
  16. 人生に疲れた20代への名言②マルセル・プルーストの名言
  17. 人生に疲れた30代への名言①ゴッホの名言
  18. 人生に疲れた30代への名言②ネルソン・マンデラの名言
  19. 人生に疲れた40代への名言①ロバート・フロストの名言
  20. 人生に疲れた40代への名言② エレノア・ルーズベルトの名言
  21. 人生に疲れた時の対処法・名言【まとめ】

人生に疲れたときってどうするの?

人生に疲れたとき、「こんな暮らしをしていていいのかな。」と思いつつも、「もう何もしたくない。」と、無気力になったりするでしょう。

「もう働きたくないな。」と思ったり、「起き上がるのも嫌だな。」と思うこともあるかもしれません。

それでも生きていくためには、人生に疲れたときに自分のことをしっかりと励ましてあげなければなりません。

どうやって立ち直ればいいか分からないから悩むと思いますが、対処法をしておくだけでも、「もしかしたら、まだやれるかもしれない。」と、前向きな気持ちになれると思いますよ!

人生に疲れた時の対処法~20代~①相談する

人生に疲れたと感じた20代の人は、自分の周りにいる信頼できる大人に相談してみましょう。

1人で抱えてしまうと、余計に人生に疲れてしまうので、しっかりと外に吐き出すことが大切です。

自分よりも大人の人に相談することで、どうして人生に疲れたと感じているのかを、しっかりと冷静になって考える時間を作ってもらうことができるでしょう。

また、自分より大人の人というのは、自分よりも多くの経験を積んできた人です。

きっとあなたの言う「人生に疲れた」という悩みをすごくよく理解してくれる人物ではないでしょうか。

人生に疲れたから引きこもろうとするのではなく、人生に疲れたからこそ、外に出て人と話すべきです。

自分では解決できなくても、相談することで解決できることって、実は山のようにあるのです。

人生に疲れた時の対処法~20代~②遊びに行く

人生に疲れたと感じているのが、20代なら、パーッと遊びに行くこともオススメです。

20代の人は、若さで乗り切れるところもありますし、まだまだ頭も柔らかいと思うので、切り替えることが上手にできるのではないでしょうか。

遊びにいって、今嫌だと思うことから一瞬でもいいので離れる時間を作ってください。そして、スッキリするまで遊んでみてください。

思いっきり遊んで、思いっきり騒いだ後というのは、意外と心も頭もスッキリしているもので、「また頑張れそう!」と気合が入りやすくなります。

人生に疲れていると、遊びに行く気力もないと思うかもしれませんが、友達を誘って出かけてみましょう。

もし、友達に誘われたときは、断らずに行ってくださいね!きっと思っている以上に楽しい時間を過ごせることができ、人生に疲れたことを忘れられると思いますよ!

人生に疲れた時の対処法~20代~③断捨離をする

人生に疲れたと思ったときは、きっと心がとっても重たくなっている時ではないでしょうか。

そんなときは、断捨離をしましょう。いらないものをどんどん捨てていくのです。そして、いらないものを捨てていくときは、自分の心の負担も一緒にゴミ袋に入れるところをイメージしてください。

断捨離って、心をスッキリさせるのではなく、部屋をスッキリさせるものと思っているでしょうが、実は心のほうがスッキリするものなのです。

そして、断捨離は20代のときから覚えていたほうがいい技でもあります。

断捨離しているだけで、不思議と心が軽くなり、頭の中のグチャグチャがキレイに整頓されていたりもします。

これはきっと、断捨離をしたことがある人にしか分からないことだと思いますが、本当にスッキリするのでやってみてください。

そして、何よりも断捨離中は整理整頓に夢中になれます。整理整頓に夢中になる時間が、「人生疲れた」と思う時間をなくしてくれるのです。

汚い空間で暮らしているからこそ、疲れが溜まるのであり、綺麗な空間で暮らしていたら心が休まると思ったらいいかもしれないですね!

人生に疲れた時の対処法~20代~④やるだけやる

20代のうちは、人生に疲れたと思っても、やるだけやってみたらいいと思います。

若いときに「やるだけやった!」という経験は、これから生きていく中で自分の自信にもなりますし、頑張ったことは必ず何かの役に立ちます。

今は無駄になっているのでは?と思ってしまうことでも、やるだけやれば、実を結ぶことが絶対にあるはずです。

そしてきっと、「あのとき頑張ってよかった。」とか、「あの時のことを思ったら、今辛いのなんか乗り越えられる!」というような大きな経験として帰ってくるでしょう。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、これは本当にその通りなのかもしれません。

若いときに楽する暮らしよりも、老後に楽する暮らしのほうが絶対にいいですよね。

人生に疲れたからこそ、やるだけやってみましょう!

人生に疲れた時の対処法~20代~⑤環境を変える

人生に疲れたときは、20代のうちは、自分の環境を思いっきり変えてみるのもいいと思います。

例えば、転職するのもいいですし、実家暮らしをしていた人は1人暮らしを始めて見るのもいいかもしれません。

とにかく疲れた環境から、新しい環境に変えて、再出発をするのです。20代のときは、勢いがあると思うので、その勢いに乗りましょう。

1人暮らしをしたことがない人は、是非1人暮らしをしてみてください。きっと人生観が変わるので、人生に疲れたとか言ってられなくなります。

そして、人生に疲れたときは、自分の興味があったことを思い出して、それに挑戦してみましょう。きっとワクワクする気持ちが出てくると思います。

20代なら、暮らしの全てを変えるつもりで、環境新たに頑張ってみるのもいいでしょう!


◆関連記事:目標があればやる気がでるかもしれません

人生の目標がない?人生の目標の見つけ方と例5選を紹介!

人生に疲れた時の対処法~30代~⑥とにかく寝る

人生に疲れた時に、30代の人に効果的な対処法は、とにかく寝ることです。寝ることは、スイッチを切り替えるのにとてもいい方法です。

なにが原因で人生に疲れたと感じているのか分かりませんが、起きていても考えてしまうことが多いのではないでしょうか?

それだったら、何も考えなくていいように、寝てしまいましょう。アラームなどの設定なしで寝ていいでしょう。

注意したいのが、とにかく寝ようと思ったときに、色々と考えてはいけないことです。

寝ようと思っているのに色々考えていると、目が冴えてきて寝ることができないばかりか、ストレスが溜まって余計に疲れてしまいます。

何も考えずに、ただただ寝てください。起きたときにとてもスッキリしていると思います。

人生に疲れた時の対処法~30代~⑦紙に書いて発散する

人生に疲れたと思っていても、30代になると、人に相談するよりは、人からの相談を聞くことのほうが多くなって、自分の心を閉じ込めてしまいがちになりませんか?

話したいけど話せないと思うなら、紙に書いてみましょう。紙に書くことは、自分の考えを素直に外に出しているのと同じことです。

人に相談するときは、つい自分をよく見せたくてついてしまう嘘もあるかもしれませんが、紙に書いているものを見るのは自分だけなので、本音を発散させることができるでしょう。

紙に一通り書いたら、読んでみてください。自分の悩みを客観的に捉えることができます。

人生に疲れたのは、何が原因だったのかというのをしっかりと知ることができます。しかも、紙に書くというのは誰にも迷惑をかけずにできることです。

人生に疲れたけど、自分でしっかり解決したいという人は、是非紙に書いてみましょう。

人生に疲れた時の対処法~30代~⑧1人旅をする

人生に疲れた30代の人は、1人旅をするのもオススメです。

私はよく、疲れたと感じたときの休みの日は、1人でちょっと遠くの海にいって、ボーッと海を眺めて自分をリセットさせることがあります。

ポイントは、1人でいくことです。誰かと一緒ですと、気を遣いますし、気が散ることもあるので、余計に疲れを感じてしまうでしょう。

1人で、自分だけの時間を自分のためだけに費やすのです。

できるなら、田舎のほうにいくとか、行ったことない国にいくなどの1人旅のほうが、人生を見つめなおすことができるので、もっといいでしょう。

人生に疲れた自分がいても、人生を頑張っている人を見ることで、また1から頑張れるかもしれません。

そして、色んなものに触れることで、人生の疲れなんて吹っ飛んでいくかもしれません。

人生に疲れた時の対処法~30代~⑨本を読む

人生に疲れたときは、本を読むのもオススメです。自分と同じように人生に疲れている人の本でもいいですし、自己啓発的なものでもいいでしょう。

なにかすごく惹かれる本を読んでください。本は文字でしかありませんが、本は自分を助けてくれるパートナーになることもあります。

本を読む30代はきっと、本を読まない30代よりも、壁にぶち当たったときに上手に這い上がることができると思います。

人生に疲れた時の対処法~30代~⑩何かを始める

人生に疲れてどうしようもないときは、人生にやりがいを感じられなくなっているときでしょう。

そんなときこそ、新たに何かを始めてみてはいかがでしょうか?

疲れた人生から脱出するために、逃げ道を作るようですが、全然それでもいいと思います。

例えば、カメラを始めて、好きな風景を撮っていくことでもいいですし、お菓子作りに興味を持つのもいいでしょう。

なんでもいいので、趣味を作るのです。趣味がある人というのは、ストレス発散がとても上手です。

新たなことを始めて、夢中になれる時間を作ってください。疲れた人生が華やかな人生に変わるでしょう。

人生に疲れた時の対処法~40代~⑪自分を甘やかす

人生に疲れた時の40代の人の対処法ですが、そんなときは自分を甘やかしてみましょう。

きっと頑張りすぎています。自分を甘やかして、好きなものを食べたり、好きなものを買ったりする時間を設けてください。

頑張りすぎていることが原因で、人生に疲れたと思っているときは、満たされていないのです。

たまには自分を甘やかして、自分にご褒美をあげることを忘れないでください。

思いっきり贅沢な時間を過ごすためにも、エステに行ってトータルケアをするのもいいかもしれないですね。

自分を大切にできなければ、這い上がっても、人生に疲れる日がきっとまたやってきます。しっかりと起き上がるためのステップとしてなら、自分を甘やかす時間は大切だと思います。

人生に疲れた時の対処法~40代~⑫1人になる

40代の人で、人生に疲れたと感じているときは、ちょっと1人になってみてください。

40代だと、結婚している人も独身の人もいると思いますが、いつも周りに誰かがいて、1人の時間がとれないなんてことがありませんか?

気付いたら自分の時間が1日の中で1時間もないなんてことがあるかもしれません。これでは休憩することができていないので、人生に疲れもするでしょう。

お休みの日の1日だけでもいいので、1人の時間を作って、リフレッシュさせてください。

いつも周りに誰かがいるとなると、色んなストレスが溜まっていても、しっかりと発散させることができていないのです。

1人になることで、自分で自分を癒すことができ、人生を楽しもうという気持ちを取り戻すことができるのではないでしょうか。

人生に疲れた時の対処法~40代~⑬よく考えてみる

人生に疲れた40代の人は、自分の中で、どうして疲れたと感じているのかを、よく考えてみてください。

きっと40代の人なら、自分で考えられる力があると思います。ただただ、やみくもに「疲れた、疲れた、疲れた・・・」と思ってはいけません。

どうして疲れたのか、どうしてこんな気持ちになってしまうのかを、しっかり考えてみてください。

よく考えることで、色んな行動を起こさなくても、解決することがあります。

ちゃんとしっかり考えることで、自分と向き合うことができます。そして、「なんだ。こんなことだったのか。」と思える場合もあるでしょう。

人生に疲れているのに、よく考えるなんて、余計に疲れてしまうと思われそうですが、周りに迷惑をかけて自己嫌悪になるなら、自分で考えて解決したほうがいいでしょう。

この考える力って、1回でも経験したら、これからの暮らしの中で、非常に役に立つことが多くなります。

暮らしが変わるということは、「人生に疲れたということを経験したことが逆に良かったのかも」と思える日がくるかもしれないということでもあります。


◆関連記事:刺激があれば人生が変わる?

刺激が欲しい人必見!人生が退屈なあなたがすべきこととは?

人生に疲れた20代への名言①開高健の名言

人生に疲れたときは、名言に触れるのもとてもいい自分の知識になるのでオススメです。

まずは、人生に疲れた20代の人に贈りたい名言は、

「成熟するためには、遠回りをしなければならない。」というものです。

人生に疲れたと思うと、立ち止まってしまい、みんなから置いて行かれているような気持ちになりませんか?

成熟するためには、遠回りをしなければならない。 開高健(日本の小説家 / 1930~1989)

しかし、20代の人がこれから30代、40代と言う年齢になり、いい意味で成熟した魅力的な大人になるためには、その遠回りは必要なものなのです。

実は人生というものは、遠回りをしている気がしても、それが近道になることだってあるので、人生に疲れたその時間も、自分にとっては大切な経験と思いましょう。

人生に疲れた20代への名言②マルセル・プルーストの名言

次に紹介する20代の人に贈りたい名言ですが、

「我々の苦悩は、とことんまで経験することによってのみ癒される。」というものです。

人生に疲れたというのは、とても大きな悩みになるでしょう。しかし、その悩みは、とことん経験することで、癒される日がくるのです。

人生は経験です。人生に疲れたというのは、これからの人生を左右する大きな経験かもしれません。

我々の苦悩は、とことんまで経験することによってのみ癒される。 We are healed of a suffering only by experiencing it to the full. マルセル・プルースト(フランスの作家 / 1871~1922)

逃げたくなったときは、逃げてもいいかもしれません。逃げたところには、また新たな自分の人生が続いているはずです。

逃げたという経験があるからこそ、次なる道が生まれることもあるのです。

人生に疲れたと思っても、経験することだけは恐れないでください。まだまだ20代です。経験することはこれから山のようにあるでしょう。

人生に疲れた30代への名言①ゴッホの名言

人生に疲れた30代の人に贈りたい名言は、

「何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。」というものです。

30代になると、色んな経験も増え、後悔することも多くなるでしょう。その後悔が多くなると、「もう人生に疲れた。」と思ってしまうのかもしれないですね。

何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。 Your life would be very empty if you had nothing to regret. ゴッホ(オランダ出身のポスト印象派の画家 / 1853~1890)

しかし、この名言は、「後悔がなければ人生がとても空虚になる」と言っています。逆に考えてみると、後悔することによって、人生が充実するものになるのです。

ということは、人生を充実させるためには、人生に疲れたと思うこともあるということです。

人生に疲れたと思ったときは、「私の人生が充実してきているのかも!」と、チャンスがきた!と思って前向きに考えてみるのもいいと思いますよ!

人生に疲れた30代への名言②ネルソン・マンデラの名言

次に30代に贈りたい名言は、

「生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。」です。

30代になると、プライドもあるので、絶対に転ばない人生を歩みたいと思うでしょう。しかし、転ばない人生って実はどこにもないのではないでしょうか。

生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。 The greatest glory in living lies not in never falling, but in rising every time we fall. ネルソン・マンデラ(南アフリカ共和国の政治家、ノーベル平和賞受賞者 / 1918~2013)

「転んだら起き上がれない。」とか、「起き上がる方法が分からない。」と思っている人は、起き上がることが人生最大の栄光であることを思い出してください。

そもそも人生は、転ぶことばかりです。1度でも多く、転んだ数より起き上がった数が多ければいいだけなので、人生に疲れてもまた、どこからでもスタートすればいいのです。

振り返れば、私の人生も転んでばっかりですよ!

人生に疲れた40代への名言①ロバート・フロストの名言

人生に疲れた40代の人に贈りたい名言は、

「人生で学んだすべてを私は3語にまとめられる。それは「何があっても人生には続きがあある」ということだ。」です。

40代になると、「人生疲れた。この先もういいこともないまま年取るだけ。」と思ってしまっていませんか?

40代って、まだまだ人生の半分までしかきていません。まだまだ続きがあります。

人生で学んだすべてを私は3語にまとめられる。それは「何があっても人生には続きがある」ということだ。 In three words I can sum up everything I’ve learned about life: “It goes on.” ロバート・フロスト(米国の詩人 / 1874~1963)

人生の続きを、どう生きていくかは自分次第ですが、人生に疲れたと嘆いても、必ず明日も明後日も明々後日も訪れます。

想像も絶するような出来事が起きても、人生は続いていきます。

40代になったからといって、人生に疲れたら人生が終わったと思うのはやめましょう。まだこれからです。

80歳でスマートフォンに初挑戦する人もいるのですから、40代だって何でもできます。

人生に疲れた40代への名言② エレノア・ルーズベルトの名言

人生に疲れた40代には、この名言を贈ります。

「人生は生きることが大事なのです。いつも好奇心を持ち続けることです。どんな理由があっても決して人生に背を向けてはいけません。」というものです。

40代になって、人生に疲れたと感じているということは、好奇心を失っているのではないでしょうか。

人生は生きることが大事なのです。いつも好奇心を持ち続けることです。どんな理由があっても決して人生に背を向けてはいけません。 Life was meant to be lived, and curiosity must be kept alive. One must never, for whatever reason, turn his back on life. エレノア・ルーズベルト(米国のファーストレディ、人権活動家 / 1884~1962)

好奇心を失ってしまったら、ワクワクドキドキした人生を送ることができません。

しかし、人生に疲れているのにどうやって好奇心を持てばいいのか、分からなくもなりますよね。

そんなときは、名言にあるように、人生に背をむけず、立ち向かってください。辛くても立ち向かっていたら、きっとワクワクする出来事に出会えるでしょう。

人生に疲れた時の対処法・名言【まとめ】

人生に疲れた時の対処法や名言について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

人生に疲れた時の対処法を年代別に紹介すると、

20代は

・相談する
・遊びに行く
・断捨離をする
・やるだけやる
・環境を変える

などです。

そして、30代は、

・とにかく寝る
・紙に書く
・1人旅をする
・本を読む
・何かを始める

などで、40代は

・自分を甘やかす
・1人になる
・よく考える

などです。

人間として暮らしていれば、さまざまな感情も沸いてきますし、傷付くこともたくさんあると思うので、人生に疲れるときも、もちろんあるでしょう。

人生に疲れたと思うのは、もしかしたら頑張って生きている証拠かもしれません。

生きていなければ、疲れたという感情さえ分からないのですから。

しかし、人生に疲れたからといって、そのままの暮らしを続けていいわけではありません。自分の暮らしを見つめなおして、這い上がる必要があります。

這い上がるには、自分の心を癒し、自分の気持ちを前向きにしなければならないですね。

そのためにも、名言に触れるのもとてもいいことだと思います。名言というのは、自分よりも先に経験した人が発している言葉であることが多いので、とても勇気づけられるものや、ハッとさせられるものが多くあります。

今回、ここで紹介した名言はほんの一部です。まだまだ素敵な名言は沢山あるので、自分の暮らしに名言探しを取り入れてみてください。

きっと、人生が楽しいと思える日々がまた訪れるでしょう。

もっと人生に疲れたときの対処法について知りたいアナタへ!

人生を変えたい人がすべき行動11選!本気で人生を変えたい人必見!
「もう人生どうでもいい!」と思う瞬間9選!そんな時はどうする?
人生なんとかなるもの!気楽な精神で生きる方法35選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ