やる気を出す方法21選!やる気が出ない人でも簡単にできる!

試験が近いのに勉強のやる気が出ない、仕事の締め切りが近いのにやる気が出ない・・・。モチベーションが下がって勉強や仕事が手につかない時ってありますよね。どんな時でも、やる気を出す方法があれば実践したいものです。今回は、やる気を出す方法を21選ご紹介します!

やる気を出す方法21選!やる気が出ない人でも簡単にできる!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】やる気がでない時ってありますよね・・
  2. まずは、何故やる気が出ないのかを考えましょう!
  3. やる気を出す方法1:タイマーをかける
  4. やる気を出す方法2:やることリストを作る
  5. やる気を出す方法3:モチベーションがなくてもとりあえず進める
  6. やる気を出す方法4:思いっきり深呼吸をする
  7. やる気を出す方法5:息が切れるまで体を動かす
  8. やる気を出す方法6:誰かに話を聞いてもらう
  9. やる気を出す方法7:お金をかける
  10. やる気を出す方法8:根拠のない自信を持つ
  11. やる気を出す方法9:我慢してることをする
  12. やる気を出す方法10:仮眠する
  13. やる気を出す方法11:ご褒美を用意する
  14. やる気を出す方法12:何も考えない
  15. やる気を出す方法13:お風呂に入る
  16. やる気を出す方法14:まったく関係のない本を読む
  17. やる気を出す方法15:周りに宣言する
  18. やる気を出す方法16:今の自分を客観視する
  19. やる気を出す方法17:尊敬する人を想像してみる
  20. やる気を出す方法18:鏡を置く
  21. やる気を出す方法19:テンションの上がる音楽を聴く
  22. やる気を出す方法20:部屋を片付ける
  23. やる気を出す方法21:やる気のある人の共通点を考えてみる
  24. 【おわりに】やる気を出す方法、見つかりましたか?

【はじめに】やる気がでない時ってありますよね・・

やらなければいけない課題がある時に限って、やる気が出ない時ってありますよね。ちょっと休憩を取ってみても、なかなか脳が切り替えられなかったり、そんなやる気のない自分を責めたくなったり・・・。人間の心理ってやっかいなものです。
いつでもどこでも、気持ちを切り替えてやるべきことをこなせる自分であれば、もっと人生楽なのになぁと思ってしまいます。

モチベーションの管理というのは、自己管理能力に直結します。自己管理能力のある人間は、目的や目標を達成しやすい人です。同じ時間を過ごすのであれば、成長スピードの早い人間になりたいですよね。
果たして、やる気が出ない自分の心理状態を変えて自己管理能力を鍛えることって、誰にでもできることなのでしょうか?

まずは、何故やる気が出ないのかを考えましょう!

やる気が出ない時の要因は2つあると思っています。
1つは「体力的な問題」。もう1つは「精神的な問題」です。解決しやすいのは「体力的な問題」。体力的なものであれば、仮眠をとったり、お風呂に入ったりすればリフレッシュしてモチベーションが上がる可能性が高いです。

一番やっかいなのは精神的なものが要因でモチベーションが下がっている場合です。心理状態が混乱していたり、脳が疲れている場合もこれに該当します。このときは理由を細分化して考える必要があります。
成長意欲が下がっているからやる気が出ない、周りがうるさくてやる気が出ない、部屋が散らかってるからやる気が出ない、テレビが見たいからやる気が出ない・・・。
理由をまず探し当てること。そしてそれを一つ一つ潰していけば、解決できる可能性は高くなります。


ただ、この理由を探し当てる作業が非常に難しいのも事実。
1つ1つ潰していっても、やる気が出ない場合は、探し当てられていない理由が他にある可能性があります。

今回は、やる気が出ない理由を探し当てるのが難しいという方に、理由がわからない状態でも「やる気が出る方法」をまとめてみました。実践していく中で、自分のモチベーションの基準を見つけられるかもしれません。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

やる気を出す方法1:タイマーをかける

「◯分までに××を終わらせる!」と決めて、タイマーをかけてみましょう。最近はスマートフォンでタイマーをかけられますが、できれば集中するときはスマートフォンの電源を切ったほうがいいので、時計で計ってもOKです。(できれば100円均一などでタイマーを調達しましょう)まずは、短い時間で、簡単なことをやることをお勧めします。勉強であれば、「3分で5個の英単語を覚える」といった形でOKです。小さな達成感を積み重ねて行くことで、モチベーションが上がってきます。

やる気を出す方法2:やることリストを作る

やる気が出ない人は、そもそも何から手をつけていいのか分かっていない場合があります。
大まかなやることリストをまずは作ってみましょう。それを見てもピンとこない場合は、さらに細分化してみましょう。例えば、やることリストの1つが「掃除」だった場合、「ゴミ箱の中身をまとめる」「排水溝を綺麗にする」といった形で明確にすると、行動に移しやすくなります。

やる気を出す方法3:モチベーションがなくてもとりあえず進める

無気力でやる気がない場合でも、とりあえず手を動かしてみましょう。勉強であれば、参考書をパラパラとめくって目を通すだけでOKです。仕事であれば、仕事をしてるフリでもOKです。動かないというのが一番心理的に自分を追い詰めます。なんでもいいのでとにかく動きましょう。

職場でやる気が出ないときに一番やってはいけないのは、「明らかに仕事をサボること」です。給料をもらっている以上、仕事はきちんとこなさなければなりません。モチベーションが上がらないときも、とにかく手は動かしましょう。資料の整理でもいいですし、デスクトップの整理でもOKです。

やる気を出す方法4:思いっきり深呼吸をする

モチベーションが上がらないのは、脳に酸素が行き届いていないだけだったりします。深く深呼吸をして脳に酸素を行き渡せることで、すっきりしてモチベーションが急に上がることも考えられます。少なくとも3回、しっかり深呼吸してみましょう。

時間に余裕があるときは、簡単にできるヨガがおすすめです。「やらなくちゃいけないことがある」と焦っている心理状態では、呼吸が自然と浅くなっています。10分程度でいいので、時間の流れをゆっくり感じるように呼吸してみましょう。心にゆとりが生まれて、目の前の課題をこなすやる気も出てくるはずです。


◆関連記事:メンタルを強くしたい人へ

メンタル弱い人の特徴13選!仕事や恋愛で上手くいくには?

やる気を出す方法5:息が切れるまで体を動かす

「やる気を出す方法4」と内容はかぶりますが、体を動かすことで脳に酸素を届けることができます。脳をすっきりさせるためにも、息がきれるまで体を動かしてみましょう。外に出て全力疾走したり、階段を全力で駆け上がるのがおすすめです。

息が切れるまで身体を動かすと、脳が酸素に送られるだけでなく、呼吸を正常に戻そうという心理状態になります。その心理状態になることで、一時的に現実から逃避することができるんです。
身体を動かすとリフレッシュするのは、この「一時的な現実逃避」が理由です。10分ほど時間が取れるときは階段を駆け上がってみましょう。

やる気を出す方法6:誰かに話を聞いてもらう

やる気が出ないのは、悩み事が多い心理状態だからではありませんか?悩みが多い心理状態になると、脳の中が混乱し、やるべきことが見えなくなります。一度、誰かに話を聞いてもらって心理的にすっきりさせたほうが、仕事も勉強も捗るかもしれませんよ。

やる気を出す方法7:お金をかける

お金がかかると、それを無駄にしないためにモチベーションを上げようとする心理が自動的に働きます。参考書をたくさん買ったり、有料セミナーに参加したり、仕事前にちょっと贅沢なランチを食べたり・・・最初に"自分へ初期投資"することで、元を取らなければならないという心理が働くようになりますよ。

やる気を出す方法8:根拠のない自信を持つ

「自分ってダメな人間だなぁ」と思っている時って、どうしてもモチベーションが上がらないです。頑張っても報われないと思い込んでしまい、やる気が出ないのです。それであれば、根拠のない自信を持ってみるのはいかがでしょうか?

「この受験に合格したら、いずれ億万長者になれる素質がある!」「この仕事を軽々終わらせるくらいの才能が私にはある!」と、根拠のない自信を持つことで、「自分を尊敬する」という心理が働きます。尊敬する人がやる気が出ないってちょっとカッコ悪いですよね?だから強制的にやる気を出すことができるんです。

やる気を出す方法9:我慢してることをする

我慢していることがあると気になってしまい、やるべきことに集中するモチベーションが上がりません。「やる気が出ない」と感じている人は、何か我慢していることや不快に思っていることはありませんか?机の上を片付けたり、溜まっていた洗濯物を洗ったり、我慢していたお菓子を食べたりすることで、自然とモチベーションが上がる可能性があります。

やる気を出す方法10:仮眠する

やる気が出ない時、大半の場合は脳と身体が疲れている時です。「昨日は8時間寝た」という場合でも、人によっては日々の疲れが無意識のうちに溜まっていて、肩こりや眼精疲労に繋がりモチベーションの妨げになっているパターンが多いです。
こんなときは無理してモチベーションを上げずに、一度仮眠することをお勧めします。仮眠時間は30分〜1時間がおすすめです。これくらいの時間であればお昼休みのときに確保できますよね。仮眠することで脳内が一度リセットされ、すっきりして集中力が上がりますよ。

やる気を出す方法11:ご褒美を用意する

「これが終わったら冷蔵庫にあるケーキを食べる!」「見たかったテレビを見る!」と決めると、少しモチベーションが上がる気がしませんか?社会人の人は、週末に温泉やショッピングなどお金をかけるご褒美を用意しておくといいかも。

ご褒美を用意するときに大切なのは、そのご褒美をもらった自分がとても幸せそうなのをイメージすること。筆者は、「お風呂上がりにハーゲンダッツを食べてテレビを見ること」をご褒美にすることが多いのですが、これがとても効果があるんです。お風呂から上がってリラックスした状態で、美味しいハーゲンダッツを食べながら、面白いテレビを見て笑っている自分を想像すると、「早くその時間にしたい!」とモチベーションが上がるんです。

やる気を出す方法12:何も考えない

とにかくやらなければいけないのにモチベーションが上がらない場合、「何も考えずに手を動かす」のもオススメです。これは瞑想に近い心理状態で、コツも必要なのですが、無心になることに集中するというイメージです。そして、最低限の手と脳を動かします。

はたから見るとロボットのように見えるのですが、そもそもモチベーションが上がらない理由の1つに「感情が働いてしまうこと」があると思います。「勉強したくないな」「仕事したくないな」という心理が、モチベーションを下げている一番の要因なんです。

それであれば、一度その感情を手放してみましょう!今までの人生で培った「物事に対する感情」を無にするのは難しいことですが、無心状態を手にいれることができれば、仕事や勉強への集中力は確実にアップします。目の前にあるタスクをこなすことを合理的に考え、とにかく無心で終わらせることに集中するのです。「疲れた」「やりたくない」という感情がたまに顔を出しますが、強制的にシャットダウンしてください。

やる気を出す方法13:お風呂に入る

やる気が出ないときは、ただ単に疲れているときが多いです。自宅にいる場合は、お風呂に入って気分転換しましょう!時間は大体30分〜1時間くらいがベスト。大事なのは、お風呂の中で勉強や仕事を持ち込まないこと!お風呂に入っている間はリラックスすることに集中してください。湯船に浸かりながら深呼吸したり、ヘッドマッサージをしたり、肩を揉んだり、ストレッチをしたり・・。凝り固まった身体がほぐれ、体全体がリラックスするのを感じてくださいね。湯船に浸かって汗をかくことで脳がすっきりするのを実感するはずです。

やる気を出す方法14:まったく関係のない本を読む

仕事や勉強に手をつける前に、漫画や小説など、やるべき事と全く関係のない本を読んでみましょう。本を読むことは瞑想に似ています。目の前に置かれている課題とは全く関係のない本を読むことによって、凝り固まった脳がほぐれていきます。

また、まったく関係のない本から仕事や勉強のヒントが見つかる可能性もあります。筆者は、部屋の掃除をしたくないけどモチベーションを上げたいとき、ファッション雑誌を読むようにしています。ファッション雑誌に出てくる綺麗なモデルさんを見ていると、「きっとこのモデルさんは綺麗な部屋で過ごしているんだろうなぁ」と想像するようになり、必然と掃除をするモチベーションに繋がるのです。


◆関連記事:心が弱い人はこうしよう!

心が弱い人の特徴13選!克服方法も解説!

やる気を出す方法15:周りに宣言する

自己管理でモチベーションを上げるのが難しい場合は、周りに宣言することをオススメします。宣言する場合は、「期間」「目標値」を具体的に決めておきましょう。そして、できれば身近ですぐ会えるような人、尊敬する人に宣言したほうがいいです。一番ダメなのは、自分を甘やかしてくれる人たちです。「この人に見捨てられたらイヤだなぁ」と思える人に自信を持って宣言すれば、達成しようとする意欲に繋がります。

特に「周りを見返したい!」という願望のある人は、このやり方が非常に合っていると感じます。このような人は、目標を達成できなかったときに「やっぱり無理だったんだね」と言われることが、何よりも屈辱だからです。あえて、自分に対して反対意見を持つライバルを作るのも、モチベーションを上げ方法として有効かもしれません。

やる気を出す方法16:今の自分を客観視する

課題を目の前にしてやる気が出ない時、自分のことを客観視できていない人が多いように感じます。誰だって、やる気なくダラダラしている人よりは、やるべきことをコツコツ真剣にやっている人のほうが魅力的に感じますよね。だらだらしている自分を客観視できたとき、「このままではダメだ!」と思えるのではないでしょうか?

やる気を出す方法17:尊敬する人を想像してみる

あなたの尊敬する人は誰ですか?芸能人でも、実業家でも、身近な人でも、誰でも大丈夫です。尊敬する人の名言や、写真を見返してみましょう。その人は、どんな努力をして、どんな人生を歩んできたのか。もし、その人が、自分と同じように課題にぶち当たったとき、どのように対処するのか。

想像してみると、やる気が出ない自分がカッコ悪く思えてくるはずです。
社会人におすすめなのは、社内に尊敬する人を作ること。「人として尊敬する」という大それたものでなくていいんです。「この人の仕事ぶりは好きだな」という人を1人作ってみてください。その人の仕事ぶりを自分の中に取り入れようと意識するだけで、自然とモチベーションが上がりますよ。

やる気を出す方法18:鏡を置く

「形から入る方法」としてオススメなのは、今の自分の姿を見てみることです。例えば、勉強するやる気が出ないのであれば、机の上に鏡を置いて、「勉強しているフリ」をしてみます。やる気が出ないときにやる気がありそうな自分を見ると、脳が錯覚を起こして、本当にやる気が出てくるんです。

「ちょうどいいサイズの鏡がない」という人は、やる気があるときの自分をiPhoneで撮影しておくのをオススメします。例えば、勉強している姿でもいいですし、掃除を頑張っている姿でもいいです。やる気が出ないときに撮影したムービーを見ると、「やる気のある自分ってかっこいいな」と思えますよ。

やる気を出す方法19:テンションの上がる音楽を聴く

あなたの好きな音楽はなんですか?今ハマっている音楽や、昔好きだったアイドルの音楽を聴くと、自然とテンションが上がるかと思います。テンションが上がることはやる気の出ない脳を刺激するのにとても良いことです。モチベーションが下がったとき用のプレイリストを作っておくと、便利ですよ。

また、最近ではYouTubeでも「勉強中に聴きたい曲」「集中力を高める音楽」といった形でまとめられている動画をよく見かけます。自分のお気に入りの音楽が特にないという方にはおすすめです。

やる気を出す方法20:部屋を片付ける

部屋で勉強や仕事をするとき、周りの環境ってとても大切だと思います。よく「勉強中に部屋の掃除をしたくなる」という話を聞きますが、部屋がすっきりと片付いていることで、脳の中も整理されるというのは科学的に立証されています。

部屋を片付けるモチベーションもない、という方は、とりあえず床を磨きましょう。磨くと言っても雑巾で磨くのではなく、クイックルワイパーや掃除機をかけるだけでOKです。まず床に置いてある物を移動できますし、床の埃がなくなっていくところは見ていて気持ちが良いものです。

やる気を出す方法21:やる気のある人の共通点を考えてみる

あなたの周りで、仕事や勉強にやる気を持って取り組んでいる人はいますか?いるとすれば、その人たちの共通点とは何でしょうか。筆者の周りのモチベーションの高い人たちにはいくつか共通点があるので、ご紹介します。

自分のやっていることに自信がある

自分に自信がある人は、やらなければいけない事に対してポジティブに受け止めることができます。自分の目標が明確で、それを達成するために現実的な計画しているので、目の前の課題が自分にとって必要であることを理解しています。
最初は根拠のない自信でも良いでのす。「これは自分の糧になる」と自信を持って取り組むことで、ポジティブな心理でモチベーションを上げることができますよ。

理想像があり、それに近づくための明確な目標がある

例えば仕事であれば、「3年以内に課長になる」「今年中に起業家になる」といった形で、夢や目標に対してポジティブな気持ちで行動している人が多いように感じます。人から言われてイヤイヤやる、という人はモチベーションが保てていない印象です。もちろん、やりたくないことをやらなければいけない時もあります。そういう時は、自分の理想像に無理やりでも結びつけるようにすると、前向きな気持ちで取り組めるようになりますよ。

家族やパートナーなど、守るべき人がいる

家庭を持っている人のモチベーションの高さに驚くことはありませんか?家庭を持っている人全員に共通するわけではないですが、「家族のために頑張ろう」と思って仕事や勉強をしている人は、自己管理能力もしっかりしている気がします。結婚している人が社会的信用を持たれやすいのと関係しているのかもしれません。

一緒に頑張れる仲間がいる

1人で頑張るよりも、一緒に頑張れる仲間がいたほうがモチベーション管理がしやすいようです。1人で仕事や勉強をしていると、長時間のモチベーションを維持するのは自己管理するしか方法はありません。でも、複数の仲間が一緒なら、みんなで解決策を考えられますし、頑張っている仲間を見ると良い刺激を受けて「自分も頑張らなきゃ!」と思えるのではないしょうか。仕事や事業で成功している人の周りには、たくさんの仲間や信頼できるパートナーがいますよね。

【おわりに】やる気を出す方法、見つかりましたか?

やる気を出す方法、いかがでしたか?モチベーションの上がる状態をイメージできましたか?
筆者は、どうしてもやる気を出さなきゃいけないとき、楽しいことを想像しています。これをやり終えたらご褒美があるな〜とか、これを達成したら自分かっこいいな〜とか、ちょっとワクワクすることを想像すると、意外とスイスイ取り組めてしまうものです。
もちろん、人によってモチベーションが上がる基準って違うものです。でも、自己管理能力の基本は「楽しんで取り組めているかどうか」だと思います。世の中には、やらなくていいことで溢れていて、それでも世間体や社会的責任を考えると、やらないといけない状況に追い詰められたりします。そこを主体的に捉えて、自分なりに楽しめるように工夫すれば、モチベーションの管理は意外と簡単にできますよ。
なので、なかなか自己管理がうまくいかないという人は、自分にとってのモチベーションの基準について一度ゆっくり考えてみることをおすすめします。

もっとやる気を出す方法を知りたいアナタはこちら

部屋の片付けのやる気を出す方法11選!
仕事にやる気が出ない時の対処法15選!モチベーションを上げたい!
やる気がでない時にやる気を出す方法15選!原因も解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ