浮気相手が妊娠した時の対処法は?男性はどうすべき?

浮気相手が妊娠した場合の対処法についてご紹介していきます。軽い気持ちで浮気をしてしまって、浮気相手を妊娠させてしまうケースも少なくありません。そういった場合に、どういった対処法が考えられるのか取り上げていきますので、どうぞ参考にしてください。

浮気相手が妊娠した時の対処法は?男性はどうすべき?のイメージ

目次

  1. 浮気相手の妊娠
  2. 浮気相手が妊娠した事実を確認する
  3. 浮気相手の妊娠をDNA検査で確認する
  4. 浮気相手の妊娠で彼氏がすべきこと
  5. 浮気相手が妊娠した場合の配偶者の旦那への対応
  6. 浮気相手の妊娠で慰謝料請求
  7. 浮気相手が妊娠した場合の対処法 中絶してもらう
  8. 浮気相手が妊娠した場合の対処法 妻との離婚を検討する
  9. 浮気相手が妊娠した場合の対処法 子供を認知する
  10. 浮気相手が妊娠した場合の対処法 認知せずに養育費を払う
  11. 浮気相手が妊娠した場合の対処法 浮気相手と結婚する
  12. 浮気相手が妊娠したら、まずは話し合いを進めること
  13. 浮気相手が妊娠した場合には、妻との離婚も視野に入れる
  14. 浮気相手自身にも妊娠の責任はある
  15. 浮気や不倫には気をつけよう
  16. 浮気をしないためには、配偶者とのコミュニケーションが大切
  17. 自分なりに楽しめる趣味を見つける
  18. 子供のことも考える
  19. 浮気相手が妊娠した場合の対処法を頭に入れておこう
  20. 【まとめ】浮気相手が妊娠した場合の対処法について

浮気相手の妊娠

浮気や不倫は不貞行為として、社会的にも厳しい目で見られることになり、法律的にも罰則規定があるもので、容認される行為ではありません。

人間の性として、不倫や浮気をしてしまうこともありますが、できることなら、不倫や浮気に走る前に、何らかの打開策を見つけられる人間へと成長していくことが求められます。

不倫や浮気によって、浮気相手が妊娠してしまう可能性もあります。

浮気相手が、既婚者だった場合は、さらに事態が泥沼化してしまう恐れもあります。

既婚者でなくても、浮気は許されるものではありませんが、浮気相手を妊娠させてしまうというのは、罪深い行為であるということを認識しておくことが大切です。

浮気相手が妊娠した事実を確認する

浮気相手が妊娠した可能性がある場合には、まず、妊娠の事実を確認する必要があります。

浮気相手が、あなたと配偶者の関係をこじらせることを狙って、虚偽の報告をしている可能性もあるためです。

浮気や不倫自体、容認される行為ではありませんが、浮気相手が妊娠した可能性がある場合には、まず妊娠の事実を確認するところから始めましょう。

具体的に、浮気相手が妊娠した事実を確認するためには、病院に行って検査してもらうと良いでしょう。

市販の妊娠検査薬だけでは、妊娠の確認に十分とは言えません。

病院で妊娠の事実が確認されると、妊娠初期段階であってもエコー写真をもらうことができます。

そのエコー写真をもとに、妊娠の事実を確かめていくと良いでしょう。

浮気相手の妊娠をDNA検査で確認する

浮気相手が妊娠したからと言って、それがあなたとの間の子供であるとは限りません。

浮気相手の配偶者との子供かもしれませんし、彼氏との間の子供の可能性もあります。

本当に自分との間の子供であるかどうか不安な場合は、病院でDNA検査をしてもらうと良いでしょう。

DNA検査は、妊娠7週目あたりから行うことができます。

しかし、DNA検査を行うためには、数万円から数十万円程度の費用も必要となります。

当然、浮気相手との話し合いで、費用を負担し合うことになりますが、高いお金がかかるということを承知しておくと良いでしょう。

浮気相手の妊娠で彼氏がすべきこと

自分の彼女が浮気相手に妊娠させられた事実を確認したら、彼氏としては、まずその事実関係を詳細に聞き出すことが大切です。

彼氏としても腹立たしいところがあるでしょうが、彼氏は彼氏なりにできることをして、彼女のケアをしてあげると良いでしょう。

もちろん、彼女の行為に嫌気が差して、彼氏と彼女という関係を解消したいのであれば、その旨を伝えれば問題ありません。

彼氏と彼女はあくまで恋人関係ではないので、離別しても、特に法的にも大きな問題はありません。

ただし、彼女との関係を継続していきたい、結婚も視野に入れていたという場合には、彼氏としてもしっかりと話し合って、今後の方針を決めていくことが大切です。

浮気相手に妊娠させられて、彼女は傷ついている可能性もあるので、その辺の心情を察して彼氏としてできることをしてあげましょう。

浮気相手が妊娠した場合の配偶者の旦那への対応

旦那の浮気相手が妊娠したという事実を知ったら、奥さんも大激怒したくなるところでしょう。

もちろん、旦那の浮気、不倫によって、離婚したり別居生活になったりする夫婦は少なくありませんので、そういった選択肢を視野に入れるのも悪くありません。

旦那自身にも大いに反省してもらって、慰謝料という形で、その罪を償ってもらいましょう。

一方で、旦那が浮気や不倫をしても、離婚せずに、やり直すという夫婦もあります。

旦那のミスを肝要な心で許すという奥さんもいるでしょう。

その場合でも、旦那と不倫前のような関係に戻っていくには時間がかかります。

旦那自身の気持ちと、妻の旦那に対する気持ちを率直に語り合っていくことで、徐々にその溝を埋めていくと良いでしょう。

浮気相手の妊娠で慰謝料請求

旦那の不倫や浮気によって、浮気相手が妊娠した場合、妻としては旦那との離婚を視野に入れることもできますし、旦那に慰謝料請求をすることもできます。

ここが彼氏と旦那の違いであり、婚姻関係にあるかないかで大きな違いが生じてきます。

彼氏が浮気相手を妊娠させた場合は、慰謝料請求しても慰謝料をとれない可能性の方が高いですが、旦那の場合は、十分に慰謝料を支払ってもらうことができます。

子供の有無や子供の年齢、今後の生活費や養育費などを考慮した上で、相応しいと思われる額の慰謝料請求を行うことができるので、頭に入れておきましょう。

旦那としては、ちょっとした過ちで大切な家族を失うことになり、愛する子供からも信頼されなくなってしまう可能性があります。

軽い気持ちで浮気や不倫に走る前に、少し自分の胸に手を当ててみる余裕を持つことも大切でしょう。

浮気相手が妊娠した場合の対処法 中絶してもらう

ここからは、浮気相手が妊娠した場合の対処法について具体的にご紹介していきます。

妻との離婚を視野に入れて、結婚を検討していない限り、旦那としても、浮気相手の妊娠は望んでいないでしょう。

万一、浮気相手が妊娠してしまった場合に、どういった対処法があるのかについて頭に入れておくことも大切なポイントです。

まず、浮気相手が妊娠した場合の対処法として挙げられるのが、浮気相手に「中絶してもらう」という対処法です。

男性からすれば、もっともオーソドックスな対処法ではありますが、女性自身は精神的にも肉体的にも大きく傷つけられるということを忘れないことが大切です。

また、中絶にかかる費用を負担するということも忘れないでおきましょう。

万一、中絶費用の負担を拒否すると、場合によっては法的に罰せられるケースも少なくありません。

妊娠させてしまった女性を精神的にも経済的にもサポートしていかなければならない義務があるので、男性としても、最後までしっかりと面倒を見ることが大切です。

浮気相手が妊娠した場合の対処法 妻との離婚を検討する

続いての浮気相手が妊娠した場合の対処法としては、「妻との離婚を検討する」ことが挙げられます。

浮気相手が妊娠したという事実を妻が知らない可能性もあります。

そういった中で、男性としては責任を取って、妻との離婚を検討することもあるでしょう。

その際には、莫大な慰謝料請求をされることも覚悟しておきましょう。

妻との離婚を決意する際には、慰謝料の他にも、財産分与という形で、所有財産の半分程度を妻に明け渡すことになります。

その他、子供がいる場合は親権も母親側になる可能性が高く、それに伴って養育費の支払いも必要となっていきます。

簡単に離婚するといっても、さまざまな手続きを踏んで、慰謝料を含めた多額の金銭のやり取りが発生するということを頭に入れておきましょう。

浮気相手が妊娠した場合の対処法 子供を認知する

続いての浮気相手が妊娠した場合の対処法としては、「子供を認知する」という方法が挙げられます。

妻との離婚を検討しない場合、妻に浮気相手の妊娠の事実がばれていなければ、結婚生活は継続したまま、浮気相手の子供の面倒を見ることも可能です。

浮気相手に中絶して欲しいと申し入れたとしても、浮気相手自身が子供を産みたいというケースもあるでしょう。

そういった場合には、浮気相手との間にできた子供を認知するという形で、面倒を見ていくことができます。

子供にかかる養育費を支払う必要も出てきます。

最初のうちは妻にばれていなくても、認知をすると父親側の戸籍に認知した子供がいることを記載されることになるので、いずれはばれることになります。

ただでさえ養育費の支払いなどで、不自然な支出が増えていくことになるので、これまで通りの結婚生活を続けていくのは相当難しいということを、頭に入れておく必要があります。

浮気相手が妊娠した場合の対処法 認知せずに養育費を払う

続いての浮気相手が妊娠した場合の対処法としては、「子供を認知せずに養育費を払う」という方法が挙げられます。

何とかこれまで通りの結婚生活を維持していきたいと考えるのであれば、この方法が妥当でしょう。

認知しなければ、戸籍にその旨が記載されることもありませんし、男性側の主な役割としては、養育費の支払いだけで済みます。

浮気相手との話し合いも重要となります。

浮気相手の女性としては、男性に認知をしてもらいたいと言ってくるかもしれません。

認知しなくても、認知裁判という形で女性側の請求が認められると、戸籍に記載されることになります。

したがって、いずれにしても、妻に浮気の事実がばれる可能性は高く、結婚生活も一筋縄ではいかなくなります。


◆関連記事:楽しいばかりではありません…

不倫が辛い7つの理由とは?辛い気持ちを軽くする5つの方法を紹介!

浮気相手が妊娠した場合の対処法 浮気相手と結婚する

浮気相手が妊娠した場合の対処法として、「浮気相手と結婚する」という選択肢も挙げられます。

浮気相手が独身であれば、こういった選択もあり得るでしょう。

あなた自身が浮気相手の彼氏という形で、結婚していなければ、妊娠を機に結婚するという選択肢も妥当です。

また、結婚関係にある男女の場合でも、それぞれの結婚生活を捨てて、新たな形で再スタートを切るという選択肢もあります。

いずれにしても、時間とお金がかかる話になりますが、選択肢の一つとして、浮気相手と結婚するという方法もあるということを頭に入れておくと良いでしょう。

浮気相手が妊娠した場合、どんな方法でも、それまでと同じような結婚生活を送っていくのは難しくなってしまいます。

そういった中で、人生の再スタートという形で、新たな愛を育んでいくのも一つの選択肢です。

浮気相手が妊娠したら、まずは話し合いを進めること

浮気相手が妊娠した場合、まず、その浮気相手と今後の状況についてきちんと話し合っていくことが求められます。

まず、妊娠をさせた場合、男性には女性の身体的な面でも、経済的な面でも、精神的な面でも負担を軽減するための行動をする義務が発生します。

特に、女性に中絶をしてもらうためには、この義務が強力なものとなり法的拘束力を持つようになります。

したがって、上記の義務を怠ったものに対しては、賠償義務が課せられることもあり、中には100万円以上の賠償金を支払ったという例も散見されます。

それだけ、男性にも大きな義務が生じることになるので、浮気相手の心情を把握して、自身の気持ちも含めて、しっかりとした話し合いによって解決の方向へと向かわせることも重要です。

浮気相手が妊娠した場合には、妻との離婚も視野に入れる

浮気相手が妊娠した場合には、妻との離婚も視野に入れることが求められます。

浮気相手が妊娠してしまった段階で、いずれにしてもそれまで通りの結婚生活を送り続けるのはかなり難しいでしょう。

浮気がばれていなくても、ばれるのは時間の問題であり、経済的にも苦しくなっていくのは妊娠させてしまった人自身です。

そういった中で、妻から離婚を要求されることもあるでしょうし、自ら浮気相手との妊娠の話を切り出して離婚に持っていくというケースもあります。

浮気相手を妊娠させてしまったことに対する自責の念と、妻への申し訳なさに耐え切れなくなって、離婚を切り出すというケースも少なくありません。

浮気相手の妊娠によって得をする人は誰もいないでしょう。

そういった行為を行ってしまった結果として、離婚や慰謝料請求という結末が待っているのです。

浮気相手自身にも妊娠の責任はある

浮気や不倫によって、得をする人は誰もいませんし、結婚している男性はそのまま以前と同じような結婚生活を送ることもできなくなってしまいます。

ただし、浮気や不倫による妊娠は、男性のみならず、女性にも責任があることを頭に入れておきましょう。

レイプなどによって、無理やり妊娠させられた場合は別ですが、通常の浮気と認められれば、女性も合意の上で性行為が行われたと判断されます。

避妊具をつけていたかいなかったのかも焦点となりますが、いずれにしても合意の上での性行為だった場合は、男性だけでなく、女性にも責任があると言わざるを得ません。

いっときの快楽を得るために身体を許してしまった場合でも、肉体的にも精神的にも傷つけられるのは女性自身です。

節度ある判断で、理性を持った行動を心がけるようにしていくと良いでしょう。

浮気や不倫には気をつけよう

当たり前のことですが、浮気や不倫には理性を持って対処していくことが大切です。

特に結婚生活を送っている男女であれば、浮気や不倫によって失われるものは計り知れないものがあります。

慰謝料請求も含めて、親権問題、養育費、財産分与、社会的信用など、多くのものを失ってまで、浮気や不倫をする価値があるのか慎重に判断していくと良いでしょう。

浮気相手のことが好きで、浮気相手との結婚を視野に入れているのであれば、まず先に現在の配偶者との離婚協議を進めていくことがポイントです。

浮気の事実を認めた上でも、妊娠前の離婚協議であれば、多少慰謝料なども緩和される可能性があります。

離婚をするに十分な理由が認められれば、浮気相手との再婚もスムーズにいく可能性もありますので、何らかの問題を抱えている場合は、それを解決することを優先させましょう。

浮気をしないためには、配偶者とのコミュニケーションが大切

浮気や不倫をしないためには、日頃から配偶者と積極的にコミュニケーションを取っておくことが大切です。

いろいろと話し合っておくことで、お互いの不満も解消されていき、円満な夫婦関係に戻っていくこともあります。

離婚による慰謝料請求など、事態が泥沼化する前に、できることがあれば、話し合いによって積極的に解決するようにしていきましょう。

夫婦間の身体の関係を維持し続けることも大切です。

夫婦間のの性行為が少なくなると、それによって欲求不満を感じるようになって、浮気や不倫に走ってしまうといったケースも少なくありません。

月に何回は性行為をする、たまにはラブホテルに行ってムードを盛り上げるなど、夫婦間でできることを工夫して行っていくことで、不倫や浮気を未然に防ぐことができます。

自分なりに楽しめる趣味を見つける

自分なりに楽しめる趣味を見つけることも、浮気や不倫を回避するための一つの方法です。

音楽でも、スポーツでも、テレビでも漫画でも、ドライブでも何でも構いません。

自分が熱中できるものを見つけておくことで、それをしている時間を楽しむことが大切です。

人を恋する気持ちは素敵なことですが、浮気や不倫は認められたものではありません。

浮気や不倫をしてしまう理由の一つとして、時間を持て余しているということが挙げられます。

仕事があれば良いですが、休日は暇だという方は注意が必要です。

何かしら、自分が熱中できること、打ち込めることを見つけて実践していくことで、不倫や浮気をしている時間もなくなっていきます。

子供のことも考える

浮気によって妊娠してしまった場合、その子供のことを考えてあげる思考力を持つことも重要です。

自分自身は、離婚や慰謝料の支払いなど苦しむこともたくさんありますが、そういった形で生まれてきてしまった子供は幸せな気持ちで生活することができるでしょうか。

後に、自分がどういった形で生まれてきたのかを知った時に、一番苦しむのは子供自身でしょう。

そういった思考力を身につけることで、安易に妊娠させるような形での交際を望まなくなるはずです。

浮気に限らず、彼氏や彼女といった結婚前の男女にしてもそうですが、子供のことを第一に考えた選択をすることで、より賢明な決断を下していくことができるようになります。

一瞬の快楽におぼれることがないように、気をつけていきましょう。

浮気相手が妊娠した場合の対処法を頭に入れておこう

まずは、浮気相手が妊娠した場合の対処法を頭に入れておくことで、浮気相手が実際に妊娠してしまった場合でも、落ち着いた行動を取れるようにしておくと良いでしょう。

男性としては、妊娠してしまった女性の気持ちをケアしてあげることが大切です。

最終的に子供を産むか産まないかの決断を下すのは、女性自身です。

その女性がどう思っているのか、きちんと吐き出させてあげて、その後で男性としての考えを表明するようにしましょう。

彼氏という立場であろうが、旦那という立場であろうが、意図せぬ妊娠は、女性を精神的にも肉体的にも苦しめてしまうものです。

彼氏彼女という関係ではなく、結婚して正式な夫婦として妊娠しているのであれば、とてもおめでたいことですが、浮気による妊娠は、周囲の人間にとっても反応に困ってしまうでしょう。

そういった中で苦しむ女性の心を癒してあげることが大切です。

離婚や慰謝料の支払いなどについては、その後検討するようにしていきましょう。

【まとめ】浮気相手が妊娠した場合の対処法について

浮気相手が妊娠した場合の対処法について、さまざまな視点からご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

浮気自体、そもそも勧められる行為ではありませんが、浮気相手が妊娠してしまった場合も、段階を踏んで先へ先へと進んでいくことが大切です。

中絶してもらうのか、それとも子供を産むのか、子供を認知するのか、養育費だけを支払うのかといったさまざまな選択肢がある中で、一つ一つの課題をクリアしていくことが求められます。

どちらか一方の考えを押し付けるのではなく、両者が話し合った上で、同意のもと、子供に関して決めていくと良いでしょう。

人口中絶をしてしまうと、その後の妊娠の確率が下がってしまうというデータもある中で、安易に中絶したがらない女性もいるでしょう。

男性としては、そういった女性の心情を汲み取って、話し合いを進めていくことが大切です。

まずは、浮気や不倫によって、大切なものを失わないように気をつけていきましょう。

浮気に関する情報についてもっと知りたいアナタヘ

不倫相手の子供を妊娠した場合の対処法とは!【ピンチ】
女の勘は当たる?恋愛で浮気や結婚や妊娠を鋭く見抜く!
不貞行為と不倫・浮気の違いとは?離婚に必要な不貞の証拠7つ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ