【コストコ】コスパ最強のステーキ肉9選&牛肉を美味しく焼く方法!

会員制スーパー「コストコ」には、コスパ最強の美味しいステーキ肉がたくさん売っています!この記事では、コストコで売っているお肉の中から、おすすめのステーキ肉9選をご紹介します。お肉が大好きのあなた、家族のお祝い/クリスマス/誕生日をおうちで祝いたいあなたにおすすめです!美味しいステーキの焼き方もお伝え

【コストコ】コスパ最強のステーキ肉9選&牛肉を美味しく焼く方法!のイメージ

目次

  1. コストコのステーキ肉はコスパ最強!おうちで美味しいディナー♪
  2. 【コストコのステーキ肉】”プライム”と”チョイス”の違い&国産牛肉は?
  3. コストコで売っているステーキ肉の名称&部位は?
  4. 【コストコ・おすすめステーキ肉ベスト9!】ブロック肉も◎
  5. 【失敗しない】コストコのステーキ肉の美味しい焼き方法!コツとポイントは?
  6. コストコ牛肉で美味しいステーキ生活を楽しもう♡

コストコのステーキ肉はコスパ最強!おうちで美味しいディナー♪

アメリカ生まれのコストコ。『アメリカ人の主食はパンではなく肉だ』という人がいますが、アメリカでは日本人がご飯を食べるように、一度に大量のビーフを食べます。

そしてその大半が家庭での手作り、手料理です。それだけに、美味しい肉の作り方、焼き方、レシピも日本人より一枚も二枚も上手です。

にもかかわらず、日本ではアメリカ産の牛肉は”安い・固い・まずい”ではないでしょうか。

確かに国内の他のスーパーでは、冷凍物などの顎が痛くなるようなアメ牛が激安で売られて、黒毛和牛などの国産牛よりはるか下に見られています。でも、コストコのアメリカ牛はそれとは別物です。

この記事では、コストコで売っているコスパ最強のステーキ肉をご紹介していきます。またステーキ肉を美味しく焼く方法についても触れているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

【コストコのステーキ肉】”プライム”と”チョイス”の違い&国産牛肉は?

コストコで扱う牛肉は、”プライム”と”チョイス”のみ。

これは、アメリカ農務省が定めた5段階の肉質格付けの1位と2位です。特にプライムビーフは、日本の黒毛和牛A5ランクに相当する程の極上品。

アメリカでは、適度に脂肪交雑のある柔らかい若齢牛の肉でないと、プライム、チョイスと表示して販売することは許されません。

こんな肉に対する厳格な規制があるあたり、さすが”牛肉王国”といった感じがしますね。

プライムビーフは最上のステーキ肉!

アメリカ牛の最高峰、プライムビーフ。プライムとは英語で”最上の”という意味。

全米でも2%ほどしか流通していない、貴重なお肉です。きれいな鮮紅色の赤身に、たっぷり脂身のサシが入っています。

といっても和牛のように霜降りになっている訳ではなく、赤身と脂身がはっきり分かれています。なのに、赤身部分だけ食べてもとっても柔らか。

どんな焼き方、レシピでもおいしくいただける、特別な日の手作り料理にピッタリのお肉です。また、コストコのアメリカンビーフは、産地から一度も冷凍されずに店頭にならびます。

肉は冷凍→解凍→再冷凍を繰り返すほど鮮度が落ちるので、一度に食べきれなくても冷凍すればいつまでも味落ちせずに食べられます。

厳選チョイスビーフはサシ少なめ&ヘルシー!

アメリカ農務省の肉質格付け2位、チョイスビーフです。

チョイスとは”選ばれた”、”厳選された”という意味。日本人にはちょっと分かりづらい感覚ですが、コストコの精肉コーナーに行くと”Choice”と大きく書かれた看板が掛かっていることがあります。

プライムに比べて脂肪サシは少ないですが、一度も冷凍されずに輸入されることと、赤身部分の柔らかさは変わらず、しかもプライムに比べてローカロリー。お値段もお手頃。

コストコ牛肉の中心はプライムよりチョイスなので、商品のバラエティーも豊富。ステーキ肉だけじゃなく、さ色々な手作り料理レシピに使えるビーフが手に入ります。

食べ盛りの中高生の男の子がいるご家庭など、おいしいお肉をたくさん食べさせたい方に、強い味方です。

さらに特別感を演出したいなら「黒毛和牛」もあり!

コストコ牛肉のほとんどはアメリカ牛ですが、国産の黒毛和牛も扱っています。ところで、黒毛和牛など”和牛”と、国産牛の違い、ご存知ですか?

日本国内で育てられる肉牛の中で、明治以前から日本にいた牛(昔は牛肉を食べなかったので、農耕用などでした)をルーツにする、限られた品種の牛だけに許されている呼び方です。

これに対し外国ルーツの牛を国内で育てたものを、国産牛と呼びます。黒毛和牛は和牛の主流で、産地で言えば神戸牛、松阪牛、近江牛、米沢牛など。

コストコの黒毛和牛は、鹿児島、熊本など九州産がメインのようですが、見事な霜降りととろけるような食感が大人気。

ステーキ肉の他に肩ロース切り落としもあり、こちらも人気。すき焼きやしゃぶしゃぶなど、ご家庭の手作り料理に重宝されているようです。

なお、コスパ最強のコストコでもやはり、黒毛和牛は高価です。

ステーキの焼き方、レシピに慣れていない方は、いきなり黒毛和牛ステーキに挑戦せず、プライムビーフ肩ロースあたりで練習してからチャレンジすることをおすすめします。

コストコで売っているステーキ肉の名称&部位は?

一口に牛肉と言っても、ロース、ヒレ、サーロイン、リブなど実にさまざまな部位に分かれており、それぞれ合うレシピ、焼き方が違います。

でも名前は知っていてもそれが牛の体のどの部分で、どんな特長なのか全部分かっている人は少ないのでは?

コストコのステーキ肉は、1パックの量が多く、英語の部位名がそのまま商品名になっていることが多いので、ある程度の予備知識があった方がいいですね。主だったものを紹介します。

ロース

牛の背中の背骨の両側、肩から腰の肉全体をロースと呼びますが、有名なサーロイン(あばら骨と骨盤の間のお肉)と区別するため、普通は肩からあばら骨周辺までの肉のことを言います。

肩の部分を肩ロース、あばら(リブ)の部分をリブロースと言います。つまり、頭の方から順に、肩ロース、リブロース、サーロインです。

サーロイン

牛の背中側、リブロースよりもお尻よりの部分。ステーキ用の肉の名前として一番有名ですよね。

ロインとは腰の肉の事ですが、昔イギリスの王さまが、あまりの美味しさから”サー”(貴族の敬称)を付けて呼ぶようにしたという話は有名です。

この高級なビーフを、ご家庭で手作りステーキで食べられたら、夢のようですよね。

ヒレ(テンダーロイン)

フランス語の”filet”を語源とする部位で、関西の方はヘレとも呼ぶようです。

骨盤の中にある、背骨と大腿骨をつなぐ部分のお肉で、ほとんど運動しないためとても柔らかい、脂肪の少ないローカロリーなお肉です。

サーロインの下にあることから英語ではテンダーロインとも呼ばれます。とんかつのメニューのひれかつも、豚のこの部位のお肉を使った料理です。

脂身や筋が少ないので、素人にも加工がしやすく、手作りステーキ向きです。

ショートリブ・ フィンガーリブ

ショートリブは、牛のあばら骨周りの肉で、リブロースの下にあたる部分。日本語で”ともバラ”と呼ばれる部位の上半分です。韓国料理では上カルビと呼ばれます。

同じ部位で、肋骨と肋骨の間の細長い肉が、フィンガーリブ。韓国料理で中落ちカルビと呼ばれる部分です。

どちらも、とても脂が乗りやすい濃厚なあじわいのお肉ですが、筋がたくさん入っていることもあり、手作りステーキにする際は下処理やレシピに工夫がいるかも。

トップブレード

日本名で”ミスジ”と呼ばれる希少部位。牛の肩甲骨の内側にくっついているわずかな部分で、ほとんど運動しないことからとても柔らかな、脂肪分が少ないヘルシーなお肉です。

◆関連記事:コストコは鶏肉もおいしい!

コストコさくらどり肉はむね肉ともも肉どっちが人気?【冷凍】

【コストコ・おすすめステーキ肉ベスト9!】ブロック肉も◎

それでは、ここからはコストコで扱われている人気&おすすめのステーキ肉を個別に紹介して行きます。コスパ最強のステーキディナーやバーベキューを楽しむことが出来ますよ♪

(価格は2018年1月 コストコ前橋店頭調べ 時期により変動します)

①サーロインニューヨークカット

コストコアメリカンビーフの最高峰、ニューヨークカットです。日本人が『分厚いビフテキ』という言葉でイメージする通りの姿をしています。

別名”1ポンド(450g)ステーキ”とも呼ばれ、名前の由来は、昔ニューヨークの名店が、1ボンド以上のオーダーしか受けなかったからとか、分厚い断面がマンハッタン島のように見えるからとか言われています。

調査日の価格で100g 698円。1パック約1キロで、分厚いステーキ肉4枚入りでした。隣には黒毛和牛4等級が!日米牛肉最高決戦!みたいでした。

見た目がカッコイイだけでなく、肉質も柔らかく、どんな手作りレシピ、焼き方でもおいしく召し上がれます。

4枚入りなら、ご夫婦で1枚ずつにして、残りは冷凍して別の日にいただいてもいいですね。

現在プライムのニューヨークカットは扱い量を減らしているらしく、夕方行くと売り切れていることも。和牛なみの値段ですが、特別な日におすすめしたい、人気商品です。

②プライムビーフ 肩ロース焼き肉

サーロインに並ぶ人気部位、肩ロースのお肉です。このお肉になぜ『焼き肉』という名前を付けて売るのか?

日本人にとって焼き肉といえば韓国料理、薄切りの小さな肉片をイメージすると思うのですが、これはどう見てもステーキ肉です。

確かにニューヨークカットに比べれば薄切りですが、1.3キロほどのパックに大きなお肉が何枚も、どーんと入っています。しかも安い!量も多いけど、切り分けてあるので冷凍保存もらくらくです。

調査日では、100グラム228円。1パック3000円~3500円程でした。筋切りも丁寧に処理されていて、味付けして焼くだけで、簡単においしく食べられます。

それほど分厚くないので、焼き方を工夫しなくても中まで火が通りやすく、手作りステーキ以外にも色々なレシピに使えそうです。

柔らかくて美味しいアメリカンビーフをたくさん食べたい!という方に、特におすすめです。

③黒毛和牛4等級肩肉

日本が世界に誇る”和牛”黒毛和牛の4等級のステーキです。

和牛の等級で、A4、A5という表示をよく見かけますが、黒毛和牛など、和牛の等級はA、B、Cに分かれていてAが最上。その中で更に1~5級があり、5が最上です。

つまりコストコの黒毛和牛4等級とはA4ということ。特別な日の手作りステーキにピッタリです。

輸入牛肉中心のコストコが、唯一扱っている国産牛が、この黒毛和牛4等級。みごとな霜降りの、とろける食感のステーキ肉です。

調査日の価格は100g799円。アメ牛のプライム以上の価格ですが、他店では普通に1000円以上するので、やはりコストコは格安ですね。

コストコ黒毛和牛の産地は九州が多いみたいですが、調査日に並んでいたのは北海道産でした。ステーキ用の他、薄切りの焼き肉、すき焼き用や、コスパのいい切り落としもありました。

④チョイスヒレステーキ

柔らかく脂身の少ない、ヒレ肉のステーキです。アメリカ農務省の肉質格付け、上から二番目の”チョイス”のお肉。

コストコの牛肉商品には、現在プライムのヒレはありませんので、ヒレステーキはこれだけになります。

調査日の価格で100グラム878円。人気の希少部位なので、チョイスグレードなのに結構なお値段ですね。

でも、コストコ牛肉はほとんどがこってり脂が乗っているのもなので、あっさりして柔らかい手作りステーキが食べたいという方にはこちらがおすすめ。高いだけの価値はあります。

1パック700~800グラムで分厚いステーキ肉がごろっと4枚ほど入っています。筋もなく、キメが細かくて、見るからに柔らかそうです。

⑤チョイスリブロースカタマリ

レストランのステーキメニューで最近、”サーロインステーキ”と同じくらいに”リブロースステーキ”という言葉を見かけるようになりました。

リブロースとは、牛の背骨両側のお肉の内、肩ロースとサーロインの間に位置する部分。背骨とリブ(あばら骨)の付け根周辺のお肉です。

豚肉でもバラ肉が一番脂が乗りやすいですが、ロースの中でもこってりとした脂身の多さが特長です。思い切りこってりしたステーキが食べたい方に特におすすめ。

コストコでは以前、この商品のプライムビーフを扱っていたようですが、現在は扱いがないようです。

プライムはどうしても高価になり勝ちなので、あまりたくさんの種類を同時展開できないのでしょうね。

調査日で100グラム598円。1パック800グラムの大きなカタマリブロック肉でした。最近コストコで、この『○○カタマリ』という商品をよく見かけるようになりました。

コストコのステーキ肉の用途として、バーベキュー大会などが結構あるのを意識してのことかも知れませんね。かたまりブロック肉はバーベキューでも迫力満点で、場が盛り上がります♪

ご家庭でカタマリ肉を使うには、解体が一苦労。でも慣れると結構面白いみたいです。ステーキにする部分とシチューなど他のレシピにする部分を切り分け、すぐ使わない分は冷凍。

好みの形のステーキ肉が切り出せるので、手作り感あふれるステーキがつくれます。

◆関連記事:コストコの牛肉についてはこちらにもまとめています

コストコの牛肉がお得!ステーキ・ブロック・肩ロースがおすすめ!

⑥チョイス肩ロースカタマリ

コストコのアメリカンビーフで、コスパ最強のお肉です。なんと調査日の価格で100g198円!1.5キロ~2キロの巨大やカタマリ肉です。

ある意味、とてもコストコらしい商品ですね。昔アメリカ映画で、主人公が冷蔵庫からこんなのを出している所を見た気がします。

高級部位のロースで、コストコビーフは穀物だけで育てる牧場の物を厳選して輸入しているので、赤身部分も柔らか。試食コーナーでは小さな子供が普通に噛んで、おいしいと言っていました。

ただ、この大きさになると切り分けが大変。食べきれない分を冷凍保存するにも、ご家庭の冷凍庫を圧迫してしまいます。

できれば、大人数のバーベキューなどで丸焼きにして、みんなで一気に食べてしまいたいですね。

肩ロースカタマリ肉は筋が多い部分が含まれていることが多いので、こちらは切り分けて煮込み系のレシピに。大まかに2分割したら、1時間くらい冷凍してから切ると、加工がしやすくなります。

手作りステーキ初挑戦という方は、コスパのいいこのお肉から初めてみては?切り分けて冷凍保存しておけば、失敗しても何度でもチャレンジできます。

⑦リブフィンガー中落ちカルビ

リブロースの下、ともバラと呼ばれる部位の内、あばら骨に挟まれた細長い部分を取り出したお肉です。

カルビとか、豚バラ、牛バラといえば、バーベキューで焼くと燃え上がるくらい脂身の多い肉ですが、もちろんこのリブフィンガーも脂こってりです。

調査日価格は100グラム188円。他のビーフと違い、真空パックの袋詰めで1キロ前後で売られています。

食べた人の口コミによると、見かけによらず脂身と赤身の間の筋がしっかり入っているので、丹念な筋切りが必要とのこと。でも手間は掛かっても、このコスパで極上の中落ちカルビが食べられるのはうれしいですよね。

筋切りや、ステーキではなく薄くスライスして焼き肉などのレシピに使う場合、やはり一度冷凍すると加工しやすくなります。試してみてください。

⑧カワムキ牛タンブロック

牛タンといえば、普通は朝鮮料理のタン塩で食べる機会が多いのではないでしょうか。

あとは、煮込み料理のタンシチューとか。でも牛肉食の本場アメリカでは、タンもステーキにして食べます。ペラペラのタン塩と違い、贅沢ですよね。

コストコのカワムキ牛タンは、600~700g の真空パック。100g378円でした。

タンの裏側は筋が多いので、切り取ってシチューなどに。表側を大胆に厚切りして、フライパンでジュージュー焼いてください。

フィンガーリブもそうですが、コストコのコスパのよい牛肉を利用するには、ある程度下処理など、生肉を加工するテクが必要。

焼き方だけじゃなく、解体や下処理の仕方も、ネット上で色々な手作りレシピが紹介されてますので検索してみてください。

焼く前はなるべくさわりたくないと言う方は、プライムビーフニューヨークカットなど、高くても成形された商品の方がおすすめですね。

⑨トップブレードステーキ

最近人気の希少部位。日本名で”ミスジ”と呼ばれています。ヒレと同様、ほとんど運動しない部分なので、柔らかく、脂肪が少なく、ヘルシーなお肉です。

調査日の価格で100g259円。希少部位とは思えないコスパの良さです。1パック1.8キロ前後で、コストコにしては小型の7~8枚のお肉が入っています。

ただ、ミスジという名前の通り3本の太い筋が通っている肉なので、真ん中の1本が取り除かれずにしっかり残っています。

あらかじめ筋切りされていますが、それでもこれをナイフとフォークで切り分けるのは結構大変。ステーキで食べるなら、サイコロステーキがおすすめです。

ヒレに比べて3分の1程の値段なので、焼き方、レシピを工夫すれば、ローカロリーのステーキが安くたくさん食べられる。これが人気の秘密なのでしょうね。

【失敗しない】コストコのステーキ肉の美味しい焼き方法!コツとポイントは?

さて、ここまで9種類の人気コストコビーフを紹介して来ましたが、お店でステーキを食べる機会は多くても、家でちょくちょく焼いて食べるという方は、案外少ないかも。

料理が得意な方でも、ステーキのような大きな肉を焼くには焼き方に工夫が要ります。

①【バーベキュー】初心者はカットしてから焼こう!

まずはバーベキューの時の焼き方についてご紹介します。

かたまりのブロック肉など、コストコの大きなステーキ肉を焼くとなると、キッチンにはない大きな鉄板や網を使うので、つい大きなカタマリのまま焼きたくなりますが、問題は火力、焼きムラです。

火起こしをする人の腕前にもよりますが、普通は起きた炭を炉の真ん中に山積みにするので(炉全体に広げると、火力を持続しにくいのです)中央に比べて周辺部の火力が落ち、火の通りにムラが出やすいのです。

特に鉄板を使うと、下の炭の状態が見づらいので失敗しがち。慣れない内は、焼きやすく一口サイズにカットしたものを焼くとよいでしょう。

暖かい季節に野外でカタマリ肉などをカットすると、手間取っている間に肉が痛むので、できれば前日に冷凍庫に入れ、半解凍くらいの状態で切り分けるとよいでしょう。

網焼きにするなら、コストコビーフのショートリブ(上カルビ)、フィンガーリブ(中落ちカルビ)、カワムキタンなど脂身が多い部位がおすすめ。

網から落ちた脂が炭にかかるといい臭いが立ち上ぼり、ますます食欲をそそります。

②【おうち・下準備】冷蔵庫解凍→室温が大事!

次は、ご家庭のキッチンで焼く場合の、焼き方のコツです。

ニューヨークカットなどの見た目も『ステーキ!』という形状の肉を焼くのは、ホームパーティーや記念日など、特別な日でしょうか。その場合調理はキッチンで、フライパンを使うことになるでしょう。

お店などでは大きな鉄板を使って焼くステーキを、家庭用のフライパンで焼くには、やはり焼き方やレシピにコツが要ります。

まず、ステーキ肉が冷凍されている場合は必ず冷蔵庫に移し、解凍します。そして、料理をする時間から逆算して冷蔵庫から出し、室温に戻して置きます。

ステーキの焼き方で一番難しいのは、表面をカリッと焼き固めながらも肉の中央までしっかり火を通す事です。冷たい肉には火は通りにくいですよね。

次に筋切り。赤身と脂身の境目を包丁で切れ目を入れます。こちらの記事で紹介した9つの人気コストコビーフの中でも、あらかじめ筋切り加工してあるものと、してないものがあります。

『○○ステーキ』という名前の商品は筋切り済が多いようですが、迷った時は、コストコの精肉担当の方に聞けば、丁寧に教えてくれます。

③ 【焼き固め】最初は強火でうまみを閉じ込める!

ステーキを焼く上で、どんなレシピにも必ず乗っているのが、この工程。最初の1分で、熱々のフライパンで一気に片面を焼き上げます。肉汁を封じ込めるためです。

準備として、牛肉を完全に常温に戻すことと、牛脂を引いたフライパンから煙が出るくらい熱くすること。普通の料理でここまでフライパンを熱することは、まずないと思います。

ただ、テフロンのフライパンで度々これをやると、フライパンの寿命が縮みます。ステーキを焼く頻度が高いようなら、ステーキ用に厚みのある鉄フライパンを用意しましょう。

表側を焼いたら、火を落として中まで火を通し、裏返してまた強火で焼き固め。厚みがあるステーキの場合は更に、お肉をトングで挟んで立てて、側面も焼き固めします。

焼く時に派手な音と煙が出るので慣れないとビックリすると思いますが、勇気を出して挑んでください。

④【中まで火を通す】強火のあとは弱火!

厚みのあるステーキを焼く場合、周りがいい具合に焼き色が着いているのに、中心は生肉のまま(しかも冷たい!)という失敗がよくあります。

目に見えない肉の内部に火を通す、これが一番難しいポイントかも。

基本は、片面強火1分→弱火2分→裏返して強火1分→弱火2~3分。弱火の時間を短くすればレアに、長くすればウェルダンに近くなります。

中央生焼けが心配なら、肉用温度計を使いましょう。肉に刺した時の温度で、レアなら45度、ミディアムなら55度くらいです。

手作りお菓子などでもそうですが、上級者になるほど凝った道具が要らなくなります。経験と勘が働き、正確に測らなくても上手に作れるようになるからです。

逆に、経験が乏しい内は、肉用温度計など、使える道具は何でも使うべき。失敗して高価な肉を台無しにしたり、自宅でステーキを焼くのを断念するくらいなら、安いものだと思いませんか?

⑤【仕上げ】肉汁を閉じ込める

焼き上がったら最後の仕上げ。肉汁の閉じ込めです。

焼いたステーキをすぐに食べようとカットすると、肉汁が全部溢れ出してしまいます。これを防ぐため、取り出したステーキをアルミホイルで二重に包み、上からタオルを巻いて寝かせます。

この手間を省略する方法として、焼きが終わったあと火を止めて、フライパンに蓋をして放置する、というレシピもあります。

ただ、熱したフライパンの上に残すと火を止めてからもどんどん熱が通り、ミディアムのつもりがウェルダンになってしまったり。

応用技を使うには経験が必要。初心者の内は、下ろして寝かせた方が無難です。寝かせ終わったら完成!お好みのソースで召し上がれ。

コストコビーフはどれも肉自体が柔らかくておいしいので、肉の味を邪魔しないシンプルなソースがおすすめです。

コストコ牛肉で美味しいステーキ生活を楽しもう♡

いかがでしょうか。日本中至るところにステーキハウスやステーキを扱うファミレスがあるというのに、ステーキ用ビーフを扱うスーパーは不思議なほど少ないですよね。

それは、日本人の家庭で、ステーキを焼いて食べるということが、まだまだ一般的ではないからでしょう。でもその反面、気軽に自宅でおいしいステーキを楽しめる生活、あこがれですよね。

コストコ会員のあなたなら、極上のプライムロースや黒毛和牛が格安で手に入るはず。なのに敬遠してちゃ、もったいない!

この機会にぜひ、手作りステーキの焼き方をマスターして、充実したミートライフを送ってくださいね。

■もっとコストコについて知りたいアナタはこちら

コストコ寿司の値段や味を調査!48貫がおすすめ?【必見】
コストコのぶどうは皮ごと食べれる!レッドシードレスグレープが人気!
コストコのホットドッグのフードコートでの作り方・おいしい食べ方は?

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ