アクアテラリウムの作り方!水槽の中に陸地を作ろう【初心者必見】

水槽の中に幻想的な世界が広がるアクアテラリウム。アクアテラリウムは若い人から年配の人まで楽しめる非常にオシャレな趣味の1つです♪当記事では初心者でもできる水槽のアクアテラリウムの簡単な作り方をご紹介します。素敵なアクアテラリウムを部屋に飾りたい人は必見です!

アクアテラリウムの作り方!水槽の中に陸地を作ろう【初心者必見】のイメージ

目次

  1. 非常に奥が深いアクアテラリウムの水槽!その魅力とは?
  2. アクアテラリウムの水槽のレイアウトは自由自在♪
  3. アクアテラリウムの水質維持にはフィルターを活用しよう!
  4. アクアテラリウムを美しく見せるためにはライトも必須!
  5. 初心者でも出来る!アクアテラリウムの基本の水槽の作り方
  6. アクアテラリウムの水槽に加えたいもの6選♪
  7. アクアテラリウムの水槽に加えたいもの①魚などの生体
  8. アクアテラリウムの水槽に加えたいもの②植物
  9. アクアテラリウムの水槽に加えたいもの③川
  10. アクアテラリウムの水槽に加えたいもの④滝
  11. アクアテラリウムの水槽に加えたいもの⑤橋
  12. アクアテラリウムの水槽に加えたいもの⑥洞窟
  13. アクアテラリウムの水槽に入れる材料はどこで入手する?
  14. アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所①ホームセンター
  15. アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所②100均
  16. アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所③自然のものを活用
  17. まとめ

非常に奥が深いアクアテラリウムの水槽!その魅力とは?

おしゃれな趣味としてテレビや雑誌などでも特集が組まれることも多いアクアテラリウム。

アクアテラリウムとは部屋の中に大きい水槽を置き、その水槽の中で魚やエビなどの生体を飼いながら川や陸地を作って自然環境を再現するとてもスケールの大きいインテリアのことをいいます。

アクアテラリウムは魚などの生体が好きな人はもちろん、暮らしの中で自然を感じることが出来るためナチュラリストの人にも大人気となっています♪

アクアテラリウムは簡単なレイアウトのものであれば初心者でも材料をそろえれば今すぐにでも楽しむことができるのも魅力的です。最低限そろえるべきものは水槽、魚などの生体、フィルターの3つで、そこから少しずつ滝や陸地などをそろえていきましょう!

アクアテラリウムの水槽はリビングなどに飾ればソファでリラックスしている時などにいつでも楽しむことができれば、暮らしをより豊かなものにしてくれること間違いなし。興味のある方は1つずつアイテムを集めて理想のアクアテラリウムを作ってみてはいかがでしょうか♪

アクアテラリウムの水槽のレイアウトは自由自在♪

アクアテラリウム初心者の中にはその作り方を知りたい方はたくさんいると思いますが、実はアクアテラリウムの水槽のレイアウトは人によって本当に様々です。

同じ生体や材料を使っても、レイアウトの配置の仕方を変えることでその作り方や可能性はまさに無限大!

素敵なレイアウトをお手本にして勉強するのもおすすめですが、少しアクアテラリウムに慣れてきたらぜひ自分のオリジナルのレイアウトや作り方を組み合わせて色々と遊び心を加えてみましょう♪

アクアテラリウムの水槽のおしゃれな作り方は、1つの水槽の中でテーマを決めておくことだと言われています。水槽の中で何を表現したいのかテーマをしっかり決めておくと完成度の高い作品を仕上げることができますよ。

アクアテラリウムの水質維持にはフィルターを活用しよう!

アクアテラリウムを暮らしの中に取り入れていくためには、やっぱりいつも水槽の中や水を綺麗にしておく事が何よりも大切になります。水は汚れてしまうと悪臭がするようになってしまうため、1日の暮らしの中でも過ごす時間が特に長いリビングに水槽を置きたい時は特に気を使う必要があります。

アクアテラリウムの水質をいつも綺麗に維持するためには、フィルターをおおいに活用したいものです。ホームセンターなどで購入できるアクアテラリウムの水槽用のフィルターは、魚などの生体が食べ残したエサのカスを強力に分解して水を濾過できるフィルターがオススメですね♪

さらにアクアリウム専用のフィルターの中には水を吸い上げて濾過しながら上部から水を流すことができるフィルターもあり、そのようなフィルターは水槽内に滝を作りたい時にも非常に重宝することになります。

アクアテラリウムは陸地を作った後にいかに水の流れを感じるレイアウトに出来るかがおしゃれのポイントになりますので、フィルター選びにもおおいにこだわりたいものですね。

アクアテラリウムを暮らしの中で楽しむためには、フィルターを選ぶ時に1つ注意したい事もあります。フィルターは電動で動かすものが大半ですが、時々モーター音が非常にうるさい商品もあります。暮らしの癒しのために作るアクアテラリウムでストレスを感じないように、フィルターを購入する時は口コミなどをしっかり確認して購入することをオススメします。

アクアテラリウムを美しく見せるためにはライトも必須!

アクアテラリウムを楽しむためにはフィルターの他にも必須アイテムがあります。それは、水槽を照らすことができるライトです!

アクアテラリウムの水槽を暮らしの中で24時間楽しむためには、ぜひ昼間も夜も楽しめる水槽を作りたいですよね。水槽を照らすことが出来るライトは水槽に取り付けるタイプのものもあれば、壁などに取り付けてそこから水槽を照らし出す間接照明まで色々あります。

初心者の方はどこまで本格的にアクアテラリウムに挑戦するのかでライトの規模も変わってくるかと思いますが、水槽用のライトは安いものであれば2000円や3000円程度で買えるものもありますので是非準備してみてはいかがでしょうか。

ライトが1つあれば初心者が作ったアクアテラリウムも幻想的な明かりでおしゃれに見せることができますよ♪

初心者でも出来る!アクアテラリウムの基本の水槽の作り方

それではさっそく初心者でも出来るアクアテラリウムの基本の水槽の作り方をyoutube動画からご紹介していきましょう!

雑誌やネットなどで見かけるアクアテラリウムは大きな水槽に滝や洞窟など様々なものがレイアウトされていますが、アクアテラリウムを初めて作る初心者の方はまず規模の小さな水槽からチャレンジしてみると失敗が少なくなります。

こちらの動画では100均グッズを使ったとても小さな水槽でアクアテラリウムの基本的な作り方を丁寧に解説しています。

水槽の底を川底に見立て、陸地をどのように作っていくとリアルに見えるのかなど細かいところも分かりやすく説明していますので、レイアウトを考える時に非常に参考になります。

小さい水槽である程度の感覚を磨いたら、お好みのサイズの水槽を準備して本格的なアクアテラリウムに挑戦してみましょう!

アクアテラリウムの水槽に加えたいもの6選♪

それでは基本のアクアテラリウムの水槽の作り方をご紹介したところで、次はアクアテラリウムの水槽にぜひ加えてレイアウトしたいものについてご紹介致します。

アクアテラリウムの最大の特徴は水の部分と陸地の部分の両方を楽しむことが出来るところです。よりナチュラルで美しい作品を作りたい時は、リアルな自然の森などをイメージして水槽内のレイアウトを考える必要があります。

ここでは素敵なアクアテラリウムを作るためにぜひ使いたいおすすめの飾りやアイテムなどを6つご紹介していきたいと思います。

レイアウトが難しいものやちょっとしたワザが必要になるものもありますが、少しずつ理想の水槽に近づけられるよう工夫をこらして頑張ってみましょう♪

アクアテラリウムの水槽に加えたいもの①魚などの生体

アクアテラリウムの水槽に加えたいものの1つめは、魚などの生体です

せっかく水を使った水槽を飾るのであれば、魚などの生体はぜひ加えていきましょう。アクアテラリウムは水槽の半分ぐらいが陸地になりますので、出来れば少しの水で飼育できる生体がおすすめです。

アクアテラリウムに向いている生体は基本のメダカなどの魚の他にも、両生類などの生体も非常に人気があります。湿度の高い場所を好み、水槽内のレイアウトを乱してしまうことがないような攻撃性の低い生態を選ぶのが良いですね。

アクアテラリウムの水槽に加えたいもの②植物

アクアテラリウムの水槽に加えたいものの2つめは、植物です。

これまでのまとめでもうお分かりかと思いますが、アクアテラリウムの陸地や水中にはぜひ植物も配置していきたいですね。岩や木などで陸地を作り、そこに苔や小さなシダ植物などを植えていくと一気に自然を感じさせるリアルな水槽を作ることが可能になります。

アクアテラリウムで植物を植える時は、水中の水草であれば根っこを持って水槽の底に敷いた砂利の中に丁寧に植え付けていきます。陸地に観葉植物を植える時は陸地のくぼみなどに固まる土を入れてそこに植えたり、苔玉を隙間に配置するなどして植えていきます。

植物の種類によって水槽内の雰囲気は大きく変わりますので、初心者の方は色んな植物をレイアウトして試してみてくださいね。

■参考記事:100均の植物を植え替えるとおしゃれインテリアに!

100均の観葉植物は植え替えたらおしゃれなインテリアに!

アクアテラリウムの水槽に加えたいもの③川

アクアテラリウムの水槽に加えたいものの3つめは、川です。

フィルターの紹介のところでも少し触れましたが、アクアテラリウムでは水の流れを作るために川を配置するのも非常に人気があります。川の作り方は色々ありますが、陸地になだらかな傾斜を作ってポンプなどで上から水を循環して流せば自然な川の流れを再現できます。

日々の暮らしの中でアクアテラリウムに癒しを求めたい時は川の水量には十分注意し、あくまでもチョロチョロと緩やかに流れる川を作るのが上手な川の作り方ですね。

アクアテラリウムの水槽に加えたいもの④滝

アクアテラリウムの水槽に加えたいものの4つめは、滝です。

滝の作り方はアクアテラリウム初心者には川よりも難易度が高いと言われていますが、やはり滝があると水槽内に動きが出てとてもおしゃれな見た目になりますよね。

滝を作るためには少し大きい水槽を準備して立体的な陸地を作り、ポンプの水も高い所まで引き上げて設置する必要があります。

滝を作る時はレイアウトのセンスも必要ですが、材料を組み合わせて高さのある陸地を作るDIYテクニックも必要になります。動画などを参考にぜひ頑張って素敵な滝を作ってみてくださいね!

アクアテラリウムの水槽に加えたいもの⑤橋

アクアテラリウムの水槽に加えたいものの5つめは、橋です。

アクアテラリウムは暮らしの中で自然を満喫できるナチュラルなインテリアですが、川や滝を作る時は橋などの人工物を合わせてみるのも意外とよく似合います。

観葉植物や水中植物をたくさん配置している時はあえて真っ赤な色合いの橋や、白い橋などを入れてみると非常によく目立って可愛くなります。

アクアテラリウムの水槽の中で少しインパクトのある素材が欲しい時は初心者の人もぜひ積極的に使ってみましょう!

アクアテラリウムの水槽に加えたいもの⑥洞窟

アクアテラリウムの水槽に加えたいものの6つめは洞窟です。

初心者の人が少しアクアテラリウムに慣れてきたら作りたくなるのが洞窟です。洞窟は森の小川の川底などをイメージさせたり、または小魚や両生類などの生体の隠れ家になることもあり、暮らしの中でより自然を身近なものに感じることができるようになります。

アクアテラリウムの中でも滝と洞窟は難易度が高く格好よく作りたい時は少し大変かもしれませんが、出来上がった時の感動は格別のものがあります。

DIYに自信がある人はぜひ洞窟作りにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか♪

アクアテラリウムの水槽に入れる材料はどこで入手する?

それでは最後はアクアテラリウムの水槽に入れる材料の入手方法についてご紹介致します♪

素敵なアクアテラリウムを作るためには、素敵な材料や便利な材料を手に入れるのが一番の近道です。予算に限りがある場合は少しでも安く良い物を入手するために、最後はこちらの方もしっかりチェックして準備を始めてみてくださいね♪

アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所①ホームセンター

アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所の1つめは、ホームセンターです。

日用品だけでなく園芸用品やペット用品までそろう大型のホームセンターではアクアテラリウムに使える材料を豊富に取り揃えているところもたくさんあります。

中には実際に販売している商品を使って水槽内をレイアウトして見せているお店もあり、自分でアクアテラリウムを作る時の参考になる事も少なくありません。

自宅の近くにホームセンターがある場合は勉強がてらお買い物に行ってみるのもおすすめですね。

アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所②100均

アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所の2つめは、100均です。

暮らしの中でアクアテラリウムをリーズナブルに楽しみたい時にとっても便利なのはやっぱり100均です。最近の100均は非常に品ぞろえが良く、アクアテラリウムに使える観葉植物や岩場などを置いているところも増えてきました。

単品ではどうしても安っぽく見えてしまう100均アイテムも、商品を色々と組み合わせたり本格的なレイアウトの中に紛れ込ませることで素敵な飾りになる事もありますよ♪

■参考記事:100均アイテムだけでハーバリウムも作れる!?

ハーバリウムを100均材料で手作り!可愛い作り方を解説します!

アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所③自然のものを活用

アクアテラリウムの水槽の材料の入手場所の3つめは、自然のものを活用することです。

アクアテラリウムをより自然のものに近づけたいという場合は、自然に落ちている石や流木を利用するのもオススメです。自然の素材はアクアリウムをよりナチュラルな見た目に彩ってくれること間違いなしです。

自然の素材を拾ってきて使う時はタワシなどで綺麗に汚れを洗い流し、水が汚れたり水槽内の生体に悪影響を与えないように注意して使うようにしましょう!

まとめ

アクアテラリウムの作り方などについてご紹介しました♪人気のアクアテラリウムですが、初心者でも十分楽しむことができることがお分かり頂けましたでしょうか?

アクアテラリウムは自分のセンスとアイデア次第でどんどん進化させることができるとても味わい深いインテリアです

若い人も年配の人もやればやるほど夢中になるアクアテラリウム。お金をかけるもかけないのも楽しみ方はひとそれぞれですので、男性だけでなく女性の中にも楽しんでいる人はたくさんいます。

皆さんもぜひアクアテラリウムを暮らしの中に取り入れて、小さな自然をお部屋の中で満喫してみてくださいね♪

暮らしを彩るインテリアについてもっと情報を知りたいアナタに!

ステンドグラスの作り方!自宅で簡単に作れるって知ってた?
ドライフラワーの飾り方特集!部屋のインテリアをおしゃれに!
無印良品の壁に付けられるインテリアアイデア特集!がっかり続出?
ダイソーのクッションレンガシートをリメイク!おしゃれインテリアに!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ