押し花のしおりの作り方!簡単に手作りできちゃう!

みなさんは押し花を使ってしおりを作ることができるのはご存知でしたか?綺麗なお花を見つけた時は、綺麗な状態で保管しておきたいですよね。そんな時には押し花のしおりを作るのがおすすめです。簡単に手作りできる作り方をご紹介したいと思います。

押し花のしおりの作り方!簡単に手作りできちゃう!のイメージ

目次

  1. 押し花のしおりは簡単に作れる?
  2. 電子レンジを使った押し花のしおりの作り方
  3. 押し花キットが100均やダイソーにある?
  4. 押し花のしおりの簡単な作り方は他にも!
  5. お気に入りのお花をしおりに残して♪ 

押し花のしおりは簡単に作れる?

普段本をよく読む人はしおりがあると便利だと思いませんか?最近ではしおりがついている本もありますが、それでもすべての本にしおりがついているわけではありません。

ですので、しおりがないとどこまで本を呼んだのか分からなくなってしまって、また初めから本を読み始めたことがある人もいると思います。

今回はそんなしおりの作り方をご紹介させていただきたいと思います。しおりはしおりでも、押し花を使ったしおりの作り方になります。押し花と言えば小さいころに作ったことがある人も多いのではないでしょうか。

摘み取るとすぐに枯れてしまうお花ですが、押し花にすることでその綺麗さをいつまでも残しておくことができます。

ですので、しおりを作るだけでなく思い出のお花や綺麗なお花を押し花にしてからしおりを作ることで、ずっと綺麗なままお花を置いておくことができるんです。

押し花の作り方にはさまざまな方法があるので、いくつか作り方をご紹介させていただきたいと思います。また、100均ショップのグッズを使って作ることもできるので100均ショップが大好きな人は特に必見です。

電子レンジを使った押し花のしおりの作り方

どのご家庭にでもある電子レンジを使って押し花を作ることができます。

【準備するもの】

・押し花にしたい花
・電子レンジに入る大きさにカットしたダンボール2枚
・キッチンペーパー数枚
・ティッシュペーパー数枚
・輪ゴム
・ラミネート

【作り方】

①段ボールを1枚置いた上にキッチンペーパーを置きます。
②押し花にしたいお花を重ならないように置いていって、その上からキッチンペーパーをのせてさらにその上に段ボールをのせでサンドイッチさせます。
③段ボールとお花が動かないように輪ゴムで固定します。
④そのまま電子レンジで600wに設定して1分ほど加熱します。
⑤加熱が終われば、ゆっくりとキッチンペーパーと段ボールをはがしていき押し花を乾燥させます。
⑥押し花が乾燥出来たら、ラミネートを自分の好きなサイズに切ってそこに押し花を挟みます。
⑦ラミネートを専用の機械で加熱すればしおりの完成です。


■参考記事:ドライフラワーでお花をとっておくことも!

ドライフラワー用シリカゲルでお花を残す!失敗しない作り方まとめ!

お好みで

ラミネートなどで押し花を挟んだしおりですが、そのまま使うこともできます。しかし、お好みで紐やリボンを通すことでより可愛く仕上げることができます。

紐やリボンを通す穴は100均ショップなどで売られている、穴あけパンチを使うことで綺麗に穴を開けることができるのでおすすめです。

穴あけパンチを使って開けた穴に、ひもやリボンを通して結ぶだけですのでとても簡単です。
この紐やリボンは外すことができるので、もし気分が変わってしまえば他のデザインのものに変えることも可能です。

また、両端に穴あけパンチで穴を開けて両方から紐やリボンを通してきて、真ん中でリボン結びをしてみても少し変わったデザインのしおりになるので、他の人とは違うしおりを使いたい人にはおすすめです。

ポイント

自分で押し花を使ったしおりを手作りするときのポイントは、電子レンジでの加熱時間に注意しましょう。基本は1分くらいなのですが、使うお花の種類によっては1分の加熱でも焦げてしまう場合があるようです。ですので、少しずつ加熱していくと焦げないのでおすすめです。

また、段ボールに挟む押し花をあまり多くしすぎないのもポイント。多すぎると電子レンジでの加熱がうまくいかないことがあるので注意してください。

電子レンジはどこご家庭にでもあるものですので、簡単に押し花を作ることができます。しかし、注意点を守らないとお花がダメになってしまうので、特に思い出のあるお花を使う時などは注意しましょう。

押し花キットが100均やダイソーにある?

押し花キットを本格的なもので揃えるとなると、結構値段が張りますよね。ただ、押し花キットを使ってみると、かなり楽でクオリティが高いものが作れるというのは確かなものでもあります。

値段の高さがどうしても気になるという人は、100均で揃えられるもので押し花を楽しんでみてはいかがでしょうか?100均で揃えられるものは100均で安く手にいれるといいですね。

100均で揃えられる材料

押し花のしおりを手作りする時に、必要なものがいくつかありますよね。例えば、穴あけパンチだったりラミネートフィルムだったりトレーシングペーパーがいる作り方もあります。そのような道具は全て100均ショップで手に入れることができるんです。

特にラミネートフィルムが100均ショップで手に入るなんて、とても嬉しいですよね。

100均ショップの店舗によっては、ラミネートフィルムの大きさがさまざまな店舗もあるのでしおりを作る場合は、小さめのラミネートフィルムを選ぶようにすると無駄が少ないのでおすすめです。


■参考記事:ハーバリウムも100均商品で作れる!

ハーバリウムを100均材料で手作り!可愛い作り方を解説します!

押し花のしおりの簡単な作り方は他にも!

押し花のしおりは、簡単に作ることができますが、意外と方法が沢山あるのですよ。自分がより簡単と思う方法でチャレンジしてみるのもおすすめです!

本を使って

押し花を作る時の基本と言えばこの、本を使った方法なのではないでしょうか。押し花にしたいお花をティッシュペーパーで挟み込み、その上下に重たい本をのせることでお花の水分を抜くことができます。

水分を抜く期間は2、3日がおすすめで、綺麗な状態のまま押し花を置いておくことができます。

ラミネート

しおりを手作りする時に一番おすすめなのは、やはりラミネートです。ラミネートは、かなり丈夫ですので使っているうちに剥がれてきてしまったり、折れてしまったりすることがほとんどありません。

また、ラミネートフィルム自体は100均ショップでも売られているので、簡単に手に入れることができます。

しかし、ラミネートの専用の機械自体を持っていない人が多いのでラミネートでしおり作る人は少ないのではないでしょうか。

それでもラミネートはしおりを手作りする機会が多いのであれば、ラミネート専用の機械を買うのを検討してみてもいいのではないでしょうか。

その他にも、セルフでラミネートをすることができるお店もあるようですので、ラミネート専用の機械は買わないけれどどうしてもラミネートでしおりを手作りしたいときにはそのようなお店を利用してみてもいいでしょう。


■参考記事:100均のネイルシールで押し花ネイルができる!

キャンドゥのネイルシールが可愛い!押し花からディズニーまで!

牛乳パック

ラミネートがないご家庭には、牛乳パックを使ったしおりの作り方がおすすめです。牛乳パックは角の部分を揉むと表面がだんだんと浮いてきます。その浮いてきた表面をできるだけ薄く、破かないようにはがしていきます。

表面をはがすことができたら、牛乳パックのツルツルしている面を上にしてそこに押し花を置きます。その上からティッシュペーパーをのせて、洋服を伸ばす用のアイロンでその上から熱を加えていきます。この時の加熱する温度は、中温くらいがおすすめです。

そして、ティッシュペーパーの余分な部分をはさみで切れば、手作りしおりの完成です。ティッシュペーパーは2枚重ねになっているので、それを1枚にして使います。

また、同じ方法でティッシュペーパーではなく100均ショップなどで売られているトレーシングペーパーを使ってしおりを手作りできるようですので、いくつか試してみて自分の好きな作り方を探してみてください。

四つ葉のクローバー

押し花やしおりを手作りするときによく使われているのは四つ葉のクローバーなのではないでしょうか。四つ葉のクローバーと言えば、茂みなどに生えているのを見かけますが意外にも探すのに苦労してしまいます。

だからこそ、ふいに四つ葉のクローバーを見つけた時にはぜひとも綺麗な状態で保管しておきたいと考える人が多いです。

特に小さなお子さんがいるご家庭では、一度はお子さんと四つ葉のクローバー探しをしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、せっかく一緒に見つけた四つ葉のクローバーが枯れてしまうとなんだか切ない気持ちになります・・・。

そこで今回ご紹介させていただいている押し花のしおりを手作りする作り方で、四つ葉のクローバーをしおりにしてしまいましょう。

こうすることでいつまでも四つ葉のクローバーを綺麗な状態のまま保管することができます。

お気に入りのお花をしおりに残して♪ 

今回は手作りすることができる押し花のしおりについてご紹介させていただきました。押し花と言えば、小さいころに誰しも作ったことがあると思います。その押し花をラミネートフィルムや牛乳パックなどを使ってしおりにしておくことができるなんて素敵ですよね。

特にラミネートフィルムを使ったしおりの作り方は、とても丈夫に作ることができるのでちょっとした衝撃で壊れてしまうことがありません。

ですので特に気に入っているお花や思い出のあるお花などはラミネートフィルムを使ってしおりを作るのがおすすめです。

みなさんもぜひ、いろいろな方法で押し花のしおりを手作りしてみてはどうでしょうか。

押し花の楽しみ方についてもっと情報を知りたいアナタに!

▼関連記事:押し花の作り方

押し花の作り方!自宅で簡単に作れちゃう!

▼関連記事:押し花タトゥーのやり方とは?

押し花タトゥーのやり方のコツは?本物の花がおしゃれで可愛い!

▼関連記事:押し花レジンアクセサリーの作り方について!

押し花レジンアクセサリーの作り方!ピアスやスマホケースに!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ