同棲におすすめの間取り・部屋の広さ!2DKがカップルにはベスト?

同棲におすすめの間取り・部屋の広さ!2DKがカップルにはベスト?

同棲を考えてるカップルにとって、ふたりの愛の巣となる部屋を選ぶのも慎重になりますね。ふたりの生活スタイルにはどんな間取りや部屋の広さがいいのか?同棲がうまくいくおすすめの間取り2DK・2LDKについて、その理由もいっしょに詳しくお話します!

記事の目次

  1. 1.同棲におすすめの部屋の間取りや広さを知りたい!
  2. 2.同棲におすすめの部屋の間取りは?
  3. 3.同棲におすすめの部屋の間取り【2DK】とは?
  4. 4.部屋の間取り2DKはどんな同棲カップルに合う?
  5. 5.部屋の間取り2DKだと同棲がうまくいく理由
  6. 6.同棲におすすめの部屋の間取り2DKにかかる初期費用は?
  7. 7.同棲におすすめの部屋の間取り【2LDK】とは?
  8. 8.部屋の間取り2LDKはどんな同棲カップルに合う?
  9. 9.部屋の間取り2LDKだと同棲がうまくいく理由
  10. 10.同棲におすすめ部屋の間取り2LDKにかかる初期費用は?
  11. 11.部屋の間取りに合わせた同棲にぴったりのレイアウトは?
  12. 12.部屋の間取りをちゃんと考えれば同棲はうまくいく!

同棲におすすめの部屋の間取りや広さを知りたい!

愛し合うカップルがいっしょに住むために同棲を考え始めるのは至極当然のことです。

でも、いざ部屋を探してみると、自分たちに合った部屋の間取りや広さがわからない…なんてことになりがちです。そう、部屋探しって意外に難しいんですよね。

ひとりなら自分だけに合わせてさっさと準備できそうですが、同棲ともなると、おたがいの生活スタイルに合わせた間取りやレイアウトを考える必要があります。

そんな悩める同棲カップルが幸せな生活をスタートできるように、またずっとうまくいくように、この記事でお手伝いできればと思います。

同棲におすすめの間取り2DK・2LDKとその理由、そしてレイアウトについてお話していきます。自分たちの生活に合った部屋や間取りをチェックしてみてくださいね!

同棲におすすめの部屋の間取りは?

まず部屋の間取りにはどのようなタイプがあるか知っておきましょう。

部屋数は別として、タイプはDKタイプとLDKタイプがあります。
それぞれについて説明していきたいと思います!

DKタイプ

DKとはダイニングキッチンのことです。部屋が2つ以上ある場合、キッチンのある部屋が6畳以上あるとDK表示されます。

キッチンスペースが独立しているので、料理の匂いが部屋にこもるのはちょっと…というカップルにおすすめです。

LDKタイプ

LDKはリビング・ダイニング・キッチンのことで、DKよりもゆとりのある広さの部屋として定義づけされています。部屋が2つ以上ある場合、キッチンのある部屋に10畳以上の広さがあるとLDK表示されます。

キッチンスペースもリビングもダイニングも、すべてひとつの部屋に集まったタイプです。広さがある分、部屋のレイアウトを考えやすいのが大きなポイントです。

同棲におすすめの部屋の間取り【2DK】とは?

2DKとは、6畳~10畳未満のダイニングキッチンと、寝室など他の部屋が2つ以上あるタイプの間取りのことです。

同棲を経験したことのあるカップルへのアンケート調査では、「いちばん理想の間取り」という答えが多かったのが2DKです。

部屋の間取り2DKはどんな同棲カップルに合う?

同棲するカップルと言えばラブラブだから、ふたりいっしょに狭い部屋で寄り添い合って生活するのもいいと思います。

でも、おたがいの仕事の生活時間や休みの曜日がちがうと、「ぐっすり寝てたのに、彼が帰ってきたから起きちゃった」「せっかくの休みなのに、彼女が朝早くに起きて、なんか準備してる」などのトラブルが起こりがちです。

また、「いくらラブラブでも、たまにはひとりの時間もほしい」という同棲カップルには、まさに2DKはうってつけです。

なぜならダイニング以外に2つ以上部屋があるので、それぞれの個室で自分の好きなことをすることもできるし、食事タイムやいっしょに休みの日を過ごす場合には、ダイニングでおしゃべりしながらくつろぐこともできます。

2DKはプライバシーも確保しつつ、いっしょに過ごす時間も大切にできる理想の間取りと言えるのです。

部屋の間取り2DKだと同棲がうまくいく理由

それぞれの生活スタイルのちがう同棲カップルにとって、2DKはいちばん住みやすい間取りでしょう。

でも実は、生活スタイルが同じカップルでも2DKだと同棲がうまくいくんです。理由のトップは、やはり「プライベート空間が分けられる」ことにあります。

たとえば男性がWEBデザイナー、女性がWEBライターといった、どちらも在宅ワークの場合。

同じ部屋で顔を突き合わせていると、どこかでおたがい干渉してしまうものですが、別々に部屋があると、部屋のドアをノックしない限りそうそう干渉することもないし、仕事もはかどります。

疲れたら、ダイニングでふたりいっしょにお茶を飲みながら休憩することもできますしね。

さらに、部屋の広さが生活に必要最低限のスペースなので、掃除が大変と感じることがないのも大きな理由のようです。

次のページ

同棲におすすめの部屋の間取り2DKにかかる初期費用は?

関連記事

人気の記事

記事はありません。