同棲におすすめの間取り・部屋の広さ!2DKがカップルにはベスト?

同棲を考えてるカップルにとって、ふたりの愛の巣となる部屋を選ぶのも慎重になりますね。ふたりの生活スタイルにはどんな間取りや部屋の広さがいいのか?同棲がうまくいくおすすめの間取り2DK・2LDKについて、その理由もいっしょに詳しくお話します!

同棲におすすめの間取り・部屋の広さ!2DKがカップルにはベスト?のイメージ

目次

  1. 同棲におすすめの部屋の間取りや広さを知りたい!
  2. 同棲におすすめの部屋の間取りは?
  3. 同棲におすすめの部屋の間取り【2DK】とは?
  4. 部屋の間取り2DKはどんな同棲カップルに合う?
  5. 部屋の間取り2DKだと同棲がうまくいく理由
  6. 同棲におすすめの部屋の間取り2DKにかかる初期費用は?
  7. 同棲におすすめの部屋の間取り【2LDK】とは?
  8. 部屋の間取り2LDKはどんな同棲カップルに合う?
  9. 部屋の間取り2LDKだと同棲がうまくいく理由
  10. 同棲におすすめ部屋の間取り2LDKにかかる初期費用は?
  11. 部屋の間取りに合わせた同棲にぴったりのレイアウトは?
  12. 部屋の間取りをちゃんと考えれば同棲はうまくいく!

同棲におすすめの部屋の間取りや広さを知りたい!

愛し合うカップルがいっしょに住むために同棲を考え始めるのは至極当然のことです。

でも、いざ部屋を探してみると、自分たちに合った部屋の間取りや広さがわからない…なんてことになりがちです。そう、部屋探しって意外に難しいんですよね。

ひとりなら自分だけに合わせてさっさと準備できそうですが、同棲ともなると、おたがいの生活スタイルに合わせた間取りやレイアウトを考える必要があります。

そんな悩める同棲カップルが幸せな生活をスタートできるように、またずっとうまくいくように、この記事でお手伝いできればと思います。

同棲におすすめの間取り2DK・2LDKとその理由、そしてレイアウトについてお話していきます。自分たちの生活に合った部屋や間取りをチェックしてみてくださいね!

同棲におすすめの部屋の間取りは?

まず部屋の間取りにはどのようなタイプがあるか知っておきましょう。

部屋数は別として、タイプはDKタイプとLDKタイプがあります。
それぞれについて説明していきたいと思います!

DKタイプ

DKとはダイニングキッチンのことです。部屋が2つ以上ある場合、キッチンのある部屋が6畳以上あるとDK表示されます。

キッチンスペースが独立しているので、料理の匂いが部屋にこもるのはちょっと…というカップルにおすすめです。

LDKタイプ

LDKはリビング・ダイニング・キッチンのことで、DKよりもゆとりのある広さの部屋として定義づけされています。部屋が2つ以上ある場合、キッチンのある部屋に10畳以上の広さがあるとLDK表示されます。

キッチンスペースもリビングもダイニングも、すべてひとつの部屋に集まったタイプです。広さがある分、部屋のレイアウトを考えやすいのが大きなポイントです。

同棲におすすめの部屋の間取り【2DK】とは?

2DKとは、6畳~10畳未満のダイニングキッチンと、寝室など他の部屋が2つ以上あるタイプの間取りのことです。

同棲を経験したことのあるカップルへのアンケート調査では、「いちばん理想の間取り」という答えが多かったのが2DKです。

部屋の間取り2DKはどんな同棲カップルに合う?

同棲するカップルと言えばラブラブだから、ふたりいっしょに狭い部屋で寄り添い合って生活するのもいいと思います。

でも、おたがいの仕事の生活時間や休みの曜日がちがうと、「ぐっすり寝てたのに、彼が帰ってきたから起きちゃった」「せっかくの休みなのに、彼女が朝早くに起きて、なんか準備してる」などのトラブルが起こりがちです。

また、「いくらラブラブでも、たまにはひとりの時間もほしい」という同棲カップルには、まさに2DKはうってつけです。

なぜならダイニング以外に2つ以上部屋があるので、それぞれの個室で自分の好きなことをすることもできるし、食事タイムやいっしょに休みの日を過ごす場合には、ダイニングでおしゃべりしながらくつろぐこともできます。

2DKはプライバシーも確保しつつ、いっしょに過ごす時間も大切にできる理想の間取りと言えるのです。

部屋の間取り2DKだと同棲がうまくいく理由

それぞれの生活スタイルのちがう同棲カップルにとって、2DKはいちばん住みやすい間取りでしょう。

でも実は、生活スタイルが同じカップルでも2DKだと同棲がうまくいくんです。理由のトップは、やはり「プライベート空間が分けられる」ことにあります。

たとえば男性がWEBデザイナー、女性がWEBライターといった、どちらも在宅ワークの場合。

同じ部屋で顔を突き合わせていると、どこかでおたがい干渉してしまうものですが、別々に部屋があると、部屋のドアをノックしない限りそうそう干渉することもないし、仕事もはかどります。

疲れたら、ダイニングでふたりいっしょにお茶を飲みながら休憩することもできますしね。

さらに、部屋の広さが生活に必要最低限のスペースなので、掃除が大変と感じることがないのも大きな理由のようです。

同棲におすすめの部屋の間取り2DKにかかる初期費用は?

首都圏の賃貸物件の相場を調査してみると、2DKの家賃場合は8万円代、広さは40㎡前後が最も多いようです。

もし仲介手数料が家賃の1ヶ月分、敷金が2ヶ月分、礼金が1ヶ月分といった場合、ざっと42万円ほどはかかることになります。

これはあくまでモデルケースなので、物件によっては敷金が家賃の1ヶ月分であったり、仲介手数料が半額といった場合もあり、30万円前後で済むこともあるかもしれません。

場所や立地条件によっては家賃自体がグッと安くおさえられるので、いろいろな物件を見て検討してみましょう。

同棲におすすめの部屋の間取り【2LDK】とは?

2LDKとは、10畳以上のダイニングキッチンと、寝室など他の部屋が2つ以上あるタイプの間取りのことです。

「L」がついている分、DKタイプより部屋数が多い印象がありますが、実はダイニングキッチンの広さが6畳~10畳未満であるか、10畳以上であるかの違いだけなんです。

部屋の間取り2LDKはどんな同棲カップルに合う?

部屋数だけだと2DKと変わらない2LDKは、2DKと同じく、生活スタイルが異なる同棲カップルや、「たまにはひとりの時間もほしい」カップルにおすすめです。

2DKとの違いは、まさしくその広々としたスペースにあります。広さがあるということは、洋服や物を収納するスペースもあるということです。

2人分の洋服や物は、自分たちが思うよりもかさ張ります。もし音楽機器やスポーツ用具などもあれば、収納スペースが小さいと足りないことも十分あり得ます。

間取り自体はあったとしても、そこにクローゼットや洋服ダンスを置くとあっという間に使える場所がなくなってしまいます。

収納スペースが十分に確保できる2LDKなら、物であふれかえることなく、それぞれの部屋の機能を存分に使うことができるのです。

さらに、広さがあるのでレイアウトを考えやすいのも特徴です。

部屋の間取り2LDKだと同棲がうまくいく理由

2LDKの広さが活かせるのは、収納スペースが多くあるという理由以外に、「家族が増えてもそのまま住める」という理由があります。

同棲していれば、ふとした時に子どもに恵まれた!ということもあり得ます。子どもができても引越しの必要がなくそのまま住めるし、部屋が余っているなら、子ども部屋として使うこともできます。

2LDKは、結婚を前提に同棲を始めるカップルには特におすすめと言えますね。

部屋の間取りやレイアウトだけでなく、住みながら将来の家族プランを考えるのにもうってつけです(笑)

同棲におすすめ部屋の間取り2LDKにかかる初期費用は?

首都圏の賃貸物件の相場を調査してみると、2LDKの家賃場合は13万円代、広さは60㎡前後が最も多いようです。

もし仲介手数料が家賃の1ヶ月分、敷金が2ヶ月分、礼金が1ヶ月分といった場合、ざっと65万円ほどはかかることになります。

2DKの場合よりも家賃が3万円ほど、そして初期費用だけで20万円以上高いことになります。

2LDKの場合も、場所や立地条件によって家賃や初期費用は変わってきます。

また、子どもの数によっても考えるべき間取りは変わってくるので、よほど経済的に余裕がない限り、2LDKの場合はより慎重に検討する必要があると言えますね。

部屋の間取りに合わせた同棲にぴったりのレイアウトは?

同棲生活を心地よいものにするには、部屋をレイアウトすることもひとつのテクニックです。

2DKも2LDKでも、それぞれの生活が忙しく、独立しているカップルが多いです。そのため、いっしょに過ごすリビングでは、ゆったりとくつろげるように、大きなソファーやテーブルを真ん中に置いてレイアウトするのがいいでしょう。

日中はほとんど家にいないカップルなら、それぞれの部屋を寝室としてレイアウトするのもいいでしょう。その際、どちらのベッドに寝ても差し障りがないようにしておくとよりいいですね。

また、在宅ワークをする人は、仕切りを使ってキッチンと仕事部屋を分けたレイアウトにし、プライベートと仕事のメリハリをつけるようにしましょう。

部屋の間取りも大事ですが、レイアウトひとつでふたりの生活うまくいくようになります。

ぜひ工夫して、ステキなレイアウトを取り入れてみてください。

部屋の間取りをちゃんと考えれば同棲はうまくいく!

同棲すると、相手のいろいろな面が見えてきます。いくら好きでも、イヤな面が見えてくるのは仕方がないこと。

おたがいのことを考えるのも大切ですが、部屋の間取りやレイアウトをきちんと考えるだけで、ふたりの同棲生活はうまくいくケースは多いです。

せっかく出会って、好き同士になったふたりです。部屋の間取りやステキなレイアウトを考えて、いつまでも幸せに暮らせるようにがんばりましょう!

同棲についてもっと気になるあなたはこちら!

同棲して喧嘩ばかり?彼氏と仲直りする方法とは?
結婚前に同棲する意味やメリット・デメリットを解説!
彼氏との同棲で気をつけるべきことまとめ!幸せを長続きさせよう
付き合って半年の注意点!結婚・プロポーズ・同棲などについて!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ