同棲の生活費は平均でどれくらいかかる?分担するなら折半?

しばらく付き合って、同棲をしようと決意したときにしっかりと話し合っておきたいのが、生活費です。彼氏か彼女のどちらかの家に転がり込んできた場合は、特に生活費について最初に決めておいた方が後々トラブルにもなりません。同棲とはカップル同士でも難しいものなのです。

同棲の生活費は平均でどれくらいかかる?分担するなら折半?のイメージ

目次

  1. 同棲する場合の生活費はどうやりくりする?
  2. 1.同棲のメリットは生活費
  3. - 同棲するとケンカしても帰る場所は同じ
  4. 2.同棲の生活費はどっちが負担?
  5. - 同棲ための共益費(生活費)を出し合う
  6. 3.同棲には月平均でいくら生活費がかかるの?
  7. - 同棲すると生活費のうち、家賃と光熱費は節約できる!?
  8. 4.同棲の生活費の内訳は?
  9. - 同棲で通信費(携帯電話代)はかなり節約できる!?
  10. 5.同棲のときの家事はどう分担する?
  11. - 同棲したら家事分担は変えない
  12. 6.同棲で生活費をやりくりするポイント
  13. - 生活費も含め、同棲のルールは3つまで
  14. 7.同棲で折半した方がいい生活費とそうでない生活費
  15. - 同棲相手に相談することで生活費も浮く?
  16. 8.生活費を節約するには、できるだけシンプルにする
  17. - クレジットカードを減らすと生活費も浮く?
  18. 9.結局、同棲ではいくら生活費がかかるの?
  19. - 生活費をやりくりして家を買う
  20. 【まとめ】カップルで協力して、幸せな未来を…!

同棲する場合の生活費はどうやりくりする?

結婚してから一緒に住む場合と違って、付き合っている過程で同棲に至ると生活費を折半せず、家事分担もないなど、曖昧にしがちです。いくら相性のいいカップルでも最初に分担しておかないと、必ず後でもめます。また、平均の生活費や内訳も気になるところです。
ここでは、節約方法や同棲の平均的な生活費、分担の仕方など具体例を挙げながら、アドバイスしていきます。

■関連記事:同棲費用についてはこちらもチェック!

同棲にかかる初期費用は?生活にかかるお金は?カップル必見!
同棲の準備はいつから始める?費用はいくら必要?

1.同棲のメリットは生活費

まずは、一人暮らし同士のカップルが同棲した場合のメリットです。どちらかが実家暮しの場合、同棲に至ることは稀なので、除外します。
メリットとしては結婚後の暮しがイメージできるため、彼氏も結婚を考えるきっかけにしてくれます。やはり、洗濯や食事を全て自分ひとりでやりくりするより、家事も折半した方が気が楽です。
一人で暮していると一人分のアイディアしか浮かびませんが、二人で暮せば、二倍のアイディアが浮かびます。つまり、生活する上でいくらトラブルが起きても二倍の知恵を絞ることができます。アイディアも折半できるのです。

そして、家賃が節約できます。
賃貸の場合、1Kから2Kに変わっても、家賃が二倍になることはありません。もちろん駅からの距離や環境が同じような条件の場合です。
せいぜい1.5倍程度です。そうなると今までかかっていた家賃より節約できて、同じ広さの部屋に住めるのです。
同棲相手が好きな彼氏とだったら、やりくりするのも楽しくなりそうですね。

- 同棲するとケンカしても帰る場所は同じ

次にデメリットです。
同棲生活もいいことばかりではありません。一番の問題はいくらケンカしても帰る場所が同じということです。

社内恋愛に似たケースですが、社内で付き合っている場合、前日のデートでケンカしても会社で必ず顔を合わせます。非常に気まずいです。
同じように同棲しているということは、二人で外食に行って、口ゲンカをしてしまった場合、お互い気まずい雰囲気のまま同じ家に帰らなければいけません。
同じ屋根の下に暮らしているのに、ケンカした状態で一晩明かすのは、何とも居心地が悪いものです。

さらに、デートだけでは見えなかった相手の嫌な所も目に付くようになります。例えば、お風呂上がりに彼氏が下着姿でうろつくとか、彼氏のいびきが予想以上にうるさいなど意外な一面が分かって嫌いになるケースもあります。
平均的な日本人女性の場合、相手を思いやってだまっていることが多いですが、反対にそれがストレスになって、同棲生活が苦しくなります。
これが、結婚後の生活かと思うと別れてしまうのです。

2.同棲の生活費はどっちが負担?

お互い社会人の場合は折半して、やりくりすればいいと単純に考える人がいますが、それは違います。
そもそも生活費とそれ以外の内訳が難しいのです。単純に折半すると納得できない側面が生まれてきます。
家で二人で料理をして食べる場合は、折半というのに納得はできるでしょう。
しかし、彼氏が仕事の昼休みに食べる食事代は折半と言われると納得できない人が多いでしょう。
要するに、食費を単純に生活費の内訳の一つとして計算するのは無理があります。

また、家の中にあるトイレットペーパーは二人で使うので、折半してもいいと考えられますが、自分の化粧品代を彼氏に折半するよう要求すると受け入れてくれる彼氏は少ないでしょう。
それは、基本的に男性は化粧をしないので、自分が使う可能性が全くないものを二人の生活費の内訳の項目としては、考えづらいからです。
ここでは、生活費の内訳に含めるかどうかの判断を二人とも使うかどうかで決めます。これを基準に内訳を考えると受け入れやすくなることが分かるでしょう。

- 同棲ための共益費(生活費)を出し合う

内訳の解決方法の一つにお互いに共益費を毎月いくらか出し合って、やりくりする方法があります。
例えば、一ヶ月もすれば、水道代や家賃などの毎月の平均支払い額の内訳がいくらか分かります。そうした毎月の決まった額の支出の内訳がいくらになるか割り出し、お互いに折半するのです。
それ以外の出費は各自で払うか、収入に余裕のある方が面倒を見るのです。一緒に住むということは助け合いでもあるのです。
ケンカばかりしていては、やりくりどころではありません。目指す先にある夫婦というのは、部活仲間のように同じ目的に向かって歩む存在なのです。

そして、共益費専用の口座を作っておきましょう。水道代や電気代などはコンビニや郵便局などで払うこともできますが、家賃は不動産会社から引き落とされる場合が一般的です。今まで自分が使っていた口座とは別の二人だけの共有口座でやりくりしましょう。
名義はどちらでも構いません。振込にはいくらか手数料がかかるので、節約のため平日の昼間に窓口かATMで入金します。できるだけ昼間にやりくりする時間のある方の名義にしておくと便利です。
または、どちらかが家賃の折半した分を預かり、代わりにやりくりするという形でも構いません。
不動産会社には悪質な業者もいますので、給与が振り込まれる口座と家賃の引き落とし口座は必ず別にしておきましょう。

3.同棲には月平均でいくら生活費がかかるの?

例えば、内訳が家賃5万円、その他5万円の合計10万円が毎月の平均生活費として、やりくりしていたとします。この内訳に交際費などの遊ぶお金は含まれません。
純粋に最低限生きていけるだけの生活費の内訳は、家賃・水道代・光熱費・食費・洋服代です。
彼氏がいくら食費に割いているか分かりませんが、分かりやすくするため、同じ内訳の10万円の最低生活費でやりくりしていたとします。もっとも価値観の近いカップルの方が長続きします。

単純に計算すれば、平均して20万円で一ヶ月やりくりできると考えがちですが、無理に節約しなくても平均して15万円でやりくりできます。
もちろん、内訳は同じです。

- 同棲すると生活費のうち、家賃と光熱費は節約できる!?

水道代と食費の内訳は2倍になるかもしれませんが、家賃と光熱費の内訳は平均で1.5倍ほどです。うまくやりくりすれば光熱費は変化しません。なぜなら、同じ時間、同じ部屋にいるからです。いくら節約しても、そんなにうまくいかないと考える人もいると思います。

彼氏と勤務時間が違えば、部屋にいる時間も違うので平均的な光熱費も増えそうなものですが、そもそも勤務時間が違えば、デートするのが難しいので、付き合っている可能性が低くなります。必然的に、同棲をし始めるカップルというのは、休みも勤務時間も同じ確率が高くなります。
結論を言うと一人当たりの最低生活費の内訳を合計すると、平均で10万円から7.5万円に節約できます。

節約して残った内訳の2.5万円はデート代に回すといいでしょう。いつまでも、同じ部屋に二人でいるといくらか不満がたまるものです。お金は貯めても、不満をためてはいけません。
外に出かけて、リフレッシュするのも同棲をやりくりさせるコツです。

4.同棲の生活費の内訳は?

平均すると同棲では、いくらでやりくりできるのか内訳が気になる人も多いでしょう。
最低生活費の内訳は、家賃、水道代、光熱費、食費、洋服代ですが、他に通信費(携帯電話代)も内訳に含めてもいいでしょう。

平成生まれでインターネットを使わない人はほとんどいませんし、インターネットを通じて出会うカップルもいます。
また、外食より家で料理をした方が節約できて、おいしいものがたくさん食べられるので、調味料や食材の買い置きも必要でしょう。新聞はインターネットで節約購読できるので、通信費に含めます。
それから、ティッシュペーパーやハブラシといった衛生用品も必要です。シャンプーなどはこだわりがなければ、同じ製品でやりくりしましょう。

調味料や衛生用品、通信費の内訳を月で平均すると1万円前後で、やりくりできます。足りないという方は、どこか節約できるはずです。レシートの内訳や買い物するときに本当に必要かどうかよく考えてから買うようにしましょう。
折半しているものは、できるだけ節約します。

- 同棲で通信費(携帯電話代)はかなり節約できる!?

そして通信費ですが、家にいるときはWi-Fiのみでつなぐようにすると携帯電話代はいくらか節約できます。もちろんインターネット回線の契約とモデム、ルーターが必要です。
しかし、多くの携帯電話は月々のデータ使用量に制限がかかっています。家にいるときは携帯のデータ通信ではなく、ルーターを使ってWi-Fi通信にすれば定額で使い放題です。一般的に携帯の利用料金よりもモデムを通じた回線料金の方が安く、回線速度も安定しています。

他にも「SIMフリー」の携帯電話にすることで、同じデータ容量(1GBや5GBのこと)で月々の使用料金を節約できます。大手通信キャリアの携帯を使っている方は解約手数料が発生しても、すぐにSIMフリーの携帯電話に切り替えましょう。
解約手数料は一回だけですが、通話料は毎月かかります。携帯電話代や家賃のように毎月発生するものは、できるだけ節約することで、生活が楽にやりくりできるようになります。
日本のスマホユーザーの半分以上が使うiPhoneもSIMフリーの携帯電話を販売しているので、すんなり切り替えることができるでしょう。

5.同棲のときの家事はどう分担する?

家事の分担については、カップルによって様々です。彼氏の方が料理好きな場合もあれば、彼女の方が部屋が散らかっている場合もあります。カップルの間で平均や一般常識などというものは存在しません。

洗濯や掃除は家電製品の発達のおかげで、誰がやってもほぼ同じようにできます。分担しやすい分野です。
仕事の忙しさや適正などに応じて分担して行うといいでしょう。例えば、掃除でも彼氏の方が背が高いと天井付近は彼氏にまかせた方が効率的です。ゴキブリなどが苦手な彼氏は彼女に退治してもらうのもいいでしょう。つまり、彼氏の得意なものは彼氏にまかせるという家事の分担方法です。誰でも、得意なことを分担するほうが数倍カンタンなのです。平均して分担させようとすると失敗します。
また、掃除と洗濯は彼氏がやるから、自分が料理担当になるとか、彼氏の方が昼間に時間があるので、洗濯だけお願いして掃除は自分でやるなど、カップルによって分担方法は何通りも考えられます。

- 同棲したら家事分担は変えない

肝心なことは掃除にしろ洗濯にしろ、それぞれやり方が違うので、一度分担したら、ずっと同じ分担で行うのがいいでしょう。
もし、問題が起きたら、必ず伝えるようにします。そうすれば、次はもう少しうまくできます。なぜなら、同じ分担だからです。

同棲したばかりで、全てがうまくいくわけではありません。お互いに育ってきた環境が違うのですから、必ず違いがあります。
料理の味付けにしろ、洗濯の方法にしろ違って当然です。同棲で家事分担するには、寛大さや適当さも必要なのです。
彼氏が分担された家事で失敗しても、最初は大目に見てあげるといいでしょう。そうすれば、自分が分担された家事で失敗したときも大目に見てくれるはずです。

6.同棲で生活費をやりくりするポイント

まずは、家賃をどれだけ抑えるかがポイントです。自分の一ヶ月の出費を書き出すと分かりますが、ほとんどの人が家賃に給与の大半を奪われていることが分かります。
すでに家を持っている人は別にして、家賃はできる限り低くやりくりしましょう。

平均的に都市部から遠くなればなるほど、家賃は下がります。今まで会社のそばで通勤に便利だった場合でも、郊外への引っ越しを考えるといいでしょう。
もちろん通勤には時間がかかりますが、交通費は会社持ちのところがほとんどです。裏を返せば、家賃を負担する会社はほとんどありません。
郊外は郊外でいいところがあります。自然も多いですし、電車にも座っていくことができるかもしれません。多少、不便かもしれませんが、人も少ないのでお店も空いています。意外とやりくりできるものなのです。

- 生活費も含め、同棲のルールは3つまで

次は、入居してからです。二人で使うものに最低限のルールを作っておきましょう。あまり、厳しすぎると窮屈になるので、最低限守ってほしいことだけ、ルールにします。作っても3つまでです。
あまり多いと覚えきれません。
二人の育ちの違う人物が同じ部屋に住むのです。寛大さも必要です。ただ、どんなに寛大でも最初に決めておくのと曖昧にしておくのとでは、全く違います。

例えば、二人で飲むコーヒー豆の購入には、お互いに出し合った共益費用の封筒から取って使うというルールがあったとします。
なくなったことに気づいた場合は、専用の封筒からお金を取って、やりくりすればいいのです。
わざわざLINEや電話で確認する手間が省けます。
しかし、このルールがなかった場合、時間があっても自分の財布から出すのか迷うことでしょう。彼氏もコーヒーを飲んでいるし、仕事帰りに買ってきてもらえばいいとも考えられます。
しかし、仕事で疲れているのに、コーヒー豆だけをわざわざ買いに行くのは男性心理として面倒に感じます。

つまり、たった一つのルールがなかったことが原因で、どちらがお金を出せばいいのかという「迷い」が生じ、彼氏に連絡する「手間」が増えるのです。
しかし、最初にルールを決めておけば、どちらかが都合のいい日にやりくりできます。時間も手間も節約できるのです。
コーヒー豆でここまで言うのは大げさかと思うでしょうが、これが家賃だったら、どうでしょうか?
折半すると決めていたのに、片方が今月厳しいからと言って、引き落とし用の口座に入金しないと退去させられます。
つまり、同棲できなくなるのです。

7.同棲で折半した方がいい生活費とそうでない生活費

毎月、平均してかかる家賃や水道代といった類は、折半した方がいいことは述べました。
残りは、二人のデート代です。外食やテーマパークに行ったときなどは、折半にした方がいいのでしょうか?
それとも収入の多い方がサポートするのがいいでしょうか?
残念ながら、これはそれぞれのカップルにまかせるのが妥当です。カップルによって事情は千差万別ですし、必ずこれが当てはまるというものもありません。

- 同棲相手に相談することで生活費も浮く?

つまり、二人に合った形でデートを楽しむのが最もいい解決案になります。おそらく、同棲するまでに至ったカップルであれば、デート代の分担も決まっていることでしょう。
今まで彼氏持ちだった場合はそのままでいいでしょう。また、彼氏が誕生日のときは彼女側がプレゼントを用意するなどケースによって、分担を変えていけばいいのです。単純に折半する必要はありません。

問題になるのは、掃除機や電子レンジなどの家電製品です。二人で使いそうなものもあれば、微妙と思わせる家電もあります。
一方で、買っておくよと気軽に言える金額ではありません。必ず二人で相談して二人の住まいに本当に必要か、必要ならどれを買うか一緒にいって購入しましょう。二人でアイディアを出し合えば、購入しなくても解決する方法が見つかって、費用を節約できるかもしれません。

8.生活費を節約するには、できるだけシンプルにする

現代の日本社会では、高価なバッグや別荘があるのが裕福だと考えがちです。
しかし、ほとんど使わないバッグやいくらも滞在しない別荘が本当に必要でしょうか?
今日、食べるものを事欠くような人にとってはお金が少しあるだけで、幸福度は増します。
ところが、家も、洋服も食べるものも十分にある人にとっては、いくらかお金が増えたくらいでは幸福感は増しません。

- クレジットカードを減らすと生活費も浮く?

「隣の芝は青い」というように他人のものはよく見えるのです。自分がアパート暮らしなのに、高校の同級生が結婚して、高級住宅街に住んでいたら、羨むはずです。
しかし、冷静に考えてみましょう。スマホもあって、ドローンで配達できる現代社会は、20年前よりもずっと便利な暮しをしているのです。
つまり、自分は人よりいいものを持っていると優越感を感じるのです。この過当競争に勝てる人は、一流のスポーツ選手ぐらいです。

まずは、一ヶ月の支出にいくら使っているか計算して、一番出費の多い項目を一つ削ることで節約します。それだけで、あなたのお金が自然と増えていきます。
また、借金を返す以上に魅力的な節約方法はありません。クレジットカードを何枚も持っている人はすべて解約しましょう。
どうしても、支払いなどでクレジットカードしか使えない場合だけ、一枚持ちます。
それだけで、あなたの来月の預金は格段に増えます。

また、二人の新居や結婚費用をいくらか貯めたい場合は、貯蓄用の口座を別に用意します。
そして、毎月の収入の10パーセントを先に専用の口座に移します。今まで貯金ができなかった方も、先に口座に移すだけで貯金ができるようになります。
家賃や水道代がなくなるのと同じように考えればいいのです。少なくなったら、それでやりくりするようになります。
それほど、固い意志がなくてもできるので、すぐに実行に移しましょう。今では、スマートフォン一つで、口座が開設できます。得するのはあなたです。

9.結局、同棲ではいくら生活費がかかるの?

いろいろ同棲に関する費用について述べてきましたが、一人暮らしのころと比べて工夫次第で支出がいくらか節約できることはわかったと思います。計算が苦手な方は、平均して、今の4分の3の費用に節約できると考えればいいでしょう。

食材を買うにしてもスーパーでは二人分以上の量がパック詰めされています。家も二人で借りると少ない出費でより広い部屋に住めます。もし、同じだけ家賃を出す余裕があれば、自分の部屋に加えて、二人の共通の部屋も持てるでしょう。

- 生活費をやりくりして家を買う

将来のことを考えれば、借金はしても家は購入した方が特です。家賃は不動産会社に吸い取られるばかりで、自分に資産は残りません。
結婚を視野に入れて同棲を考えているのであれば、家の購入も検討するといいでしょう。

家に帰れば好きな人がいるという夢のような生活もアイディア次第で大きく変わります。
何をするにも事前に話し合うことで、生活がぐっと楽になることでしょう。また、トラブルも防げます。いろいろなことを曖昧にしがちな日本人ですが、こうした大事なことは最初が肝心です。
相手にいくら嫌がられても分担を決めて、よりよい同棲生活を送れるようにしましょう。

【まとめ】カップルで協力して、幸せな未来を…!

折半すべき生活費とその区別の仕方、同棲してからうまくやりくるするコツなど生活面でのアドバイスをしてきました。お金の話を嫌がる日本人ですが、お金の話しをしっかりできないカップルはかならず無理が生じます。

同棲生活も二人のアイディアと協力があって、初めて成り立つものです。たとえ、彼氏がデート代を全て払っていても、彼女の支えがあってこそです。好きな人でなければ、やりくりして同棲しようとは思わないでしょう。
同棲において大切なことは折半ではなく、「共助」です。
より幸せなカップルになって、ゴールインできるように祈っています。

もっと同棲に関する記事を知りたいあなたへ!

同棲したい!彼氏に同棲を決めさせる方法とは?
同棲あるある9選!ストレスがたまる瞬間と対処法まとめ!
同棲を始めるベストタイミングは?おすすめの時期・悪い時期教えます
結婚前の同棲の理想の期間やタイミング!決めるべきルールまとめ

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ