「友達として好き」の真の意味!「女として好き」との違いは?

友達として好きって男性にとってどんな意味なの?女として好きとの違いって? 恋愛対象にしてくれているのかわからないけど付き合える可能性はある? 別れた彼からはもう友達扱いされて辛いけど、復縁ってできるのかな? そんな友達として好きという言葉に悩む女子必読です!

「友達として好き」の真の意味!「女として好き」との違いは?のイメージ

目次

  1. 友達として好きは男性の常套句
  2. 友達として好きの意味①女性として意識していない
  3. 友達として好きの意味②遠回しに拒否
  4. 友達として好きの意味③友達として付き合いたい
  5. 友達として好きの意味④友達としての方がラク
  6. 友達として好きの意味⑤恋愛対象として見れない
  7. 友達として好きの意味⑥距離を置きたい
  8. 【男性心理】女として好きの意味①恋愛対象
  9. 【男性心理】女として好きの意味②女性として魅力がある
  10. 【男性心理】女として好きの意味③復縁を考えている
  11. 友達として好きと女として好きの違い①褒める
  12. 友達として好きと女として好きの違い②魅力を感じている
  13. 友達として好きと女として好きの違い③自分をアピール
  14. 友達として好きから女として好きへの段階
  15. 【おわりに】友達として好きを女性の魅力で

友達として好きは男性の常套句

今回は友達として好き、ということについて男性心理を解明し、その後の関係の発展があるのかどうかを検証していきたいと思います。

この友達として好き、は【好き】という言葉が入っているだけに聞こえも良いものです。

しかし、女性として見られ簡単に恋愛対象にもなりうるとして、本当にいい言葉として捉えてもいいのでしょうか?

友達として好き、は、女としてはどうなのよと突っ込みを入れたくはなりませんか?

そうなのです、この友達として好きという言葉、片思いをしている女性には随分と辛い言葉でもあります。

付き合う見込みがないのか、はたまた別れた彼氏との復縁なんてもう叶わないんじゃないか、そんな意味も含まれているのです。

男性にとって女性に対しての友達として好きは常套句なので、いい風にも悪い風にも使い勝手のいい言葉です。

恋愛対象として今後見てもらえるのか、ということも踏まえて解説していきましょう。


■関連記事:今の恋人レベル、計ってみませんか?

友達以上恋人未満診断!恋人レベルはどれくらい?男性心理も丸わかり!

友達として好きの意味①女性として意識していない

女性として見てくれていない

まず、友達として好きの代表例として挙げたいのが女性として意識されていない、ということ。

性別は確かに女性ですが、相手の男性にとっては同性となんら変わらず友達として認めているのです。

確かに認めてくれているのは嬉しいことですが、これが恋愛感情を持っている相手に言われると確かに辛いですね。

こちらの気持ちをもし知ったとしても、果たして女性として見てもらえるのか不安になります。

友達として好きから男性と付き合う可能性は

女性として意識されていない自分がどうやって意識されるようになるのか、そして付き合う可能性はあるのでしょうか。

女性として、というと女性らしく振舞うことでより一層磨きがかかるというもの。

意識されていない段階なら女性らしく、料理や掃除が上手くなると意識されやすいのではないでしょうか。


仲間内で盛り上がって遊んでいる時にはわからない家庭的な面を見せることで、「あ、この子、女らしいところあるじゃん」と意識も変えてもらえるはず。

家庭的な女性が好きな男性なら、そこでグッと距離が縮まるはずです。

友達として好きの意味②遠回しに拒否

友達として好きという言葉の裏側で

友達として好き、でもあまりいい意味ではない場合で、遠回しに拒否の意思を示しています。

他愛なく「私のことどう思ってる?」と聞いた時に「いや...友たちとして好きかな」という返事。

女性からの「私のことどう思ってる?」の質問に答える時に使いやす言葉ですが、往々にして「俺を好きになるな。俺は君のことなんとも思ってないんだし」という意味で発せられた返事ということも。

悪く言えば、拒否していると思われたらイメージダウンになるので、うまくその場を収めようとして使ったということですね。

聞かれたこと自体も有難迷惑だと思われてる気がして、女性はそれ以上踏み込んで聞けませんよね。

答えに窮したようなそぶりの時は、お断りの返事のつもりだということで受け入れたほうが良さそうです。

男性と付き合うには

何となく答えをもらった後に、距離を取りたいから友達として好きなんてことを言ったのかなと感じたら、今は付き合う時期ではないのかもしれません。

特に別れた彼氏だったら尚更です。

復縁を求めているとバレてしまいますし、「もう君とは付き合えない」と言えない時には友達として、としか答えようがないですから。

辛いですが気持ちが焦って無理やり距離を縮めてしまうと恋愛対象どころか友達として好き、ということさえ無くなってしまうかもしれません。

ゆっくり相手との距離感を見つめながら友達として付き合うのがベストです。

友達として好きの意味③友達として付き合いたい

恋人としてよりも友達として好き

先ほどの遠回しに拒否している場合に比べると、まだ柔らかいイメージの友達として好きなパターンで使われる友達として好き。

また復縁を求められている元カノにも、友達として好きだし付き合っていけるけどという意味合いでも、女としてより友達として好きなだけだから、と言われれば復縁は叶わないかもしれません。

今まで友達としてしか見ていなかったから、これからも友達として好きと言われればそこでちょっぴり失恋、ということにもなり辛いですよね。

男性と付き合う方法

友達としてしか見られない、という意味で好きと言われたのなら、辛いでしょうが今すぐに恋愛対象になって付き合うことは難しいでしょう。

やはり可愛さや優しい心遣い、何でも話ができる女らしさで男性に見てもらうしかありません。

どうしてもがさつで言葉遣いが荒っぽい女性は、女らしい人には勝てないもの。

今までとのギャップで女らしさを磨きましょう。


■関連記事:友達でいいじゃん、と思わせてはいけません!

付き合う意味がわからない?付き合うの定義は?友達と恋人の境界は?

友達として好きの意味④友達としての方がラク

男性は面倒くさがり屋

とかく男性は付き合っている彼女が重い女性だったり、付き合うのにひと手間もふた手間もかけなければいけなくなると面倒くさがるもの。

一方友達ならそこまで相手に尽くすことも無いし対等な立場で居られる。

それは女性と付き合ってきた経験豊富な男性なら皆思うこと。

女として嫌いというわけではなく、あなたとの恋人関係が想像出来ないのと今の関係を壊したくないという気持ちがほとんど。

そう意味での友達として好きというのは、いい関係が築いている証拠です。

ただ、友達として好きというのは恋する女性にとっては辛いですね。

果たして恋愛対象として見てもらえるのでしょうか。

恋愛対象は離したくない女性になること

友達として好きの段階では当然二人きりになることはないでしょう。

ただ、恋愛対象になると話は違います。

あなたを一人の女性として好きになる時には、離したくない衝動に駆られるのが男性の心理というもの。

友達関係の方が気がラク、という思いを「この子と離れたくない」に変えていかなくては付き合うことは出来ません。

まずは男性の好みを知り、好きな女性のタイプに近づけていくことです。

友達として好きのままなら「好きな女性のタイプってどんな人?」と気軽に聞いてみるのもいいかも。

恋愛対象に自分が近づいていくことがポイントです。

友達として好きの意味⑤恋愛対象として見れない

恋愛対象に見られない女性は

男性が女性に「恋愛対象に見られない」という理由で「君は友達として好きだよ」と言ったとします。

確かに女性として見ているけれども、自分は恋愛対象としてあなたを見ることができないということなので、このパターンもすぐにすぐ付き合うということには至らないでしょう。

女性として生まれ、好きな男性から恋愛対象として見ることができないと言われると傷つきますし辛いですよね。

そういう理由で「友達として好き」という言葉を代用しているのです。

復縁を期待しても、友達として好きという言葉に恋愛対象として見れないなんて意味が組み込まれていたら辛いですが今は耐える時なのかも知れません。

女性を傷つけないため、なのですが友達として好き、の真相を知ってしまうと付き合うなんてできるのかな、と思いますね。

男性と付き合うには母性を

友達として好きかもしれないけれど、恋愛対象に見られていない時に男性に少しでも向いてもらうにはどうすればよいのでしょうか。

もしかしたらその男性にも好きな人がいるかも知れませんし、失恋したばかりで誰も好きになれない時期なのかもしれません。

そういったことも考えて、恋愛対象にはまだなれないけれど母性の様に優しく包み込むことは出来るのではないでしょうか。

男性は辛い時も楽しい時も一緒に居られる女性を選びます。

「この子と一緒にいると落ち着くな」というところから恋や愛が芽生えることも十分考えられるので、恋愛対象にまだなれない時期には、男性を支える女性に徹してみましょう。


■関連記事:あれ?友達だと思ってたのに…という場合はこちら

男友達がデートにあなたを誘う5種の心理!友達から恋愛に発展する?

友達として好きの意味⑥距離を置きたい

今は離れるべき?

友達として好き、と言ってはくれたものの頻繁に連絡を取っているわけでもない二人。

「私はもっとお喋りしたいし会いたいけれど」と思っていても本心がわからずでは動けないですね。

特に復縁を期待している元カノの気持ちが分かってしまい、戻るつもりが無ければそう男性は思うでしょう。

でも、復縁する気が無いのに邪険に会いたくない、距離を置きたいと言えない時に使われます。

こう考えると「友達として好き」の言葉の曖昧さが顕著になってきますね。

少し距離を置いて

ただ相手の男性にも思うところがあって「友達として好き」と話しているのを考えると、距離を感じる男性なら今はそっとしておいたほうが良いかも。

好きなのに距離を置くのは辛いですが、次に連絡が取れるようになるまで女を磨きましょう。

【男性心理】女として好きの意味①恋愛対象

では、男性から見る【女として好き】の意味を紹介しましょう。

まずは相手の女性を恋愛対象として見ること。

当たり前ですが一人の女性として見てくれているのですから、先々恋愛関係になる可能性がある女性として見てもらっているということです。

友達として好き、と言われた方がいいのかと聞かれれば一人の女性として生まれた以上、女性として見られたいもの。

日々女性として磨いた結果だと嬉しいものですよね。

【男性心理】女として好きの意味②女性として魅力がある

女として見られているということは、女性としての魅力があるということです。

魅力というのは外見だけでなく内面も非常に重要です。

どちらかが欠けても魅力は半減。

好きな人には素直に女として好き、と言われたいですよね。

【男性心理】女として好きの意味③復縁を考えている

別れた彼氏が私のことを女として好き、と言ってくれている。

ちょっと戸惑いますが、素直に嬉しいことかもしれません。

特に自分も復縁出来たらいいな、と思っているのなら尚更。

元カレからそんな一言を聞いたら、話をしてみましょう。

別れた理由も二人で話し合って、乗り越えられると思ったら復縁を考えてもいいのかも。

友達として好きと女として好きの違い①褒める

友達として好きなのと、女として好き、の言動行動の違いを3つ紹介していきましょう。

まず一つ目が褒める。

可愛らしさや頑張っていること、これは女友達にはしないコト。

男性は一人の女性として意識している相手には、友達では見ていないところも良く見ています。

女性らしさを褒めることで、「俺は君のこと意識しているだ」というのを暗に匂わせているということですね。

男性は自分を悪く見せたくはありませんし、そこまで気が付いているということを相手にも知ってほしいものです。

褒められると女性も悪い気はしません。

そういう意味でも、褒めるというのは好きな相手に最大限近づこうとしているにほかなりません。

友達として好きと女として好きの違い②魅力を感じている

一緒に遊んでいる女友達には感じないのが、女性らしい魅力。

女として好きな相手は、とかく魅力的に感じるものです。

見ている部分もかなり違うかも知れませんが、しぐさや笑顔、服装、意識しだすと目で追ってしまうものです。

女として見られるというのは、見られているという意識を女性も常に持っていなければいけません。

女として好きだと言われたいなら、見られている意識を持つことですね。

友達として好きと女として好きの違い③自分をアピール

女性として意識している相手には自分を常にアピールすることを欠かしません。

女友達にはだらしないところを見せても、やはり好きな女性には見せたくないもの。

男らしい、優しい、デートでもどこでも連れて行ってあげるなど自己アピールをするのが女として好きな相手に対して。

株を挙げたくなるのが男性の本音ですね。

友達として好きから女として好きへの段階

これまで友達として好きの真相と、女として好きとの違いなどを検証しました。

その中でも友達として好きから付き合うまでのプロセスを書かせていただきましたが、友達としてから女として好きになることだって十分あり得るのです。

付き合って、と女性から告白してごめんなさいと男性からはねられたような気もしますが、そこで諦めることは無いのです。

自分を磨くことをしなければ、恋愛対象にもなれないので当然付き合うことは無いでしょう。

ただ、時期というのも必要です。

女性も今は誰とも付き合いたくないと思っているのにしつこくアプローチをかけられたら友達でも居たくないと思いませんか?

むやみに暴走せず、時が来るまで待つということもポイントです。

【おわりに】友達として好きを女性の魅力で

友達として好きのテーマで、言葉の真相から心理に至るまで解説しました。

男性に片思いしている女性は「友達として好き」のあとの「...だけど女としては...」という言葉があることを知っているので辛いのです。

「女としてはどうなの?」とはなかなか聞けませんよね。

元カレとの復縁を望んでいる場合にも女としてすでに見られていなければ元に戻ることは出来ないと思ってしまうでしょう。

でも女性はどんどん変わりゆくもの。

男性の好みや気持ちも日々変わるものです。

今は友達としてしか見てもらえないかも知れませんが、時が経ってあなたの魅力に男性も気が付くのではないでしょうか。

その時まで自分を磨いて素敵な女性に成長されることを願ってやみません。

友達で終わらせたくない!そんなあなたはこちら

女友達と彼女の違い・境界線って?男の意見を公開!
男性が彼女にしたい女性の特徴!友達で終わらないのはこんな女子
【友達以上恋人未満】デートで関係を進展させる方法徹底解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ