159センチの理想の体重は?美しく健康的に見える体重や体型を目指そう!

159センチの理想の体重は?美しく健康的に見える体重や体型を目指そう!

身長159センチの女性の場合の理想的な体重や体型についてまとめました。これからダイエットを始めようと思っているのであれば、やみくもにダイエットするのではなくまずは自分がなりたい体型を決めることが大事。どうしたらダイエットがうまくいくのかやなどもご紹介します。

6763View

記事の目次

  1. 1.159センチ女性の平均体重や理想の体重は?
  2. 2.159センチの細く見える見た目のシンデレラ体重は?
  3. 3.159センチの体重は体脂肪率もきちんとチェック
  4. 4.159センチの体重の理想体型と服のサイズ
  5. 5.159センチの理想体重に近づく体型の作り方
  6. 6.159センチの芸能人7選!
  7. 7.159センチの体重はやせすぎず理想の美容体重を目指そう!

BMIと同じぐらい着目しておかなければならないのが体脂肪率の数値。これは全体重のうちどれだけ脂肪ががあるのかを表した数字となります。

体脂肪率を計算する際は、(体脂肪の重さkg ÷ 体重kg)×100という式で求めることができますが、体脂肪の重さを把握していなければ体脂肪率をはかることができません。ですから、体脂肪率を知りたい場合は体重計の機能を使って調べるのがいいでしょう。

では次は、身長159センチの人の適正な体脂肪率について見ていきます。

体脂肪率の標準値は20~29%

一般的に、健康の標準とされているのが体脂肪率20~29%の間です。29%超えてしまった場合は残念ながら肥満という判定になってしまうので、ダイエットする時はこの数字を意識するように心がけるといいでしょう。

ただ、中には、体重やBMIが標準なのに体脂肪率が29%を超えてしまっているという人もいます。「太っていないのになぜ?」と思うかもしれませんが、これは運動不足で筋力が低下してしまっていて、代謝が悪くなってしまっているのが原因として考えられます。

ダイエットは体重や見た目ばかりに気を取られがちですが、体脂肪率もしっかりチェックしておくことで健康的で美しい体を手に入れることができるでしょう。

スリムな体型を目指すなら20~22%に

モデルさんのようなスリムボディを目指すのであれば、体脂肪率は20~22%を目安にするといいでしょう。この体型になると全く脂肪がなく、腹筋に縦のラインが入るようになるので誰から見てもスリム体型になりますよ。

ただ、体脂肪率20~22%にするためには食事制限だけでは難しいです。栄養のとれた食事にプラスして、運動や日々の生活習慣を見直していかなければ到達することはできません。

また、スリムになりたいからといって20%を下回るようなダイエットは避けたほうがいいです。脂肪と聞くと悪いイメージがありますが、実は体に必要なエネルギーを蓄えたり内臓を守ってくれる効果があるので、適度に脂肪がないと体調を崩す原因となってしまいます。

159センチの体重の理想体型と服のサイズ

ダイエットをするのなら、身長159センチの場合の理想の3サイズを知っておくといいでしょう。それによって服のサイズもわかってくるため、洋服選びがスムーズになりますよ。

バスト82センチ・ウエスト59センチ・ヒップ84センチ

身長159センチの人の理想の3サイズは、「バスト82センチ・ウエスト59センチ・ヒップ84センチ」です。

バストやヒップには適度な脂肪を残すことで女性らしい丸みをおびた体型となり、その代わりしっかりとくびれを作ることでメリハリ感が出てスリム体型に見えるようになります。

ウエストが59~62センチであればスリム範囲なのですが、これ以上になってしまうとメリハリがなく寸胴に見えてしまいがち。そのため、体の部位に分けてトレーニングを心がけてみましょう。

服のサイズはS~Mもしくは9号~11号がベスト

身長159センチの人の場合、洋服を選ぶ際はS~Mサイズを選ぶと体にちょうどフィットするでしょう。ただし、肩幅、腕の長さ、胸の大きさ、足の長さなどは個人で異なってしまうので、一度試着するなどして自分の体に合わせて選ぶようにしてください。

サイズ表記でS・M・Lはお馴染みですが、日本には号でサイズを表すこともあります。身長159センチの人の場合9号~11号を目安にしてみましょう。

もしそれより上のサイズを普段着ているならダイエットを決行、それよりも下のサイズを着ているなら健康的な体作りのためにトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

159センチの理想体重に近づく体型の作り方

ダイエットをしようと思っていても、何から手を付けていいのかわからない人も多いでしょう。また、ダイエットがなかなか上手くいかないという人も多いかもしれませんね。

そんな時は2つのことを守ってダイエットを進めるようにしましょう。下記で詳しく解説していきます。

①朝と夜に体重を測る

ダイエットにかかせない物と言えば体重計。どんな体重計でもいいですが、大事なことは朝と夜に体重を測るようにすることです。

朝に測る時はまずトイレをすませてください。そのあと朝食を食べると思いますが、朝食を食べる前に体重を量るのがベストなタイミングです。夜に測る時は夕食をすませて2時間後、そしてお風呂に入る前が理想とされています。

こうすることで、空っぽの体に1日でどれだけ食べ物が入ったかがわかるので、1日の反省に活かすことができるでしょう。体重を測る際は、できるだけ同じ時間、同じ条件を揃えるようにしてくださいね。

②きちんとした食事

ダイエットをする人でありがちなのが、食事を抜いて痩せようとすることです。たしかにこの方法なら一時的に痩せることはできますが、すぐに元の体型に戻ってしまう上に体調も安定しません。

健康的で美しい体を手に入れるためには必ず食事をとるようにすることが大事。食事をとらなければエネルギーが不足し、そのせいで代謝が悪くなったり、太りやすくなるといった影響が出てしまうためです。

栄養バランスやたんぱく質を意識しながら食事をとり、体に十分に栄養を行き渡らせることから始めてみてくださいね。

◆食事を見直すならこちらをチェック!

管理栄養士直伝!食物繊維が手軽に摂れるオススメ「機能性表示食品」6選 | Lovely[ラブリー]のイメージ
管理栄養士直伝!食物繊維が手軽に摂れるオススメ「機能性表示食品」6選 | Lovely[ラブリー]
春は季節の変わり目であり、寒暖差による免疫力低下から、ウイルスや花粉などの影響を受けやすくなるタイミングです。そんな春の"プチ不調"を助ける食物繊維の推しポイントを徹底解説!腸内環境を整える"腸活"や体の調子を整えるための情報をお伝えします!

次のページ

159センチの芸能人7選!

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely