ベビーオイルの使い方19選!こんな便利な使い方があったの?

ベビーオイルの使い方19選!こんな便利な使い方があったの?

ベビーオイルの便利な使い方がたくさんあると話題になっています。ベビーオイルは赤ちゃん用というイメージがありますが、大人にはどんな便利な使い方があるのでしょうか。今回は、ベビーオイルの意外で便利な使い方を、厳選してご紹介したいと思います。

記事の目次

  1. 1.ベビーオイルの使い方をご紹介
  2. 2.ベビーオイルとは?
  3. 3.ベビーオイルの使い方1:顔のスキンケア
  4. 4.ベビーオイルの使い方2:体のスキンケア
  5. 5.ベビーオイルの使い方3:モチモチ洗顔
  6. 6.ベビーオイルの使い方4:クレンジング
  7. 7.ベビーオイルの使い方5:保湿入浴
  8. 8.ベビーオイルの使い方6:マッサージ
  9. 9.ベビーオイルの使い方7:アロマオイル
  10. 10.ベビーオイルの使い方8:妊娠線ケア
  11. 11.ベビーオイルの使い方9:シャンプー
  12. 12.ベビーオイルの使い方10:ヘアパック
  13. 13.ベビーオイルの使い方11:ウェットヘア
  14. 14.ベビーオイルの使い方12:ハンドクリーム
  15. 15.ベビーオイルの使い方13:ネイルケア
  16. 16.ベビーオイルの使い方14:かかと角質除去
  17. 17.ベビーオイルの使い方15:シェービング
  18. 18.ベビーオイルの使い方16:リップケア
  19. 19.ベビーオイルの使い方17:お尻の肉割れケア
  20. 20.ベビーオイルの使い方18:革製品のツヤ出し
  21. 21.ベビーオイルの使い方19:絆創膏・シールはがし
  22. 22.ベビーオイルの使い方のまとめ

ベビーオイルの使い方をご紹介

みなさんはベビーオイルって使ったことってありますか。ベビーオイルを使ったことはなくても、聞いたことはあるという方は多いことでしょう。最近、ベビーオイルの使い方が色々あっておすすめだと話題になっています。ベビーオイルの使い方が分かれば、マッサージや保湿の効果があると注目されています。顔や体、髪の毛につければ、スキンケア効果も期待できると評判になっているのです。

ベビーオイルなので、本来は赤ちゃんの顔や体、髪のスキンケアや保湿を目的に作られています。ベビーオイルという名前ですが、大人にも便利な使い方がたくさんあります。では、ベビーオイルはどのような便利な使い方があるのでしょうか。今回は、ベビーオイルの便利な使い方について、ご紹介していきたいと思います。大人の顔や体のスキンケアや髪の保湿、マッサージなどぜひ参考にしてくださいね。

ベビーオイルとは?

そもそもベビーオイルとは、どんなオイルのことでしょうか。ベビーオイルとは、乾燥しがちな赤ちゃんの顔や体のスキンケアを目的にして生まれたオイルのことです。赤ちゃんの顔や体は大人よりも乾燥しやすくて、スキンケアをしてあげる必要があります。ベビーオイルには、ホホバオイルの約3倍、オリーブオイルの約5倍ほど、赤ちゃんの顔や体を保湿する効果に優れていると言われています。

ベビーオイルと一言で言っても、色々な種類のものがあります。一般的なベビーオイルは、主成分にミネラルオイルが配合されていて、顔や体に優しいのが特徴です。ベビーオイルという名前が付く通り、赤ちゃんのスキンケアや保湿に使うのが基本的な使い方です。とはいえ、ベビーオイルには赤ちゃんの保湿以外にも、意外な使い方があります。ではここから、ベビーオイルの大人の使い方をご紹介します。

ベビーオイルの使い方1:顔のスキンケア

ベビーオイルの最も代表的な使い方は、顔のスキンケアと保湿です。ベビーオイルは本来、赤ちゃんのスキンケアを目的として作られています。まずは赤ちゃんのスキンケア用として使えますが、大人の顔のスキンケア用としての使い方がおすすめです。大人の顔に直接塗ることで、赤ちゃんの顔や体と同じように優しくスキンケアや保湿することができます。大人の乾燥した顔に直接塗っても大丈夫です。

ベビーオイルの最も効果的な使い方は、お風呂上がりのスキンケアです。お風呂上がりの顔は水分が抜けやすいので、顔を拭いた後はすぐにベビーオイルを塗りましょう。お風呂上りにすぐにベビーオイルを塗ることで、顔の水分の蒸発を防いでくれます。お風呂上りにベビーオイルを塗ることで、体に残った水分とベビーオイルが合わさって、お肌をしっかりとスキンケアしてくれます。

ベビーオイルの使い方2:体のスキンケア

ベビーオイルで定番の使い方は、体のスキンケアです。ベビーオイルならプチプラでたっぷり使えるので全身を保湿することができます。ベビーオイルは赤ちゃん用に優しい成分が含まれているので、敏感肌の方でも安心して使えるスキンケアオイルです。ベビーオイルなら上半身から下半身まで体のどこに使っても、スキンケア効果と保湿効果が得られます。

ベビーオイルを体のスキンケアとしての使い方をするなら、お風呂上りがおすすめです。お風呂上りなら体を拭いても少し水分が残っているので、全身に伸ばして塗ることができます。お風呂上りは一気に水分が蒸発していきますから、タオルでふき取ったらすぐにベビーオイルを塗ってあげましょう。ベビーオイルを全身に塗ることで、乾燥から守って潤いをキープしてくれます。

ベビーオイルの使い方3:モチモチ洗顔

ベビーオイルでおすすめの使い方は、洗顔料と合わせた洗顔です。ニキビ肌や毛穴肌、混合肌など顔や体のトラブルに悩む方は多いことでしょう。ベビーオイルは、肌トラブルの予防や改善にぴったりです。通常のスキンケアや保湿として使えるのはもちろんですが、敏感肌やニキビ肌の方にもおすすめです。色々な化粧品を使っても改善できなかったトラブルが、ベビーオイルで治ったという人もいます。

ベビーオイルは顔や体の水分や油をキープしながら、肌に優しい成分が浸透するので、トラブルを防ぐことができるのです。肌トラブルの原因の一つは乾燥ですから、ベビーオイルを塗ることで予防にもなります。ベビーオイルで保湿する使い方をすることで、プルプルの肌に保つことができます。ニキビ肌に悩んでいる方であれば、必要以上に皮脂を分泌してしまうのも予防することができます。

ベビーオイルの使い方4:クレンジング

ベビーオイルでおすすめの使い方は、クレンジングしながらの保湿です。大人の女性であれば毎日のようにメイクをする方が多いと思いますが、クレンジングをすると肌が乾燥してしまいます。ベビーオイルを使ってクレンジングすることで、メイクを落としながら保湿する使い方があるのです。ベビーオイルは赤ちゃんの顔や体のために優しい成分が含まれていますから、大人の敏感肌の方にもおすすめです。

市販のクレンジング剤を使いすぎると、顔の肌にダメージを与える原因を作ってしまいます。ベビーオイルをクレンジング剤として使うことで、メイクをしっかり落としながら肌荒れを防ぐことができます。メイクの上からベビーオイルを塗って、円を描くようにしてマッサージしていきます。メイクを落としながらマッサージして、しっかり保湿することができます。大人の女性におすすめの使い方です。

次のページ

ベビーオイルの使い方5:保湿入浴

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely