唇がガサガサを治す方法9選!ガサガサになる原因も解説!

乾燥がひどい季節になると、大ダメージを受けるのが唇…という人も多いのではないでしょうか。 ふと触れてみたら唇がガサガサしていてショック!という状況を回避するために、唇がガサガサになる原因と、その対処方法をご紹介していきます!

唇がガサガサを治す方法9選!ガサガサになる原因も解説!のイメージ

目次

  1. 冬本番になったら唇がガサガサ。ケアを怠ってませんか。
  2. 【ガサガサの原因】皮脂が足りない【唇】
  3. 【ガサガサの原因】乾燥【唇】
  4. 【ガサガサの原因】炎症【唇】
  5. 【ガサガサの原因】胃腸系の不調【唇】
  6. 【ガサガサの原因】化粧品との相性【唇】
  7. 【ガサガサの原因】栄養素の不足【唇】
  8. ガサガサ唇はヘルペスになる可能性も。
  9. 【ガサガサ唇の治し方①】鼻呼吸を心掛ける
  10. 【ガサガサ唇の治し方②】体内と皮膚へ水分補給
  11. 【ガサガサ唇の治し方③】唇舐めをやめる
  12. 【ガサガサ唇の治し方④】リップクリーンもしっかりと
  13. 【ガサガサ唇の治し方⑤】リップパックは効果抜群
  14. 【ガサガサ唇の治し方⑥】化粧品を見直してみる
  15. 【ガサガサ唇の治し方⑦】生活習慣の見直し
  16. 【ガサガサ唇の治し方⑧】ビタミン・ミネラルを意識して摂る
  17. 【ガサガサ唇の治し方⑨】ストレスから逃げる
  18. リップケアをするなら断然ワセリン!
  19. 負傷している時は治すことが先決!
  20. 唇の美しさは自分の健康と自信につながります!

冬本番になったら唇がガサガサ。ケアを怠ってませんか。

さぁ、皆さま冬も本番です。冬将軍が日本列島にやってきて雪国には沢山の雪を。
それと同時に空気の乾燥も引き起こします。

そんな中、唇がガサガサになっていて、もう切なくて涙がとまらない心情!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。冬の乾燥は女性の大敵。いつだって唇をはじめ、肌や髪の潤いを奪っていく厄介なものです。
特に体の粘膜の一部である唇がガサガサしているのは、女性にとってはゆゆしき事態です。

この記事では、特に唇のガサガサにお悩みの女性へ送る、唇がガサガサになる原因や治す方法、ガサガサ対策のスキンケア方法などをご紹介します。

気付いたら唇がガサガサになっている、気づいたらパックリ割れて血が出てしまったなど何かと乾燥トラブルが多い部位。出来るだけ丁寧に、そしてこまめにスキンケアしてあげましょう。

【ガサガサの原因】皮脂が足りない【唇】

まず、唇がガサガサになる原因の一つとしてあげられることは、唇の皮脂が足りないということ。
しかしそれもそのはず。なんといっても人間の構造上唇には皮脂線がありませんので、水分を飛ばないように保湿してくれる成分がもともと唇には少ないといえます。

その為、唇の水分はみるみる蒸発し、ガサガサな唇が出来上がってしまうことが主な原因のです。

さらに、唇の皮膚層は非常に薄いため、常に皮がむけやすい状態にあります。もちろん唇には汗をかく汗腺もありません。
そのため唇に皮脂膜を張ることが出来ずに保湿をすることすらままなりません。そこで活躍するのが人のお手入れ。
リップクリームをこまめに塗ってみたりリップパックをする等の抜かりない丁寧なスキンケアが物をいうのです。

【ガサガサの原因】乾燥【唇】

次にあげられる、唇がガサガサになる原因は乾燥です。
特に冬場は夏場と比べると湿度が低く外でも室内でも乾燥している状態。梅雨時期のじめじめ感は一体どこへいってしまったんだ!と思う人も多いかもしれません。

この乾燥が特に乾燥しやすい唇の水分を奪いカサカサを通り越してガサガサにしてしまう原因なのです。

人の素肌、特に唇は乾燥をすると免疫機能が弱まってしまうだけではなく、唇が切れる割れるなど怪我にもつながってしまいます。
先述の通り唇には皮脂腺がありませんので、体内で分泌される体液で乾燥を止めることは出来ません。

その為にガサガサの唇を治すための乾燥対策やスキンケアの徹底、リップ等で潤いを保ち乾燥防止の為の努力をする必要があるのです。

【ガサガサの原因】炎症【唇】

さらに唇がガサガサになる原因のひとつには炎症が起きているということも考えられます。
唇がガサガサになり両端が切れてきている状態なら、それは「口角炎」かもしれません。

この口角炎は一度かかるとなかなか治すことが難しいという特徴もありますので、できるだけ口角炎にならないようにしましょう。
口を開けるたびに口角が切れるという痛みを味わう羽目になってしまいます。

口角炎は、リップなどを用いて唇のスキンケアをすることももちろん大切です。
しかしそのほかにも見直す部分があり、基本的な生活習慣や食生活を考えることも口角炎にならない、早めに治すことに繋がります。

唇は、免疫力が落ちていたり栄養が偏っていたりしてもガサガサになる原因の一つですので、こういった炎症の正体になっているかどうかも注意して観察してみましょう。

【ガサガサの原因】胃腸系の不調【唇】

次に、唇がガサガサになる原因として、胃腸系の不調も考えられます。
唇がガサガサだったりその他の唇のトラブルは胃腸系が不調をきたしているサインともいわれています。

その為、リップなどによるスキンケアは確かに需要ですが胃腸系に負担がかかるような生活をしていないか見直す必要もあることを頭に入れておきましょう。

例えば、先ほどの口角炎は胃や十二指腸のトラブルの兆しと言われています。
さらに下唇がただれていたりガサガサしていたら腸が弱っている、上唇がただれていたりガサガサしていたら胃にダメージがあるとも言われています。

そういった胃腸系の不調の表れとして唇がガサガサになることもありますので、普段胃腸薬などで押さえつけていたり、不規則な生活・ストレスフルな生活をしている人はそれらが原因となっているかもしれません。
なかなか生活習慣やストレスコントロールをすることは難しいですが、唇を健全な状態に治すためには必要な作業になってくることでしょう。

【ガサガサの原因】化粧品との相性【唇】

次にあげられる唇がガサガサの原因は、化粧品との相性が悪いことです。

よかれと思って使っていたオーガニック素材のリップ。巷で評判だからと使い続けたワセリンなども含まれます。
確かに各化粧品メーカーやスキンケア用品は万人の肌に合うように作られていますが、時には合わないこともあるということを知識として知っておくと良いでしょう。

自分の唇に合わないスキンケアを続けてしまい、唇がガサガサになっていることも考えられますので今使っているリップケア用品を使い始めたころから唇のコンディションが悪くなった人は肌との相性を見極める必要があるでしょう。

また、唇がガサガサになることを防ぎ、艶のあるリップへと治す過程として唇のメイクオフは丹念に行うことも大切です。

唇に残ったルージュ・グロスなども唇がただれてガサガサになる原因の一つ。いわゆる汚れが残っている状態でいくらスキンケアを施しても残念ながら効果はいまいちです。
汚れはしっかりと落とした上で正しいスキンケアを行いましょう。


◆関連記事:皮むけ対策方法はこちら!

唇の皮むけの対策法!皮がむける原因は何?

【ガサガサの原因】栄養素の不足【唇】

次に唇がガサガサになる原因として上げられるのは、栄養素の不足です。

最近ビタミンやミネラルは足りてますか。気が付いたら適当なご飯や外食、ジャンクフードばかりになっている人は要注意。
食べることは美容に直結します。毎日食べているものが肌や髪、あなたの体を作っていますので身体の素材はしっかりと栄養のあるものを取りましょう。

特にビタミンやミネラルには体の免疫力を高めたり、体のいたるところを治す成分として役に立つものです。
いくら丁寧にスキンケアを重ねていても、高級なリップを使っていても、食生活が悪く身体を守るために必要な栄養素が足りていないのであれば本末転倒です。

普段の食生活では補えないものはサプリメントや野菜ジュースなどで補い、唇がガサガサにならない為の、唇のガサガサを治すための身体づくりから見直していくとよいでしょう。

ガサガサ唇はヘルペスになる可能性も。

さらに、ガサガサ唇や、ガサガサな唇を作ってしまっている原因を放置していると、ヘルペスになってしまう可能性も含まれています。
口角炎とちがうところはヘルペスはウイルス性であるということ。

唇がガサガサの状態、つまり体の免疫力が落ち続けている状態で放置していると外敵に体が打ち勝つ事ができずに体内に侵入を許してしまうことになり、ガサガサの唇からヘルペスになってしまう可能性があるのです。

そこで、一体どういった対処方法や治し方があるのかや、唇のスキンケアの仕方、リップパックの仕方などもご紹介致します。

たがが唇。されど唇。しっかりと保湿して艶のある女性を目指すだけではなく健康的な体で乾燥する冬をヘルシーに乗り切っていきましょう!

【ガサガサ唇の治し方①】鼻呼吸を心掛ける

ガサガサ唇の治し方の一つ目は、まずは呼吸法から改善しましょう。
それも口呼吸から鼻呼吸に転換していくのです。口呼吸をしていると口から風が通り抜けるため、唇の乾燥を促進させてしまいます。

さらに、唇のガサガサからは少し脱線してしまいますが、ドライマウスの予防にもなります。
唇を乾燥させないという視点から見れば、ぜひ口呼吸ではなく鼻呼吸で過ごせるようになりましょう。

口呼吸から鼻呼吸へシフトする、治し方は日常生活の中でできるだけ気を付けることです。
口呼吸と気づいた時には鼻呼吸で深い呼吸をくりかえしてみる。口呼吸をやめるように飴やガムを口に入れておくという事も有効手段です。

さらに睡眠中の口呼吸対策としては、鼻の呼吸をスムーズにするテープや口が開かないように固定するテープなども存在しますので、そういった工夫を凝らして口呼吸を治していきましょう。

【ガサガサ唇の治し方②】体内と皮膚へ水分補給

次にご紹介するガサガサ唇の治す方法は、皮膚の水分と体内の水分を補給すること。
もちろん、ワセリンを使ったり保湿クリーム、リップクリームを使って水分を逃がさないことも大切ですが、まず体の渇きから潤していくことが大切です。

体内への塩水やスポーツドリンクなどできるだけしっかりと「水分補給」になるものを選び、体に吸収される水分を意識します。

次に、皮膚への水分補給に欠かせないのはスキンケア化粧水ですね。
自分の肌に合ったスキンケア化粧水を使用するのがベストですが、できるだけアルコールフリーのものを使用しましょう。

ニキビ肌さんにはアクネケアとしてアルコールが入っているものもありますが、できるだけそういった反対に唇の刺激になってしまうようなスキンケア化粧品ではなく、肌に優しいものを使用しましょう。


◆関連記事:皮むけの原因はこちら!

唇の皮がむける原因7つと対策!予防のためのリップケア方法も解説!

【ガサガサ唇の治し方③】唇舐めをやめる

さらに、唇をなめることが癖になっているひともその癖を治すように心掛けましょう。

リップを付けるのが面倒だから、舐めてたらいいやと思ている女性は無意識のうちにガサガサ唇を促進させてしまっているかもしれません。
唾液には食べ物を消化する成分も含まれているため、ガサガサ唇に更に刺激を与えてしまうことになります。

唇を舐めることが癖になっている人は、できるだけこまめにリップを口に塗りましょう。
唇を舐めないようするだけでも、ガサガサ唇を治す方法としてはずっと効果的です。
出来るだけ舐められないような環境づくりに勤しむ方が、「唇を舐めてはいけない」と暗示するよりも精神的な負担が減ります。
リップクリームや保湿効果のあるリップグロスをこまめに塗って、唇を舐めない、触らない工夫を凝らして行きましょう。

【ガサガサ唇の治し方④】リップクリーンもしっかりと

次にご紹介するガサガサ唇を治す方法はリップクリーンの方法を見直してみるということ。

唇に汚れがついていたり、ルージュやグロスの落とし残しがあると、ガサガサ唇の原因となります。
スキンケア化粧水と同じくアルコールフリーのクレンジングオイルやメイク落としを使用して唇の余分な角質や細かいところにまで残ってしまったメイクの落とし忘れが無いように丁寧クレンジングを行っていきましょう。
もちろん、リップクリーンの後の保湿も忘れずに行うことが大前提です。

さらに、ガサガサの塩梅がまだ軽度の内はリップスクラブなどを使って角質をしっかりと取り除いてもよいでしょう。
シュガースクラブやソルトスクラブを使用して、しっかりと角質を除去することもできます。
ただし摩擦を加えてしまうので、オイルでのリップクリーンの時と同様に角質を取りのぞいたあとはスキンケア商品でしっかりと水分補給と保湿を行うことを忘れないでください。

【ガサガサ唇の治し方⑤】リップパックは効果抜群

さらに、ガサガサ唇の治す方法として、リップパックをすることもとても効果的です。
リップパックの商品も近年では大分店頭にならぶようになってきました。
ぷるぷる・うるうるの唇を手に入れる為にも市販のリップパック。または手作りのリップパックでも十分ですのでこまめにパックを施して、唇の潤いを保っていきましょう。

先述したリップクリーニングの後に合わせてリップパックを行うとより効果的です。

市販のリップパックでも十分効果的ですが、身近な食品でリップパックをするならば蜂蜜でも十分。
蜂蜜やマヌカハニーを唇に塗ってラップをし、そのうえから蒸しタオルなどを当ててあげるとより効果的です。

このハニーパックは唇の血行もよくなり代謝が促進されるだけでなく、蜂蜜の美容成分もしっかりと唇の細胞を守ってくれるでしょう。

【ガサガサ唇の治し方⑥】化粧品を見直してみる

ガサガサ唇があまりにもひどく持続的に続いている場合は、自分が使っている化粧品などを見直してみることも、ガサガサ唇を直す第一歩です。

自分の唇に合わない成分が入っていたりすると、それが原因で唇がガサガサになってしまうことも。化粧品を使い始めてから唇の様子がおかしくなったなと感じたなら、一度使ってみるのをお休みしてみてもよいかもしれません。

さらに、買ってから一年以上たっている化粧品を使ってはいませんか?
古くなった化粧品の使用をやめるということも、ガサガサ唇を治すためには必要な作業です。

古くなった化粧品には雑菌がはいり、成分は酸化し肌へのメリットはほぼありません。
たとえリップパックなどをしてリップケアをしていても、化粧品でダメージを与え続けてしまっては意味をなさなくなってしまいます。

【ガサガサ唇の治し方⑦】生活習慣の見直し

続いてガサガサ唇を治す方法としてご提案するのは、生活習慣を見直すこと。

毎日夜ふかしをしていたり、オーバーワークを重ねている、食事の時間が定まらないといった不規則な生活をしていると、体の免疫力は衰えていきます。
そうすると体を再生させる機能も弱まっていくため防御機能を果たす皮膚が上手く再生されずに、唇がガサガサになる原因となることがあるのです。

もし、不規則な生活をせざるを得ないのならば、どこか一つでも生活リズムの基準になる部分を作っておきましょう。

起床時間を統一する。お昼ご飯はできるだけ決まった時間に食べる。
お風呂に入る時間を決めるといった塩梅です。基軸になる生活習慣があればそのほかのリズムがずれていても、自分の基礎基盤が出来上がり、身体のスイッチやリズムが整うきっかけになるでしょう。

【ガサガサ唇の治し方⑧】ビタミン・ミネラルを意識して摂る

次にご紹介するガサガサ唇を直す方法は、栄養素に気を配るということ。
ビタミンやミネラルが不足しているだけでも、体の免疫力が落ちたり肌や爪、髪などの再生機能が落ちてしまいます。
食生活を見直して、こういったビタミンやミネラルを出来るだけ多くとることが出来る食事に切り替えていきましょう。そうすることで体の改善が少しずつ行われていきます。

サラダや海藻類を食べることはもちろん、もしどうしても難しいようであればサプリメントや野菜ジュースに頼っても良いでしょう。
自分のライフスタイルに合わせつつも、食べたものや取り入れたものは自分の体の一部になることを意識して生きていくために必要な栄養素をしっかりと摂取していくことが大切です。

【ガサガサ唇の治し方⑨】ストレスから逃げる

次にご紹介するガサガサ唇の治し方は、ストレスから逃げること。

何故唇の話題なのにストレス?という疑問もあるかもしれませんが、唇の不調は胃腸の不調とも深いつながりがあります。その為強いストレスを受けて胃腸が傷ついた結果、ガサガサの唇になってしまうということも可能性としてはあるのです。
その為、避けられる限りのストレスからは逃げてしまうこともひとつの手と言えるでしょう。

愚痴を聞いてもらう、気分転換の旅に出る。涙活をするなど様々なストレスから逃げる方法があります。
本人が一番ストレスを解消されると感じることをしましょう。
さらに、何もしない。睡眠をとる。ということもストレスから逃げる立派な行動です。

何もしない、しなくてよいという環境も、もちろんストレスから解放される瞬間ですので、こういった時間をもうけて自分の体を労わることが、ガサガサ唇の改善につながるかもしれません。

リップケアをするなら断然ワセリン!

さらに、おすすめのリップケアや常時携帯をしていたら便利なグッズとしてご紹介するのは、断然ワセリンです。
ワセリンは角質の保湿を行ってくれる役割を担ってくれます。
ワセリンと聞くと、使い方が分からない、古臭いと敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、御薬としても用いられることがあるほどの安全性の高いものがワセリンです。
むしろワセリンはガサガサ唇さんにとっては救世主のような存在になり得る物。唇レスキューとして、冬にはワセリンをしっかり使って唇を保湿してあげましょう。

リップパックを行った後にワセリンで保湿をするということもベストです。

さらにワセリンは近年様々なバリエ―ションの製品を発売しているので若い人でも躊躇なく購入して使用できるようなデザインになっています。

ワセリンは唇にはもちろん、ハンドクリームなどとしても使用できるほど汎用性が高い物ですので、一度使うとワセリンがないと冬を越せないという人もいるほど。
もしワセリンをまだ使ったことが無い人は、最寄りのドラックストアなどで購入できるので、試してみてはいかがでしょうか。

負傷している時は治すことが先決!

最後に、いくらリップやパックに気を付けたり、化粧品に目利きをしても、もし唇が割れたり傷ついたりしている時は治すことが先決ということを忘れないでください。

保湿を第一として、自分の自然治癒を待ちましょう。

もちろんワセリンも大活躍しますし、まずは唇が切れていない傷ついていない状態まで持っていくこと。
冬になると朝起きた時にあくびをしたら切れた!なんてトラブルも発生しますので、寝る時も保湿をしっかりと行い、忘れないようにしましょう。

唇の美しさは自分の健康と自信につながります!

いかがでしたでしょうか。大半の女性は冬場に唇の感想を感じているはず。
しかしきれいな唇をキープして、今年こそガサガサ唇とはおさらばしていけるように頑張ってみませんか。

自分の唇が有れている原因を知り、さらにその原因やトラブルに合わせて生活習慣・スキンケア化粧品・ワセリン等の保湿剤とより効果的にガサガサ唇が改善されます。

今年こそ、愛されうる艶リップを手に入れて、唇のトラブルには悩まされない楽しい冬を満喫していきましょう!

もっと唇について知りたいあなたはこちらもチェック

唇にあるほくろの意味7つと運勢!【人相学占い】
唇を噛む癖がある人の心理とは?原因を解説!
唇の黒ずみ・色素沈着の原因と対策!おすすめの方法はこれ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ