結婚式がめんどくさい!その理由11選

ブライダル雑誌や結婚式のブログなどを見ると幸せそうで出席した人も笑顔で溢れています。 けれど、実際のところめんどくさいと感じることもありますよね。 結婚式を行う側も出席する側も実はめんどくさいと思っている理由を考えてみたいと思います。

結婚式がめんどくさい!その理由11選のイメージ

目次

  1. 結婚式はめんどくさい!?
  2. 結婚式がめんどくさい理由①ご祝儀が必要!お金の工面が大変
  3. 結婚式がめんどくさい理由②服装選びとヘアメイク
  4. 結婚式がめんどくさい理由③スピーチや余興が嫌!
  5. 結婚式がめんどくさい理由④費用が高い
  6. 結婚式がめんどくさい理由⑤式場探し
  7. 結婚式めんどくさい理由⑥誰を呼べばいいの?招待客リスト作り
  8. 結婚式がめんどくさい理由⑦手作りアイテム
  9. 結婚式がめんどくさい理由⑧新郎をやる気にさせる
  10. 結婚式がめんどくさい理由⑨親との意見が合わない
  11. 結婚式がめんどくさい理由⑩打ち合わせ
  12. 結婚式がめんどくさい理由⑪ブライダルエステ
  13. 結婚式に出席する人の対策
  14. 結婚式を行う人の対策
  15. 結婚式がめんどくさい理由・まとめ

結婚式はめんどくさい!?

結婚式は華やかで素敵ですよね。新郎新婦は幸せそうで、みんなに祝ってもらって、人生に一度の花舞台でもあります。

さて、現実には20代を過ぎると友人の結婚式に出席することもあると思います。初めての結婚式は好奇心を持って出席していた人がほとんどではありませんか?しかし、段々と回数を重ねるうちにめんどくさいなと感じた経験はありませんか?

また、結婚式を行ったことがある方、これから予定されている方、結婚式ってめんどくさいと思ったことはありませんか?

今回はそんな結婚式がめんどくさいと思う理由をまとめて11選紹介します。


結婚式がめんどくさい理由①ご祝儀が必要!お金の工面が大変

まず初めに、結婚式に出席する側がめんどくさいと思っている3つの理由を説明したいと思います。
どれも女性なら感じたことがある理由だと思います。

結婚式に出席するのがめんどくさい理由の1つ目はお金です。
式に招待されたと喜んでばかりではいられません。なぜならタダで出席することはできないからです。
結婚式は挙式と披露宴に分かれていますが、一般的にこの2つがセットになって行われます。
披露宴では食事をすることになるので、暗黙の了解でこの食事代は自分で支払うことになるのです。

披露宴のタイプによりますが、ホテルやゲストハウス式の場合、お料理代は1万円から2万円くらいの費用がかかっています。
よって、社会人になって友人の結婚式に出席する場合は3万円程度のご祝儀を準備する必要があります。

簡単に3万円と言いますが、なかなかの大金です。もし、結婚式が月に2回あった場合どうですか?結構経済的に負担に感じませんか?

「お金がないから出席できない」なんて言えないという方も多く、親にお金を借りたり、貯金を引き出したりして工面する人も少なくありません。

こんな気苦労をしなければならない結婚式はめんどくさいと思ってしまうのです。

結婚式がめんどくさい理由②服装選びとヘアメイク

服装と小物選び

結婚式には普段着で出席することは控えなければなりません。女性ならパーティー用のワンピース、着物などを着用することがほとんどですよね。

挙式の主役は新郎新婦だし、地味目のパーティー用ワンピースを1着持っていればいいやと思うかもしれませんが、現実はそうもいかないのです。

例えば、5人の仲良しグループがいたとします。それぞれが結婚する時に式に招待されるのですが、同じワンピースばかり着ていると「またそのワンピース?」と友人から指摘されることもあるのです。

女性の中には結婚式のたびに違うワンピースを着るくらい服装に気を使っている人もいます。
さらに、バックや靴などの小物も準備することも必要なので、結婚式のたびに「めんどくさい」と感じてしまうのです。

ヘアメイクにもお金がかかる

着ていく服と持っていく小物が決まったら、最後はヘアメイクです。
器用な方は自分でヘアメイクや着付けをする方もいるかもしれませんが、大抵は美容院で着付けやヘアセットを行ってもらうことが多いのではないでしょうか。

結婚式が午前中にある場合は朝早くから美容院に行ってセットをしてもらわなければなりませんよね。ヘアセットだけでも5千円から1万円くらいは必要になるので出費がかさみます。

結婚式がめんどくさい理由③スピーチや余興が嫌!

挙式の時間は新郎新婦が結婚の誓約をする儀式であるため、参列者はそれを見守るだけです。
けれども、その後の披露宴では参列者もやることがあります。

それはスピーチや余興です。会社や友人、その他の関係者のそれぞれ代表がスピーチを依頼されることが多いです。

「披露宴でスピーチをお願いできる?」なんて頼まれたことがある方もいるかもしれませんよね。来賓の方々の前で話をしなければならないので、きちんと文章はあらかじめ考えていかなければなりません。新郎新婦に喜んでもらえるように念入りに準備するには時間がかかります。

それに加えて余興までお願いされたら「めんどくさい」と心の中でつぶやいてしまうものです。
特に、招待された友人の中には余興好きの人達がいることが多いです。そのような人達が新郎新婦に内緒でサプライズをしたいから、ムービーを一緒に作って欲しいとか言われることもあるようです。
さらに新郎新婦からの招待状に披露宴で使うための道具が同封されていて、当日までに準備をしておいて欲しいなんて言われた人もいるようです。

ここまでは結婚式に出席する側がめんどくさいと感じていることについてまとめてみました。

次は、結婚式を行う側が面倒だと思っていることについて解説をしたいと思います。
結婚式の主役になれる新郎新婦は何がそんなに負担になっているのでしょうか?

その8選を紹介します。

結婚式がめんどくさい理由④費用が高い

結婚式には多額の費用が必要になります。どれだけお金をかけるかは個人差がありますが、それでも平均金額は300万円から400万円とも言われています。

何でたった1日で終わる式にそんなにお金が必要になるのか不思議ですよね。
昔から結婚式の費用はご祝儀相場と言われているため、何でも高いのです。
それは仕方がないのかもしれませんが、これだけのお金を準備することに負担を感じる方は多いです。

ご祝儀を頂くことができるので、費用の全額を新郎新婦が負担することはないのですが、それでもある程度の貯金がないと不可能です。

結婚をしたら日常の生活が始まります。新郎新婦ではなく夫婦となって日々送っていかなければなりません。

新生活にはお金がかかります。せっかく貯めておいた貯金なのに結婚式で全部使い切ってしまうようなことになると、後々不安になります。

「お金のことを考えただけでもめんどくさくなる」実はみなさん結構そう思ってます。


■参考記事:結婚資金はどれくら必要?コチラも参照!

結婚資金は平均でいくら準備すべき?貯金はどれくらいいる?

結婚式がめんどくさい理由⑤式場探し

昔は結婚が決まったら、どこで挙式や披露宴をするかは親が決めていたケースが多いです。これは結婚が家同士のものだという認識が強かったためとされています。

しかし、近年は結婚は新郎新婦のものであるという考えに変化してきました。よって、式場を選ぶのも当人で決める傾向があります。

「自分の好きな式場で結婚式ができる!」と喜んでばかりもいられません。
意外とこの式場探しが大変なのです。収容人数や交通の便、費用、雰囲気など色々考慮して自分達だけでなく、ゲストにとっても最適な場所を選択しなければなりません。

週末にはブライダルフェアに足を運んで、パンフレットを見比べて格闘するのも楽ではありません。
新郎になる男性は「君に任せるよ」なんて都合のいいことを言って女性に任せっきりになることも多く、式場選びの時点で「もうめんどくさい」となるのです。

結婚式めんどくさい理由⑥誰を呼べばいいの?招待客リスト作り

結婚式が決まれば、次は誰を招待するのか、出席してくれる人のリストを作成することが必要になります。

友達や会社の同僚もたくさん招待して出席者が100人以上の盛大な披露宴にしたいと考えている方はあまり悩まないかもしれませんが、アットホームな小規模披露宴を希望している方は誰を招待するべきかよく考えなければなりません。

例えば、地元の友人、高校や大学時代の友人、会社関係の人など、どこまで招待すべきなのか悩みます。
「それほど仲が良くない知人の結婚式に出席した場合は、その人も声をかけるべきなのか・・」

「妊娠していたり、子持ち友人などはあえて招待しない方がよいのか・・」など特に女性は悩みが出てきます。



結婚式がめんどくさい理由⑦手作りアイテム

最近はウエルカムボードや生い立ちムービーなどを自作する方が増えています。招待状まで新婦が手作りすることもあるようで、その労力は大変なものです。

わざわざ手作りする必要はないのですが、なんとなくこのようなアイテムは手作りをするような雰囲気が漂っています。

結婚情報誌には「最近流行りの手作りアイテム!」のように特集が組まれているのを見ると、「私もやらなきゃいけないのか・・?」なんて思うこともありますよね。
このような作業が好きな方は楽しみながら行うことができます。

けれども、仕事で忙しかったり、あまり作業が得意ではない方にとって、自分で作らなければならないなんて考えただけでもめんどくさいですよね。

結婚式がめんどくさい理由⑧新郎をやる気にさせる

結婚式はどちらかというと女性が主体となって準備を進めていくと思います。
「式の主役は新婦さんだからね」と言って準備から逃げている新郎の方も多くいます。

けれども、お料理や引き出物、披露宴で流す音楽など決めなければいけないことはたくさんあります。とても新婦だけの力では不可能です。

そこで、新郎にも協力を仰ぎたいとこですが、これがなかなかやる気になりません。
女性が「じゃー次はこれを一緒に考えて!」とその都度言わないと新郎が自ら進んで作業をすることは滅多にないです。

山積みの作業の上に新郎の機嫌をとりながらやらなければならないのは面倒です。

■参考記事:その結婚相手で大丈夫?コチラも参照!

結婚相手の選び方!後で後悔しないための条件となる45ポイント!

結婚式がめんどくさい理由⑨親との意見が合わない

先ほど、結婚式は新郎新婦のものであると言いましたが、それでも両家の両親の中には親の希望を通して欲しいと願う方達もいます。

例えば、新郎新婦はウエディングドレスだけ着るのでいいと言っても、親はせっかくだから着物も着て欲しいと言ったり、お料理はグレードの高いものを選んで欲しいと言ったりしてくることがあります。

自分の親だけなら説得できるかもしれませんが、相手の両親と説き伏せるのはやりにくいですよね。

準備に何かと忙しいのに、横から口を挟まれてはやる気が失せてしまいます。

結婚式がめんどくさい理由⑩打ち合わせ

結婚式を滞りなく進行させるためには入念な打ち合わせが必要になります。
招待客の最終人数の確認や、披露宴の流れ、前もって式場に持っていくべきものなど、担当の人と何度か打ち合わせをしなければなりません。

特に、招待客が多いと、食物アレルギーや嫌いな食べ物の有無などを尋ねて式場に連絡しなければなりません。

さらに、最終的な人数が決まっても、急に出席できなくなったりする方もいるので担当の方とはこまめに連絡を取る必要があります。

結婚式がめんどくさい理由⑪ブライダルエステ

結婚式の準備の中で意外と女性が面倒だと感じているのがブライダルエステなのです。
当日は花嫁が主役なのでできるだけ綺麗にしておきたいと思いますよね。
そこで登場するのがブライダルエステです。

顔や背中のシェービングや全身のマッサージなど、その内容は多々とあります。
確かに、綺麗になりたいという願望はあるけれど費用はお金がかかるし、通うのもめんどうなのです。

人によっては挙式の半年から1年前くらいからブライダルエステに通い始める方もいるようです。このような方は念入りにケアをしてベストな状態で挙式に臨みたいからだと考えられます。

確かに、ドレスを着ると背中や腕が見えてしまうのでシェービングは行っておくことがおすすめです。しかし、それ以上のケアを希望しない場合は無理にブライダルエステへ通う必要はありません。

なぜなら、前もってお金を払ったけれども、通う時間がなくて無駄にしたなんて女性もいるからです。エステは高額なこともあるので、無理な契約はしないことが大切です。

結婚式に出席する人の対策

ここでは結婚式に出席する方がめんどうだと感じていることに対する対処法を説明します。

まず結婚式へ出席する方で、あまり親しくない人の挙式には無理をして参加しないことです。招待されると断りづらいかもしれませんが、経済的に負担だったり着ていく服の準備ができそうにない時は「家庭の事情で残念ながら欠席させて頂きます。」と伝えて下さい。

その際は、挙式当日に電報を送ったり、後日結婚祝いを送付してお祝いの気持ちを伝えれば問題ありません。


結婚式を行う人の対策

次に結婚式を行う方へのアドバイスです。

やは大事なことは女性が無理をしないことです。どうしても新婦である女性に準備の負担が重くのしかかることは必須です。

特に披露宴の準備は大変なので、自分ができないと思ったことは人の助けを借りたり、手作りしないで購入したりして楽しく準備をするようにしてみましょう。

また、ゲストを楽しませるために凝った演出をしようと頑張る女性の方も多いですが、それほど余興をしなくてもゲストは会話をしたり写真を撮ったりして時間を過ごすこともできるので深く考えないようにすることも重要です。

結婚式がめんどくさい理由・まとめ

いかがでしたでしょうか。結婚式は楽しいこともたくさんありますが、実際はめんどくさいと感じることがあるのは事実です。

このような儀式は本来夫婦となる二人を見届けてお祝いするためのものです。その意味を忘れてしまって、「やらなければならないリスト」に翻弄されてしまい「めんどくさい!」と感じてしまうのであれば本末転倒になります。

式に出席する人も行う人もできるだけ無理はしないで結婚式を楽しんでみましょう。

結婚と結婚生活についてもっと情報を知りたいアナタに!

彼氏と結婚するべき25のサイン!こんな彼氏とは一緒になろう!
結婚生活の17の現実!結婚生活をうまくいかせるコツとは?
結婚して幸せになれる相手となれない相手の5つの違いとは?
好きな人と結婚するなら二番目の男性?一番好きな人とは結ばれない?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ