婚姻届の印鑑はどれが使える?実印じゃないとだめ?

いよいよ結婚が決まったら次は婚姻届の提出です。婚姻届は公的な文書であるため印鑑を押す必要があります。この印鑑はどのような印鑑を使えばいいのか迷うこともありますよね。今回は印鑑の種類と婚姻届で必要な印鑑、そして押印のコツなども交えて解説したいと思います。

婚姻届の印鑑はどれが使える?実印じゃないとだめ?のイメージ

目次

  1. 婚姻届の印鑑はどれを使うの?
  2. 【婚姻届の印鑑】実印とは?
  3. 【婚姻届の印鑑】銀行印とは?
  4. 【婚姻届の印鑑】認印とは?
  5. 【婚姻届の印鑑】シャチハタとは?
  6. 【婚姻届の印鑑】実印でなくてもいい
  7. 【婚姻届の印鑑】印鑑は旧姓のものを使う
  8. 【婚姻届の印鑑】下の名前でも大丈夫
  9. 【婚姻届の印鑑】証人の印鑑は?
  10. 【婚姻届の印鑑】印鑑を上手に押すコツ
  11. 【婚姻届の印鑑】印鑑が薄い場合はどうする?
  12. 【婚姻届の印鑑】これだけはやってはいけない!
  13. 【婚姻届の印鑑】婚姻届を書き間違えたら?
  14. 【婚姻届の印鑑】書き間違えてもやってはダメなこと
  15. 【婚姻届の印鑑】訂正印を押す
  16. 【婚姻届の印鑑】捨印を押しておく
  17. 【婚姻届の印鑑】実印を作るかはあなた次第

婚姻届の印鑑はどれを使うの?

結婚をすることが決定しても婚姻届を提出しないと正式な夫婦として認められません。

夫婦になるためには各市区町村に行って婚姻届をもらって、必要項目欄に記入をし印鑑を押す必要があります。そして、それが受理されれば夫婦として認められます。

その時に押す印鑑ですが、どの印鑑を使えばいいのか迷うことがあります。シャチハタでもいいのか、それとも実印でなければならないのかなど疑問が浮かびます。

そこで、印鑑の種類と婚姻届で必要な印鑑を中心に押し方のコツや間違った時の対処法も紹介したいと思います。

【婚姻届の印鑑】実印とは?

印鑑には色々な種類があります。そこで、知っておくと便利な印鑑の種類を4つ紹介します。

まずは実印です。実印とは市区町村で登録をした印鑑です。この実印が必要になる理由は車を購入したり、家を買ったり、遺産相続をしたりする際に押印しなければならないからです。

イメージとしては社会的義務が生じるような重要な人生イベントの際に押す印鑑だと覚えておくといいと思います。

実印登録は戸籍上の自分の名字もしくは名前、名字と名前の両方で登録することができます。

実印を作るための印鑑は一辺が8ミリの正方形内に収まるものは小さすぎてダメで、一辺が25ミリの正方形内に収まらないものは大きすぎるため認められていません。

またシャチハタも実印にはできません。さらにシャチハタ以外で100円ショップで売られているような大量に生産された印鑑は実印として登録は可能ですが、同じ大きさや字体のものが多いので実印としては危険なのでお勧めできません。

実印の手続きの仕方

もし、結婚を機に実印を作っておこうと思う方のために実印の手続きの仕方を紹介します。
実印はシャチハタはダメなのでハンコ屋さんで実印用の印鑑が欲しいと言えば用意してくれます。

印鑑ができたら自分の住民票がある市区町村へ行って実印の印鑑登録をしたいという旨を伝えて下さい。

すると、印鑑登録申請書の記入と身分証明書を提示するように求められます。

手続きが完了すると印鑑登録カードを受け取ります。このカードは実印の登録をした証明でもあるため失くさないように大切に保管しておきましょう。

【婚姻届の印鑑】銀行印とは?

銀行印は口座を開設する時に押す印鑑のことです。この時に利用する印鑑はシャチハタ以外です。

銀行印は使ったことがある方が多いのでイメージしやすいと思います。

銀行印として登録した印鑑はお金を引き出す時や定期預金の解約などの手続きの際に必要になります。

【婚姻届の印鑑】認印とは?

認印とは役所の書類や保険の契約などちょっとした契約や会社や学校への提出書類に使用される印鑑です。

認印は日常生活でもよく使われていますが、実印と違って市区町村への登録はしていない印鑑でもあります。

実印は普段の生活ではあまり出番はありませんが、認印は郵便や宅配の受け取りの際にも使う日常的な印鑑なのです。

【婚姻届の印鑑】シャチハタとは?

最後にシャチハタですが、これは朱肉が必要でないスタンプ方式の印鑑のことで100円ショップでも購入することができます。

シャチハタは宅配や郵便の受け取り、簡単な書類の押印などに使用することができますが、銀行や市区町村への届け出の書類などには利用することができません。

その理由は時が経過するとインクが薄くなったり、押し方によって印影が変化しやすいため正式な書類には不向きだからです。

【婚姻届の印鑑】実印でなくてもいい

では婚姻届の印鑑は一体どれがいいのかというと、シャチハタ以外ということになります。

よって実印でも認印でも問題ないということです。

婚姻届は実印でなければならないと考えている方も多くいらっしゃいますが、実印でなくても大丈夫です。

シャチハタ以外の印鑑なら使用できるのですが、せっかくの婚姻届を押す印鑑なので100円ショップで売られているような印鑑ではなくハンコ屋さんで販売されている印鑑を買った方がよいでしょう。

これから結婚をする人と夫婦になり新しい人生がスタートするのできちんとした印鑑で押印すると気持ちも引き締まります。

【婚姻届の印鑑】印鑑は旧姓のものを使う

婚姻届の最初の欄には夫になる人、妻になる人の名前を書きます。そのあと、住所や父母の名前などを書いた後の最後に届人、つまり夫婦になる二人の名前と印鑑を押すようになっています。

この届人の署名の欄には夫婦、それぞれが署名と押印をしなければなりません。

その際、妻で名字の印鑑を使う方は必ず旧姓の名前と旧姓の名字の印鑑を押すことが必要です。

結婚したら名字が変わると思い込んでしまう方も多いので夫の名字で署名と押印をしてしまうケースがあるようなので注意しましょう。

【婚姻届の印鑑】下の名前でも大丈夫

婚姻届の印鑑は実印でなくても認められます。さらに名字でなければならないという決まりもないため下の名前の印鑑でも受理してもらえます。

下の名前の印鑑なんて持ってない!と思われるかもしれませんが、実印を登録している方の中には名字ではなく下の名前で登録をしている方もいます。

それは女性の場合、下の名前で登録をしていると結婚後に苗字が変わっても変更しなくてもいいので便利だからです。

よって、結婚を機会に下の名前の印鑑を作って実印登録をしておき、それで婚姻届の押印をしてもいいかもしれませんね。

【婚姻届の印鑑】証人の印鑑は?

婚姻届が正式に受理されるためには証人2人の捺印が必要になります。

証人になることができるのは年齢が20歳以上でこれから夫婦となる2人が結婚することを知っている人が条件になります。

大抵は夫婦それぞれの親や親族、友人に証人として依頼する方が多いです。

証人になる方も署名と押印をすることが必要になるのですが、その際の印鑑の種類も届人と同様にシャチハタ以外の印鑑を用意してもらいましょう。

一般的には普段使いしている認印を使う方が多いです。

【婚姻届の印鑑】印鑑を上手に押すコツ

婚姻届に全て記入を終えて、最後に印鑑を押せば完成という時に印鑑を上手に押すのを失敗するとテンションが下がります。

そこで、印鑑を上手に押すコツについて紹介したいと思います。

「確実にきれいに押したい!」という場合は印鑑マットを使用するとよいです。
銀行などで印鑑を押す時に銀行員さんがさっと書類の下に小さなマットを置いてくれませんか?
100円ショップでも購入できるので1枚持っておくと便利です。

印鑑を上手に押すためには朱肉のつけ方も大事です。よく朱肉に印鑑をぎゅっと強く押してしまう方もいますが、そうすると朱肉がつきすぎて押した時ににじんでしまいます。

朱肉に対して印鑑を縦にし、力を入れすぎないでポンポンとつけるようにしましょう。

印鑑を押す時は紙に対して垂直に印鑑を持ち書類に押したら、少し「の」の字を書くように軽く回すと綺麗に押印できます。

もし、婚姻届にいきなり押印をするのは緊張するという場合は、違う紙に一度試し押しをしてみるのもおすすめです。どれくらいの力で押せば綺麗に押せるのかわかるので失敗を防げます。

【婚姻届の印鑑】印鑑が薄い場合はどうする?

印鑑を押して婚姻届を見た時に、押せてはいるけれど何となく色が薄いということがあります。
失敗というわけではないけれども、これで受理してくれるのかどうか疑問に残る時です。

あまりにも薄い場合は受理されないこともあるのでもう一度押し直しが必要かもしれませんが、自己判断が難しい時はそのままにして役所の判断を仰ぎましょう。

その際、もう一度押印を求められることもあるので印鑑は持参しましょう。

【婚姻届の印鑑】これだけはやってはいけない!

最後に婚姻届に印鑑を押すとインクが薄かったり、名字の一部分が消えていたりと失敗することもあります。では万が一失敗してしまったらどうすべきなのか、そしてやってはいけないことについて説明をします。

まず絶対にやってはいけないことは修正液や修正テープを使って消してその上から押すようなことです。

インクが薄かったり、逆さまに押してしまったなどのトラブルが生じた場合は間違えた押印の部分に二重線を引いて、その横にもう一度印鑑を押すようにしましょう。

もし自分で判断がつかない時は何もしないで、役所の人に相談することをお勧めします。

【婚姻届の印鑑】婚姻届を書き間違えたら?

婚姻届を書くときには緊張しますよね。失敗しないようにしようと思えば思うほど緊張してしまい失敗することもあります。

万が一婚姻届を書き間違えてしまっても、もう一度全てを書き直す必要はありません。

間違えたところを二重線で引いて、その横に訂正印を押して書き直せば大丈夫です。
この内容は後で、詳しく説明します。

【婚姻届の印鑑】書き間違えてもやってはダメなこと

書き間違えた時も印鑑の時と同じようにやってはいけないことがあります。

それは修正液や修正テープを使うことです。修正液などを使ってしまうと受理されないので注意しましょう。

また、間違えた箇所をボールペンで塗り潰すこともしないようにしましょう。

【婚姻届の印鑑】訂正印を押す

では訂正印について説明をします。
訂正印とは書類に間違った記述をしてしまった時や、訂正したい時に訂正をした証拠と誰が訂正をしたのか証明するために押印されるものです。

婚姻届の場合、間違った記載をしてしまったら訂正印を押すことで訂正をすることができます。

上記でも述べたように失敗した箇所に二重線を引いてその横に訂正印を押します。

この時の訂正印は届人の欄に押印した印鑑と同じものを使うようにします。

ただ、役所によっては押印の箇所を枠外の捨印欄を押す場所に押印するように言われることもあります。

この捨印に関することは次で解説します。

【婚姻届の印鑑】捨印を押しておく

捨印という言葉はあまり聞きなれないかもしれませんね。

ただ、この捨印の意味を知っておくと婚姻届の提出だけなく、これから公的な書類を書く時にも役に立つので是非知っておいて下さい。

捨印とは一言で言えば訂正印のようなものです。ただ、捨印は書類の届人があらかじめ押印しておくことで、後で書類の不備が見つかった時にわざわざ届人が書き直しをしなくても受け取った側の人が訂正することができるのです。

例えば婚姻届を提出する時に捨印を夫婦それぞれを押しておくとします。

区役所に提出をする際にその場で記入漏れや不備があったとしましょう。

もし、捨印を押してあればその場で区役所の方が間違った箇所を訂正してそのまま手続きをすることができます。

その反対に、捨印を押していない状態で不備が見つかってしまうともう一度届人が訂正をして訂正印を押印しなければなりません。

よって捨印をしておけば万が一失敗箇所があってもスムーズに手続きをすることができるのです。

書類が汚れない

婚姻届は失敗しても訂正すればいいやと思って、やたらと失敗をする方もいます。
失敗をする度に訂正印を押しているとせっかくの婚姻届が訂正印だらけになってしまいます。

仕上がった婚姻届が失敗だらけだとちょっと嫌ですよね。しかし、捨印を押しておくことで訂正印をその都度押さなくてもいいので婚姻届が印鑑だらけにならないようにすることができるのもメリットです。

証人の方も捨印を押しておくと便利

届人は夫婦なので、どの道役所に届けるため捨印をあらかじめ押印していなくてもその場で訂正をすることができますが、証人の方が間違った記入をしているとすぐには訂正できません。

やっと夫婦になれると思って婚姻届を提出しても証人の方の欄に記入の不備があれば受理されません。もう一度証人の方に書き直してもらわなければならないのでやり直しです。

証人の方2人に「今すぐ役所に来て!」なんて言えませんよね。

よって、証人の方も捨印を押しておくことで万が一書き間違えがあっても訂正されるので押印をしておく方がよいでしょう。

押印する場所は証人欄の枠外に一人一人それぞれ捨印を押せば大丈夫です。

捨印の注意点

書類の記入を失敗してもすぐに訂正することができる捨印ですが、一つデメリットもあります。

それは届人がいなくても訂正ができるということは、書類の内容を勝手に書き換えられる可能性もあるということです。

婚姻届のような公的な文書に関してはそれほど心配することはありませんが、お金や不動産のやり取りを含む書類を提出する際は便利だからと言って捨印を簡単に押さないようにすることも必要です。

【婚姻届の印鑑】実印を作るかはあなた次第

これまでのことから婚姻届に押印はシャチハタ以外なら受理されることがわかりました。

とりあえずハンコ屋さんでシャチハタ以外を購入すれば問題なさそうです。

そしてその印鑑を購入して、市区町村に登録をしない認印として利用すればよいわけです。
その認印で婚姻届を押してもいいし、希望があれば実印を作ってもよいです。

実印を作ることで親から独立して夫婦でこれからの人生を歩んでいく覚悟が生まれるかもしれません。

それほど実印というのは社会的にも法的にも効力がある印鑑なのです。

結婚は人生の大きな節目でもあります。この機会に実印を作って新たな人生の出発を決意するのもいいかもしれませんね。

もっと暮らしに役立つ情報について知りたいあなたへ!

断捨離のコツ・簡単なやり方まとめ!これでシンプルに生活できる!
キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます!
分割睡眠とは?危険?健康に効果がある?
小生の意味とは?ビジネスでの正しい使い方解説!【誤用注意】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ