結婚に迷いがあるなら一度立ち止まって確認すべき7つのこと!

彼からプロポーズされた!嬉しいのに結婚に迷いがあるのはなぜ?結婚は人生の一大事です。結婚の前に考えなければいけないことがたくさんあります。迷いをひとつずつ整理しましょう。プロポーズされた人はもちろん、結婚に迷いが見えたら確認しておきたいことをご紹介します。

結婚に迷いがあるなら一度立ち止まって確認すべき7つのこと!のイメージ

目次

  1. プロポーズされたけど、結婚するのは迷いがある・・・
  2. 結婚適齢期ってあるの?迷いがなくなる年齢は?
  3. 結婚に迷いがある・・・①価値観を確認しよう
  4. ①ー1金銭感覚はとっても重要!
  5. ①ー2家族への関わり方はどう?結婚への理解は?
  6. ①ー3年の差は結婚の迷いの原因になる?
  7. ①―4男性のマナーの悪さは迷いの原因に!
  8. ①ー5お酒とタバコは迷いの原因になってない?
  9. ①ー6食べ物の好みは似ている?
  10. ①ー7その他の好みは許容範囲?
  11. 結婚に迷いがある・・・②仕事への考え方を確認しよう
  12. 結婚に迷いがある・・・③子どもへの考え方を確認しよう
  13. 結婚に迷いがある・・・④住む場所について確認しよう
  14. 結婚に迷いがある・・・⑤役割分担について確認しよう
  15. 結婚に迷いがある・・・⑥独身の遊び方はもうできない
  16. 結婚に迷いがある・・・⑦過去の恋愛は清算できてる?
  17. 番外編・結婚式や婚約に関わること
  18. 男性だって結婚に迷います!
  19. マリッジブルーという結婚への迷い
  20. 結婚のいいところを考えて、迷いを吹き飛ばそう!
  21. 迷いがなくなったら結婚へ!

プロポーズされたけど、結婚するのは迷いがある・・・

大好きな彼がプロポーズしてくれた!とても嬉しいはずなのに、結婚となると迷いが見え隠れ・・・。結婚は人生の中で大きな決断です。本当に結婚相手はこの人でいいのかしら?生活はどう変わるの?迷いがあって当然です。結婚してしまってから「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも、自分が何に迷いをもっているのかよく考える必要があります。

相手がどんな男性であろうと、「好き」という気持ちだけで成り立つのが恋愛です。しかし、結婚は相手が「好き」という事実だけでは成り立ちません。愛さえあれば、なんて言葉もありますが、結婚は二人だけの問題ではないので、何かトラブルが起きた時に愛は一気に冷めて問題だけが残る、なんてことも起こり得るのです。

そうならないために、大好きな彼を結婚相手にふさわしい男性かどうか、客観的に見つめ直しましょう。そして自分の中の不安要素は何なのか、その迷いはどうしたら解決できるのか、考えてみましょう。プロポーズされて舞い上がる気持ちを少し抑えて、冷静にじっくり確認してみるのがいいですね。

結婚適齢期ってあるの?迷いがなくなる年齢は?

「結婚適齢期」という言葉がありますね。昔は29才になったら焦るなんてことがありましたが、今は結婚平均年齢も上がっているし、女性のライフスタイルが多様化しているので、実際の「適齢期」はずいぶん幅があるのではないでしょうか。

20代であれば「まだ早いかしら?もっと遊びたいな」と迷いをもつかもしれませんし、仕事でキャリアができ始めた30代であれば「この仕事を続けられるかしら?」という迷いも生まれるかもしれません。どの年代であっても迷いはつきまとうのです。そうすると、「結婚したい」と思った時が「適齢期」。適齢期に関する迷いは自分の気持ち次第なのですね。

だた、子どもが欲しい場合は少し事情が変わってきます。女性は35歳を越えると、年々妊娠に関わるリスクも高くなっていきます。医療が発達し、40代でも子どもが産める時代にはなりましたが、母子ともにリスクが上がるのは事実です。それに育児は体力勝負ですから、あまり高齢になると産んだ後の子育てが苦しくなるという問題もあります。

また、結婚相手に年の差がある場合は、子どもが成人する頃の夫婦の年齢も気になるところです。

もし、子どもを望む場合は、30代に入ったら迷いがあっても、あまり悠長なことは言っていられないと思っている方がいいでしょう。

結婚に迷いがある・・・①価値観を確認しよう

結婚を決断する前に確認しておかなければいけないことを7つご紹介します。結婚に迷いがある人はぜひ参考にしてみてください。

まずは「価値観」です。価値観というと幅広く、仕事に対する価値観から家族観、嗜好品まで多岐に渡ります。自分が結婚相手に何を望むのかにもよりますが、これは重要だと思う点についての価値観は同じ、もしくは似ている相手でないと結婚生活はスムーズにいきません。ひとつずつ確認していきましょう。

①ー1金銭感覚はとっても重要!

結婚生活において金銭感覚が似ているかどうかは非常に重要です。金銭感覚が違い過ぎて離婚を決断したというカップルも少なくありません。恋愛中は、浪費家の男性でも「太っ腹」「気前がいい」と良いように捉えてしまいがち。

しかし、財布を共にするとなると、その浪費は許容範囲ですか?迷いなくブランド品を買う、ギャンブルが好き、車やバイクにこだわりがある、などの傾向がある男性は要注意。

逆にお金に細かいタイプの男性の場合はどうでしょう?あなたのお金の使い方にいちいち口を出される可能性があります。年の差があって彼の方がずいぶん年上という場合、あなたが管理される側になるかもしれませんね。

家計をどちらが握るかにもよりますが、あまりに細かすぎる男性は要注意。あなた自身が浪費家であったり、どんぶり勘定の傾向がある場合は、男性をイライラさせてしまうかもしれませんね。

プロポーズされ、いざ結婚へと話し合い始めたら、まず家計はどちらが担うのか、月々のお小遣いはどうするのか、貯金はいくらあるのか、これから二人でどう貯金していくのか、腹を割って話す必要があります。

日本人はお金の話を赤裸々にするのをあまり好みませんが、これから家族になる相手とはお互いが納得するまで話し合わなければいけないと思います。お金に関わる迷いは出来る限りないほうが円滑です。

①ー2家族への関わり方はどう?結婚への理解は?

結婚を決断するにあたって、重要なのはお互いの家族です。昔は、結婚は家同士がするものとされていたくらい結婚にとって「家」というのは重要な要素です。「愛し合っているからいいんだ!」と迷いなく二人だけで決断してしまうカップルもいるかもしれませんが、結婚した後、二人だけの問題で済まなくなってきます。

法事などの年中行事ではお互いの家族や親族と顔を合わせるでしょうし、兄弟がいれば相続の問題も出てきます。子どもができたら家族の協力を得なくてはなりません。お互いの家族は切っても切れない関係になるのです。

すると、良い関係を結んでおいた方が自分たちにとってしあわせな結婚につながります。それに、反対され迷いながら押し切る結婚より、愛する家族に祝福される結婚がいいですよね。

まずは家族の理解を得ましょう。反対されたら、なぜ反対なのか、問題点は何なのか、よく耳を傾けて話し合いましょう。親はひとえに子どもの幸せを願い、ただただ心配なのです。

そうして家族も巻き込んで結婚の話を進めていくうちに、男性が自分の家族に対してどういう態度で接しているかがよくわかってくるはずです。非常に横柄であったり、逆に母親の言いなりであったり、「これは変だな?」と感じることがあれば目をつむらないことです。

家族への関わり方は、結婚後、妻となった自分への関わり方につながってくるのです。結婚を決断した相手がとんだマザコン男だった、なんてことにならないように、よく見極める必要があります。

①ー3年の差は結婚の迷いの原因になる?

「愛があれば年の差なんて関係ないわ!」という迷いのない方ももちろんおられるでしょう。年の差婚をした芸能人が多数ニュースになりました。現代では年の差が10歳くらいであれば、年の差婚とは言わないかもしれませんね。

でも本当に結婚に年の差は関係ないのでしょうか。プロポーズされたものの一抹の不安を拭い去れない方は、年の差という事実に目をそらしてはいませんか。

ずいぶん年上の相手だった場合、問題となるのは子どものこと、老後のこと。彼との子どもを授かることができたとして、子どもが成人した時、彼は何才になっているのでしょうか。

最近は成人したから一人前、とはなりません。大学を出ても実家にお世話になり続ける子どもも多いです。その時、自分は子どもと年老いた結婚相手を支え続けられるだろうか。不安を覚えるなら今一度自分が覚悟を決められるかどうか、そこに迷いはないか、彼との年の差という現実をよく考えたほうがいいでしょう。

逆にずいぶんと年下の相手の場合、家庭のイニシアチブをとるのはあなたでしょう。もしかしたらあなたの方が収入が上、なんてこともあるかもしれません。その関係性にあなたも彼も十分に納得しているかどうかです。不安を抱く部分があるならよく話し合ったほうがいいでしょう。

年の差があるカップルの場合、ジェネレーションギャップという言葉があるくらい、考え方にも違いがあります。どちらも許容し合って、迷いがなくなるまで二人が納得できるラインを探す必要がありますね。

■関連記事:年の差で悩んでいる方はこちらもチェック!

年の差カップルの恋愛のメリット・デメリット!うまくいくコツは?
年の差婚は後悔する?失敗したカップルのケースを大公開!【必見】
年の差婚「女性が年上」でも上手くいくコツ!芸能人に学ぼう!

①―4男性のマナーの悪さは迷いの原因に!

「あばたもえくぼ」という言葉がありますが、恋愛の真っ最中は相手の欠点もいいように見てしまいがち。あなたの彼を見る目はフィルターがかかっていませんか?少し粗野な言動がある場合でも、恋愛中は「男らしい人だわ」と捉えてしまっていませんか?

恋愛は非日常です。しかし、結婚は日常です。

例えばその粗野な部分が日常的にあなたに向けられるわけです。許容範囲なのかどうかよく見極めましょう。言動だけでなく、暮らしの中でのマナーも注意しなければいけません。

音をたてて食べる、運転が荒い、など日常的に目につくところは非常に気になるものです。相手の生活習慣をよく見て、結婚生活をイメージし、不安な点はないか考えましょう。

もし、気になるところを見つけてしまったら、相手に努力して直してもらうのか、自分が寛容になって受け入れるのか、考えてみましょう。

①ー5お酒とタバコは迷いの原因になってない?

酒、タバコ、ギャンブルは結婚の不安を抱く大きな原因になります。お金がかかりますし、どれも中毒性があり、なかなかやめられるものではないからです。

恋愛の相手として、この3つがひどい人はNGと見極められた人はいいのですが、少しばかり酒癖が悪くても、ヘビースモーカーでも、目をつむってきた人は要注意。特にギャンブルは家計に直結しますから、自制がきくのかどうかよく確認しましょう。「本当に大丈夫かしら?」と迷いが生まれたら、結婚話は一度ストップです。

また、タバコは受動喫煙の危険性についてニュースになっているように、本人だけの問題ではなく、家族の健康にも関わってきます。さらに、子どもを望む場合は大問題です。結婚する相手がどのように考えているのか話し合う必要があります。結婚を機に禁煙を決断できるような男性なら迷いはなくなりますね!

①ー6食べ物の好みは似ている?

結婚すると、別居婚でない限り食事はほぼ毎日共にすることになります。となるとあまりに好みがかけ離れているのは問題が起こる原因になります。相手が好きな物を好きになる、嫌いな物でも好きになるというのは無理なもの。自分が嫌いな物を彼が好きだと言った場合、それは許容できるものなのか見極めましょう。

例えば、関西では納豆が嫌いな人が少なくありませんが、結婚相手が納豆好きであった場合、毎食納豆を食べる姿、納豆の匂いなどを許容できるかどうかです。小さなこと、と思うかもしれませんが、離婚の原因って意外に小さなことから始まるものなんです。

①ー7その他の好みは許容範囲?

好みを把握しておくのは食事だけではありません。彼の趣味、嗜好はすべて許容範囲でしょうか。例えば、アイドルグッズやフィギュアを集めることが趣味、という男性も少なくありません。

プラモデルだったり鉄道だったり、好きなものはさまざまです。あなたもいっしょになって楽しめるものなのか、彼の世界として見守ることができるものなのか、知っておく必要があります。

逆にあなたの好きなものは彼に許容されていますか?結婚してからとやかく言われるのはトラブルの原因になります。結婚を決断するのは、やはりお互いの嗜好をよく知ってからでも遅くありません。

結婚に迷いがある・・・②仕事への考え方を確認しよう

次に仕事に対する考え方です。最近は共働きが主流になってきつつありますが、「女性は家庭を守るもの」と考える男性は意外と多いものです。そうでなくても「子どもが学齢期になるまでは家にいてほしい」とか「フルタイムではなく短時間で働いてほしい」と考える男性もいます。

一方、女性も仕事を続けたいと強く願うのか、家庭に入るのか、考え方はさまざまです。自分自身の人生に関わることですから、ここは時間をかけてでもよく話し合っておく必要があります。プロポーズはうれしかったけれど、仕事を辞めてほしいと言われて迷いに迷って結局プロポーズを断る決断をした、という女性も多くいます。

結婚を決断したあとに「あの時こう言った」「言ってない」の争いは不毛です。自分はこうしたい、こう思うとはじめにしっかり伝えておきましょう。

仕事を続けたいが、家庭と両立できるか不安だという人もいるでしょう。素直に相手にその不安を伝えておきましょう。すぐに結論がでなくても、現時点での思いを知ってもらうことは大切なことです。仕事は人生の大事な要素です。辞めることを迷いなく決断できる人は少ないと思います。たくさん迷い、彼とたくさん話し合いましょう。

結婚に迷いがある・・・③子どもへの考え方を確認しよう

将来的に子どもを望むのか望まないのかは、人生の大きな選択です。夫婦に年の差がある場合は必ず話し合っておかなければいけないところでしょう。

女性が年上の年の差婚であればなおさらです。もちろん望んでいても体質的に授からないということはあるかもしれませんが、結婚を決断するにあたって子どもに対する思いが男性と女性とで一致しているということは大切なことです。特に産むのは女性ですから、男性の考えがうやむやなままだといつまでも迷い続けることになります。

いついつまでに妊娠して、最低でも何人産んで・・・なんて細かいところまで考えておく必要はありません。子どもは天からの授かりもの。予定していてもそのとおりになんていきません。まずは望むのか望まないのか、その一点だけは明らかにしておきましょう。

結婚に迷いがある・・・④住む場所について確認しよう

男性女性とも転勤のない仕事で、実家も近い、という場合は何も迷いはないでしょう。しかし、一方の仕事に転勤があったり、実家が双方離れていたりする場合は、将来的な居住地を話し合っておくほうがいいですね。

女性が正社員で働き続ける場合は尚更です。男性が転勤になったらなったで、その時考えればいいや!ということでも、もちろんかまわないのですが、さまざまな可能性を考えて心の準備をしておくことは大事です。

会社は無情で、ある日突然遠方に転勤を言い渡されることもあります。ついていくのか、単身赴任するのか、選択を迫られることになります。

プロポーズは夢のようで舞い上がった気持ちになりますが、仕事、居住地、子ども、人生の選択を迫られ、迷いに迷い、ともすると大きく方向転換しなければならなくなるのは多くの場合女性です。冷静に考えましょう。

結婚に迷いがある・・・⑤役割分担について確認しよう

世間では「家事メン」なんて言葉も生まれているくらい、男性も家のことを任される時代になりました。しかし、本当の家事メンなんているのかしら?と思うくらい現実は違います。プロポーズしてくれた彼はどうでしょう?結婚したら家のことは全部やってもらえる!と考えている男性も少なくありません。

恋愛中は好きになってもらいたくて、一生懸命彼のお世話をしていたあなた、結婚後もそのスタンスを守れますか?結婚は日常生活です。延々と続いていく毎日です。その毎日の家事をどう役割分担していくのか、話し合っておく必要があります。最初が肝心です。納得がいくまで話し合いましょう。

結婚に迷いがある・・・⑥独身の遊び方はもうできない

結婚すると財布はひとつ。夫婦共働きで別会計であったとしても、家庭という名のもとではひとつです。今までのように好きなだけ外食して、好きなブランドの服を好きなだけ買って、なんてことはできなくなります。

帰宅時間もそうです。朝までコースの遊び方もできなくなります。シングルの時に派手に遊んでいた人ほど、そのギャップに苦しくなってしまうかもしれません。飲み会が大好きな男性もそうですね。結婚相手に年の差がある場合は要注意です。

結婚するということは、家族をもつということです。家族は運命共同体であり、いつでもあなたを待っていてくれる人がいるということです。たとえシングルの時のように自由に遊べなくても、家族ができたということに幸せを感じることができれば、さほど迷いが生まれることではないように思います。

結婚に迷いがある・・・⑦過去の恋愛は清算できてる?

過去の恋愛はすべて清算できていますか?誰か他の人に想いを残したまま結婚すると、後々後悔することになりかねません。もう30歳を過ぎたしとりあえず結婚・・・なんて思っているのなら一旦立ち止まりましょう。

中途半端な気持ちのまま結婚を決断すると、浮気心が芽生えてしまったり、相手を不安な気持ちにさせてしまったり、トラブルの原因になります。

これは男性側にも言えることです。昔の彼女とはきちんと縁が切れているでしょうか。結婚してから女性問題が浮上しては厄介です。交際中に怪しい影を見つけたら、きちんと話し合って明らかにしておきましょう。

番外編・結婚式や婚約に関わること

以上七つの点から確認するべきことを挙げてきましたが、まだまだ他にもあります。プロポーズされて迷いもなくなり、いざ結婚となると出てくるのが、結婚式はどうするのか、婚約はどうするのか、新婚旅行はどうするのか…。

たくさん話し合うべきことがありますね。

女性にとって結婚式は憧れでもありますから、希望はきちんと伝えたほうがいいでしょう。後から「こうしたかったのに」なんて彼に不満を言うのは良くありません。また、結婚式や婚約などは家同士の方針も大きく関わってきます。当人同士だけで話を進めるのではなく、必ず両方の親に確認をとりながら進めましょう。

せっかくプロポーズしてもらっても、結婚にまつわる具体的な相談でこじれて白紙になる、なんていうことはよくあることです。両家の方針を尊重しつつ、二人の希望をよくすり合わせて慎重に進めるのがいいでしょう。

男性だって結婚に迷います!

結婚に迷いをもつのは女性だけではありません。昨今は男性のほうが迷い、二の足を踏むケースも多いのではないでしょうか。「もうずいぶん付き合っているのに、なかなかプロポーズしてくれない。どうして?」と不安になっている人もいるでしょう。

男性にとって結婚は人生の大きな岐路です。職場の上司から「結婚は墓場だぞ」なんて吹き込まれている人もいるでしょう。責任感の強い彼なら、家庭をもつ、家族を養うという重責を前に不安になり、なかなか決断できずにいるかもしれません。

それは彼女のことを愛していない、ということとは違うのです。結婚するならこの子がいいな、と思っていてもいざ結婚となると、果たして自分はやっていけるのか?と迷いが出てくるのです。

まして女性との間に大きな年の差があればなおさらです。この不安は彼が乗り越えるべき壁で、女性からあまり働きかけると逆効果になることもあります。「私はあなたとならやっていけると信じている」と伝えてプロポーズを待ちましょう。絶対にヒステリックにならないように!

マリッジブルーという結婚への迷い

プロポーズされた、結婚式の準備も始まった、新しい生活に向かって二人で準備している真っ最中。幸せの絶頂期のはずなのになぜかモヤモヤ。

思いつく不安要素は全部確認したはずなのに、まだ心に残る漠然とした迷い。それは、マリッジブルーですね。具体的な原因が挙げられるような結婚に対する迷いとは少し違います。

結婚に限らず、新しい環境に飛び込んでいくのは程度の差はあれ、誰しもが不安を抱きます。結婚という人生の大きな決断の前なら尚更です。でも、この漠然とした不安に解消法はあまりありません。

彼に素直に今の気もちを伝えて現状を知ってもらってもいいのですが、彼にできることもあまりありません。自分の決断を信じて飛び込んでいく勇気が持てるかどうかです。案外飛び込んでしまえば、自分が何に迷いを抱いていたのか、カラッと忘れてしまったりすることもあります。原因不明のマリッジブルーはあまり深刻にならないほうがいいのではないでしょうか。

結婚のいいところを考えて、迷いを吹き飛ばそう!

結婚に対して気をつけなければならないことばかりを考えていては、何だか結婚するのを迷い迷って嫌になってしまいそうですね。結婚にはいいところもたくさんあります。

結婚するということは、自分だけの家族をもつということです。家族は絶対的な味方であり、いつでもあなたを迎え入れてくれる存在です。そんな大きな存在をもつことは精神の安定につながりますし、孤独ではありません。自分が信じたパートナーと自分たちだけの家族を作り上げていく作業は、時に苦しみもあるでしょうが、それ以上に喜びと幸せでいっぱいです。

例えば、彼とずいぶん年の差がある、彼の実家と方針が合わない、など難しい問題に迷いをもっている方もいるでしょうが、それでも「この人なら」と思えたならその人が運命の人なのです。結婚に対して不安でいっぱいになったら、結婚のいいところを思い描きましょう。きっと迷いを吹き飛ばす勇気が湧いてくると思います。

迷いがなくなったら結婚へ!

結婚に踏み切る前に考えなければいけない迷いは整理できたでしょうか。結婚してからがスタートなのです。結婚生活が始まったら、それはもうさまざまな問題が起きます。

そのため、結婚を決断する前に、わかっている不安要素はひとつでも少なくしておくことが大切です。

そして、進むと決めたならあとはもう迷いを捨てて二人で協力してやっていくしかありません。山あり谷ありの長い人生。自分としっかり向き合って、しあわせな結婚を決めましょう!

結婚に悩んでいる女性はこちらもチェック!

結婚のメリットとデメリット!女性は独身の方が得なの?それとも損?
好きじゃない人と結婚するのは良い?悪い?その後どうなる?
25歳で結婚は早い?メリット・デメリットを解説!
結婚相手の選び方!後で後悔しないための条件となる45ポイント!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ