旦那の小遣い平均でいくら?夫の給料の何割が相場なの?

旦那の小遣い平均でいくら?夫の給料の何割が相場なの?

結婚後は旦那さんをお小遣い制にしている家庭も多いです。ただ、家庭によって旦那さんのお小遣いは違いがあり、他の家庭のお小遣い事情も気になりますよね。では、皆さん平均でいくらくらいのお小遣いを渡しているのか、お給料の何割程度が適切なのか解説したいと思います。

記事の目次

  1. 1.旦那のお小遣いはどうすればいいの?
  2. 2.【旦那の小遣い】世間の平均は?
  3. 3.【旦那の小遣い】お給料の何割?
  4. 4.【旦那の小遣い】何に使っているのか
  5. 5.【旦那の小遣い】お小遣い不要論
  6. 6.【旦那の小遣い】人との付き合い
  7. 7.【旦那の小遣い】部下からの信頼
  8. 8.【旦那の小遣い】お小遣いはどう管理すればいいのか
  9. 9.【旦那の小遣い】お小遣いの見直し
  10. 10.【旦那の小遣い】夫婦で貯金
  11. 11.【旦那の小遣い】有意義なお小遣い制にするために

旦那のお小遣いはどうすればいいの?

旦那は小遣い制という家庭は多く、半数近くの家庭が妻が家計を管理して旦那に毎月お小遣いを渡しているようです。

このお小遣い制は海外では珍しく、アメリカや中国では2割ほどしかないようです。

結婚をすると独身の時と違って生活費が増えてます。子供がいる家庭では教育費も負担になるため、旦那のお小遣いは減らされる対象となりがちです。

ただ、旦那のお小遣いの金額はそれぞれの家庭によって異なります。しかし、一体平均的にはどれくらいお小遣いを渡しているのか気になります。

そこで、平均のお小遣い額と収入の何割程度が相場なのか、そして旦那のお小遣いの必要性についても解説したいと思います。

【旦那の小遣い】世間の平均は?

では、旦那さんはどれくらいのお小遣いをもらっているのかその相場を見てみましょう。

相場は2万〜3万円となっており、平均的に1日1000円以下でやりくりする必要があることがわかりました。

この数字を「結構低い」「もらいすぎ」「適度」と判断するかは夫婦によって違います。

よく、世間の相場が2、3万円だから自分の家庭もそうするのが普通と考えがちですが、あまり世間の相場や平均に頼るのは危険です。

平均というのは10万円の人、1万円の人、3万円の人、0の人、それぞれの数字を頭数で割っただけの数字です。よって、本当にほとんどの人が2、3万円とは限らないのです。

よって、平均額よりお給料からの割合を参考にしたほうがよいでしょう。

【旦那の小遣い】お給料の何割?

では、実際旦那さんのお給料の何割をお小遣いにすればよいのか解説します。

その答えはお給料の1割です。20万円なら2万円、30万円なら3万円が妥当な金額とされています。

「うちは子供が多いから1割も無理」とそれぞれの家庭の事情もあるかもしれませんが、そこは夫婦でよく話し合うことが大切です。

妻が勝手に旦那さんのお小遣いの額を決めて渡すと、「俺が働いたお金なのに」と不満を漏らし喧嘩になることがあります。

よって、妻側の意見、夫側の意見をまとめてお小遣いの額を決めると円満に解決します。

【旦那の小遣い】何に使っているのか

さて、妻としては夫はお小遣いを何に使っているのか気になるのではないでしょうか。

一般的な使用用途としては、ランチ代、タバコなどの嗜好品、飲み代などでです。

ランチでも1回500円として22日会社勤務としたとすると、1万1千円です。なかなかワンコインランチばかりも不可能かもしれないので余裕を持って1万5千円くらいは必要です。

さらに飲み会へ行くと1回3千円から5千円は使います。これだけで2万円はなくなってしまいます。
仕事の合間のコーヒーやタバコを買ったり、本や雑誌なども購入していると2、3万円は使ってしまう計算になります。

また、男性の中にはコンビニによく立ち寄る人が多いです。ちょっとお腹が空いたからコンビニでパンとコーヒーを買ったり、お菓子を買ったりするようです。

特に、お弁当持参の人はお弁当だけでは物足りなさを感じている方が多いようです。
20代30代の男性だと、食欲が旺盛なのでお弁当の量だけでは足りずに小腹が空いてコンビニで買い食いをしてしまうようです。

そんな日々のコンビニでの数百円程度の出費も積もると1万円程度までになるので考えものです。

【旦那の小遣い】お小遣い不要論

妻の中には夫のお小遣いなど不要だと考えている方もいるようです。

どうせお小遣いを渡しても無駄なものにしか使わないという理由でお小遣いをほとんど渡さないのです。

ランチはお弁当持参で、必要な時には妻にお金をもらうというシステムの家庭も少なくありません。

確かに子育て世代でお金が必要な時期には妻もやりくりのために仕方ないと思っているかもしれませんが、お小遣いをなしにすることは夫だけでなく家族のためにもあまりお勧めの方法とは言い難いのです。

【旦那の小遣い】人との付き合い

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



次のページ

【旦那の小遣い】部下からの信頼

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely