男性から視線を感じる!好意を持たれてるの?相手の心理5選!

男性から視線を感じる!好意を持たれてるの?相手の心理5選!

女性としては男性からの視線を感じるとき、それが男性からの好意によるものであって欲しいと願ってしまいます。男性の中には好意がなかなか察知しにくい人もいるので、そんなときは視線を感じることで男性の心理を読み解くことができるかもしれません。

記事の目次

  1. 1.【はじめに】男性から視線を感じる
  2. 2.好意の視線を感じるとき
  3. 3.男性から視線を感じるとき(1)遠くから目が合う
  4. 4.男性から視線を感じるとき (2)目が合うと目線を逸らされる
  5. 5.男性から視線を感じるとき (3)目を合わせてくれない
  6. 6.男性から視線を感じるとき (4)目線を合わせてくる
  7. 7.男性から視線を感じるとき (5)知らない人から見られる
  8. 8.視線を感じるときの対応
  9. 9.視線を感じるときの反応の伝え方 (1)視線で返す
  10. 10.視線を感じるときの反応の伝え方 (2)近づいてみる
  11. 11.視線を感じるときの反応の伝え方 (3)注意点
  12. 12.【おわりに】視線は口ほどに物を言う

これは、恋愛に奥手なので、その女性本人だけでなく、その周囲にいる人にも恋愛感情を持っていることを知られることが恥かしいと思っています。なので、その女性に対する恋愛感情を隠したい、バレたくないという心理から視線を合わせないようにしたり、そっけない態度を取ったりして興味のないふりをします。

しかし、恋愛に奥手な男性は恋愛経験が少ないので、恋愛感情を隠しているつもりでも周囲からするとバレバレなことも多いです。

■参考記事:目を合わせないのはどんな心理?コチラも参照!

目を合わせない人の心理を女性・男性別に解説! | Lovely[ラブリー]のイメージ
目を合わせない人の心理を女性・男性別に解説! | Lovely[ラブリー]
あなたの回りには、会話の最中にほとんど目を合わせてくれない人はいませんか?「自分は嫌われている?」と思ってしまいますよね?目を合わせない人には、様々な心理があるようです。目を合わせない人の心理を男女別に分けて、詳しく解説します。

男性から視線を感じるとき (4)目線を合わせてくる

恋愛に奥手な男性でも、女性と2人で会話をするときは目線を合わせてくれます。会話をするときは相手の目を見て話すことがマナーです。しかし、会話によって、好きな人の目を見ていても良いという大きな理由を獲得しているため、目を見つめすぎるということがあります。

男性は興味のない話しをされているとき、女性は目を見ればその気持ちを察知することができます。男性の興味の具合と、男性の視線に大きなギャップを感じるときは、恋愛に奥手なその男性に好意を寄せられている可能性があります。

また、好きな人を見たときには瞳孔が開いて、まばたきの回数が増えます。これを併せることで、その男性の心理が読み解きやすくなります。

男性から視線を感じるとき (5)知らない人から見られる

視線を感じる相手は友人や同僚などの近い存在の男性ばかりとは限りません。外を歩いていても、すれ違いざまや、電車を待っているときや、誰かと待ち合わせしているときなど、女性がじっとしている場面でも、どこからか視線を感じることがあります。これは男性が少なからず、何らかの意味でその女性に対して、興味を持っているということです。

単純に美人な人なので、目に入ってしまうという場合もありますが、何らかの意味なので、好意とは限りません。もしかすると、ファッションが気になっているのかもしれませんし、男性が知り合いかもしれないと確認しているのかもしれません。また、服に値札のタグが付いたまま、服に大きな汚れが付いているなど、マイナスの要素によって視線を集めているのかもしれません。

視線を感じるときの対応

男性でも、女性でも、異性からの好意かもしれない視線に対しては何らかの反応を返さないといけません。こちらも好意を伝えるのか、それとも脈なしを伝えるのか、また、視線で好意を感じるということは、こちらも言葉以外の行動でその意図を伝える必要があります。

こちらの反応を見たときの異性の反応によって、その後の自分とその異性との行動が決定されます。

視線を感じるときの反応の伝え方 (1)視線で返す

異性から好意の視線を感じて、その異性に対して自分も好意があるのであれば、こちらも好意の視線で返しましょう。もしも、異性の心理を読み違えていなくて、好意の視線で正解だった場合には次は行動に移ります。

次のページ

視線を感じるときの反応の伝え方 (2)近づいてみる

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely