大好きな人と両思いになるには?脈ありサインと相手が既婚者の場合の対処法

大好きな人と両思いになるには?脈ありサインと相手が既婚者の場合の対処法

大好きな人と両思いになりたいというのは多くの女性の願いです。相手の脈ありサインは見逃さずにしっかり受け止めたいですよね。今回は男性から女性に向ける脈ありサインと、大好きな人が既婚者の場合の対処法について詳しく解説します♡

記事の目次

  1. 1.片思い、失恋、既婚者…大好きな人への気持ちをどうしたらいい?
  2. 2.【片思い中】大好きな彼を振り向かせる方法
  3. 3.大好きな人に対する男性心理と態度
  4. 4.大好きな人と両思い・いい雰囲気になっているサイン
  5. 5.【失恋】大好きな人が結婚してしまった!どう気持ちを整理したらいいの?
  6. 6.大好きな人が既婚者とわかった時に考えるべきこと
  7. 7.大好きな人ができたことは人生にとって大きなこと

片思い、失恋、既婚者…大好きな人への気持ちをどうしたらいい?

恋愛にはいろんな形があります。なかなか好きな気持ちが伝わらない片思い、失恋、既婚者を好きになってしまうのも珍しい話ではありません。大好きな人への気持ちはどうしたらいいのでしょうか?

【片思い中】大好きな彼を振り向かせる方法

まずは片思い中の大好きな彼を振り向かせる方法を考えてみましょう。片思い中の彼を振り向かせるためには、相手に良い印象を与えながら自分の本当の気持ちを伝しっかりと伝えていくことが大切です。

ミラーリング効果で気が合うと印象付ける

片思い中の彼にはミラーリング効果で気が合うことを印象付けるのがおすすめです。ミラーリング効果とは、目の前の相手と同じ行動や仕草をすることですね。相手がお茶を飲むタイミングに自分も同じように飲んだり、顔を触る時に自分も同じ場所を触ったりして真似をします。

とてもシンプルな方法ですが、効果は非常に絶大ですよ!

ザイアンスの法則で距離を縮める

大好きな彼を振り向かせる方法としては、ザイアンスの法則というものがあります。ザイアンスの法則とは、会う頻度が少ない人には気持ちが離れてしまいやすく、会う頻度が増えるほどにその相手に好意的な感情が大きくなるという法則です。

片思い中の彼がいる場合は、なるべく同じ時間を一緒に過ごすようにすると意識してもらいやすくなります。

大好きな人に頼る

大好きな人に片思いしていると、つい意識して好き除けしてしまう人もいますよね。でも両想いになるためには、大好きな人に積極的に話しかけて時には頼ってみることも大切です。

特に男性は女性に頼られるのが好きな人が多いです。好きな人の仕事など得意分野に関することや、趣味などを調べて質問してみるのもおすすめですよ。

大好きな人と一緒にいるときはわかりやすく楽しそうにする

大好きな人と一緒にいるときはわかりやすく楽しそうにするのも基本的なアプローチ方法ですね。恋愛経験が少ない男性には、駆け引きなどの余計なことをしないでストレートな感情表現をした方が良い印象を与えることができます。

大好きな人と一緒にいて楽しいという気持ちを隠さず素直に表現すると、相手もきっと「可愛いな」と感じてくれますよ。

聞き上手になる

片思い中の彼と両思いになりたいなら聞き上手になることも重要です。好きな人と話をする時間は特別楽しい時間ですよね。しかし楽しいからといって自分ばかりが話していると、相手は退屈してしまうかもしれません。

両想いになるためには彼の話をしっかり聞いて、お互いに楽しくなるように上手に相槌を打てるようになるのが理想的ですね。

大好きな人を褒める

大好きな彼氏はたくさん褒めてあげることで気持ちを伝える事も大切です。好きな人なら相手の良いところはいくつでも見つかります。「好きだな」と思ったことは素直に言葉にして伝えると、相手も喜んでくれるに違いありません。

まだ片想いの状態の時は、一人で駆け引きをするよりもまずはストレートに好意を表現した方が良いでしょう。

大好きな人に対して完璧な女性ではなく自然な姿を見せる

大好きな人に対しては完璧な女性でいたいと思うのは当然ですね。しかし偽った完璧な自分を見せるよりも自然な姿を見せた方が魅力的に見えることもあります。

背伸びをして頑張る姿も可愛いですが、それをずっと続けていくのは疲れてしまいます。等身大の自然な姿で接した方が相手もさらに居心地の良さを感じてくれるはずです。

大好きな人に対する男性心理と態度

次に大好きな人に対する男性心理や態度について見ていきましょう。男性も大好きな人には普段よりも優しくなったり、積極的になったりするものです。変化を見逃さずに両思いのチャンスを感じ取ることが大切です。

次のページ

【男性が大好きな人に見せる態度】

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely