Instagramの投稿の宣伝とは?方法とメリット&費用を解説

Instagramの投稿の宣伝とは?方法とメリット&費用を解説

Instagram(インスタグラム)で効率的かつ安価に広告を打ちたいと考える方も多いのでは?その際におすすめな「投稿の宣伝」という機能について、「インスタグラム広告」との違いを交えながら、メリットと出稿方法について解説していきます。

記事の目次

  1. 1.Instagram(インスタグラム)の投稿の宣伝とは?インスタグラム広告との違いと費用について
  2. 2.Instagram(インスタグラム)投稿の宣伝のメリット
  3. 3.Instagram(インスタグラム)投稿の宣伝の出稿方法について
  4. 4.Instagram(インスタグラム)でより効果が高まる宣伝のコツ
  5. 5.Instagram(インスタグラム)の宣伝の出稿後はぜひインサイトで分析を!
  6. 6.Instagram(インスタグラム)を有効活用したい方へ

Instagram(インスタグラム)の投稿の宣伝とは?インスタグラム広告との違いと費用について

投稿の宣伝とは、過去の投稿を広告として出稿できるInstagram(インスタグラム)の機能です。

広告にする投稿を選ぶ際、過去の投稿の中からユーザーの反応が高く人気だった投稿内容を選び、そのまま広告として出稿することができるため、企業の宣伝としては非常に大きな広告効果を生むことができるのです。

投稿の宣伝はInstagram(インスタグラム)のビジネスプロフィールさえあればどなたでも気軽に行うことができます。

投稿の宣伝を行う上でのメリットや費用、実際のやり方を以下に詳しく説明していきます。

投稿の宣伝とはインスタグラム広告とどう違う?

投稿の宣伝とインスタグラム広告とを比較して大きく異なる点は、過去の投稿を広告の素材として使用できることです。

投稿の宣伝は過去の投稿内容を広告として出稿することができるので、インスタグラム広告のように広告の素材となる写真や動画を新しく作成する必要がありません。

また、過去に反響の大きかった投稿を選んで広告として利用できるので、ある程度ユーザーの反応を予測することができ、効果的に費用を最小限に抑えた広告を出稿することができます。

お金(費用)はどれくらいかかる?

投稿の宣伝にかかる費用についてご説明します。

予算は1日あたり200円~100,000円まで設定可能で、期間は1日~30日間で設定することができます。

最低予算は200円ということになりますが、金額が多いほど広告の効果も大きくなるため、金額を低めに設定した場合は広告の効果を感じることができない可能性があります。

そのため、ある程度予算を組んだ上で金額と期間を設定し、出稿することが重要となります。

Instagram(インスタグラム)投稿の宣伝のメリット

Instagram(インスタグラム)で広告を出稿するにあたって重要なことは、いかに企業やブランド、そして商品をアピールすることができるかという点でしょう。

また、広告のターゲットである層のユーザーの目に届き、シェアしてもらうことも大事な点です。

そこで投稿の宣伝を行うことで実際どのようなメリットがあるのか、また、どのユーザー層にアプローチすることができるのか等についてもお伝えしていきます。

過去の投稿を使用するから手間が省ける

投稿の宣伝は、過去の投稿をいいねやコメントもそのまま引き継ぎ、広告として出稿することができるところが最大の強みとなります。

過去の投稿ではあるものの、反響の高い状態でその温度感を保ったままの広告を打つことができるのです。

新しく素材を用意することなく確実にユーザーの良い反応を見込めることから、SNSを運用する方にとっても手間を掛けずに効果的な広告を打つことができるメリットがあります。

有料ではあるものの低コストで大きな効果が期待できる

新たに広告の出稿を検討する場合、写真や動画といった素材も新しく用意しなければなりませんし、広告の反響は出稿してからでないと計測することができませんので、やはりコストがかかってしまいます。

一方投稿の宣伝では、ある程度広告の反応を予測することができるため、金額や期間もその内容に沿った効果的な方法で広告を打つことができるのです。

なるべく費用を抑えて効果的な広告を出稿したいとお考えの方にとてもおすすめです。

ターゲットオーディエンスで自社のターゲット層に狙い撃ち

投稿内容のクオリティが高くても、適切なターゲット層に届いていなければ広告の効果も薄れてしまいます。

投稿の宣伝はターゲットオーディエンスという機能があり、自動で自社アカウントに関心の高いユーザーをターゲットに設定することもできますが、自分で「興味・関心」「地域」「年齢」「性別」といった細かい設定を行い適切なターゲットに絞ることができます。

むやみやたらに宣伝するよりもターゲットを絞り本当に届いて欲しい層にアプローチすることで、広告の効果も高まります。

Instagram(インスタグラム)投稿の宣伝の出稿方法について

ここまでInstagram(インスタグラム)の投稿の宣伝について説明してきましたが、コストを抑えて効率的な宣伝を行いたい方に投稿の宣伝はとてもおすすめな機能です。

それでは実際に投稿の宣伝はどうやって行うのか、より効果的に宣伝効果を高めるためのポイントを交えながら出稿方法について解説していきます。

ビジネスアカウント(プロアカウント)をつくる

まず、投稿の宣伝を行うためにはInstagram(インスタグラム)のプロアカウント(ビジネスアカウント)を開設し、ビジネスプロフィールを使用できるようにする必要があります。

プロアカウントにするには以下の設定を行ってください。

 ①通常のアカウントでログインし、プロフィール画面右上のメニューバーをタップします
 ②「設定」をタップします
 ③「アカウント」をタップします
 ④「プロアカウントを取得する」をタップします
 ⑤「プロアカウントに切り替える」をタップします
 ⑥自分のアカウントに沿ったカテゴリを選択します
 ⑦カテゴリの表示・非表示を選択します
 ⑧「ビジネス」か「クリエイター」を選択します
  ※企業アカウントやお店を経営されている方はビジネスがおすすめです
  ※芸能人やアーティスト、インフルエンサーといった方はクリエイターがおすすめです
 ⑨連絡先情報を確認
 ⑩Facebook(フェイスブック)アカウントがある方は「Facebookにログイン」をタップします
 ⑪「プロフィールへ移動」をタップで設定が完了します。

プロフィール画面に戻り、「広告」や「インサイト」といったボタン表示があればビジネスプロフィールに切り替わっています。

プロアカウントの設定は完了です。

使用する投稿(フィードやストーリーズ)を決める

プロフィールに出てきた「広告」をタップして宣伝の設定を行うページに飛びましょう。

広告に使用する投稿を選択する画面になり、「作成する」「トップ投稿を宣伝」「投稿を選択」をそれぞれ選択することができます。

 ・作成する…投稿内容を新規で作成する場合に選択
 ・トップ投稿を宣伝…エンゲージメント(ユーザーの反応)が高かった投稿を選択
 ・投稿を選択…過去の投稿から選びたいときに選択

単にエンゲージメントが高い投稿を選ぶのも一つの手ですが、最も商品の魅力が伝わる写真であったり、キャッチコピーや意図が分かりやすく端的に伝わるような写真を選ぶとさらに良いでしょう。

広告の目的から誘導先を決める

投稿を選び終わったら、宣伝の目的に沿って以下の中から誘導先を設定していきます。

 ・自分のプロフィール
 ・ウェブサイト
 ・ダイレクトメッセージ

自社のブランドや商品をよく知ってもらうためにプロフィールを誘導先にしたり、問い合わせを手軽にしてもらうためにダイレクトメッセージを誘導先にする、といった目的別に誘導先を設定すると良いでしょう。

特にウェブサイトは任意のURLを設定することができるため、「商品の詳細」や「自社ECサイト」等へ誘導することでサイトのアクセス増も見込むことができ、効果的な宣伝になります。

アクションボタンを設定する

誘導先をウェブサイトに設定した場合、任意のURLを入力したあとにアクションボタンを選ぶことができます。

 ・詳しくはこちら
 ・購入する
 ・他の動画を見る
 ・お問い合わせ
 ・予約する
 ・登録する

例えば洋服などある程度写真を見るだけで魅力が伝わる商品であれば「購入する」を選択したり、サービスの詳細を説明したい時は「詳しくはこちら」で誘導したり、目的や商品に合ったアクションボタンを選択しましょう。

アプローチしたいターゲットを決める

投稿の宣伝を行いたいユーザー層に対してターゲットオーディエンスを設定していきましょう。

「自動」と「カスタムオーディエンスを作成」どちらかを選ぶことができます。

「自動」では自分のアカウントのフォロワーに近い層を自動的にターゲットとして設定でき、「カスタムオーディションを作成」では自分で地域、興味・関心、年齢、性別といった項目の中から、宣伝の目的に沿って細かく設定することができます。

地域を細かく指定したい場合や、ターゲットを絞って宣伝したい場合は「カスタムオーディションを作成」で設定するとよいでしょう。

予算と出稿期間を設定する

以下の範囲で予算と出稿する期間を設定していきましょう。

予算:1日あたり200円~100,000円まで
期間:1日~30日間

設定した予算と期間に応じて、宣伝の指標となる推定リーチが算出されます。

Instagram(インスタグラム)でのリーチとは「投稿を見たユーザーの数」で、フィード(ホーム画面)やハッシュタグ等の検索結果、発見タブで表示された該当の投稿を見たユーザーがカウントされます。

特に発見タブでは、「まだフォローには至っていないが興味関心がある投稿」をいくつも閲覧できるため、ターゲットオーディエンスで設定したユーザー層に届く可能性が非常に高いです。

予算設定の際は推定リーチを参考にしながら決めていくとよいでしょう。

Instagram(インスタグラム)でより効果が高まる宣伝のコツ

より効果的に投稿の宣伝を行うためには、投稿自体のクオリティであったり、適切な予算の投じ方も関わってきますが、まずは投稿に興味を持った上で見てもらうことが重要です。

ここでは投稿をユーザー側から見たときに、実際に商品の購入やサービスの入会に繋がるよう、投稿を魅力的に感じてもらえるような内容にするためのポイントについてご紹介していきます。

画像のテキストはなるべく少なめに

画像はなるべくテキストが少なめなものを選びましょう。

以前までInstagram(インスタグラム)の広告では画像に含まれるテキストの割合を20%に抑えなくてはならないルールがありました。

現在そのルールは撤廃されているものの、依然としてテキストを20%以内に抑えることが推奨されていて、文字が多いと広告の表示される回数が低下してしまう恐れがあります。

画像を選択する際の1つの目安として頭に入れておきましょう。

親しみやすい投稿内容を心掛ける

投稿内容の親しみやすさを意識してユーザーのアクションを引き出しましょう。

投稿の宣伝では「この商品が欲しい」「このサービスを利用してみたい」という純粋な動機でユーザー側のアクションを引き出すことが重要です。

ユーザー側が広告を強く意識してしまう内容だったり、ビジネス感が出過ぎてしまうと、投稿自体が閲覧されない可能性が高まってしまいます。

単純に商品やサービスへの興味を持ってもらうためにも、投稿内容は商品の使用イメージが伝わる内容や、親しみやすく好意的に受け取って貰えるような内容を意識していきましょう。

分かりやすいプロフィールに

プロフィールページを魅力ある内容に作成しましょう。

プロフィール画面はInstagram(インスタグラム)上での「顔」となります。

どのような会社のアカウントなのか、普段どのような内容を投稿しているのか、ユーザーが興味を持つきっかけになるためです。

企業イメージがよく分からない情報が少ない内容だと、ユーザー側も興味を持つことなく離脱してしまい、魅力を伝えることができません。

プロフィール画像や本文を工夫し、好意的な企業イメージをユーザーに持ってもらえるような設定を行いましょう。

Instagram(インスタグラム)の宣伝の出稿後はぜひインサイトで分析を!

ビジネスプロフィールでは「インサイト」という、投稿の閲覧数やフォロワーの属性等の分析を行うことができます。

フォロワーの属性と今回の宣伝内容はマッチしていたのか、反応が良くなかった場合は他の反響が高かった投稿を試したらどうなるか、実験しながら運用していくと宣伝もより効果的になる可能性が高まります。

そのため投稿の宣伝をした後にはインサイトで分析を行い、ユーザーの反応がどうだったのかを確かめてみることをおすすめします。

インサイトでは主に以下の項目を意識してみましょう。

 ・リーチ数:投稿を見たユーザーの数
 ・インプレッション数:投稿が表示された回数
 ・エンゲージメント:投稿に「いいね!」「コメント」「保存」など、アクションした数
 ・フォロワー:フォロワーの性別・年齢・位置情報やアクティブな時間帯
 ・シェア数:投稿がシェアされた回数
 ・フォロー数:この投稿で獲得できたフォロワーの数
 ・プロフィールビュー:プロフィールを閲覧した回数

Instagram(インスタグラム)を有効活用したい方へ

既にInstagram(インスタグラム)を運用している場合は、人気の投稿を出稿し分析をするサイクルを繰り返してみてください。

もしもまだInstagram(インスタグラム)のアカウントすらない、もしくは投稿の宣伝がハードルが高いと感じているのであれば、運用のプロにお任せするのがおすすめです。

中でもSNSマーケティングのプロであるドルフィンであれば、次のようなことが期待できます。

・課題の抽出とアカウント運営の戦略立案
・Instagram(インスタグラム)の投稿の宣伝や広告運用によるサービスやブランドの認知最大化~購買獲得
・フォロワーの増加
・ユーザー投稿の増加
・広告運用や日々の投稿の分析レポーティング

日々の投稿から高い反響を作れていれば、お金をかけて宣伝する必要がなくなる可能性もあります。

Instagram(インスタグラム)の運用でお悩みの方は下記よりお気軽に資料を請求してみてください。

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely