DV男の特徴11選!こんな性格・行動に注意!対処法も教えます

近年増え続けているDV。DVは夫や彼氏など近い関係にある人による暴力のことを言います。加害者となるDV男には、性格や行動からわかる特徴があると言います。あなたが被害者とならないためにも、その特徴をチェックしていきましょう。対処法も参考にしてみてください。

DV男の特徴11選!こんな性格・行動に注意!対処法も教えますのイメージ

目次

  1. DVとは?どんなものが当てはまる?
  2. DV気質かチェック!性格・行動の特徴
  3. 要注意!DV男との別れ方
  4. 知識を持って慎重に対処しよう

DVとは?どんなものが当てはまる?

DVは非常に身近な問題で、誰でも直面しうるものです。あなたの夫や彼氏も実はDV男だったということもあるかもしれません。

最初こそ言葉巧みに、優しい顔をして近づいてくるのですが、結婚・同棲してから態度が豹変するというのはよく聞く話です。また、当のDV加害者は自分がDV気質であることに気づいていないかったり自分の行為がDVだと認識していなかったりするケースも多いでしょう。

そもそもDVとはどのようなものなのでしょうか。顔や体を殴られるなどの目に見える暴力だけでなく、言葉による暴力や、精神的・性的な暴力も含んでいます。どのような種類があり、どのような行為がDVとなるのか確認してみましょう。



①身体的暴力

まずは身体的暴力が挙げられます。言わずもがな、物理的な暴力がこれに当てはまりますが、殴る、蹴るなどの直接的な行為のみならず、凶器をもって脅したり怪我をさせておきながら病院に行かせないなどの間接的な行為も身体的暴力に当てはまるようです。

身体的に損害がある、あるいは与えられそうという行為については身体的暴力に分類することができるでしょう。

②精神的暴力

次に、精神的暴力があげられます。よく言われる「言葉の暴力」はこの分類になるでしょう。相手を罵る、相手に意見させない、など目に見えて苦痛であることから、嫌味を言ったり無視をしたりという日常的に発生する細かいものまで、様々なものがこれに当てはまります。

物理的に暴力を振るわれなくても、自分のほうが「上」で相手を「下」だという主従の認識が言動に表れていればそれは精神的暴力と言えるでしょう。

③性的暴力

性的暴力もDVのひとつとして挙げられます。あまりしたくないのにセックスを要求されて付き合ったり、子供が欲しいわけでもないのに避妊してもらえなかったりしませんか?カップルや夫婦だからというのは、性的合意の免罪符にはなりません。

セックスをしたいとお互いの意見が一致しないときにはセックスはしなくてよいのです。それにもかかわらずセックスを強要されたりセックス中に意に反することを要求されたりするのであればそれは性的暴力です。

④経済的暴力

ここ数年労働者の平均収入が下がり、多くの家庭が以前より苦しい状況になっていますが、経済的暴力もDVに分類されています。

例えば、生活費を出さない、家計を厳しく管理し相手にお金を使わせない、相手が働きに出ないようにするなど、経済的に自由を奪う行為が経済的暴力とされるようです。

経済的に自由を奪われると、奪われた側は自立が困難になりますので、DVから逃れたいと思っても離婚することが難しいというのが現状です。

⑤社会的暴力

精神的暴力と併せて考えられることも多いですが、社会的暴力もDVのひとつとして挙げられます。相手の友人や家族などに電話したり会ったりすることを制限したり、人間関係や社会での活動について口出したりすることが社会的暴力として分類されるようです。

人にはそれぞれ交友関係がありますので、他人の交友関係について制限する行為は人権侵害とも言えますよね。

⑥子どもを利用した暴力

子どもがいる夫婦である場合、子どもを利用して妻に加害するケースも少なくなく、これらは子どもを利用した暴力としてDVに分類されます。

子どもを盾に妻を言いなりにさせたり、あるいは子どもから非難・中傷させたりという行為がこれに当てはまるようです。

また、妻に危害を加えない代わりに子どもに危害を加えるケースもあり、実際に虐待で子どもが重傷を負ったり果てには亡くなってしまったりする事件が後を絶ちません。

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

年々警察へのDV被害相談数が増加しており、加害者であるDV男の心理を研究する機関や、DVを受けた女性を保護する法律や団体も存在することから大きな問題のひとつであることがわかりますね。

なるべくDV男に引っかからないように、あるいは引っかかってもすぐに離れられるように、この記事ではDVの特徴や万が一被害に遭ってしまった場合の対処法についてご紹介していきます。

DV気質かチェック!性格・行動の特徴

今いい雰囲気の相手にDV気質があるかどうか、または今付き合っているあるいは結婚している彼がDV男かどうか、気になりますよね。

残念ながら、はじめからDV気質を見抜くのはなかなか難しいです。

しかし、長くつきあっていると本性が現れることもありますので、注意深く観察してみてください。DVをする人の気持ちも併せて性格や行動の特徴をご紹介します。

①第一印象は柔和で優しそう

DV男のイメージはどんなものでしょうか?筋肉質であったりヤクザ然としていたりと屈強な男を思い浮かべるでしょうか?

実際のDV男はごく普通の男性です。むしろ真逆で、第一印象は柔和で優しそうな顔つきや雰囲気をしている男性がDV男だったというケースも少なくありません。

DVというのは加害者側の深層心理に男尊女卑があり発生することが多いのですが、なかなか第一印象でそれが表面化することはないのです。

時間を経てよく話すうちに女性を見下す発言があったり亭主関白的な考えが見え隠れしたりしたら気をつけましょう。

②外面がいい

DV男というのは基本的には周囲にDV気質を悟らせません。自分の会社関係や彼女・妻の家族や知人に対しては「いい人」を演じていることが多いです。

周囲の人はDV男だと気が付かないのでDV被害が発覚しづらいというケースも少なくはないです。

③相手によって態度が変わる

相手によって態度が変わるのもDV男の気質と言えるでしょう。

今あなたに対して優しくしてくれていても、彼があなた以外の人に横柄な態度や傲慢な態度をとっていることがあれば、ひょっとしたらそれが将来自分に向くかもしれないと注意深く見てみてください。

④クレーマー気質

「自分が理不尽な目に遭ったから、何とかしろ!」といった言葉や要求を突きつける人のことをクレーマーといいますが、クレーマーは基本的に自分より「下」だと思った店員・スタッフにそのような態度をとります。

自分より格下である、弱者であると思う人間に対して尊大な態度になるのは、DV男の顕著な特徴。その場で自分の要求が通らなかったとき、怒りの矛先が恋人や家族に向かうことも往々にしてあるようです。

クレームをつけている本人は自分が正しいと思っていたり相手に自分の要求を呑ませたい、相手を従わせたいと思ってそのような行動をとっていますので、それが彼女や妻に向くことがあっても不思議ではないでしょう。

⑤自分こそが正義

自分こそが正義と思っているだけであれば問題はないのですが、それを他人に押し付けると問題が発生します。必ず自分が正しいと思っていると、何か誤りがあっても認めず、ひどい場合は他人に責任転嫁するでしょう。

プライドが高く、謝り方を知らないという男性は存外に多いです。「わかってくれない周りが悪い!そのオレの気持ちを、お前が受けて然るべきだ!」と謎ロジックを展開し、その上それが暴力になることもあるようです。自分は被害者であるという思い込みがあり、怒りの矛先として自分より「下」である女性を選ぶケースは多いようです。

また、メサイアコンプレックスやカメリアコンプレックスをこじらせているケースもあります。両者に共通している特徴は、相手の状況が改善し幸せになることではなく、相手を救ってあげた「自分」が好きであるということ。

そのような人も行き過ぎるとDVに発展するというのは容易に想像がつきますね。

◆関連記事:こんな男性には注意!

彼氏が怖いと思う瞬間11選!こんな男とは付き合っちゃダメ!

⑥ステレオタイプな考え方

相手の自分の理想を押し付け、理想と離れた言動を目にすると、思わず手が出てしまう…「男・女はこうあるべき」というステレオタイプの価値観を持っているのもDV男の特徴と言えるでしょう。

男が優位で女は劣っているという認識からの発言があれば要注意です。「女のくせに、オレに口答えするな!」「女らしくしろ!」「女が口出しするな!」といった発言が飛び出るようであればアウトでしょう。

⑦束縛する

LINEや着信履歴をこと細かにチェックし、見たことのない男の名を見つけようものなら、「誰?」と途端に不機嫌になる男性もDV男の気質があります。

パートナー女性の携帯をチェックするのは、自分にとってそれが当然の権利と思っているからで、交友関係をチェックすることで女性を自分の配下に置こうとするのです。もちろん、過去の男関係のチェックも怠りません。

さらに、DV男が送ってきたLINEや電話の反応が遅れると非難されるということも多いようです。

女性のことを自分の所有物かのように思っているので、何でも知っていることが当たり前で、また、それが束縛であるとは、微塵にも感じていないようです。

⑧容姿は関係ない

実は、顔やスタイルがよく、所謂「モテる」男性でもDV男である可能性があるのです。DVは男性より女性のほうが劣っており、その女性を従わせたいという支配欲からくるものですので、イケメンか地味めな男性かは関係ないのです。

初めは容姿に魅力を感じたとしても、長く付き合うのであればその男性のマインドや価値観はよくチェックしたほうがよいかもしれませんね。

⑨どこかで自分に自信がない

「オレはすごいんだ」という主張を暴力に乗せて行う男性は、普段はどちらかと言うと大人しく気が弱い一面があり、自己主張できない性格であることもあります。自分に自信がないのを暴力を振るうことで解消しようとしているのです。

社会でなかなか思い通りに振る舞えない一方で、家庭で家族に対して尊大な態度を見せる男性は少なくありません。

また、どこかで自分に自信がないので、散々加害者のような顔をして暴力を振るってきたかと思えば、突然スイッチが切れたかのように「オレにはお前しかいないんだ!どこにも行かないでくれ!」とDV男の常套文句を口にして下手に出るようなケースもあるようです。

⑩マザコン

マザコンとは子どもが母親に強い執着を示したり依存していたりすることを言いますが、実際、親が子どもから自立できていないことも多く、複雑な依存関係であるケースも多いです。そのような複雑な依存がマザコンとDVの親和性を生んでいます。

特に男性の場合、幼少期から母親に身の回りの世話を何でもしてもらっていたりわがままがなんでも通っていたりしたことが原因でマザコンになるケースも多く、そうすると「女は男の世話をするものだ」「女は男の言うことをなんでも聞くものだ」と思い込んでいることも少なくないのです。

そうすると、彼女や妻が男性のその思い込みから逸れると激しく非難したり暴力を振るったりとDVが発生するのです。

また、マザコンの男性は母親を理想だと思っており、彼女・妻と母親を比べたり理想の母親像を押し付けたりすることもあるので要注意です。

⑪生育環境が特殊

両親の間でDVがあると、それが「普通」として育ってしまったり、それがDVで悪いことだと認識できていても正しい夫婦間のコミュニケーションの取り方を知らないために暴力を振るってしまったりします。

また、子どものころに自分がDV(虐待)を受けていたというケースもあります。親から暴力を受けて育った子どもは、成長して自分が親になると、その子どもにも同じことをする、つまりDVの加害者側に回るとよく言われています。

いずれにしろ、生育環境が特殊であると、周囲や社会の助けがないとなかなか一般的なコミュニケーションの取り方を知ることができません。

本人にDV気質が見受けられなかったとしても、両親の関係性をチェックしてみたほうがよいのかもしれません。生育環境が特殊ということが原因でDVが発生しているとすれば、その彼氏や夫の認識が変わればDVもなくなる可能性もありますが、かなり骨がいりますのでその場合は覚悟したほうがよいでしょう。

要注意!DV男との別れ方

DVへの対処法はただひとつ、その原因から離れることです。あなたに悪いところがあるからDVを受けているわけではないのです。

ただ、別れると言っても相手は尋常ではないので困難を極めるでしょう。そういった場合の別れ方をご紹介します。

①DV男と話し合うときは第三者も一緒に

別れたいと思ったとしても、それまで彼女や妻の意見に耳も傾けなかったDV男があっさりと別れを承諾するとは思えません。それどころか、更に暴力を振るってくる可能性もあります。

そんな危険性を回避するためにも、DV男と話し合うときは第三者に付き添ってもらうとよいでしょう。一目の多い場所で話し合うのもよいかもしれません。

しかし、その場では話し合いを行えたとしてもその後2人になる状況が訪れたらそのときに何をされるかわからず恐怖が付きまとうでしょう。

②専門家に相談する

やはり餅は餅屋、専門家に相談するのが最もおすすめできる方法です。警察に相談するのには腰が重いという方は、まずは行政のサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

全国どこにいても相談できる行政サービスについて紹介します。

DV相談ナビに電話する

誰かに相談したいけどどうすればわからない、そんな方はまずDV相談ナビに電話してみてください。こちらは全国共通の電話番号で、発信地等から最寄りのの相談所(各県の拠点の相談所)を紹介してくれます。

DV相談ナビ
0570-0-55210

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/dv_navi/index.html

DV支援センターに相談する

DV自体かなり認知度の広まってきた現在、DVを支援する公的機関も多く設立されていますが、そのひとつが「配偶者暴力相談支援センター」です。

ここではDV被害に遭った女性のカウンセリング、相談できる場所の紹介、そして時には一時保護対策など、様々な対応をしてくれます。

下記のURLから全国の配偶者暴力相談支援センターを確認することができます。相談の内容は必ず秘密にしてもらえます。精神的に、身体的に壊れる前に一度相談してみてはいかがでしょうか。

http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/soudankikan/01.html

知識を持って慎重に対処しよう

DVは、そもそもDVなのかということからその対処法まで、当事者だと判断することが難しいことが多いですし、知識がないと尚更難しいでしょう。第三者、更に言えば専門家の意見を聞きながら対処法を考えてみてください。

DV被害者は精神的にも身体的にもとてもすり減るものです。相談したり対処したり、そもそもDVだと判断する気力すら残っていないかもしれません。

もし、そういう状況に陥っている人をあなたの周囲で見かけたら本人の意向を尊重しつつ声をかけてあげてみてくださいね。

彼は大丈夫?不安な方はこちらもチェック!

ダメ男の特徴21選!ダメ男の見分け方も公開!付き合うべきでない?
物に当たる人の特徴と心理!DV旦那・彼氏への対処法は?
束縛男の特徴11選!こんな彼氏は要注意!
嫉妬深い人の特徴・メカニズムとは?嫉妬深い自分/彼氏の対処法も

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ