「もう頑張れない、仕事でうつになりそう。」と思う時はどうすべき?

仕事でストレスを抱えすぎてしまうと気づいた時には「もう頑張れない」と疲れ果てている人を良く見かけます。 今では仕事でうつになってしまい、「もう頑張れない」となってしまった人も決して珍しくありません。 今回は、頑張りすぎる人に知ってほしいことをまとめました。

「もう頑張れない、仕事でうつになりそう。」と思う時はどうすべき?のイメージ

目次

  1. もう頑張れない…うつは意外と身近な病気!
  2. もう頑張れない…そんな時はどうしたらいい?
  3. もう頑張れないと思った時の行動①リフレッシュする
  4. もう頑張れないと思った時の行動②頑張るのをやめる
  5. もう頑張れないと思った時の行動③思い切って休暇を取る
  6. もう頑張れないと思った時の行動④転職する
  7. もう頑張れないと思った時の行動⑤心療内科へ行ってみる
  8. もう頑張れない…そう思うことは恥ずかしいことじゃない!
  9. もう頑張れないと思ったときどんな風に向き合えばいい?
  10. もう頑張れないときの心の持ち方①仕事でミスしても死なない
  11. もう頑張れないときの心の持ち方②人生は仕事のためじゃない
  12. もう頑張れないときの心の持ち方③辞めてもほかに仕事はある
  13. もう頑張れないときの心の持ち方④誰しもミスやスランプはある
  14. もう頑張れないときの心の持ち方⑤時間が解決することもある
  15. もう頑張れない…そんな時は無理しないこと!

もう頑張れない…うつは意外と身近な病気!

現代社会では仕事のストレスなどから、うつにかかる人の割合も非常に増えました。
また、うつは心の風邪と言われるくらい、身近で、だれにでも起こりうるものであるということも警鐘されていますね。
仕事でストレスをためすぎてしまい、知らず知らずのうちに心が疲れ切ってしまう、気が付いた時にはうつの症状が出ていたなんて人も少なくありません。
まさか自分がうつになるはずがないと思い込み、治療が遅れてしまうことも多くあります。

仕事をしているとどうしても様々な人間とのかかわりがあり、仕事上の立場があり、仕事の付き合いがあり…など、ストレスはつきものです。
適度なストレスはいい刺激となり、人生において必要ではありますが、時にストレスは自分自身を苦しめることにもなりかねません。
特に、うつが風邪と同じくらい身近になってきている現代ですから、仕事で「つかれた」と感じるようなときには、しっかりと自分の心と向き合い自分を大切にするようにしましょう。

もう頑張れない…そんな時はどうしたらいい?

では、実際に「もう頑張れない」「つかれた」と思ってしまったとき、具体的にはどのような行動をとればいいのでしょうか。
仕事につかれたとき、無理にその気持ちを奮い立たせることはかえって逆効果になってしまい、うつを呼び起こしてしまうことも少なくありません。
仕事をもう頑張れない、つかれたと思うことは、心からのヘルプサインだととらえしっかり行動に移すようにしましょう。

では、心がつかれたとき、仕事をもう頑張れないと感じた時にどう具体的に行動すればいいのか、ですが以下の5つの方法があります。
激務の人や仕事場の雰囲気、仕事の繁忙期など時と場合によってはすべてをすぐに実践できるわけではないと思いますが、こういった方法を少しずつでも実践して、疲れた心を癒し、うつを予防していくようにしましょう。

もう頑張れないと思った時の行動①リフレッシュする

まず第一に、もう頑張れないと思ったときにはリフレッシュすることを心がけましょう。
心だけをリフレッシュさせるというのはなかなか難しいことだと思います。
仕事の悩みを考えないようにすればするほど、仕事のことを考えてしまうなんてよくある話ですよね。

仕事で疲れた時のリフレッシュとしては、具体的な行動でリフレッシュすることです。
趣味に没頭する、ひたすら寝る、スポーツなどで思いっきり体を動かす、ドライブに行く、美容院に行くなどなんでもいいです。
自分の気持ちがルンルンになる行動を一度してみましょう。

■参考記事:リフレッシュする方法って?コチラも参照!

疲れを癒す方法7選!心と体の疲労を癒やしてリフレッシュ!
仕事が忙しい時の乗り越え方11選!リフレッシュしよう!

もう頑張れないと思った時の行動②頑張るのをやめる

もう頑張れないと思ったときは、頑張るのをやめるというのも一つの勇気です。
仕事でいくら情熱をもってやっていても、その熱意が報われなかったり、逆に裏目に出てしまうこともありますよね。
まじめな人ほど、「こんなに頑張ったのにどうして…」などと悩んでしまいがちです。
そうなると、自分の熱意と会社の現実との板挟みでもがき苦しむのは自分なのです。

大きな会社ほど保守的で、自分がどんなに熱意をもって仕事をしていてもマニュアルに縛られ、顧客やクライアントにとって正しいことをしても叱られたりしてしまうことがよくあります。
保守的過ぎて、時代の流れについていけていない会社のルールが守られ続けているのもよくあること。
大きな会社ではその改革をすぐに起こすのは非常に難しいのです。
だからこそ、まじめで熱意のある人ほど、心がつかれてしまいがち。
熱意をもって行動することは非常にいいことですが、心がつかれたときには焦らず、いったん頑張るのをやめてみましょう。

■参考記事:「いい人」をやめると人生が変わる?コチラも参照!

いい人をやめる方法11選!いい人をやめると人生が良くなる?

もう頑張れないと思った時の行動③思い切って休暇を取る

もう頑張れないと思ったとき、思い切って休暇をとってみるのもいいでしょう。
職場に行って「頑張らない!」と思っても、なかなか仕事を目の前にすると難しいこともあると思います。
可能ならば2日くらい連休をもらったり、土日などの定休とつなげて連休にして旅行に行くなど、しっかり休めるくらいの期間の休暇をとってみましょう。

休暇がもし取れたら、旅行に行くなどして日ごろの悩みを考えなくてもいいような場所に行くことをおすすめします。
家にいるとどうしても考えてしまいますから、旅行などの見知らぬ土地で、観光などをして仕事のことなど考えることもできないくらい楽しんでみましょう。

もう頑張れないと思った時の行動④転職する

もう頑張れないと思ったときは、転職するのも一つの手です。
会社によって雰囲気やしきたりなどはそれぞれ全く違いますから、人によってそれに合う合わないがあるのも当然のこと。
この世にゴマンとある会社のたった一つの会社と方針が合わないだけで「自分は社会に適応できない人間だ」と卑下することはありません。

今は熱意のある革命を起こすような若手を積極的に採用しているようなベンチャー企業もありますし、転職者自体がどんどん増えている分、受け入れ体制もかなり整ってきています。
昔のように、転職したら新卒の子とのかかわりが気まずい…なんてことも減ってきているわけです。
今の仕事に限界を感じたら、一度転職を視野に入れてみるのもいいでしょう。

もう頑張れないと思った時の行動⑤心療内科へ行ってみる

もう頑張れないとおもってとき、一番いいのはやはり心療内科へ行くことです。
心療内科は、「精神科」というイメージで、通うことに抵抗がある人もまだまだ多いとは思いますが、まったく暗い雰囲気でもありません。
先生の方針によって異なりますが、最初は専門の人に悩みを聞いてもらう、というくらいの気持ちでいってみて大丈夫です。

専門家に聞いてもらうだけでも気持ちはすっきりしますし、はっきりと「うつ」と診断がつかなくても、症状によっては投薬治療なども可能です。
心の状態に対して薬?と思うかもしれませんが、ホルモンバランスを整えたりと投薬治療で気持ちの浮き沈みを抑えるなど症状が緩和されることも多いので、一度相談してみてください。

もう頑張れない…そう思うことは恥ずかしいことじゃない!

いかがでしたか?
もう頑張れない、心がつかれた時に実践する具体的な行動について5つ紹介させていただきました。
実践できそうなものはあったでしょうか。
心がつかれた時にはまずはいったん心を休めてあげることが大切です。
長い人生の中で、定年まで働くとしても仕事をしている期間って非常に長いですよね。
それだけ、私たちの人生は仕事で大きく左右されるともいえるのです。

だからこそ、仕事がつらい、つかれたと思うときにきちんと対応しなければ、つかれた心は癒されることなく長い人生ずっとつかれた状態で過ごしてしまうことになりかねません。
冒頭にも申し上げた通り、うつの患者数は年々増えています。
これは、うつになる人が増えたということもありますが、加えてうつの症状が出た時にきちんと心療内科にいき診断を受け、うつと向き合っている人が増えたということでもあるのです。
心がつかれた、うつかもしれないと思っても、それは決して恥ずかしいことではありません。
しっかり心のヘルプサインを見逃さないようにしましょう。

もう頑張れないと思ったときどんな風に向き合えばいい?

では次に、心がつかれた、もう頑張れないと思ったときに、どんな風にその物事と向き合っていけばいいのか、精神論の話をさせていただきます。
すでに紹介した具体的な行動を移すには抵抗がある、なかなか人生で大切な仕事をすぐにやめたりできないというような人が多いのはもちろん当然です。
今の仕事をしながらも、自分の気持ちの持ち方を変えるだけでも疲れた心が緩和されることも多くあります。

ここからは、もう頑張れないと感じた時に、どのような気持ちで仕事にのぞめばいいのか、その心理について紹介していきます。
すぐにこういう風に考えることは無理だとしても、意識的にマイナス思考になってしまったときに思い出すなどしてみてください。
マイナスに考え出して、負の連鎖が止まらなくなってしまうことを防止することもできますから、非常に効果的です。
心で考えることは誰にもばれないし迷惑をかけませんから、ぜひ思い切って実践してみてくださいね。

もう頑張れないときの心の持ち方①仕事でミスしても死なない

もう頑張れないときの心の持ち方として、「仕事でミスしてどんなに叱られても、命までは取られない」ということが挙げられます。
仕事でミスして叱られたり、周りの人に迷惑をかけてしまったら落ち込みますよね。
でも、落ち込んでも次の成功につながるわけでもありませんし、失敗が帳消しになるわけでもありません。
落ち込んだ状態で仕事をしていると集中力が低下し、余計に失敗が増える可能性も。

もう頑張れない…とまで思ったときには、「まあ、命を取られるわけでもないし」といい意味で開き直って次に行きましょう。
大切なのは、失敗からいかに成長するかどうかです。
くよくよせずに、同じ失敗を繰り返さないように気持ちを切り替えるほうがより効果的なのです。

■参考記事:仕事でミスが多い…、その防ぎ方はコチラをチェック!

仕事のミスが多い人の原因と習慣9つ!ミスを防ぐには?

もう頑張れないときの心の持ち方②人生は仕事のためじゃない

私たちは大学や専門学校など、最後の学校を卒業したらほとんどの人が当然のようにそのまま新卒で就職し、仕事人生を迎え何十年も働き続けるわけですが、決して働くために生きているわけではありません。
日々忙しく時間を過ごしていると、ここの部分がぼやけてしまい、会社のために生きているような錯覚に陥ってしまいます。

でも、間違ってはいけません。
私たちは、自分で好きなものを食べて、自分の好きな服を買ったり趣味を楽しんだりするためのお金を手に入れるために働いているのです。
働くために生きているのではなく、生きるために働いている、そう考えると今の会社で働き、自分の心を削るのがちょっと馬鹿らしく感じて来るはずです。

もう頑張れないときの心の持ち方③辞めてもほかに仕事はある

もう頑張れないとまで悩んだ時には、前述のとおり転職を考えるのも一つの方法です。
ただし、家庭もっていたり、地方の会社などで就職先が限られているなど、転職が現実的ではない場合もありますよね。
そんな時は、心だけでも、「こんな会社辞めてもいつでもほかに仕事につけるわ」と思うようにしてみましょう。

「クビになったらどうしよう」「会社で好成績を残して出世しなければ…」そんな焦りが余計にうまくいかないようにしてしまい、心を疲れさせてしまう原因にもなります。
逆に「別にここで働くことにこだわってないし」くらいの気持ちで向き合うことで、のびのびと仕事をすることができ、心にゆとりをもてるのでいい方向に向かいますよ。

もう頑張れないときの心の持ち方④誰しもミスやスランプはある

もう頑張れないと思ったとき、「誰しもミスやスランプはある」ということを思い出してください。
どんなに成功している人だって、一度は取り返しのつかないような大きなミスをしていたり、スランプに陥ってやることなすこと裏目に出てしまったような時期があるはずです。
むしろ、そんな時期もなく平和に何事もなく過ごしてきた人は成功しません。

いま世界的に有名な社長や成功者と言われる人たちも、ミスやスランプを乗り越えて今があるわけです。
人が耐えているからあなたもそれに耐えましょうという意味ではありません。
「つらいのはあなただけじゃない、人生そんなものだよ」という風にとらえることで、気持ちが楽になることもあるはずです。

もう頑張れないときの心の持ち方⑤時間が解決することもある

もう頑張れないと思って知った時には、「時間が解決するかも」という発想も持ってみてください。
長い仕事人生の中で、ずっと同じ仕事、ずっと同じ立場ではないですよね。
新人から始まり、先輩になり上司になり、中間管理職になり…とどんどん立場は変わっていきます。
その都度、その立場での悩みも出てきますよね。

でも、そんな期間もいつかは終わります。
最終的に定年を迎えて退職すれば絶対に終わりますよね。
つまり、仕事の悩みについて、時間が解決してくれることは非常に多いのです。
今はつらい時期かもしれませんが、時間がたてば「あの頃はつらかったな」と思い出になることも多くあると思います。
それまでは、前述の考え方を駆使しながら過ごしていくというのも自分を守る一つの手なのです。

もう頑張れない…そんな時は無理しないこと!

いかがでしたか?
もう頑張れないときの心の持ち方について、5つ紹介させていただきました。
何度も言いますが、今の日本人の人生は、その人生のほとんどの期間が仕事に使われています。
人生だけでなくもっと小さく言えば1日の起きているうち半分以上は仕事が占めているという人も多いですよね。
だからこそ、人生において仕事の選び方や働き方というのは非常に大切なのです。
まじめな人ほど、「もう頑張れないと感じた今こそ頑張り時だ!」と無理をしてしまいがちですが、決してそれだけではありません。
長い会社人生のうち、休む時があってもいいのです。

もう頑張れないと感じ、仕事がつらい人はぜひ今回紹介した具体的な行動と、精神論の話を参考にしてみてください。
一度しかない人生を仕事に支配されてしまうのではなく、うまく仕事をこなしながらあなたなりの人生を楽しむほうが絶対にいいですよね。
無理に頑張りすぎず、時には気楽に構えながら、メリハリをつけて仕事をしていくことが何事もうまくいくコツですよ。
決して無理せず、上手に心のバランスをとって生活していきましょう。

仕事がうまくいかない時、もっと情報を知りたいアナタに!

気にしすぎる性格を直したい人必見!病気が原因?克服方法7選!
言葉が出てこないのは病気かも!ストレスが原因?予防するには?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ