気にしすぎる性格を直したい人必見!病気が原因?克服方法7選!

急に心配や不安の感情に襲われて、仕事や勉強に集中できない気にしすぎる性格の人がいます。一度、不安や心配の感情が出てくると、そわそわして仕事、勉強どころではなくなってしまいます。このような気にしすぎる性格というのは直すことはできるのでしょうか?

気にしすぎる性格を直したい人必見!病気が原因?克服方法7選!のイメージ

目次

  1. 気にしすぎる性格の人
  2. 気にしすぎる性格の心理 (1)責任感
  3. 気にしすぎる性格の心理 (2)心配性
  4. 気にしすぎる性格の心理 (3)気持ちを切り替えられない
  5. 気にしすぎる性格の心理 (4)完璧主義
  6. 気にしすぎる性格の心理 (5)頑固
  7. 気にしすぎる性格の心理 (6)気にしすぎ症候群
  8. 気にしすぎる性格の心理 (7)過小評価
  9. 気にしすぎる性格の改善方法 (1)自分を捨てる
  10. 気にしすぎる性格の改善方法 (2)気楽に考える
  11. 気にしすぎる性格の改善方法 (3)気にしない
  12. 気にしすぎる性格の改善方法 (4)対策を考える
  13. 気にしすぎる性格の改善方法 (5)時間と量を減らす
  14. 気にしすぎる性格の改善方法 (6)思考を変える
  15. 気にしすぎる性格の改善方法 (7)考える時間を減らす
  16. 良い面は残そう

気にしすぎる性格の人

何をするときでも相手の顔色を伺ってしまう人がいます。周囲から見れば、「そんなところまで気にする?」と思ってしまうような内容まで神経質になって気にしてしまいます。このような気にしすぎる性格の人は、自覚している人も多く気にしすぎる性格を直したいと思っている人も多いです。

気にしすぎる性格には改善方法はあるのでしょうか?また、気にしすぎる性格になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

気にしすぎる性格の心理 (1)責任感

責任感が強すぎると気にしすぎる性格になってしまう原因となってしまいます。責任感が強いと、自分の取った行動や発言に問題があってはいけないと考え、神経質になってしまいます。すると、自分の取った行動や発言によって問題が起こらないか?ということに注意を払いすぎてしまう状態になります。

自分の行動や発言に注意を払うということは、問題を未然に防ぐという大きなメリットがあります。しかし、必要以上に慎重になることで、作業が慎重になりすぎたり、確認に時間がかかったりなどのデメリットが出ます。なので、気にしすぎる性格の人は正確な行動をする代わりに、行動が遅いという特徴があります。

■関連記事:責任感が強い人について知りたい方はこちらもチェック!

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

気にしすぎる性格の心理 (2)心配性

気にしすぎる性格になってしまう原因の中で、最も多いのは心配性です。ちょっとしたことも気になってしまい、他のことに集中できなくなります。さらに、その心配も過剰なものであったり、取り越し苦労のようなものが多いです。

なので、普段から心配の要素を作らないように心がけています。しかし、心配の要素を作らないようにするということは、自分の行動に不備がないか確認する必要があります。このときに余計な時間を取られてしまいます。また、どんなに注意していても心配な要素を完全に消すことはできません。不意に心配な感情が起こることもあり、心配の感情に襲われるとそわそわとして、他のことに集中できなくなってしまいます。

■関連記事:心配性の克服方法についてはこちらもチェック!

心配性を克服する方法9選!心配性の心理も教えます

気にしすぎる性格の心理 (3)気持ちを切り替えられない

職場や学校に着いてから、「家の鍵を閉め忘れたかもしれない」と心配になったことは多くの人が経験したことがあるはずです。このようなとき、多くの人は気にはなるものの、職場や学校から出て家の鍵を確認しに行くことはできないため、とりあえずは気持ちを切り替えて仕事や勉強に集中するようにします。そして、帰宅のときに急いで帰って鍵の確認をします。

気にしすぎる人は気持ちの切り替えが苦手なので、いつまでも鍵のことを気にしてしまいます。そして、鍵のことが気になりすぎて、仕事や勉強に集中できなくなってしまいます。また、心配や不安の感情を1日中、抱えたままの状態になるので、ストレスも大きく感じてしまいます。

気にしすぎる性格の心理 (4)完璧主義

完璧主義であることも気にしすぎる性格になってしまう原因になります。完璧主義な人が仕事をするときは、与えられた仕事をこなすだけでなく、さらに、考えられるトラブルにも先に備えておこうとします。起こりえないような小さなトラブルも予想して、対策を立てたりします。

仕事などでトラブルを未然に防いだり、トラブルが起きたときの対策を用意しておくことは重要なことです。しかし、完璧主義者は必要以上に準備をしすぎてしまいます。必要以上の準備をした時間は削れるはずの時間なので、早く体を休めたり、別の作業に割り振ったりできるはずの時間です。完璧を求めるがあまり、効率が悪くなってしまいます。

また、仕事は複数人で行うことが多いので、完璧主義者は自分だけでなく、完璧な仕事を周囲の人にまで求めるようになります。周囲の人が完璧主義者でない場合は、余計な作業量が増えることにストレスを感じてしまいます。また、本人も仕事の質を求めて効率を下げてしまっているので、仕事が溜まっていきます。その溜まった仕事も完璧にしようと悪循環が起こるため、心身ともに大きな負担をかけている場合が多いです。

気にしすぎる性格の心理 (5)頑固

特定のことに強いこだわりを持つ人も気にしすぎる性格になってしまう原因になります。こだわりが強いと周囲のアドバイスも耳に入らなくなり、頑なに自分のやり方を突き通そうとします。これは自分のやり方が一番正しいと思い込んでいる場合があります。

このような人は柔軟な思考ができないので、新しいことを取り入れようとする意識が低くなりがちです。新しいことを取り入れると今までの安定を崩す可能性があります。その安定を崩すことを気にしてしまいます。

気にしすぎる性格の心理 (6)気にしすぎ症候群

気にしすぎる性格の原因が気にしすぎ症候群という病気であることもあります。この気にしすぎ症候群という病気は若い世代に増えてきているようです。

過剰に物事に対して気にしすぎると、不安や心配の感情に押しつぶされてしまい、苦しい思いをしてしまったり、不安や心配ごとがあることで、眠れなくなってしまったりします。

誰にでも心配や不安の感情はありますが、気にしすぎ症候群の人は、他人からすると理解できないような些細なことで不安や心配の感情を持ってしまい、心理的に追い詰められてしまいます。気にしすぎ症候群の人の中には、他人と会話したときに、あまり盛り上がらなかったというだけで、相手から嫌われてしまって、次は話してくれなくなるのではないか?と心配したりします。

気にしすぎは病気の原因になる?

気にしすぎる性格は、自分自身に負担をかける性格でもあります。なので、気にしすぎ症候群以外にも別の病気の原因になってしまう可能性もあります。

気にしすぎの性格でなりやすい病気の1つにうつ病があります。人の目や評判などを気にするがあまり、ストレスが溜まりすぎて体が壊れててしまいます。また、完璧主義者は過剰適応症候群という病気になる可能性があります。これは簡単に言うと、人や環境などに合わせることに頑張りすぎて、体を壊してしまう病気です。

気にしすぎる性格の人の全てがこのような病気になるわけではありませんが、このような病気もあるということを知っておくことで、対策や注意を払うことができます。

気にしすぎる性格の心理 (7)過小評価

気にしすぎる人の中には自分に対して過小評価しすぎている場合があります。このような人は必要な能力が整っているにも関わらず、自分で能力不足と思い込んでいます。なので、足りていないと思い込んでいる能力分を補おうという心理が働きます。その心理的行動の中に、物事を丁寧に進めるということが含まれることがあります。ミスなどがないように丁寧になりすぎることで、気にしすぎる性格となってしまう原因に繋がります。

気にしすぎる性格の改善方法 (1)自分を捨てる

気にしすぎる性格は慎重になれるというメリットもありますが、心配や不安の感情を必要以上に持ってしまったり、その感情のために神経質になりすぎてしまったりなどのデメリットもあります。これらのデメリットを無くしたいので、気にしすぎる性格を直したいと考える人は少なくありません。

頑固な性格の人は自分の意見を忘れてしまいましょう。頑固な人は新しいことに取り組む姿勢が弱くなりがちです。新しいことを取り入れるためには、今まで自分が持ってきた価値観を一旦、横においておく必要があります。そうしないと、他人からの意見や、新しい情報が自分の価値観に邪魔されてしまいます。性格を直すことは難しいことです。なので、これは簡単な改善方法ではありません。しかし、ときに意識を変えるだけで簡単に直ってしまうこともあります。

気にしすぎる性格の改善方法 (2)気楽に考える

責任感が強すぎると、自分の行動や発言に問題がないように神経質になりすぎてしまいます。しかし、これは必要以上に神経質になりすぎている場合が多いです。なので、自分の行動や発言をもっと気楽なものとして捉えましょう。気にしすぎる性格の人は普段から神経質になりすぎているので、気楽に考えるくらいがちょうど良いさじ加減になります。

気にしすぎる性格の改善方法 (3)気にしない

気楽に考えることと同じような改善方法です。気にしすぎることを直したい人は気楽に考えようと思っても、神経質になりやすい性格であれば、どうしても気楽に考えられない人もいます。そのような人は、思い切って考えることを止めてしまいましょう。不安や心配の感情が襲ってきても気にしないことで、気楽になれます。

気にしすぎる性格の改善方法 (4)対策を考える

気にしすぎる性格を直したいと思っても、性格のことなので簡単に直すことはできません。そのようなときは、心配や不安の要素に対して、1つ1つ対策をして、その要素を潰していくしか改善方法がありません。

鍵の閉め忘れが不安になるのであれば、鍵を閉めた後に確認を怠らず、指差し確認をしたり、よく物をなくすのであれば、定位置を決めたり、メモやチェックリストを作るなど、やりすぎと思えるくらいの対策を用意しましょう。いろいろな場所で効率が悪くはなってしまいますが、神経質になるべき部分を変えることで、心配や不安に思うことが減り、仕事や勉強に集中できるようになります。

気にしすぎる性格の改善方法 (5)時間と量を減らす

これは気にしすぎる性格を直したいと思う人の訓練に近い改善方法です。特に気にしすぎ症候群の人におすすめの改善方法です。どのようなことでも急に変化させることは難しいです。なので、気にしすぎてしまう要素を少しずつ減らし、気にしすぎている時間も意識して減らしていきます。

気にしすぎる性格の改善方法 (6)思考を変える

これも気にしすぎ症候群に有効な手段です。気にしすぎるということは、その後に起こるかもしれない出来事に対して不安や心配の感情を持つということです。これはネガティブな方向に思考が向いているために起こります。気にしすぎる性格には慎重に物事を判断する、丁寧な仕事ができる、トラブルに事前に備えられているなど、多くのメリットもあります。

ネガティブな感情になりそうな時は、このようなポジティブの感情に思考を変えることで、心配や不安の感情が生まれる回数を減らすことができます。

気にしすぎる性格の改善方法 (7)考える時間を減らす

そもそも気にしすぎる人は、物事をあれこれと考えすぎるために不安や心配の感情に襲われてしまいます。これは時間をかけて自ら心配や不安を探しに行っているような状態です。なので、物事を考える時間を減らしてしまうことで、気にしすぎる回数を減らします。

良い面は残そう

気にしすぎる性格の人の中には、その性格を直したいと考える人もいます。しかし、気にしすぎる性格にはデメリットだけでなくメリットになる部分も多くあります。気にしすぎ症候群のような病気であるならば治す方が良いですが、性格であれば、その性格を直すことでメリットまでなくしてはもったいないです。

気にしすぎる性格を直したい人は完全に直すのではなく、良い面は残すようにしましょう。

もっと悩みの克服方法について知りたいあなたへ

気が小さい人の特徴・心理!克服する方法も解説します!【必見】
説明下手の人の特徴!原因と克服方法は?説明の練習をしよう
口下手な人の特徴!克服方法も解説!しっかり改善しよう
時間にルーズな人の特徴7選!「時間にルーズ」を克服するには?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ