人間嫌い診断で性格と心理がわかる!人間関係のストレスをチェック!

あなたは人間が好きですか?同じ人間であっても「人間嫌い」という言葉が存在するために現代社会では生きづらい性格を抱えている人がいます。そんな悩んでいる人は人間嫌い診断で抱えている対人ストレスチェックをしていきましょう。人間嫌い診断の項目をご紹介します。

人間嫌い診断で性格と心理がわかる!人間関係のストレスをチェック!のイメージ

目次

  1. 急増中!人間関係がストレスで仕方ない人たち
  2. 人間嫌いな人の特徴
  3. 人間嫌い診断でチェックしてみよう
  4. 人間嫌い診断テスト①一人の時間が何よりも大切
  5. 人間嫌い診断テスト②人と関わることが苦痛
  6. 人間嫌い診断テスト③誰かと会話しても盛り上がらない
  7. 人間嫌い診断テスト④精神的な病気を持っている
  8. 人間嫌い診断テスト⑤他人は信用できない
  9. 人間嫌い診断テスト⑥周りは皆敵と感じている
  10. 人間嫌い診断テスト⑦自分の世界がある
  11. 人間嫌い診断テスト⑧他人に興味がない
  12. 人間嫌い診断テスト⑨感情の浮き沈みが激しい
  13. 人間嫌い診断テスト⑩他人を見下す
  14. 人間嫌い診断テスト⑪自分らしさを第一にする
  15. 人間嫌いを克服するためにできること
  16. 人間嫌いだからこそ生きやすい生活を作ろう

急増中!人間関係がストレスで仕方ない人たち

細かいことは気にしない、アクティブで人と関わることを生きがいにした結果、仕事も接客業などを選んだ人もいれば、反対に人と極力関わらない生き方をしてひっそりと生活している人もいます。現代人は働いている人も多く、専業主婦と呼ばれる立場の女性も少なくなり、社会に進出している時代です。

そのため、社会に出ている人の多くは人と関わることにストレスを感じているでしょう。対人関係はトラブルに発展すると面倒ですから、繰り返していくと人間嫌いになってしまうのは仕方のないことかもしれません。

実際に人間が嫌いという人は多く、接客業などの毎日見知らぬ人と接することを仕事としている人でも心の奥底では過度なストレスを感じ、自分以外の人間は信用しないと強い信念を抱えている人も存在します。顔では平然としていても人間が嫌い、苦手と感じている人は目に見えないだけで非常に多い現状だと言えます。

そんなストレスフルな状態で生きるために半強制的に人間関係の波にもまれた人たちは嫌な思いを繰り返し受けることで苦痛を感じ続け、次第に自身の中ではっきりと「人間が嫌い」だと答えが生み出されます。

人間嫌いな人の特徴

人間が嫌いだと自負している人も多いと感じますが、そんな人間嫌いな人の特徴には優しい性格をしていることや、感受性の強い性格をしている面が挙げられます。物の受け取り方が一般的な人よりも強かったり、優しい性格で言いたいことを言えないような消極的な性格の人は生きづらいと感じ、同じ人間であっても嫌いだと感じるでしょう。

しかし、こういった性格や特徴を持っている人にとっては言葉の通じる同じ人間だからこそ嫌いと感じている部分もあります。言葉の暴力など、体を使う以外に口から出る言葉でも他人を傷つけることはいくらでも可能です。

そのため、傷つきやすい人や冗談の通じない人なども人間を嫌いだと感じる人の特徴となるでしょう。

他にも人間が嫌いな人の特徴にはもともと一人が好きであったり、過去に付き合っていた人間に難があったりと良い人間関係を築けなかったことも特徴として挙げられます。そういった部分では総じて人間関係の上手な付き合い方を知らなかったという特徴があるので、人間嫌いだからといっても悪い人ではありません。

反対に様々な人間の良し悪しの面を見ることのできる洞察力や観察力のある鋭さなどの特徴も持っているため、人間が好きな人と比較すると気にしなくて良い部分まで目についてしまうのも特徴の一つと言えるでしょう。

人間嫌いな人は消極的な特徴もありますが、一概に全ての人に当てはまるとは言えません。中には先ほどお伝えしたように過去の人間関係でトラブルが発生して結果的に人間嫌いになってしまった人も存在するため、人間嫌いだからといって異様な視線を送らないようにしましょう。

人間嫌い診断でチェックしてみよう

人間嫌いの人の特徴などが判明したところで次は人間嫌い診断について触れていきましょう。特徴とは別に普段何気なく取っている行動や思っている感情が実は人間嫌いだったということに繋がります。

また、罪悪感を感じやすい人は自分以外の人間を嫌いになってしまうことに対して罪悪感のようなものを感じてしまうことも原因となり、それがまたストレスに繋がってしまいます。あなたが取っている行動や思っている感情に対してテストし、チェックしてみることですっきりするかもしれません。

人間嫌い診断テスト①一人の時間が何よりも大切

何でも一人で行ってしまうような自立心のある人間は誰からも尊敬の眼差しで見られます。もともとの性格上、人間嫌いだという人も一人の時間を大切にしている面はありませんか?誰かといる時も早く一人になりたいと感じ、実際に一人の空間が確保できると心の底から安心する心理になります。

そのため、一人の時間が何をやってても確実に確保したいと感じている人は人間嫌いの可能性があります。しかし、集団でいることを好む人がいるように一人の時間の方が好きという人もいますので、一人でいる方が好きだからといってもそれは原因になりませんし、悪いことでもありません。

人間嫌いで一人になりたいという人は一人になって初めて日々の対人ストレスから解放されますから、一人の時間を大切にしたい人は性格上、自立心が強いことも特徴として挙げられるでしょう。

■参考記事:一人でいるのが好きな人の性格・向いている仕事は?

一人が好きな人の特徴と性格・心理!仕事のおすすめは?

人間嫌い診断テスト②人と関わることが苦痛

人間嫌いでチェックしたい項目は、最も重視したい「人との関わり」についてです。人と関わることが性格上、元から嫌いという人もいますが、苦痛を受けるほどのストレスや違和感を感じる心理はそれらが原因となるため、人間嫌いだと言えるでしょう。

人間嫌いでもまだ親しい人間との関わりは苦痛だと感じないタイプもいます。その場合、あまり面識のない相手や酷い場合だと友人などに人間嫌いが発動します。しかし、この手のタイプは純粋に親しい間柄ではない人との交流が苦痛だけですので比較的自分らしい時間を過ごすことができるでしょう。

人間嫌い診断テスト③誰かと会話しても盛り上がらない

あなたは人と会話している最中、場の盛り上げ方をご存じでしょうか?仲の良いなんでも言える相手であれば言葉を選ぶ必要も少なくなるため比較的気持ちは楽に会話を盛り上げられますが、何らかの事情で会話の間を持たせなければならなくなった時はあまり盛り上がらずに気まずい思いをしたという人も多いのではないでしょうか。

お互いに共通して盛り上がる話題があれば良いのですが、現実はそう上手くできていません。そのため、親しくない相手との会話を盛り上げることができずに会話が終了してしまい、何とも苦い体験をしたという人も多いでしょう。そんな会話自体を苦手としている人は自然と他人との会話が苦痛に感じる心理に陥り、人間嫌いの原因となります。

人間嫌い診断テスト④精神的な病気を持っている

あまり表には口に出せないことですが、ストレスがフルな現代人は精神的な病気を知らないうちに持ってしまっていることが多いです。病気と聞くとあまり良いイメージは持ちませんが、精神的な病気を患うと実際に人間全てが悪いものに見える心理のため、原因の一つとなるでしょう。

精神的な病気は精神だけではなく肉体にも影響を与えます。自覚していない本人は病気になっている認識がないのが厄介で、人間を嫌いとしている原因は自分にあるのだと感じて自分を責め、病気ということを少しも可能性に入れずに更に抜けられない闇のトンネルをグルグルとループしてしまっている状態です。

人間が嫌いとしている原因や病気などは様々ありますが、人間が嫌い、怖いなどと感じる場合は正常な判断ができなくなっている可能性もありますので病気を良くするために専門の機関に相談に行くことも視野に入れておきましょう。

誰しもが病気などなりたくないという心理が働くため、もし病気だと診断を受けたら…と心配される人もいるかもしれませんが、手遅れにならないためにも立ち向かう勇気が必要です。


しかし、病気のようにただ単純に人間がとにかく嫌いと感じている人もいます。そういった人は過去に何か対人トラブルが続き、ストレスを受け続けた結果によるものですので過去を遡りながらなぜ病気のように人間が嫌いなのか考えてみるのも一つの解決策に繋がる場合があります。

■参考記事:病み期かもしれない、と感じたらコチラもチェック!

病み期の心理的症状と3つの脱出法を解説!

人間嫌い診断テスト⑤他人は信用できない

あなたには誰か心から信用、信頼できる人がいるでしょうか?もしそんな心理になれるような人はいないと答えた人は人間嫌いに該当するかもしれません。チェック項目としての他人を信用するという行為は人と人との繋がりや関係を築いていく上で非常に重要なものです。

そんな信用がない人との付き合いはするだけ無意味ですし、関係を築いたとしても脆い関係が故にすぐに崩壊するでしょう。人との付き合いをストレスだと感じている他にそもそもストレスを受けるほど他人を信用、信頼していないという心理を抱いている人は根っからの人間嫌いですし、人間が嫌いとなる原因でもあります。

人間嫌い診断テスト⑥周りは皆敵と感じている

上記でお伝えした自分以外の他人を信用、信頼していない心理であることも人間嫌いのチェック項目として入りますが、その点より更に上を行く「そもそも周囲に存在する人間は皆敵だ」と感じている人は高い確率で人間嫌いにチェックを入れることができるでしょう。

自分以外のしかも他人は皆敵だと信じて止まないという人は自分以外の人間をそもそも同じ人間という生き物だと認めていません。敵だと感じている人には自身の性格や情報、話題に至るまで口にすることはありませんから、周囲にいる人間は皆敵だと鋭い視線を送りながら生活している人は人間嫌いに該当します。

人間嫌い診断テスト⑦自分の世界がある

人間嫌いの人の性格上、心理には自分の世界観を強く持っているため、他人が口にする世界観や意見に共感できないといった面があります。自分の世界は誰しもにあるものですから珍しいことではないのですが、強く自分の世界観を持っていると他人の意見に共感などの意味のない行為はしたくない、するべきではないと感じ、他人と必然的に距離が遠ざかっていきます。

そのため、人間嫌い人のチェック項目に自分の世界観を強く持っている人は人間嫌いであることが考えられるでしょう。同じ人間であっても人それぞれに自分の世界観がありますからそれを否定されたりすると人間嫌いの人は内心腹を立てます。

人間嫌い診断テスト⑧他人に興味がない

多くの人間嫌いな人が他人に興味を持たない心理や性格をしています。そのため、例え彼女や彼氏など特定の人間ができたとしても相手との熱の差ですぐに破局になってしまうでしょう。他人に興味がないということはカップルとして付き合っても恋人の生活や性格などに興味を持ちません。

その結果、特定の相手にも興味を示さない人間嫌いな人は付き合う人間も加速して減っていき、最後には一人きりの生活を歩むことになるでしょう。しかし、そんな一人になった生活環境は人間嫌いの人にとって非常に理想な環境なので、本人にとっては痛くもかゆくもないのです。

人間嫌い診断テスト⑨感情の浮き沈みが激しい

人間嫌いな人のチェック項目は他にも感情の浮き沈みが激しいことも挙げられます。感情は人間であれば誰しもにあるものですが、人間嫌いの人は一般的な人よりも感情の浮き沈みが激しく、ちょっとしたことですぐに精神に影響を受けてしまう性格や特徴をしています。

感情の浮き沈みが激しいということは嬉しい感情もすぐに湧き上がり、楽しい気分に浸ることができますが、一度悲しい気分になったら嬉しい感情は掻き消され、悲しい気分に身を包まれるでしょう。そのため、人から投げかけられる言葉にも一喜一憂します。

人間嫌いな人はあまりにもそういった心理になる頻度が高いために疲労する回数も多い原因で人間嫌いになってしまうのです。

人間嫌い診断テスト⑩他人を見下す

チェックしたい項目の他には他人を見下すことがあるかどうかも押さえておきたいところです。人間嫌いな人はプライドが一般的な人よりも高い場合があるため、そういった人は自分が優れていると感じ、自ら他人との接触を避けるでしょう。

人間が嫌いな人は性格が優しすぎて疲れてしまった人か自尊心が高すぎて人間を寄せ付けないかの二通りにばっさりと分かれますので、他人を見下す頻度の高い人も人間嫌いとしてチェックすることができます。

また、実際に人間嫌いな人が自身に特別な才能や能力を持っていると自負している場合や、周囲の人たちから見ても有能な人間と判断される人は尚更他人を見下すでしょう。自分にはできることがなぜ他人にできないのか理解不能で、且つ低能な人種だと感じている場合もあります。

■参考記事:他人を見下す人の心理・性格は?コチラも参照!

人を見下す人の特徴と心理9選!見下してくる人への対処法は?

人間嫌い診断テスト⑪自分らしさを第一にする

性格的に消極的だったり、自身の意見をあまり表に言えないようなタイプは人のことが好きになりたくてもそれは理想で終わってしまうでしょう。人間嫌いな人の中には克服しようと人との関わりを積極的に持ち、無理に声を張り上げて明るい自分を作っていた経験をしたことがある努力家な人もいます。

しかし、克服するためにいつまでもそんなことを続けているといつしかそんな行動や言動は「自分らしくない」ということに気が付きます。その自分らしくないという考えは人間嫌いの性格や人間嫌いの素質を持っている人にとって非常に重要な問題であり、最も重視したい点でもあります。

自分らしくない行動や言動は明るく楽しい生活を送りたいと考えいてもそこにたどり着くまでに苦労が絶えないと知ってしまった時点で嫌に感じることは必至でしょう。

人間嫌いを克服するためにできること

ここまで人間嫌いな人の性格やチェック項目などをお伝えしていきましたが、人間嫌いの原因などが判明していてもまだ諦めたくないと考えている人もいるでしょう。つまり人間嫌いを克服するということなのですが、今まで人との関わりが希薄だった環境を考慮すると少々不安要素がありますよね。

しかし、人間嫌いな人は人間が全て同じだと考えている心理が原因で人間嫌いを克服できません。人間嫌いを克服するためには人との関わりを持つ他ありません。しかし、ここで重要なのは関わる人間を選ぶということです。嫌な人間とばかり関係を築こうと思っていても傷ついたり苦痛に感じるだけですから、思いやりのある優しい人で尚且つ人の気持ちが考えられる、そしてあなたのペースに合わせてくれる人との付き合いをしていきましょう。

人間嫌いを克服するために無理は必要ありません。本当に克服したいのであれば無理をせず、付き合いたい人とだけ関係を作っていくことが最も近い道筋となるのです。また、克服するためには自身がなぜ人間嫌いなのか原因を探り、自分らしさを残しつつも性格を徐々に変えていく必要も出てくるかもしれません。

しかし、それら努力は関係を築きたいと考えている人たちは必ずどこかで見ていますので無駄なことではないのです。人間嫌いを克服しようと考えている人は苦しい場面も出てきますが、どこかで克服できるような場面も訪れます。

人間嫌いだからこそ生きやすい生活を作ろう

人間嫌い診断をお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか。知らないところで人との関わりを苦としている人たちがいますから、そんな人たちと出会った際は相手のペースを考えて行動してあげたいところです。診断を受けて自分は人間嫌いなのだと判明したら克服できるような手段を取り入れつつ、生きにくい社会と少しでも上手に付き合っていける環境を作りたいですね。

人間嫌いについてもっと情報を知りたいアナタに!

人嫌いの心理の特徴と原因とは!克服方法と向いている仕事も解説
嫌いな人・苦手な人との付き合い方や接し方9選!これで楽になる!
「男嫌い」になってしまう原因とその克服方法とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ