生き急ぐ・死に急ぐの意味とは?行き急ぐ人の特徴・心理とは?

生き急ぐ人や死に急ぐ人が世の中にはいますが、生き急ぐ人や死に急ぐ人にはどのような心理や特徴があるのでしょうか。そこで今回は生き急ぐ人と死に急ぐ人の心理や特徴について紹介していきたいと思います。近くにそのような人がいる人は必見です。

生き急ぐ・死に急ぐの意味とは?行き急ぐ人の特徴・心理とは?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】生き急ぐ人や死に急ぐ人
  2. 【生き急ぐ・死に急ぐ】生き急ぐの意味
  3. 【生き急ぐ・死に急ぐ】死に急ぐの意味
  4. 生き急ぐ人の特徴と心理
  5. 【生き急ぐ・死に急ぐ】①認められたい
  6. 【生き急ぐ・死に急ぐ】②熱中することが好き
  7. 【生き急ぐ・死に急ぐ】③目標が高い
  8. 【生き急ぐ・死に急ぐ】④満たされない
  9. 【生き急ぐ・死に急ぐ】⑤死にかけたことがある
  10. 死に急ぐ人の特徴と心理を知ろう
  11. 【生き急ぐ・死に急ぐ】①後先考えない
  12. 【生き急ぐ・死に急ぐ】②死がリアルではない
  13. 【生き急ぐ・死に急ぐ】③犠牲に対する優越感
  14. 【生き急ぐ・死に急ぐ】④自己愛がない
  15. 【まとめ】生き急ぐ人も死に急ぐ人も説得は難しい

【はじめに】生き急ぐ人や死に急ぐ人

世の中には様々な人がいるもので、自分の中にはまったくない価値観を持つ人もいますし、絶対に相容れないような人もいます。自分と同じ価値観を持ち、親友のようになれるような人もいるでしょう。たくさんの人がいれば、人は千差万別ですので、このように様々な人と出会うことになります。

そして世の中には、それを感じたことがない人であれば意味をまったく理解できないような、生き急ぐ人や死に急ぐ人もいるものです。このような人にまだ出会ったことがないという人も多いでしょうが、一度でも出会ったことがある人であれば、あの人かとすぐに合点がいくでしょう。

生き急ぐ人や死に急ぐ人の行動は、そうではない人から見れば、まったく意味がわからないものです。どうしてそこまで生き急ぐのだろう、と思わず思ってしまいますし、本人に尋ねたことがある人もいるでしょう。

なかなか理解できない生き急ぐ人や死に急ぐ人ですが、彼らには彼らのルールや考え方というものがあります。そのため、意味がわからないからといって、むやみやたらに否定することもできません。とはいえ、いったいどのようなことを考えているのか、気になってしまうものです。

【生き急ぐ・死に急ぐ】生き急ぐの意味

生き急ぐという言葉の意味がまず理解できないという人も多いでしょう。生き急ぐの意味は、とにかく急いで成果を求めようするがあまり、常に焦って人生を歩んでいるという意味です。

このような意味を持つ生き急ぐという言葉ですから、あまり良い意味として使われることはありません。生き急いでいると言われたら、あまりにも早く何かを求め過ぎという意味や、急ぎ過ぎて丁寧さが失われているという意味だと解釈しましょう。

生き急ぐ人は世の中に溢れる様々な名言を、自分に投げかけられた名言だと思っているようなところがあります。だからこそ、早く結果を出さなければと、名言を鵜呑みにしてしまい、生き急ぐことになってしまうのです。

名言を自分の糧にするのはけっこうなことですが、名言に操られてしまえば意味はありません。名言はあくまで自分の中で解釈し、応用していくものです。名言をそのまま受け取り、自分に当てはめて考える人ほど愚かな人はいませんので、生き急ぐ人はいつか大きな失敗をしてしまうことになります。

【生き急ぐ・死に急ぐ】死に急ぐの意味

死に急ぐの意味もわからないという人がいるでしょう。そして生き急ぐの意味と混同している人もいるため、ここでしっかりと死に急ぐの意味を理解しておきましょう。

死に急ぐの意味は、自ら進んで死にに行くような人のことを言います。あえて、健康に悪いことや、命を縮めるような行為をして、他者から見れば、死にに行っているような人に対して、使う言葉なのです。

生き急ぐと死に急ぐはよく混同されるものですが、行き急ぐは自ら死にに行っているわけではありません。一生懸命に頑張った結果として、死にに行っているということはありますが、本人にその意識はないでしょう。

死に急ぐは本人も自分の体に悪いことや寿命を縮めていることを理解しているにも関わらず、何かをやってしまうような人のことを言います。結果は同じですが、プロセスや心理は違うため、この2つの言葉は同じ意味ではないのです。

生き急ぐ人の特徴と心理

生き急ぐという言葉の意味をしっかり理解できたはいいですが、まだ生き急ぐ人がどのようなことを考えて生きているのかということは理解できません。そこでここからは、生き急ぐ人の特徴や心理を紹介していきたいと思います。

生き急ぐ人の行動自体は理解できないものですが、その心理を知っていけば、少しは生き急ぐ人のことが理解できるようになるものです。

生き急ぐ人の心理はそれほど変わった心理というわけではありません。誰の心の中にも存在する心理が少し過剰になってしまったというだけのことですので、多くの人がそこには共感できることでしょう。名言を鵜呑みにしてしまうというのも、理解できないことではないはずです。

ではさっそく生き急ぐ人の特徴と心理を紹介していきたいと思います。生き急ぐ人の正体を知ることにも繋がるため、身近に生き急ぐ人がいる人は、しっかりと読んでおきましょう。

【生き急ぐ・死に急ぐ】①認められたい

アメリカのファイナンシャルアドバイザーであるステファン・M・ポーランの名言にこのような名言があります。「人は何歳になっても、どれだけ成功したとしても、認めてもらうことに飢えている」という名言です。

この名言は多くの人に当てはまるものですが、生き急ぐ人はまさにこの典型と言うことができます。生き急ぐ人は他人に認められたいという心理が強いがために、生き急いでしまうからです。

生き急ぐ人は他人に認められたいという承認欲求が強く、誰よりも早く認められるために、努力をしたり、出世をしたいと思うものです。しかしできるだけ早いスピードでそうなりたいと望むため、無理をしてしまうというわけです。

認められたい心理は誰にでもありますが、生き急ぐ人は幼少期、両親などから褒められなかったりしたために、このような強い欲求を持つようになります。ある意味、悲しい心理でもあるということです。

【生き急ぐ・死に急ぐ】②熱中することが好き

生き急ぐ人の特徴としては、熱中することが好きという特徴がある場合も多いです。

生き急ぐ人は、学生時代から常に何かに熱中していたという特徴を持つ人が多いものです。部活や習い事など、何でも良いのですが、そのようなものに熱中していると、何かに熱中しやすいという特徴を持つようになり、熱中できるものがないと生きている感覚を得られないようになってしまうことがあります。

これ自体はそれほど悪いことではありませんが、そのせいで生き急いでしまうようになってしまえば、自分の体を犠牲にしてでも、何かを成し遂げようとするでしょう。

その結果、生き急ぐことにより、自分の健康を疎かにしてしまい、気がついたら病気が手遅れの状態にまで進行していたということもあります。夢中になるのは良いことですが、あまりにも度が過ぎると危険です。このような特徴を持つ人は注意しておきましょう。

【生き急ぐ・死に急ぐ】③目標が高い

生き急ぐ人の特徴としては、目標が高いという特徴があることも多いです。

生き急ぐ人は高い目標を持つことで、モチベーションを保ちます。そしてそれを本気で成し遂げようとするため、そこに辿りつくためには、いつまでに何をしなければならないと逆算をするものです。その導き出した結果から、少しでも遅れていると、睡眠時間を削ってでも、今の問題や仕事を解決しようとします。

仕事人という意味では良い人材ではあるのですが、このような心理で仕事をしていると、精神を壊してしまうこともあるものです。高い目標は大事ですが、急ぐがあまり、凡ミスを繰り返してしまうこともあります。

このようなことの原因も、承認欲求という心理が原因です。結局は認められたいがために、高い目標を設定してしまうのです。また、自分は誰よりもできる人間という心理もあります。プライドが高いということですので、このような人は注意しておきましょう。

■参考記事:承認欲求が強い人の心理・特徴とは?

承認欲求とは?承認欲求が強い人の特徴11選となくす方法!
褒められたい・認められたい心理が強い人の特徴!【承認欲求】

【生き急ぐ・死に急ぐ】④満たされない

生き急ぐ人の特徴としては、なかなか満たされないという特徴もあります。

生き急ぐ人はそのような生き方しかできないものですが、なぜそのような生き方しかできないかというと、どれだけやっても満たされないからです。周りから見れば、多くの人から評価されて羨ましいくらいなのに、生き急ぐ人は満足できません。

このような特徴を持っていると、どれだけ高い目標をクリアしても、まだ満たされないため、生き方を変えられず、まだ生き急いでしまうようになります。永遠に止まらないのです。

そうなってしまえば、いつかは壊れてしまうということは誰にでもわかるものです。しかし生き急ぐ人は常に飢えているため、生き方を変えられず、壊れるまで走り続けるものです。誰の言葉も耳に入らないため、その姿は死に急いでいるようにも見えてしまいます。

【生き急ぐ・死に急ぐ】⑤死にかけたことがある

生き急ぐ人の特徴としては、死にかけたことがあるという特徴を持つ人も多いです。

子供の頃、病気にかかってしまい、いつ死んでもおかしくない状況を乗り越えたという人の場合、常に死を意識しているものです。

人はいつ死んでもおかしくないと思っているからこそ、今自分が成し遂げたいことを全身全霊で成し遂げるというわけです。

死を身近に感じたことがあるからこその生き方なのですが、それが逆に寿命を縮めるような生き方だと気付かない人もいます。注意しておきましょう。

死に急ぐ人の特徴と心理を知ろう

生き急ぐ人について紹介してきましたが、ここからは、死に急ぐ人の特徴と心理について紹介していきたいと思います。

死に急ぐ人は他人から見れば、生き急ぐ人と生き方が似ていますが、その生き方はまったく別物です。

他者の目から見た生き方と、本人の中にある生き方は同じだとは限らないため、他者から見たものと、本人が実際に持っているものに差が発生してしまうのです。

これを知ることで、死に急ぐ人の心理も少しは理解できますし、生き急ぐ人との生き方の違いも明確になります。しっかりと勉強しておきましょう。

【生き急ぐ・死に急ぐ】①後先考えない

死に急ぐ人の特徴としては、後先を考えないという特徴があります。

死に急ぐ人は自分の寿命を縮めるような生き方をしていたとしても、それを深刻に捉えていません。周りからはそのような生き方ではダメだといわれても、今大丈夫だから、とまったく気にしないのです。

後先を考えずに行動する人は、どのような方法で仕事をやっても、失敗するものです。自分の体の先を考えられない人が、仕事の先を考えることはできないでしょう。高い確率で、将来、これまでやってきた方法を後悔することになります。

このようにして死に急ぐ人を説得する方法はないと言っても良いでしょう。ただ、尊敬する人や大事な異性に真剣に注意されるという方法は有効となりますので、説得したい人はそのような方法を使うようにしてください。

【生き急ぐ・死に急ぐ】②死がリアルではない

死に急ぐ人の特徴としては、死をリアルに感じていないという特徴もあります。

死に急ぐ人は様々な方法で、自分の体を痛めつけるものです。そのような方法を繰り返していれば、誰でも死に急ぐ方法だということがわかるのですが、本人はそうは思いません。

なぜなら、本人の中に死の恐怖がないからです。死自体が怖くないということではなく、死に対しての現実感がないということです。

そのため、様々な方法で自分の体を痛めつけていることを知っても、生き方は変わらないでしょう。唯一、身近な人の死がリアルさを感じさせる方法なのですが、誘発することもできないため、改善させる方法はないと思ったほうが良いです。

【生き急ぐ・死に急ぐ】③犠牲に対する優越感

死に急ぐ人の特徴としては、犠牲に対する優越感があるという特徴もあります。

死に急ぐ人が行っている方法は、いわば自分の体を犠牲にして、何かを実行しているということです。そしてその犠牲をすること自体に優越感を持っている人がいます。犠牲にしたのだから、物事がうまく回る、もしくは成功すると考えているのです。

寝る時間を削って努力をすれば成果は出ますし、食欲を我慢すればダイエットに成功するというように、何かを犠牲にすれば、成果が伴うというのが一般的な考え方です。死に急ぐ人が行っていることも、ある意味、成果は出てしまうでしょう。

しかしそこに対して優越感や快感を持っていると、もっともっと、という風になってしまい、さらに死に急ぐようになってしまいます。途中で目的が変わり、成果のためでなく、犠牲にすること自体に快感を得てしまい、それが目的となると、かなり危険です。

【生き急ぐ・死に急ぐ】④自己愛がない

死に急ぐ人の特徴としては、自己愛がないという特徴もあります。

自分の体を大切にしないということは、自分に対する、愛情がないということでもあります。ある意味、本当の意味で死にに行っているのです。

自分のことなど大切じゃないし、誰からも大切だと思われていないという思いが強過ぎると、自己愛はなくなり、自己嫌悪が強くなってしまいます。そのような人は自分の体をどれだけ犠牲にしても、何も思わなくなってしまうものです。

これはある意味、誰かに認められたいという思いのため、生き急ぐ人と同じだということになります。生き急ぐ人と死に急ぐ人は、共通している部分もあるため、しっかりと覚えておきましょう。

■参考記事:自己否定する人の心理と解消法は?

自己否定する心理・原因7選!改善方法も解説します!

【まとめ】生き急ぐ人も死に急ぐ人も説得は難しい

生き急ぐ人と死に急ぐ人を紹介してきましたが、生き急ぐ人も死に急ぐ人も、説得したところで生き方を変えさせることは難しいです。ただ、何度も言い聞かせて、真剣に説得すれば、改善してくれることもあります。大事な人がそうであった場合、根気よく、説得し続けましょう。

人の心理についてもっと情報を知りたいアナタに!

自己憐憫な人の心理と克服方法9選!
卑下する人の心理と行動は?対処法や意味も解説します!
冷めてる人の特徴・心理7選!冷めた性格なのはどうして?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ