いい人をやめる方法11選!いい人をやめると人生が良くなる?

いい人をやめる、と決断したいい人もいるのではないでしょうか。しかし、いい人だけに、いい人をやめると決断してもなかなかやめる方法を見出せないものです。そこで今回は、いい人に関する様々な情報や、いい人をやめる方法を紹介していきたいと思います。

いい人をやめる方法11選!いい人をやめると人生が良くなる?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】いい人をやめると決断しても
  2. いい人ってどんな人?いい人をやめる
  3. 【いい人をやめる!いい人とは?①】頼みごとを断れない
  4. 【いい人をやめる!いい人とは?②】怒らない
  5. 【いい人をやめる!いい人とは?③】悪口を言わない
  6. 【いい人をやめる!いい人とは?④】話の聞き役
  7. 【いい人をやめる!いい人とは?⑤】よく笑う
  8. いい人をやめる!やめたほうが良い理由は?
  9. 【いい人をやめる!デメリットとは①】お願いごとをされる
  10. 【いい人をやめる!デメリットとは②】ストレス解消できない
  11. 【いい人をやめる!デメリットとは③】反感を買う
  12. 【いい人をやめる!デメリットとは④】恋愛対象にならない
  13. 【いい人をやめる!デメリットとは⑤】利用される
  14. いい人をやめる方法を知ろう
  15. 【いい人をやめる方法①】自分の考えを持つ
  16. 【いい人をやめる方法②】嫌われることを怖がらない
  17. 【いい人をやめる方法③】信頼できる人を作る
  18. 【いい人をやめる方法④】愛想笑いをやめる
  19. 【いい人をやめる方法⑤】怒る練習をする
  20. 【いい人をやめる方法⑥】大声を出す練習をする
  21. 【いい人をやめる方法⑦】一人の時間を好きになる
  22. 【いい人をやめる方法⑧】自分で評価する
  23. 【いい人をやめる方法⑨】断る境界線を作る
  24. 【いい人をやめる方法⑩】他の喜びを知る
  25. 【いい人をやめる方法⑪】経験してみること
  26. 【まとめ】いい人をやめるためには継続が大事

【はじめに】いい人をやめると決断しても

いい人をやめる、という心理にいい人がなることも多いです。他の人からしてみれば、いい人のままでいて欲しいですし、変わる必要すらないように思います。しかし、いい人の心理は、かなり疲れるものです。

いい人は様々な人に気遣いながら、毎日を生きています。ストレス解消もなかなかできないため、自分を心理的に追い込んでしまいやすいという側面があるため、いい人であることをやめたいと思うのは、自然のことなのです。

ただ、いい人であるが故の問題がここで発生してしまいます。いい人であることが自分の中で根付いてしまい、いざやめようと思っても、やめられないということです。これでは、いつまでもいい人でいなければなりませんし、心理的にも疲れてしまいます。いったいどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回はいい人がいい人をやめるための方法と、それに必要な情報を紹介していきたいと思います。これを覚えて疲れてしまう心理から解放されましょう。

いい人ってどんな人?いい人をやめる

いい人をやめるという話ですが、そもそもいい人とはどのような人のことを言うのでしょうか。

いい人がどのような人なのかということが分かれば、いい人の心理も少しは理解することができるようになります。その心理を理解することこそが、いい人をやめるためには重要なヒントとなるため、まずはいい人の心理から理解していくことが大切です。

いい人という言葉は、人に向けて使う言葉ですので、基本的にいい人であるかどうかということは、他者が決めるということになります。その他者が決めたいい人には、実は共通するポイントがあるため、そこを切り取っていけば、いい人の心理が見えてきます。

では、実際にいい人とはどのような人なのか、そしていい人の心理とはどのようなものなのか、紹介していきたいと思います。いい人をやめると決断した人は、しっかりと読んでおきましょう。

【いい人をやめる!いい人とは?①】頼みごとを断れない

いい人の特徴としては、まず頼みごとを断れない、というものがあります。

仕事などでよく頼まれごとをすることがありますが、その仕事があまりにもひどいものだったり、自分の立場でやるべき仕事ではない、という時には、ほとんどの人が断るものでしょう。

しかし、いい人は心理的に断りたいと思っていても、断ることができません。その結果、嫌な仕事を引き受けてしまうことになり、面倒なことになってしまうのです。

ただそのような頼みごとを断れない性格は、周りの人から見れば、いい人、という風に見えます。実際のところ、断れないというだけなのですが、嫌な仕事も引き受けるいい人と周りは思ってくれるのです。

断れないという心理は、ある意味、嫌われたくないという心理でもあります。断ったら、上司に嫌われるという心理が働いてしまい、いい人は安請け合いしてしまうというわけです。

【いい人をやめる!いい人とは?②】怒らない

いい人の特徴としては、怒らない、という特徴もあります。

いい人は仕事や恋愛で、誰かから悪口を言われたり、理不尽なことをされても怒ることがありません。もちろん、心理としては怒りを感じているのですが、それを表面化することがないのです。言い方を変えれば、怒らないというよりは、怒れない、ということにもなります。

いい人は怒りを表現するのが苦手です。だからこそ、断れないという部分もあり、人に意見を言うことができなくなってしまいます。

怒りという心理は基本的に人を傷つけるものです。そのようなことになると、人に嫌われるリスクが高くなってしまうでしょう。人に嫌われることを避けたい、いい人とには、性格としてまったく逆の心理なのです。

怒れないと、人間関係はうまく行きますが、本人は苦しみます。人間関係をとるか、楽になるかという話でもあるため、いい人をやめる、と決断した人は、よく覚えておきましょう。

【いい人をやめる!いい人とは?③】悪口を言わない

いい人の特徴としては、悪口を言わない、という特徴も挙げられます。

いい人は良い人間関係を築きやすいですが、それは悪口を言わないという特徴があるからこそです。人間関係を悪くするのは、大抵の場合、悪口が引き金となります。悪口を言わないいい人は、そもそも人間関係を悪くするリスクがないということになるため、良い人間関係を築きやすいのです。

悪口を言わないという心理も、基本的には人に嫌われたくない、という心理です。しかし、ここにはもう一つの心理もあります。それは、あまり人を信用していないということです。

人を信用していれば、この人であれば悪口を言っても、他の人に言わないだろう、と思うものです。しかしそれを言わないということは、悪口を言ったことがバレてしまい、人間関係が悪くなるリスクを感じているということにもなるのです。

【いい人をやめる!いい人とは?④】話の聞き役

いい人の特徴としては、話の聞き役になる、という特徴もあります。

良い人間関係を作るいい人は、自己主張をあまりしません。自己主張をすると、どこかで自分の価値観を人に強制してしまうところがあります。人間関係はそのようなところから崩れていくため、人間関係を大切にするいい人としては、そのような自己主張をしなくなるのです。

ただ、人間関係は良くなりますが、自己主張をしないと仕事や恋愛に悪い影響を与えることがあります。

仕事は自己主張をしてこそ、出世できるというところがあるものです。仕事の内容によっては、少々、強引なことも行わなければならないことがあります。恋愛においても、強引さが時として必要なものです。人間関係と恋愛というのは、また別物ですので、いい人は恋愛に不向きな性格であるとも言えます。

人間関係を大切にするのは良いことなのですが、自己主張は大事です。いい人をやめる、と決断した人は、重要なポイントですので、しっかりと覚えておきましょう。

【いい人をやめる!いい人とは?⑤】よく笑う

いい人の特徴としては、よく笑う、ということも挙げられます。

人間関係を保つのに、大切なものは笑顔です。よく笑う人を、人は信用するでしょう。元気な感じがしますし、自分の話をよく聞いてもらえている感じがします。いい人はそのことを本能的に分かっているため、よく笑うようになるのです。

そして、人間関係を保つためには、愛想笑いというのも重要です。いい人は多くの愛想笑いをします。特になんと返事して良いかわからない時に、よく愛想笑いをするため、相手は伝わったつもりでも、実際には話が伝わっていないということも多いです。

笑顔は人間関係を保つ上で大切なことですが、愛想笑いがバレてしまうと、かなり厄介なことになります。場合によっては、いい人と呼ばれていたはずなのに、最悪の人間関係になってしまうこともあるため、注意が必要です。

■参考記事:笑い方で性格がわかる!コチラも参照

笑い方で性格がわかる!隠れた心理までわかるとの噂も?

いい人をやめる!やめたほうが良い理由は?

いい人をやめる、という決断をした人は、楽になることを目的としている人が多いです。楽になることをいい人が目的としているということは、「いい人でいる限り、楽になることはできない」と判断した結果でしょう。それを考えれば、いい人でいるということは、ストレス解消しただけでは解消しきれないほどのストレスが溜まるということにもなります。

人間関係は良くなるにも関わらず、なぜストレス解消しきれないほどのストレスが溜まるのだろう、という疑問を持つ人も多いでしょう。

しかし、いい人をやめることを決断したいい人は、心底、楽になることを望んでいます。それだけストレスが多いのです。

ではここからは、なぜストレス解消しきれないほどのストレスをいい人は抱えてしまうのか、ということを紹介していきます。ストレス解消しきれないほどのストレスが、いったいどのようなことで湧き出てくるのかということを知るためにも、しっかりと読んでおきましょう。

【いい人をやめる!デメリットとは①】お願いごとをされる

いい人がストレス解消しきれないほどのストレスを抱えるのは、お願いごとをたくさんされてしまうからです。いい人は人の頼みを断れません。そのため、お願いごとをされることが多くなってしまいます。

楽になるというのは精神的なことだけではなく、仕事量における意味でもあります。頼みごとをされれば、単純な仕事量が増えてしまうものです。

毎日大量の仕事をこなし、やっと終わって楽になると思ったら、また仕事を頼まれるという状態が続くと、当然、ストレス解消しきれないほどのストレスが溜まりますし、楽になることを望むようになります。

仕事でこのように追い込まれると、心はかなり疲れてしまうようになります。場合によっては、ストレス解消できないほどのストレスが、精神病を引き起こしてしまうこともあるでしょう。それを考えれば、楽になるという決断は、正しい決断だということができます。

【いい人をやめる!デメリットとは②】ストレス解消できない

いい人がストレスを抱えるのは、ストレス解消できないということが原因でもあります。ストレスは誰もが抱えるものです。しかし他の人がストレスでダメにならないのは、定期的にストレス解消を行えており、楽になるという行為を自然に行っているからです。

愚痴を言ったり、人の悪口を言ったりということで、ストレス解消はできます。悪口を言えば、心がすっとして楽になるでしょう。それがストレス解消できている証なのです。

しかしいい人は、ストレス解消できません。人の悪口などを言わないからです。結果、楽になることができず、ストレスを溜め込むことになってしまうため、人よりもストレス量が多くなってしまうのです。

楽になるためにはストレス解消することが大切です。ストレス解消できないと、どれだけ休んでも楽になることはなくなり、疲れ果ててしまいます。楽になるためにも、本来は悪いことであるはずの悪口というのは、ストレス解消のツールとして重要なものなのです。

【いい人をやめる!デメリットとは③】反感を買う

いい人がストレス解消できないほどのストレスを抱えるのは、反感を買う、という原因があるからでもあります。いい人というのは、多くの人に好かれます。しかし、なかにはそのようないい人を、嫌うような人もいるのです。

このような人は、ほとんど嫉妬という感情で動いています。いい人が周りから好かれることが気に食わないのでしょう。そのため、嫌味を言ってきたり、断れないのをいいことに大変な仕事をふってきたりするのです。

いい人はこのような環境に身を投じているため、ストレス解消できないほどのストレスが溜まり、楽になることを求めるようになります。

いい人ぶっている、偽善者というような悪口に毎日耐えていることを考えれば、誰でも楽になることを求めるようになるでしょう。いい人がいい人をやめるという決断をするのも当然のことです。

【いい人をやめる!デメリットとは④】恋愛対象にならない

いい人であることのデメリットを考えると、恋愛対象にならないというデメリットもあります。

恋愛対象にならないというは、必ずしもそうだというわけではありませんが、多くの人はいい人を恋愛対象だと見れないものです。いい人は他人を傷つけることをしませんが、逆に救うということもありません。自分を守るので精一杯だからです。

それは恋愛面で見れば、嫌いじゃないけど好きでもない、という状態です。恋愛対象としては、なかなか考えにくい相手でしょう。そのため、いい人は恋愛面で大きなデメリットがあるということなります。

仕事だけではなく、恋愛でもこのような影響が出るとなれば、いい人をやめる決断をする気持ちもわかるでしょう。いい人は周りにメリットがあっても、本人にメリットが少ないため、いい人をやめる決断をする人も多いのです。

【いい人をやめる!デメリットとは⑤】利用される

いい人であることのデメリットは、利用される、ということです。

いい人は人の頼みを断れません。そのため、足下を見た人間から、あいつなら断らないだろう、という考えの下、様々な利用のされ方をします。仕事で手柄を横取りされたり、お金を借りたまま返さなかったり、実際に詐欺を受けることも多いです。

また、恋愛面でも、好きな人の仲介役として利用されることが多いです。相手に悪気はないのでしょうが、自分に気があると思ったら、いい人の友達が狙いだったということもあります。恋愛におけるマイナスは、このようなこともあるのです。

恋愛でも仕事でもいい人は良いことがないため、これは大きなデメリットでしょう。せめて恋愛か仕事、どちらかにメリットがあれば、いい人をやめるとは思わないかもしれませんが、恋愛も仕事もマイナスということであれば、いい人をやめると思っても仕方ありません。

いい人をやめる方法を知ろう

いい人をやめると決断したはいいものの、いい人をやめる方法はなかなか見出せないものです。

そこでここからは、いい人をやめるための方法を紹介していきたいと思います。いい人をやめることで人生はもっと別の輝きを見せるようになるでしょう。

自分の人生のためですので、いい人をやめる方法を実行して、人生をより豊かにしましょう。

【いい人をやめる方法①】自分の考えを持つ

いい人をやめる方法としては、自分の考えを持つという方法があります。

いい人は自分の考えを持っていないものです。だからこそ、人の意見に流されてしまいます。
最初は少しずつで良いので、仕事に対する自分の考えを持つようにしましょう。

これまでの人生では避けてきたことかもしれませんが、それをすることで、人生は輝きます。勇気を出して、自己主張をするということが大切です。

【いい人をやめる方法②】嫌われることを怖がらない

人生を変えるためにいい人をやめる方法は、嫌われることを怖がらないということです。

いい人は嫌われたくないという感情の優先順位が高いです。しかし、人は全ての人に好かれることはできません。実際にいい人であるが故に嫉妬を受けることもあるため、いい人であることが嫌われないための正解とも限らないのです。

人生を変えるために、まずいい人であれば、嫌われないわけではないということを認識しましょう。それを理解できれば、人生が少しずつ良いものになっていきます。

■参考記事:一匹狼はかえってモテる?コチラも参照!

一匹狼の性格・特徴13選!男も女もモテる?仕事の仕方は?

【いい人をやめる方法③】信頼できる人を作る

人生を変えるためには、信頼できる人を作るということも大事です。

信頼できる人が一人いれば、人はその人以外には嫌われてもいいや、という気持ちになります。そのため、嫌われたくないという気持ちをなくすためにも、信頼できる人を見つけることが大事なのです。

信頼できる人が見つかれば、その人とは長い人生、ずっと付き合いが続くことになるでしょう。人生で一番の親友とも呼べる相手ですので、積極的に見つけるようにしましょう。

【いい人をやめる方法④】愛想笑いをやめる

人生を変えるためにいい人をやめる方法では、愛想笑いをやめるという方法を取ることが大切です。

愛想笑いをやめるのは簡単でしょう。いくら人生ずっと愛想笑いで乗り切ってきたとはいえ、おもしろくないわけですから、やろうと思えばいつでもやめられるものです。

愛想笑いをやめれば、自分が本当に気持ちが動いた時だけ、笑顔になることができます。虚像の人生ではなく、真実の人生がそこにあるため、愛想笑いをやめて、嘘の自分から脱皮しましょう。

【いい人をやめる方法⑤】怒る練習をする

人生を変えるためにいい人をやめる方法では、怒る練習をする、という方法を行うことが大切です。

いい人は人生の中で怒りという感情を出す機会が少なかったはずです。そのような人は、いざ怒ろうと思っても、どうやって怒ったら良いかわからくなってしまいます。

だからこそ、怒るための練習が必要なのです。この方法で怒りを取り戻し、いい人から卒業して人生を変えましょう。

【いい人をやめる方法⑥】大声を出す練習をする

いい人をやめる方法としては、大声を出す練習をするという方法も有効です。

いい人は怒ることがないため、習慣として声が小さくなってしまいます。しかし、大きな声を出す習慣を身につければ、自信も取り戻せますし、周りの目も変わるものです。そのため、大きな声を出す習慣を身につけることが大切になってくるのです。

大声を出す習慣は、単純に何度も大きな声を出せば身につく習慣です。家やカラオケなどで、大声を出す習慣を身につけるために練習しておきましょう。

【いい人をやめる方法⑦】一人の時間を好きになる

いい人をやめる方法としては、一人の時間を好きになる、という方法も良い方法です。

いい人は人に嫌われたくないという思いを持っていますが、これは孤独を怖れているためでもあります。習慣として、孤独になることが少ないため、そのようなことを拒絶するのです。

一人になる習慣をつければ、そこで楽しみを見出せるようになります。そうなれば、一人の時間を好きになれるため、これは良い方法です。

■参考記事:一人でできる趣味で自分を磨こう!コチラも参照

一人でできる趣味のおすすめ18選!【無趣味な人必見】

【いい人をやめる方法⑧】自分で評価する

いい人をやめる方法としては、自分で評価する、ということを実践すると良いです。

いい人は、他人からの評価を自分の評価とする習慣があります。つまりは、人の評価こそが、自分自身と思い込む習慣があるのです。

自分のことを自分自身で評価する習慣を身につけることで、人の目を気にしなくなります。それにより、他人からどう見られるか、ということを気にしなくなるため、いい人をやめられるようになるのです。

【いい人をやめる方法⑨】断る境界線を作る

いい人をやめる方法としては、断る境界線を作る、というのも大事なことです。

人の頼みごとを断れないいい人は、全てを安請け合いしてしまい、自分を苦しめてしまいます。そしてそれは、これ以上仕事があると終わらない、というデッドラインを持っていない証拠です。

そのため、そのような最終ラインを自分の中に作り、そこを超えるようだったら、絶対に断るという強い意志を持つようにしましょう。そうすることで、人のお願いを断れるようになっていきます。

【いい人をやめる方法⑩】他の喜びを知る

いい人をやめる方法としては、他の喜びを知るということも大事です。

いい人は他の人の叶えることを喜びと感じる習慣があります。しかし、喜びとは他にもあるものです。

例えば、頼りになる存在になること。これも人に喜びを与えます。しかしいい人のままでは、頼りになる人にはなれません。

別種類の喜びを感じれば、新鮮なこともあり、自然にそちらを求める習慣が身につきます。とりあえず、一度体験してみるということが大切です。

【いい人をやめる方法⑪】経験してみること

いい人はいい人としての立ち振る舞いが習慣として、体に染み付いています。習慣というものはなかなか変えられないものですので、そうなると、なかなかいい人をやめられないということにもなるでしょう。

習慣を変えるためには、とにかく経験を積むということが大切です。一度や二度では習慣は変わりません。何度も経験する必要があるのです。そのため、とにかく今とは違う自分を経験して、いい人から脱却するようにしましょう。

【まとめ】いい人をやめるためには継続が大事

いい人をやめるということは、性格そのものを変えるということでもあります。それを考えれば、かなりハードルが高いです。しかし、自分で意識して変えていくことで、性格は変わるものです。いい人をやめるためには継続が大切ですので、そこを忘れないようにしておきましょう。

もっと性格の情報について知りたいアナタへ!

性格を変える方法9選!人生が良くなる!【性格を変えたい人必見】
自分の性格がわからないと悩みがち!しっかり診断しよう
腹黒いとは?性格の特徴11選や見分け方・対処法解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ