クリスマスプレゼントはいつ渡す?子供に渡す日と喜ぶ渡し方解説!

子供がいる親御さんの中にはクリスマスプレゼントはいつ渡すべきか悩んでいる方もいます。情報に溢れたこの現代で子供の夢を壊さずにクリスマスプレゼントを渡したいですよね。そこで今回はプレゼントはいつ渡すべきか、そして子供が喜ぶ渡し方も紹介します。

クリスマスプレゼントはいつ渡す?子供に渡す日と喜ぶ渡し方解説!のイメージ

目次

  1. 子供のクリスマスプレゼントはいつ渡す?
  2. クリスマスプレゼントはいつまで渡す?
  3. クリスマスプレゼントはいつ買うべき?
  4. クリスマスプレゼントはいつ渡す?①24日
  5. クリスマスプレゼントはいつ渡す?②夜中に置く
  6. クリスマスプレゼントはいつ渡す?③朝渡す
  7. クリスマスプレゼントはいつ渡す?④夜に渡す
  8. プレゼントの喜ぶ渡し方①手紙を添える
  9. プレゼントの喜ぶ渡し方②サンタさんに会ったと言う
  10. プレゼントの喜ぶ渡し方③サンタさんに電話してもらう
  11. いつまでも思い出に残るクリスマスを

子供のクリスマスプレゼントはいつ渡す?

クリスマスは街中もキラキラして寒いけれど少しワクワクもするイベントです。家族や友人、恋人同士でクリスマスを過ごしたり、プレゼントを渡したりしてクリスマスを楽しむ方も多くいますよね。

また、子供の時はサンタクロースが自分の好きなものを届けてくれると信じてドキドキしながら待っていた方もいるのではないでしょうか。

しかし、いざ自分が親になってみると、子供にどうやってクリスマスプレゼントを渡そうか悩むこともあると思います。

例えばサンタクロースは実在しないと伝えるべきなのか、いつまでクリスマスプレゼント渡すべきなのか・・、子供を喜ばせる渡し方はあるのかなど、そんな親が抱える悩みに答えていきたいと思います。

クリスマスプレゼントはいつまで渡す?

クリスマスプレゼント何歳まで親が渡すべきなのか?

これは悩むべきところでもあります。そこである企業が行った調査を紹介します。

プレゼントを渡す時期は、赤ちゃんの頃から中学卒業まで 物心つく頃からプレゼントを渡し始めるのかと思いきや、赤ちゃんの頃からプレゼントを渡す方が多いようです。多くの方が中学校を卒業する頃までは渡し続けるという結果でした。大人になっても渡し続けている方や就職、結婚するまでは渡すという方もいらっしゃいました。

家庭によって異なるのは確かですが、大抵が高校生になるともう渡さないという過程が多いのかもしれません。高校生になると友達同士で過ごすようになるので親とはクリスマスはしなくなるのが原因と考えられます。

そこで、気になるのがサンタクロースの正体をどうするかです。皆さんはいつまで信じていましたか?
全く信じていなかったという方もいるかもしれませんが、同じ企業の調査では皆さんサンタさんを一度は信じたことがあるようですよね。

けれども小学3、4年生になると現実を知るようです。

小学3・4年生でサンタさんの正体に気づく?! 6割強の方は、一度はサンタさんを信じたことがあるという結果でした。小学3・4年生頃になると、だんだんサンタさんの正体がわかってくるようです。

以上のことからサンタクロースがプレゼントをくれるという設定のクリスマスプレゼントは小学4年生くらいまでが限界かもしれません。

「サンタさんていないんだね」と子供に言われたらもうサンタの義務は終了のようです。

サンタさんはいないとわかっても、子供は高校生になるくらいまではプレゼントをおねだりしてくる可能性が高いです。その際は親も何が欲しいのか子供の尋ねてプレゼントを渡すのもいいかもしれません。

クリスマスプレゼントはいつ買うべき?

さて、サンタクロースを信じている子供の話に戻します。

このように子供がまだ小さい時は子供がサンタさんを信じていればそのままにしてあげるのがベストです。

すると、サンタさんはプレゼントを買う必要があります。これはいつ買うのがいいのか?

あまりにも前もって買っていると当日までに子供に見つかってしまう場合もあります。

よって、プレゼントを渡す2〜3日前に購入して隠しておくことが大事です。
子供が手が届かないような場所や、自宅以外の場所に置く方もいます。

あと、注意点は包装紙です。子供に「これ〇〇デパートのだ!」とか「これいつものおもちゃ屋さんの袋だ!」と言われる親が続出しています。

「サンタさんはデパートで買ったのかな?」と言われるとドキッとしますよね。
子供が意外と色んなことを知っています。包装紙や紙袋には要注意です。

■参考記事:女の子に喜ばれるクリスマスプレゼント、コチラも参照!

クリスマスプレゼント子供【女の子】向け21選!

クリスマスプレゼントはいつ渡す?①24日

次にクリスマスプレゼンとを渡す日について解説します。

渡すのは23日の日付が変わってから?それとも24の日付が変わってから?など、どのタイミングで渡すべきなのかわからなくなります。

まず、24日はクリスマスイブと言われていますよね。クリスマスが25日だから前日がイブという意味ではなく、このイブとは「夕方」という意味なのです。

よってクリスマスイブは夜のことです。すると24日の夜から日付が変わった25日の1日が終わるまでがクリスマスなのでこの間にクリスマスプレゼントを渡すといいと思います。

■参考記事:クリスマスは24日?それとも25日?コチラもチェック!

クリスマスの日にちはいつ?24と25どっち?イブとの違いは?

クリスマスプレゼントはいつ渡す?②夜中に置く

さて、子供へのクリスマスプレゼントはいつ渡しますか?

もしサンタクロースを信じている子供さんがいるなら、子供が眠った後にこっそりと枕元にプレゼントを置くという方も多いですよね。

やはり子供が一番喜ぶのは朝起きたらプレゼントがあるということです。

24日の日付が変わって25日になってからこっそりを枕元に置くか、勉強机の上に置く、またはクリスマスツリーの下に置くのもおすすめです。

クリスマスプレゼントはいつ渡す?③朝渡す

喜ぶ渡し方をしたいけれど日付が変わった夜中に渡すと不都合が起こるケースもあります。

それは夜中に子供が起きてしまうパターンです。子供は寝るのが比較的早めです。
22時頃までには寝てしまうことがほとんどではないでしょうか。すると日付が変わるくらいにトイレに起きてしまうこともありますよね。

ちょうど日付が変わったからといってプレゼントを置いたら、トイレに起きた子供が見つけて興奮しだしたとか、小学生くらいになると日付が変わるまでこっそり起きていたりする場合があります。

サプライズで渡したいと思っても子供の行動によってはそれが難しいこともあります。

その時はクリスマスの当日に渡した方がいいかもしれません。
当日の渡し方は「朝サンタさんが来てたよ」とか「昨日の夜遅くにサンタさんが届けてくれたよ」という感じで渡すといいでしょう。

クリスマスプレゼントはいつ渡す?④夜に渡す

クリスマスの朝当日渡すのもいいけれども、当日の夜という手もあります。

クリスマス当日の夜は家族でパーティーをすることもあると思います。

ケーキも食べ終わった頃に、実はサンタさんからプレゼントが届いていたという設定で渡す方法もあります。

夜に渡すことで夜中にプレゼントを置く場合と違って、親も遅くまで起きている必要もありません。
クリスマスパーティーの締めくくりとして最後にプレゼントを渡して終わりにすることもできます。

ただ、注意点としては夜に渡すとそこから子供がおもちゃで遊びだすことです。
夜におもちゃを出して遊びだされると困るのであげる物によっては夜は控えた方が良さそうです。

プレゼントの喜ぶ渡し方①手紙を添える

単に子供にクリスマスプレゼントを渡す、または枕元に置くことだけでも子供は喜んでくれますが、もっと喜ぶ方法を3つ紹介したいと思います。

まず1つ目はプレゼントにサンタさんからの手紙を添えることです。
手紙はできれば英語の筆記体で書いた方が雰囲気が伝わります。

日本語でもいいのですが、子供が友達にその手紙を見せたら「なんで日本語で書いてるの?」なんて鋭い子なら指摘してきます。

よって英語で書くことをおすすめします。英語の例文を1つ挙げてみます。

Dear〇〇(子供の名前)

I brought you something you want. Be a good boy(girl).
Merry Christmas! Love,Santa

訳は「君が欲しいものを持ってきましたよ。いい子でいてね。メリークリスマス!」です。

これくらい短い文で十分なのでカードに書いてプレゼントに添えてみてはいかがでしょうか。

プレゼントの喜ぶ渡し方②サンタさんに会ったと言う

2つ目はサンタさんに会ったということを伝えてみるのも効果的です。

例えば「今日サンタさんが来て何が欲しいのか聞いてきたよ」とか「クリスマス当日にプレゼントを渡す場合は、「昨日の夜中にサンタさんがプレゼントを持ってきてくれたよ」というようにサンタさんの存在を認めるようなことを言ってみて下さい。

サンタさんが自分の家に来てくれた、お父さんやお母さんと話をしてくれたという事実があるということを知ると、子供はより嬉しく感じます。

自分は会うことはできないけれど、お父さんやお母さんが会ったのなら間違いないと子供は信じてしまいます。

プレゼントの喜ぶ渡し方③サンタさんに電話してもらう

3つ目は実際にサンタさんに電話をしてもらことです。「そんなことできるの?」と言われる方もいるかもしれませんが、意外と簡単にできます。

まずは親族に頼んでサンタになりきって電話をしてもらうと費用はほとんどかかりません。

また、最近ではスマホのアプリでサンタから電話をしてもらうことができます。

これらの方法だと費用をかけずに子供を喜ばすことができます。
実際に子供自身がサンタさんと電話で会話をすることでその存在を確認できるのでクリスマス当日のワクワク感が増すことは確実です。

いつまでも思い出に残るクリスマスを

大人になってもクリスマスは楽しいイベントですが、子供の時のようにサンタさんの存在を信じてクリスマスプレゼントを楽しみに待つような気分はもう味わえません。

そんな短い子供時代のクリスマスをできるだけ思い出深く心に残るイベントにしてあげたいですよね。

親にとっては年末で忙しい時期かもしれませんが、子供のために楽しいクリスマスにしてあげて下さいね。

子供と一緒にクリスマス♪もっと情報を知りたいアナタに!

クリスマス会500円プレゼント交換のおすすめは?子供から大人まで!
クリスマスにパーティーゲーム!幼児や子供も楽しめるアイデア25選!
クリスマスカードを手作り!簡単に子供と飛び出すカードを作れる!
クリスマスの壁面飾りは手作りで!保育園の先生必見!【無料】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ