ミサンガの糸の長さはどれくらいが目安?編む際のベストな長さ解説!

約400年前、ポルトガルの教会でフィタという願いを込めて紐を結んだのがミサンガの始まりです。今ではアクセサリーとして愛されてるミサンガですが、男性と女性、手首や足首とそれぞれ作る長さが違いますね。今回は簡単なミサンガの作り方と長さについてご紹介します。

ミサンガの糸の長さはどれくらいが目安?編む際のベストな長さ解説!のイメージ

目次

  1. ミサンガとは?適切な糸の長さはどれくらい?
  2. 輪結びで簡単な手作りミサンガを作ってみよう!
  3. ミサンガの色や付ける場所に意味がある?
  4. ミサンガにはルールが!困った時のミサンガ結び方
  5. ミサンガに願いをこめて

ミサンガとは?適切な糸の長さはどれくらい?

ミサンガとは、腕や足につけるひも状のブレスレットのお守りのことで、色や編み方も多彩です。アクセサリー感覚で身につけて、自然に切れるまで外さない。そしてミサンガが切れた時がミサンガに込めた願いが叶う時です。

今回はそんなミサンガの作り方についてご紹介いたします!まずはミサンガはどれくらいの長さで作るのが良いのか、長さの目安からご紹介していきます。

男性用の長さ

男性の手首の平均の太さは、17cm前後(目安)です。足首の平均の太さは22cm前後(目安)です。ですが、体格など人それぞれですので結ぶ長さを調節する必要があります。

※参考までに理想の足首の太さは、「身長×0.12」だそうです。

女性用の長さ

女性の手首の平均の太さは、15cm前後(目安)です。足首の平均の太さは20cm前後(目安)です。ですが、男性同様に、サイズは人それぞれですので結ぶ長さを調節する必要があります。

※参考までに理想の足首の太さは、「身長×0.12」だそうです。

輪結びで簡単な手作りミサンガを作ってみよう!

輪結びは、同じ作業を繰り返して作ることができるので、初めてミサンガを手作りしたい方にオススメです。初めての方に分かりやすいように材料、糸の本数などを文章と動画で説明していきます。

基本の作業が理解できれば、糸の色と結ぶ長さを変えるだけで、まるで別のものに見えるミサンガがいくつも出来上がります!

用意するもの

刺繍糸 3色(お好きな色)
・バインダークリップ(セロテープ)
・ハサミ
・定規

※バインダークリップの用意が出来なくても、セロテープで机やテーブルに固定をすれば作業をすることができます!

糸の長さ

編み物には、網目の大きさを測るゲージと呼ばれる方法があります。これは、作り手の力加減により出来上がりサイズがまちまちの為にサイズを測りながら編むための目安です。

ミサンガも同じで、作り手によって仕上がりの長さが違ってきます。これからご紹介する「輪結び」の作り方では、3色それぞれ2本ずつ糸を用意して頂きます。そして、それらの糸を6本にして作っていきます。

手作りしたいミサンガの仕上がりの長さの3倍の糸の長さをご用意ください。最終的に糸は余ってしまうと思いますが、慣れるまで編み物のゲージ(目安)と考えてくださいね。

ミサンガの作り方始め

ただ、糸を重ねて結びはじめるのではなく、ひと手間三つ編みをすることをオススメします。輪っかが綺麗に仕上がり長持ちしますので頑張ってみてください。動画で作り方を観ていただくと簡単にできますよ。

輪結びの仕方(長さ見本)

簡単で綺麗な輪結びの作り方です。右手と左手の持ち糸をしっかりと覚えれば初心者でも上手に出来上がります。ポイントは4の字をイメージしながら糸を結んでいくことです。動画を観ながらゆっくりと作業を進めてみましょう。

長さ調節もできる!ミサンガの作り方終わり

では、ある程度の長さまで作り終えたら、作り終わりましょう。ミサンガの作り終わりの編み方についてご紹介していきます。

革ひもネックレスの作り方終わりで応用

革ひものネックレスの作り方終わりをミサンガに応用すると綺麗で簡単に終わりを作ることができます。ポイントは結んだ一点をアロンアルフアで固定するとほどけずに長く付けることができます。調節ができるので付け外しをしたい方にオススメです。

ほどけないようにしっかりと作り方終わり

調節をすることができないので取り外しをしないで、しっかりと長く付けたい方にオススメの作り方終わりです。一度動画を観てみると難しく思うかもしれませんが、何度か動画を観ながらゆっくりと結んでいけば、初心者でもしっかりとできます。

■参考記事:ミサンガの編み方についてはコチラも参照!

ミサンガの種類15個の編み方・作り方全て解説します!

ミサンガの色や付ける場所に意味がある?

では、基本のミサンガの作り方についてわかったところで、ミサンガをより効果的に身につけましょう。ミサンガを身につけるためには、色や身につける位置についても気を使うことが必要です。

ミサンガの色ごとの意味やつける位置による意味の違いについてご紹介していきます。

糸の色の意味

願いを込めて体に付けるミサンガですが、ミサンガの結ぶ糸の色に意味があるのをご存知でしょうか?願い事によって色を組み合わせて手作りすることは、とても大切です。意味は下記のようにありますので、願いと合った色を目安にしてください。

〈白〉健康・落ち着き
〈赤〉愛・情熱・運動・パワフル・仕事・粘り強さ・勇気
〈黄〉金運・勉強・決断力・平和・洞察力・知的好奇心
〈緑〉癒し・和み・優しさ・寛容・自由・バランス
〈青〉勉強・運動・仕事・誠実・リラックス・ヒーリング
〈紫〉性的アピール・芸術性・忍耐力
〈黒〉意思・好意・魔除け
〈水色〉美しさ・爽やかさ・開放的・自由・変化・親切
〈黄緑〉友情・優しさ
〈灰色〉仕事
〈ピンク〉女性らしさ・恋愛・結婚・モテる・可愛くなる
〈マセンダ〉優しさ・癒し・感謝
〈オレンジ〉パワー・チャレンジ・笑顔・希望・活動的・人間関係・友情

付ける場所の意味

ミサンガは糸の色に意味があるとともに、付ける場所にも意味を持っています。おまじないの意味が違うのです。どの場所に付けると、どんな意味があるのでしょうか?ご紹介していきます。

利き手の手首:恋愛運アップ
利き足の足首:勝負運・友情
利き手と反対の手首:成績アップ・勉強
利き足と反対の足首:金運アップ

願い事の例をいくつか挙げてみますね。糸の色、付ける場所の目安にしていただければと思います。

行きたい志望校に合格する!

この願いを持つ貴女には、白い糸の「落ち着き」、黄色い糸の「学問・知識」、オレンジの糸の「希望・パワー」とグラデーションの綺麗なカラーです。付ける場所は、利き手と反対の手首に巻いてみてくださいね♪

恋愛を成就させる!

この願いを持つ貴方には、赤い糸「恋愛」、ピンクの糸「モテる・可愛くなる」、黄緑の糸「優しさ」又は水色の糸「美しさ」は相性の良いカラーの組み合わせです。付ける場所は、利き手の手首に巻いてみてくださいね。

好きな人の前で緊張してしまうなら、白い糸の「落ち着き」もいいかもしれませんね♪


■参考記事:ミサンガのつける場所と色の意味は?コチラも参照!

ミサンガをつける場所と色の意味を解説!【おまじない】

おススメの刺繍糸(長さ8m)

一般的にミサンガは刺繍糸を使って手作りします。リリアンやヘンプ(麻糸)や革ひもを使われる方もいらっしゃるようです。今回の記事は、初めての方や初心者の方が手作りをするために書き下ろしました。

作りやすさや男性、女性にも合う糸の色、価格などを考慮して刺繍糸をご紹介します。刺繍糸には番号があって、番号の小さいのが太い糸となり、ミサンガに適しているのは5番と25番です。

今回、ご紹介した「輪結び」は、2本取りで作っていきますので25番の刺繍糸をご用意ください。ちなみに5番はよりのある一本の太い糸となっています。

刺しゅう糸 COSMO seasons グラデーション糸20色セット
2,160円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

■参考記事:ミサンガの色の組み合わせで意味が変わる?コチラもチェック!

ミサンガの色の組み合わせの意味は?かわいい組み合わせも紹介!

ミサンガにはルールが!困った時のミサンガ結び方

おしゃれなミサンガ、自分にぴったりなミサンガは作れましたか?作ることができたら、次はミサンガを身につけるルールについて確認していきましょう。

単なるアクセサリーとしてつけていても願い事は叶いません。せっかくつけるからにはルールを守りたいですね。どうしてもつけ続けられない時の対処法も紹介しますよ。

ミサンガを付ける伝統的なルール

では、ミサンガを身につける時の伝統的なルールについてご紹介していきます。ご紹介する3つのポイントに気をつけることが大切です。

外さない

手首や足首に付けたり外したり、自分から切ってはいけないと言われています。付け続けることで願いが強くなると伝え続けられているからです。外れないように結びを調節して、できるならば、お風呂に入るときもつけておきましょう。

自然に切れるのを待つ

願いを叶えるために、気持ちを込めて作ったミサンガは、側にいることでパワーが溜まると言われています。そのパワーが溜まった時に切れ、願い事が叶うと言われていますので、焦らずに自然に切れるまでは、時間がかかるかもしれませんが待ちましょう。

切れたミサンガの処分

ミサンガが自然に切れたら、長く持ち続けずに早く処分をしましょう。どうしてかというと、側に置いておくと願いが叶わなくても良いという意味になってしまうと言われています。

女性から男性へ、男性から女性へプレゼントされたミサンガは処分しにくいと思います。プレゼントした方も貴女の幸せを願ってのものなので、自然と切れたので処分しますとお礼と処分の報告をしましょう。

ミサンガを付け続けることができない

お仕事関係、温泉に入るときに注意を受けるなど様々な理由でミサンガを常に付け続けることができないこともあるでしょう。こんな時は、カバンなど、貴女の身の回りでいつも身に付けているものに付けましょう。

その為にも貴女に合った作り方と終わり方の調節を活用してみてください。願い事を放棄したという意味となるそうなので、一時でもミサンガを外すことはしないでくださいね。

どうしてもミサンガを付け続けたい

先にご紹介してきましたが、ミサンガは常に身に付けて願いが叶うと伝えられているものです。しかし、ミサンガを常に身に付けられない…。と思われている貴女に一つ提案をさせていただきます。

男性も女性もお子様も、手首ですと目立つので常に付けることは難しいかもしれません。足首であればスラックス、デニムや靴下で隠すことができます。また、作り方次第で終わりの調節できる方法で作るのもありですよ♪

ミサンガに願いをこめて

輪結びの作り方、終わりの調節は分かりやすくお伝えできたでしょうか?ミサンガは魔法ではなくお守りですので、付けたから願いが叶うというものではありません。

貴女の願いを込めた手作りミサンガをつけて、毎日見ることによって願いを叶えたい気持ちが高まり、持続し、叶えるための頑張る力と努力が湧いてきます。女性から男性へ、男性から女性へ、同性の友人にプレゼントする時には、伝統的に伝えられているミサンガのルールを伝えましょう。

「自然と切れたらすぐに処分してね」と一言伝えるとプレゼントされた方も迷わずにすむでしょう。

お守り・おまじないについてもっと情報を知りたいアナタに!

縁結びのお守りの持ち方!効果を高める正しい持ち方を徹底解説!
安産祈願のお守りで有名な神社は?プレゼントはいつする?手作りは?
なくしものが見つかるおまじないまとめ!【効果抜群】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ