柔軟剤スプレーの作り方と使い方!香りを長持ちさせるには?

皆さんは柔軟剤スプレーというのをご存知でしょうか?柔軟剤スプレーは普段使っている市販の柔軟剤を使って簡単に作ることができるとても便利なアイテムです。当記事では自宅でできる柔軟剤スプレーの作り方と、その使い方などについて詳しくご紹介致します♪

柔軟剤スプレーの作り方と使い方!香りを長持ちさせるには?のイメージ

目次

  1. 柔軟剤スプレーっていったい何?
  2. 必要な材料を準備して柔軟剤スプレーを手作りしましょう♪
  3. 柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料(1)市販の柔軟剤
  4. 柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料(2)水道水
  5. 柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料(3)空きボトル
  6. 柔軟剤スプレーを手作りする方法をyoutube動画でご紹介♪
  7. 手作りの柔軟剤スプレーの香りを長持ちさせる使い方とは?
  8. 手作りの柔軟剤スプレーを使う時の注意点
  9. 柔軟剤スプレーを使う時の注意(1)敏感肌の人は使用を控える
  10. 柔軟剤スプレーを使う時の注意(2)早めに使い切る
  11. 柔軟剤スプレーを使う時の注意(3)つけすぎないようにする
  12. 柔軟剤スプレーを使う時の注意(4)離れた場所から吹きかける
  13. まとめ

柔軟剤スプレーっていったい何?

皆さんは柔軟剤スプレーというものをご存知でしょうか?柔軟剤スプレーとはその名のとおり柔軟剤を使って作るスプレーのことです。シュッと一吹きするだけで洋服などに良い香りを付けることができて使い方がとっても簡単なのがメリットのスプレーです。

また柔軟剤スプレーは使い方によっては掃除でも大活躍することが分かっており、テレビやパソコンの拭き掃除い柔軟剤スプレーを使うとほこりがつきにくくなるというメリットもあります。

これは柔軟剤が静電気を起こりにくくしているためだと考えられていて、家電の拭き掃除だけでなく窓ガラスの掃除や電燈の拭き掃除などでも大きなメリットを発揮します。

洋服を良い香りにしたい時はもちろん、掃除をしてもすぐにほこりがついてしまう場所の掃除にも柔軟剤スプレーを積極的に使っていきたいですね♪

必要な材料を準備して柔軟剤スプレーを手作りしましょう♪

簡単に作れて使い方も簡単でメリットがたくさんある柔軟剤スプレーですが、実はとっても簡単に自宅で手作りすることができます。柔軟剤スプレーは手作りする時も材料代がほとんどかからず、わずか数分で出来てしまうのも大きなメリットです。

おしゃれ好きな女性や、流行に敏感な女性の間でとても話題になっている柔軟剤スプレーをぜひ皆さんも自宅で手作りしてみてはいかがでしょうか?

柔軟剤スプレーは安い上に作り方も簡単なため、毎日の掃除などにもケチらずどんどん使っていけるのもメリットの1つです。市販の消臭スプレーよりもはるかにコスパが良く使い勝手も良いと評判です。

まずは柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料から順番にチェックしていきましょう♪

柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料(1)市販の柔軟剤

柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料の1つめは、もちろん市販の柔軟剤です。

市販されている柔軟剤はとにかくたくさんの種類があります。消臭効果が高いメリットのある柔軟剤や、汗の臭いを抑えてくれるメリットのある柔軟剤など特定の季節になると売り出される柔軟剤などもありますね。

柔軟剤スプレーを作る時に用意する市販の柔軟剤は、ひとまず自分のお気に入りの香りのものを選ぶと良いですね。普段の洗濯に使っているものがあればそれでも大丈夫です。

柔軟剤スプレーを作る時に新しい香りにチャレンジしてみたい時は、市販の商品の中でもお試しパックなどの少量タイプの柔軟剤を購入してみましょう。

柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料(2)水道水

柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料の2つめは、水道水です。

あえて説明する必要もないかもしれませんが、柔軟剤スプレーは市販の柔軟剤をかなり薄めて作るため水道水が必要になります。

成分を少しでも良くしようとペットボトルの天然水やドラッグストアで買った精製水を使う人もいるのですが、実は塩素が含まれる水道水の方が雑菌を抑える力が強いと言われています。

お金をかけて純度の高い水を準備してもあまり効果はなく、かえってデメリットしか生まれないこともあるため注意した方が良いかもしれませんね。

何でも高ければそれで良いというわけではありません。柔軟剤スプレーを作ろうと水を準備する時は注意するようにしましょう!

柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料(3)空きボトル

柔軟剤スプレーを手作りする時に必要な材料の3つめは、空きボトルです。

柔軟剤スプレーの使い方は霧吹きのようにシュッと吹きかけるのが基本です。そのため柔軟剤スプレーを手作りする時は霧吹きのような形状の空きボトルが必要になります。

最近では100均ショップや雑貨店などで可愛らしいおしゃれなスプレー式ボトルも販売されています。

スプレー式ボトルは使わない時はロックしておけるものや、軽い力で使えるものなどそれぞれ使い方には特徴があります。毎日を使うことを考えると、やはり自分が一番使いやすいものを選ぶのがベストですね。

市販の消臭スプレーなどの空きボトルを使おうと思っている人もいるかもしれませんが、洗浄が不十分で成分が混ざり合ってしまうと思うような香りにならないというデメリットが起こる可能性もあるため気を付けましょう。


◆関連記事:洗濯の場合の柔軟剤の使い方は?

柔軟剤を入れるタイミングはいつがベスト?【正しい使い方】

柔軟剤スプレーを手作りする方法をyoutube動画でご紹介♪

ではさっそく柔軟剤スプレーを手作りする方法をご紹介していきましょう!

柔軟剤スプレーの作り方はとっても簡単!まず柔軟剤を25ml、水道水500mlを洗面器などでよく混ぜ合わせます。柔軟剤は液体ですのでダマになることはないと思いますが、綺麗に混ぜたい時は使い捨ての割り箸などを使うと良いかもしれません。

柔軟剤と水がよく混ぜ合わさったら、後はそれを用意しておいたスプレーボトルに入れればあっという間に柔軟剤スプレーの完成です。非常に簡単な作り方ですので、材料さえ自宅にあれば5分もかからず作れてしまいますよ♪

手作りの柔軟剤スプレーの香りを長持ちさせる使い方とは?

それでは手作りの柔軟剤スプレーの香りを長持ちさせる使い方というのはあるのでしょうか?

手作りした柔軟剤スプレーの香りを外出先でも長持ちさせたい時は、作った柔軟剤スプレーを小さ目の携帯用スプレーボトルに移し替えて持ち歩き、お手洗いに立った時などに軽く吹きかけ直すのがオススメです。

汗をよくかく季節などは柔軟剤スプレーの香りは落ちやすいため、気になった時にスプレーがいつも手元にあると安心ですね。

手作りの柔軟剤スプレーを使う時の注意点

では最後に手作りの柔軟剤スプレーを使う時の注意点についてもご紹介していきます。

せっかく頑張って柔軟剤スプレーを作っても使い方を間違えると逆にデメリットになってしまうこともよくあります。下記の4つの注意点をしっかり守って楽しく柔軟剤スプレーを活用しましょう!

柔軟剤スプレーを使う時の注意(1)敏感肌の人は使用を控える

柔軟剤スプレーを使う時の注意点の1つめは、敏感肌の人は使用を控えるということです。

柔軟剤は敏感肌の人にとっては刺激となってしまう成分が含まれていることがあり、場合によってはひどい肌荒れやかぶれの症状が出てしまう恐れもあります。

柔軟剤は洗濯で使用する時は仕上げに水で洗い流すためそれほど肌にとって負担はないのですが、柔軟剤スプレーとして使用する時は肌に直接その成分が付いてしまうため敏感肌の人にとっては大きなデメリットになります。

敏感肌の人が柔軟剤スプレーを使う時は、最初は上記でご紹介したスプレーの作り方よりもさらに水の量を多くして薄めて使った方が良いかもしれませんね。


◆関連記事:いい匂いの柔軟剤を集めてみました

いい匂いの柔軟剤おすすめランキング17選!香りが長続きする!

柔軟剤スプレーを使う時の注意(2)早めに使い切る

柔軟剤スプレーを使う時の注意の2つめは、早めに使い切るということです。

手作りの柔軟剤スプレーは市販の商品のように品質管理をして作ることはでできないため、長期間保存できないことが大きなデメリットの1つになります。

作っている最中に雑菌が入り込むかもしれませんし防腐剤も使用していないため、作った後はなるべく早く使い切るようにしなければいけません。目安としては作ってからおよそ1週間以内に使い切るようにすると安心ですよ。

柔軟剤スプレーを使う時の注意(3)つけすぎないようにする

柔軟剤スプレーを使う時の注意の3つめは、つけすぎないようにするということです。

お気に入りの香りの柔軟剤スプレーが完成するとつい、あれもこれもと何にでも使いたくなってしまいますが、その香りは自分にとっては最高に素敵な香りでも他人にとってはひどい悪臭に感じるケースもよくあるものです。

上記の柔軟剤スプレーの作り方では香りが物足りず、柔軟剤をもっと濃くして香りを強くしてしまうのも周囲の人への影響を考えるとあまり良いことだとは言えません。

香りはさりげなくつけるからオシャレなのであって、キツイ匂いになってしまうのはデメリット以外のなにものでもありません。柔軟剤スプレーのつけすぎには十分注意が必要です。

柔軟剤スプレーを使う時の注意(4)離れた場所から吹きかける

柔軟剤スプレーを使う時の注意の4つめは、離れた場所から吹きかけるということです。

柔軟剤スプレーはあまり近い所から吹きかけるとシミになって跡が残ってしまうことがあるというのもデメリットになるかもしれません。

より香りを強く付けたいからといって服などにノズルを近付けてしまうと、大切な服やカバンが汚れてしまう原因になってしまうため避けた方が無難ですね。

また柔軟剤スプレーを作る時には1カ所集中して液が出るノズルではなく、広範囲に液が霧状となって拡散されるノズルを選ぶようにするのも大切なことです。柔軟剤スプレーの作り方のコツとして覚えておきましょう。

まとめ

柔軟剤スプレーの使い方や手作りの方法などについてご紹介しました!柔軟剤スプレーの特徴などがお分かり頂けましたでしょうか?

柔軟剤スプレーにはメリットやデメリットがそれぞれあります。良い香りに包まれたいと思う女性にとってはとても便利なアイテムですが、使い方を間違えるとデメリットにしかならない場合もあります。

柔軟剤スプレーを作る時はそれぞれメリットやデメリットについてもよく考えて使うようにしましょう♪

もっと良い匂いになりたいアナタはこちらもチェック

いい匂いの女性になる方法!男性の好きな匂いを出そう
柔軟剤の使い方解説!正しい使い方と間違った使い方紹介!
柔軟剤が臭い!職場で迷惑な人への対策を解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ