就活メイク講座!好印象を与えるメイクのポイントは?

就活メイクの方法を詳しくご紹介します。就活メイクのコツを掴めば、社会人としての好印象を演出して、内定をもらえるチャンス!薄つきだけど清潔感あるメイクや、チークの入れ方、そしてアイメイクの工夫など、色々な疑問を一気に解決しましょう。

就活メイク講座!好印象を与えるメイクのポイントは?のイメージ

目次

  1. “就活メイク”で大事なことは?
  2. “就活メイク”には、悩み・疑問がいっぱい!
  3. “就活メイク”の基本 ベースメイクのプロセス
  4. 就活メイク(1)下地のあと、コンシーラーを使う
  5. 就活メイク(2)ファンデーションを塗っていく
  6. 就活メイク(3)パウダーを乗せる
  7. 就活メイク(4)ハイライトを入れる
  8. “就活メイク”の基本 眉毛メイクのプロセス
  9. 就活メイク(5)眉毛の下書きをする
  10. 就活メイク(6)眉尻をシャープに整える
  11. 就活メイク(7)眉毛をブラシでとかす
  12. “就活メイク”の基本 「アイメイク」
  13. “就活メイク”の基本 アイメイクのプロセス
  14. 就活メイク(8)アイシャドウのホワイトをまぶたへ
  15. 就活メイク(9)アイシャドウのベージュを重ねる
  16. 就活メイク(10)アイシャドウのブラウンを二重幅へ
  17. 就活メイク(11)アイシャドウの一番濃い色で締める
  18. 就活メイク(12)アイラインを引く
  19. 就活メイク(13)マスカラで仕上げ
  20. “就活メイク”の基本 リップ・チークのプロセス
  21. 就活メイク(14)リップライナー→口紅の順で
  22. 就活メイク(15)口紅をティッシュオフし、もう一度口紅を
  23. “就活メイク”(16)勾玉フォルムでチークを入れる
  24. 一重さんのための“就活メイク”を紹介!
  25. 一重さんの“就活メイク”(1)ホワイトアイシャドウは使わない
  26. 一重さんの“就活メイク”(2)アイラインは「リキッドのブラウン」
  27. 一重さんの“就活メイク”(3)マスカラは「ロングタイプ」
  28. まとめ:“就活メイク”のポイントは「女性らしい血色感」

“就活メイク”で大事なことは?

多くの人が、学生時代の終わりに挑むことになる就職活動、略して「就活」。面接官に良い印象を与えるため、黒髪に染め直したり、清潔なスーツを買いに行ったり・・・色々な苦労が有ると思います。

その中でも、女性が特に気をつけなくてはならないのが「メイク」!就活の鍵を握るといっても過言ではない、顔の印象を左右する超重要事項が、“就活メイク”です。

“就活メイク”には、悩み・疑問がいっぱい!

「就活中でも、薄付きのすっぴんはイヤ!」
「濃すぎないアイシャドウやアイラインの入れ方って、どうすればいいの・・・?」
「リップを塗りたいけれど、口紅は使っていいのかな・・・?」
「マスカラを塗りたいけど、おすすめはある?」
「一重でも、魅力的に見せたい!」
「自分にあった眉毛の描きかたがわからない・・・」
「健康的で、ナチュラルなチークの入れ方が知りたい!」

たくさんある就活中のお悩みを、このページでスッキリ解決します。アナタも“就活メイク”の達人になって、内定を楽々ゲットしちゃいましょう!

“就活メイク”の基本 ベースメイクのプロセス

まずは、ベースメイクの整え方を学びます。
繰り返しになりますが、“就活メイク”に濃いファンデーションはNGです。透き通るような素肌は、メイクのテクニックで演出できます。“就活メイク”の最初の一歩目、ベースメイクをしっかり学びましょう。

就活メイク(1)下地のあと、コンシーラーを使う

化粧下地を顔全体に伸ばしたら、肌悩みのある場所にコンシーラーを塗りましょう。
“就活メイク”でナチュラルなメイクをするといっても、クマやニキビあとをそのまま曝け出しなさい、と言っているわけではありません。面接の自信を持つためにも、肌悩みは極力隠しておきたいものです。

目の下の青黒いクマには、オレンジ系のコンシーラーを。肌の赤味が気になる部分には、ブルー・グリーン系のコンシーラーを。それぞれ使い分けることによって、“就活メイク”をする前に、肌悩みが嘘のように消えて行きます。
“就活メイク”の時にありがちなニキビあとをキレイに消すには、肌色よりも少し暗めのコンシーラーを選ぶようにしましょう。

ポイントは、コンシーラーを塗ったあと、スポンジでポンポン抑えてなじませることです。余分なコンシーラーを拭き取れば、あとで塗るファンデーションとの相性も良くなります。

■参考記事:ニキビ用コンシーラーのおすすめは?

ニキビ用コンシーラーおすすめ13選!ニキビ跡を隠したい人必見!

就活メイク(2)ファンデーションを塗っていく

コンシーラーで肌悩みとサヨナラしたら、続いてファンデーションの出番です。固形タイプもテカリが無くてよいですが、乾燥しやすい冬~春の“就活メイク”にはリキッドタイプもおすすめです。

まずは、頬・おでこなどの広い部分に数プッシュ分をポツンと乗せて、スポンジで徐々にならしていきます。

今までリキッドタイプのファンデーションを指で伸ばしていた人は、この“就活メイク”を機に「スポンジでならす」ことを始めてみましょう。指でリキッドファンデーションをならすと、ムラができたり、厚ぼったい仕上がりになったりすることがあります。
「自然な血色感」を目指す“就活メイク”には、「リキッドファンデーション×メイクスポンジ」の組み合わせがピッタリです。

■参考記事:崩れないリキッドファンデーションのおすすめをチェック!

崩れない!リキッドファンデーション13選!【おすすめ】

就活メイク(3)パウダーを乗せる

ファンデーションを伸ばし終えたら、フェイスパウダーで顔を整えます。フェイスパウダーは、自然なベースメイクに無くてはならない存在ですが、付け過ぎやすい欠点があります。
そこでおすすめなのは、大きめのメイクブラシを使うこと。ふわっと肌をなぞるようにパウダーを伸ばせば、厚塗りを回避することができます。

就活メイク(4)ハイライトを入れる

“就活メイク”のベースメイク、最後の仕上げがハイライトです。
「就活メイクにハイライトなんて入れていいの・・・?」と思われがちですが、ファンデーションで均等にならされた顔に、自然なツヤ感を出すための重要なプロセスです。立体的な顔立ちは、それだけで目を惹き、面接官の印象も良くなります。

“就活メイク”のハイライトは、頬骨・鼻筋・おでこの3点に、大きめブラシで1回なぞるように入れるだけで充分です。美肌効果も狙えるハイライトは、清潔感を出すための“就活メイク”に絶対必要です。

“就活メイク”の基本 眉毛メイクのプロセス

“就活メイク”の眉毛メイクには、ブラシとペンシルが一緒になったアイブロウを使うのがおすすめです。一体型のコスメならコストパフォーマンスもいいですし、メイク初心者さんでも簡単にきれいな眉毛を描くことができます。

■参考記事:メイク初心者でも安心、眉毛の整え方は?

眉毛の整え方女性編!初めてで濃い人が薄くする方法を解説!【必見】

就活メイク(5)眉毛の下書きをする

まずは、描きたい眉毛のフォルムに下書きをしていきます。アイブロウペンシルで、ぼかすように薄く描きましょう。
このとき気をつけたいのが、「眉尻から眉頭へ向かって描く」という点です。眉毛を眉尻から描くことによって、眉頭が濃くなりすぎるのを防ぐことができます。自然な“就活メイク”の仕上がりには、濃い眉毛はNGです。眉尻から少しずつ丁寧に描いていきましょう。

就活メイク(6)眉尻をシャープに整える

眉毛のフォルムの下書きを終えたら、眉尻をペンシルで描き足していきます。“就活メイク”で大事なのは、「きちんとした清潔感」です。ナチュラルな印象を目指したいがために、まったく整えられていない眉毛のままでいるのは絶対に止めましょう。
ぼんやりした眉尻よりも、シャープにおさまった眉尻のほうが断然好印象です。アイブロウペンシルでしっかり整えましょう。

就活メイク(7)眉毛をブラシでとかす

アイブロウペンシル付属のブラシで、眉毛をとかして毛流れを整えます。一定方向にキレイに流れる眉毛が、顔の印象に与える効果は非常に大きいです。“就活メイク”の眉毛メイクでは、この最後のステップを忘れないよう注意しましょう。

“就活メイク”の基本 「アイメイク」

ここからは“就活メイク”のアイメイク方法を解説します。実は、“就活メイク”で一番失敗しやすいのがこのアイメイクです。アイラインやアイシャドウ・マスカラを使うのが当たり前になっている女性ほど、“就活メイク”で落とし穴に嵌まりやすいのです。

普段のメイクでは、アイラインやアイシャドウ・マスカラなどで目の印象を強くし、「デカ目」を作ります。しかし、“就活メイク”でいつも通りのアイメイクをすれば、社会人にふさわしくない派手な印象になってしまいます。
“就活メイク”では、アイメイクもナチュラルが命です。テクニックを学ぶだけではなく、使うアイメイクの道具も重要になってきます。

“就活メイク”の基本 アイメイクのプロセス

まずは、“就活メイク”のアイメイクで使いたいコスメの解説から始めましょう。

(1)ホワイト~濃い目ブラウンの4色が入ったアイシャドウパレット
“就活メイク”には、ブラウン系のアイシャドウを使います。ラメやパールの入っていない、マットなアイシャドウが必須アイテムです。ピンク系やブルー系など、色味の強いものは選ばないよう注意しましょう。

(2)ブラックのペンシルアイライナー
“就活メイク”では、ペンシルタイプのアイライナーでアイラインを引きます。リキッドのアイライナーを使うと、どうしてもアイラインが濃くなってしまいがちです。ナチュラルな血色感に似合うアイメイクのためにも、ぼかしやすいペンシルのアイライナーを使用しましょう。
色はブラックで大丈夫です。にじみにくいウォータープルーフなら、完璧!

就活メイク(8)アイシャドウのホワイトをまぶたへ

まずは、アイシャドウの一番明るい色、ホワイトをアイホールにのばします。
このとき、アイシャドウ付属のチップではなく、指の腹で塗るのが効果的です。
濃くなりすぎず、よりナチュラルに仕上がります。

就活メイク(9)アイシャドウのベージュを重ねる

ホワイトを塗ったアイホールに、アイシャドウのベージュを重ねます。こちらも指を使って、薄付きを意識して塗りましょう。くれぐれも、普段の感覚で重ね付けをしないこと。「少し物足りないかな?」と感じるくらいで止めるのが、美しい“就活メイク”のコツです。

就活メイク(10)アイシャドウのブラウンを二重幅へ

アイシャドウのブラウンを、二重の幅に塗ります。このときは、アイシャドウ用チップで目のキワをなぞるように塗りましょう。
一重さんの場合は、「なりたい二重の幅」にアイシャドウのブラウンを塗ります。くれぐれも厚塗りはしないようにしましょう。

就活メイク(11)アイシャドウの一番濃い色で締める

アイシャドウパレットで一番濃いブラウンを、まつ毛の生え際にのせていきます。
細めのアイシャドウチップを使って、まつ毛の間を埋めるようにメイクしましょう。
目の印象を締める重要なプロセスです。丁寧に行いましょう。

就活メイク(12)アイラインを引く

シャドウを塗り終わったら、アイラインを引きます。まぶたを持ち上げて、まつ毛の生え際のギリギリを狙って描きましょう。ペンシルアイライナーなら、アイラインを強調しすぎず、ナチュラルなデカ目が完成します。

また、アイラインは目尻をはみ出さないよう注意しましょう。跳ね上げアイラインなどは絶対NGです!

就活メイク(13)マスカラで仕上げ

アイラインを引き終えたら、マスカラで仕上げをします。
アイラインと同じ色味のマスカラで、まつ毛にボリューム感をプラスします。
少量を少しずつ塗って、加減を調整します。マスカラも付け過ぎはNGです。

“就活メイク”の基本 リップ・チークのプロセス

“就活メイク”のリップメイクにおすすめな口紅は、「薄付きのピンク系」です。
レッド系やオレンジ系の口紅は、顔立ちが一気に派手になってしまいます。リップは、個性が強調されやすいパーツです。無難なピンク色の口紅で、ナチュラルな魅力の女性を演出しましょう。
また、リップメイクに薄付きの口紅を選ぶことによって、お直ししても程よい色付きをキープできます。

“就活メイク”で使用するチークは、ピンクとオレンジの間くらいの色を選びましょう。写真を撮ったときもキレイに映えますし、おすすめしたピンクの口紅ともマッチします。
チークブラシは、なるべく毛先の大きな筆のタイプを選びましょう。付属のチークブラシは、どうしても不自然な厚塗りになりがちです。

就活メイク(14)リップライナー→口紅の順で

まずは、ベージュ系のリップライナーで唇の輪郭をなぞり、口紅の縁取りをします。
そのあと、ピンク色の口紅をリップブラシにとり、唇の中央からのせていきます。次第に口角へ広げてのばし、リップライナーの輪郭から口紅がはみ出ないよう注意しましょう。

就活メイク(15)口紅をティッシュオフし、もう一度口紅を

一度口紅を塗った跡、ティッシュオフをします。これは、リップの色持ちを良くするための“就活メイク”のコツです。そのあとでもう一度、リップライナーで口紅を塗って完成です!
元の唇の色を活かすため、リップメイクは最小限に抑えます。薄付きのピンクベージュを使えば、万一重ねぬりをしてもナチュラル感をキープできます!

“就活メイク”(16)勾玉フォルムでチークを入れる

“就活メイク”では、丸っこくチークを入れるのはNGです。丸いチークは、可愛い印象はつくれますが、社会人らしい落ち着いた印象を演出することはできません。
“就活メイク”のチークメイクの正解は、笑ったときに一番頬が高くなる場所から、耳へ向かってふわっとチークを入れること。このとき、チークのフォルムは勾玉を描くようなイメージで描きましょう。

一重さんのための“就活メイク”を紹介!

最後に、一重さんのための“就活メイク”、中でもアイメイク方法についてご紹介します。
重たい一重は、それだけで暗いイメージをもたれやすいもの。一重の人でも好印象をもたれるためには、“就活メイク”に更なる工夫が必要です。

一重さんの“就活メイク”(1)ホワイトアイシャドウは使わない

使用するアイシャドウパレットを確認してみて下さい。
一重さんは、アイシャドウパレットの一番明るい色、ホワイト系やパール系を多用しないようにしましょう。
一重の腫れぼったさを減らすためには、素肌に近いベージュやブラウン系のベースを選ぶのが鉄則です。

一重さんの“就活メイク”(2)アイラインは「リキッドのブラウン」

一重さんにおすすめのアイラインは、ブラックよりもブラウン。ペンシルよりもリキッドです。
一重さんの腫れぼったいまぶたを引き締めるためには、リキッドアイライナーでアイラインを細く入れることが大事です。目の縦幅を強調したいからと言って、太くアイラインを入れることは避けましょう。

一重さんの“就活メイク”(3)マスカラは「ロングタイプ」

一重さんの一番の悩みは、マスカラがにじみやすい、ということではないでしょうか。そのため、一重さんの“就活メイク”には断然ウォータープルーフのマスカラをおすすめします。
そして更に、ロングタイプのマスカラを使えば、横顔に奥行きが出て、女性らしい優雅な印象になります。ロングタイプのマスカラを薄付き!これが一重さんの“就活メイク”のコツです。

まとめ:“就活メイク”のポイントは「女性らしい血色感」

“就活メイク”は、決してすっぴんのような薄付きメイクを推奨するものではありません。メイクをするからには、女性らしい魅力的な顔立ちになることが目標です。
ただし“就活メイク”は、やり方をほんの少し間違えるだけで、社会人らしくない派手な印象になってしまいます。普段のメイクと比べても、非常にデリケートなメイク方法なのです。

“就活メイク”で一番大切なのは、「女性らしい自然な血色感」を演出することです。
ファンデーションの厚塗りで、素肌の美しさを隠すのはご法度。元気で健康的な印象の女性に、面接官は高評価を下します。
薄付きで、ナチュラルな印象を与えつつ、女性らしい柔らかな印象を与えるには、「血色感」がキーワードです。“就活メイク”は、アナタ本来の顔立ちの魅力を引き出すメイク方法です。

ここで紹介したプロセスで、アナタも自然な“就活メイク”を身に着けましょう!

就活メイク・髪型についてもっと情報を知りたいアナタに!

証明写真でのメイクのコツは?就活で好印象を与える!
就活中の前髪は?女子必見の好印象を与える髪型まとめ!
お団子用ネットの使い方は?シニヨンネットは就活でも使える!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ