まつげが抜ける原因まとめ!メイクの仕方が悪い?対策は?

まつげのメイクは女性にとってなくてはならないものですが、それ故にまつげが抜ける人も多いようです。まつげが抜けるのは誰しもあることなのでさほど重大なことのように思いませんよね。ではなぜまつげが抜けるのか原因と対策をご紹介します。

まつげが抜ける原因まとめ!メイクの仕方が悪い?対策は?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】まつげが抜ける人は多い
  2. 片目のまつげだけ抜ける人も…
  3. まつげが抜ける原因ってあるの?
  4. なぜ?まつげが抜ける原因①ビューラー
  5. なぜ?まつげが抜ける原因②クレンジング不足
  6. なぜ?まつげが抜ける原因③摩擦
  7. なぜ?まつげが抜ける原因④熱
  8. なぜ?まつげが抜ける原因⑤病気
  9. まつげが抜けるときの対策は?
  10. まつげが抜けるときの対策①ビューラーのメンテナンスをする
  11. まつげが抜けるときの対策②質の良い睡眠
  12. まつげが抜けるときの対策③美容液を塗る
  13. まつげが抜けるときの対策④摩擦を避ける
  14. まつげが抜ける夢の場合は?
  15. まつげが抜けるサインを見逃さずに!

【はじめに】まつげが抜ける人は多い

女性にとってのメイクはまつげに行うものが多く、小さいパーツながらもなくてはならないものです。まつげはボリュームがあるだけで女性らしい顔付きにすることができますし、色気も同様に出すことができる部分です。また、まつげに対して美意識を持っている人は元から綺麗にしようとまつげ美容液を使っている人も多いですよね。

そんなまつげにはマスカラやマツエク、まつげパーマなど専門的な知識を持って行う技術など様々です。しかし、まつげに行うそういった技術が進歩し、浸透してきた中でまつげが以前にも増して抜けるようになってきたと口にする人も多くなってきています。

片目のまつげだけ抜ける人も…

抜けるまつげが気になる人にとっては大切なまつげが日々バラバラと抜けていってしまえば心配になるところでしょう。また、まつげが抜ける人の中には片目だけ抜ける頻度が高いという人もいるようです。

片目だけおかしいと思うほど抜けてしまうとなると病気などを疑いますが、実はまつげが抜ける原因は至るところに潜んでいます。そもそもまつげは髪と同様のものですから、当然「毛周期」というサイクルがあり、その毛周期によって抜けることは自然なことです。

まつげは個人差がありますが、おおよそ3週間~4ヶ月ほどのサイクルがあり、抜けては生えてを繰り返します。一日3~4本まつげが抜けるのは至って通常のことですから、一日その程度の本数しか抜けることはないという人はまつげの心配をする必要はないと言えるでしょう。

一本一本が細く、デリケートなまつげだからこそ、日々手を加えている心配が尽きませんが、原因をしっかりと知ることによって対策を講じていくことができますよ。

まつげが抜ける原因ってあるの?

毛周期のサイクルは人間誰しもにあります。男女関係なくあるサイクルですが、まつげが片目だけ抜ける場合や、明らかに抜ける本数が多いといった場合はやはり自然にまつげが抜けていると認識することはできないでしょう。

そのため、異常に抜ける人や、片目だけ抜けるという人は何らかの原因によってまつげがダメージを受けていると考えられます。まつげにかかっているこの負担を減らしてあげないとまつげの再生が追い付かず、抜けたまつげが長い期間生えてこないときもあるのでまつげの抜け方がおかしいと感じた場合は何が原因か探ることが改善に繋がっていきます。

なぜ?まつげが抜ける原因①ビューラー

では次はまつげが抜ける原因について触れていきましょう。最も考えられる原因としては、メイクの過程で行うビューラーです。多くの女性が行う方法ではありますが、ビューラーはやり方を誤るとまつげにダメージを与えてしまう原因となります。

ビューラーを使うときはまつげの全体をしっかりと挟み、上に綺麗なカールを持たせるようにギュッギュッと圧をかけて行うと思いますが、そのビューラーのかけ方を極端に上に持ち上げすぎていたり、力を込めすぎてまつげに負担がかかっているとデリケートなまつげは当然抜ける原因へと繋がっていきます。

負担がかかっているのが片目だけだった場合、異常だと思うほど片目のまつげだけが抜けてしまいます。目の形によってもビューラーの当て方は変わりますから、片目だけまつげが抜けてしまう人は抜ける片目のまつげをビューラーで引っ張ったりしていたのかもしれません。

また、ビューラーをした後はボリューム感を出そうとマスカラをする女性も多いですが、マスカラを何度も塗り重ねしたり、ウォータープルーフのクレンジングしにくいタイプのマスカラもまつげにとっては思わぬ他負担になります。片目のまつげだけ抜けるという人はマスカラの塗り方などにも原因があると考えられるでしょう。

マスカラは一度や二度塗っただけではボリュームも長さも出ないと感じている人も多いですが、マスカラはまつげにとって異物を塗られているのと一緒ですから、まつげにとってはマスカラでさえも負担になってしまうのです。もともとまつげは地肌からすぐの場所に毛根があるので、グイグイと上に引っ張りながら重ね塗りしたマスカラはまつげが抜ける原因となってしまいます。

なぜ?まつげが抜ける原因②クレンジング不足

肌の敏感さは非常に気にする人が多い中、まつげの敏感さにはあまり気を遣わないという人も多いでしょう。クレンジングでメイクを落とす際は指やコットンを使ってグリグリと力をかけて豪快に落としていく…といったクレンジング方法をしている人もいるかもしれません。しかし、そんな力任せに落としているメイクはまつげに多大なダメージを与えています。

力一杯グリグリとメイクを落とすとまつげにとっては致命的なダメージの原因となり、そこに加えてしっかりとアイメイクが落とせていないとこれもまたまつげが抜ける原因へと直結します。アイメイク専用のクレンジング剤で部分的に綿棒などを使って丁寧にメイクオフしている人はこれが原因ではないと言えますが、やはり短時間でサッとオフしてしまうような場合はメイクがまつげに残っていることも考えられます。

まつげにマスカラなどのメイクが残ったままにしておくと時間と共にメイクがまつげの上で劣化していくため、まつげが抜ける原因へと繋がってしまいます。


◆関連記事:まつげの長い男性には特徴があった!

まつ毛が長い男の特徴は?なんでまつげが長いの?

なぜ?まつげが抜ける原因③摩擦

まつげが苦手としているもの…それは摩擦です。むしろまつげにとって最も悪い要因だと言える摩擦は、デリケートな部分である箇所故の原因の一つでしょう。まつげにかかる摩擦はどんなものがあるかと言うと、例えばうつぶせで寝ていたり、アレルギーなどで目を頻繁にこすってしまうことです。こういった生活の中で何気なくやってしまうまつげへの摩擦は片目に与えてしまうことも少なくありません。

一度片目がかゆいと感じたらその片目だけ満足するまで何度もゴシゴシしてしまいますよね。また、うつぶせ寝も両方の目をベッドなどにくっ付けていれば同じくらいダメージがかかりますが、うつぶせ寝でさらに横を向いて寝ている場合は片目のまつげだけ負担がかかるでしょう。

目がかゆいときは目薬をさしても中々我慢することはできません。そのため、目をゴシゴシとかくことでまつげに直接の摩擦がかかったり、まつげ同士が擦っている最中にぶつかり合ってまつげに負担をかけていることになります。

なぜ?まつげが抜ける原因④熱

まつげは髪と同様の性質をしているため、当然熱を与えられることにも弱いです。そのため、まつげにホットビューラーをするのも良くありません。髪はドライヤーの熱などで縮れたり、水分を失ってゴワゴワになってしまいますよね。それと同じで、まつげも熱を長時間繰り返し与えると髪のように弱く、脆くなってしまいます。

また、ホットビューラー専用の道具でなくても、ビューラーをライターなどで温めたりしてからまつげを上げるのもNGです。まつげはどんなに熱い熱を加えても熱さを感じない部分ですから、思いの他熱くなってしまっても気づきにくいのが難点ですが、熱はまつげにとって抜ける原因になるのだと知っておきましょう。

なぜ?まつげが抜ける原因⑤病気

まつげが抜けるという問題はさほど大きな問題ではないと考えている人も多いでしょう。同じ毛である髪が抜けてもうろたえる人は少ないですから、まつげという小さな存在の毛は尚更重大な問題があるとは考えません。

しかし、まつげが抜ける原因の中には病気が隠れていることもあります。まつげの全体を見た際に、まつげの長さがあまりなかったり、量も少ない、そしてまつげの一本一本の毛が細いと感じることがあれば「まつげ貧毛症」という病気が関係している場合もあります。生えているまつげが部分的にないのであれば上記したような原因が考えられますが、まつげ全体を見たときに明らかに生え揃っていない場合は病気のことも視野に入れておきましょう。

まつげの病気になってしまう原因は上記したような長期的なダメージを与えていることに加え、加齢や薬の副作用などの至る問題が重なって起きることもあります。まつげの病気ではないものの、他の病気を治療するために服用していた薬の副作用でまつげ貧毛症という病気に繋がってしまうこともあるのです。

まつげの病気かな?と感じた場合は医療機関で治療することもできるのでまつげの病気は放置せず、まずは相談に行くことが先決です。

まつげが抜けるときの対策は?

まつげが抜ける場合は早急に問題解決に至るまでの対策をしていきましょう。抜けるまつげを放置していても生え揃うまでには時間がかかりますし、先ほど触れた毛周期の関係もありますので、放置していて良いものではありません。

また、まつげが抜ける人は最悪の場合、上記したような抜ける原因を慢性的に続けていくと一ヵ所だけ抜けてはまた一ヵ所違う部分が抜けてどうしようもなくなってしまうことも考えられます。抜けるまつげには綺麗にマスカラやマツエク、まつげパーマなどのメイクをすることもできませんから、健康で丈夫なまつげを復活させてあげることを考えていきましょう。

まつげが抜けるときの対策①ビューラーのメンテナンスをする

まつげが抜ける原因には先ほどビューラーを挙げましたが、ビューラーをかけることが悪いのではありません。ビューラーは一つのものを長く使っている人もいますが、メンテナンスされていないビューラーはまつげにいらない負担をかけてしまうことになるので、使うビューラーの質を向上させていきましょう。

ビューラーは長く使っているとゴムの部分が劣化していき、まつげを挟んでも上にカールを持たせる力がなくなってきます。そのため、少ない力でもまつげをカールさせる機能が欲しいので、今使っているビューラーのゴムは緩くなっていないか確認し、劣化していた場合は新しいゴムに交換してあげましょう。

また、まつげは非常にデリケートな部分ですから、使った後のビューラーは定期的に洗浄し、しっかりと完全に乾くまで乾燥させましょう。ビューラーを何度も使っていたという人は、使う頻度を一日一回などに制限して使いましょう。一日に何度も力が加わっていたまつげが一日に一回の負担になれば大分負担を軽減することができます。


◆関連記事:まつげを増やしたい方へ

まつげを増やす・伸ばす方法11選!美容液が効果的?

まつげが抜けるときの対策②質の良い睡眠

まつげは髪と同様なので、質の良い睡眠を取って丈夫な毛質にしてあげることも大切です。まつげに栄養が行き渡っていなければ毛は細く、長さを出すことはできません。特に睡眠中は元気な毛を維持するために必要な成長ホルモンの分泌が促進されますので、質の良い睡眠を取ることはまつげにとっても嬉しい対策なのです。

また、睡眠前にアイマスクを日課にしている人もいるかもしれませんが、まつげが抜けることを気にしている人はアイマスクの摩擦によっても抜ける原因を作っていることになるので、できるだけアイマスクをしてからの睡眠はやめましょう。また、良質な睡眠を取るためには眠る前の2~3時間前には部屋を薄暗くするようにし、パソコンやテレビ、スマホなどの目に悪く、質の良い睡眠を妨げるようなものも控えるようにすると良いでしょう。

まつげが抜けるときの対策③美容液を塗る

まつげを元気に、そして丈夫にするために最も手軽にできる対策と言えばまつげ美容液を塗ることでしょう。まつげが抜ける頻度が高い人はすでに使っているという人も多いかもしれませんが、まつげ美容液にはまつげの毛質を良くし、一本一本のまつげを太く、長くする効果があります。

そんなまつげ美容液は毎日コツコツと塗っていくことがまつげを元気にするコツです。美容液を上手に使っていけばマスカラを塗らなくてもボリュームのある毛質にできる場合もあります。

まつげ美容液は弱ったまつげに直接栄養を与えてくれる方法なので質の良い睡眠などの体の内側から改善していく対策と組み合わせていけばまつげもより元気に健康に育ってくれるでしょう。まつげ美容液に育毛の効果はありませんが、今あるまつげを大切に維持して抜けないように強化するためには美容液を率先して使っていきましょう。

まつげ美容液は市販で販売されているものでも構いません。まつげに栄養を補給できる美容液ばかりなので、お好みの美容液を探して毎日使っていくと良いでしょう。

まつげが抜けるときの対策④摩擦を避ける

先ほども触れた通り、まつげは摩擦に非常に弱いため、生活の中でまつげに摩擦がかかる行動を片っ端から排除していきましょう。うつぶせで寝るのがクセになっている人はなるべく仰向けの態勢をキープしましょう。

しかし、場合によっては横向きも片目のまつげにダメージを与えてしまいます。使っているまくらやクッションなどが大きく、顔が埋もれてしまうようなものもまつげにとってはダメージに繋がります。片目のまつげだけが抜けやすいという人は横向きの態勢でまくらなどが摩擦になっていることもあるので、まくらのクッション性がないものを選ぶなどの配慮もすると良いですね。

また、目を頻繁に擦ってしまうという人は意識を変えて目に手を持っていかない心掛けをしましょう。かゆいときにゴシゴシと擦ってしまうと驚くほど目全体に力がかかっていることになります。アレルギー持ちで目がかゆくなりやすい人は目薬を処方してもらったりと専門の機関に相談するようにしましょう。

また、メイクの際のマスカラにもまつげが摩擦を感じないようにすることが大切です。何度もマスカラを塗っては乾かし、という重ね塗りは摩擦と一緒です。マスカラを塗ってまつげに長さやボリュームを出したい場合は、それぞれに合った効果が出せるマスカラを選んで塗る回数が最小限に抑えられるようにしていきましょう。

まつげが抜ける夢の場合は?

実際にまつげが抜ける人もいれば、夢の中で何度も繰り返しまつげが抜ける場面を見たという人もいます。自分のまつげが例え夢の中だとしてもバラバラと抜け落ちてしまうのはゾッとしますよね。そんなまつげの夢はあなたの女性らしい美意識が関係しており、女性として認められたい欲求を表しています。

まつげが抜ける夢は一度見ただけでは大したことはないと感じたり、現実でまつげが抜ける頻度が高いのであればそれを気にして夢に見ていることもあります。しかし、たかが夢だと言っても、あなたが日々見る夢は警告を発している場合もありますのでたかが夢だとは思わず、変な夢を見たからこそ意味を知る必要があります。

そんな女性らしい美の願望を持つ象徴であるまつげが抜けてしまう夢には、あなたの人間関係に何らかの問題がある前兆です。あなたなりにしっかりと対応してきたつもりが、実は相手にとっては意味のない行動や言葉だった可能性があります。

また、健康についての問題や事故、災害などに巻き込まれる可能性がある夢でもあるので、まつげが抜ける夢を何度も見たという人は周囲の人間関係にプラスして、身を脅かすトラブルはないか意識して警戒していくことが大切です。

まつげが抜けるサインを見逃さずに!

片目だけまつげが抜けたり、ときにはバラバラと抜けてしまう場面は誰もがギョッとしてしまいます。女性にとってはマスカラなどを塗り、綺麗に見せることができる部分ですが、ときには病気が隠れている心配もあるので放置しておけない問題です。まつげが抜けるときは何らかの原因が潜んでいますから、なぜ抜けるのか把握して対策を講じていきましょう。

もっとまつげを伸ばしたいあなたはこちら

ダイソーのRJローションの使い方!まつげや髪に育毛効果が?
まつげが短いのが悩み?まつげを長くする方法5選解説!【効果的】
まつ毛を濃くする方法まとめ!簡単に伸ばしてまつげ美人に!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ