【簡単・グリセリンソープ】宝石みたいなアート石けん!作り方を解説♪

グリセリンソープは初心者でも簡単に作ることが出来るハンドメイド石鹸です。しかし「肝心のグリセリンソープの材料ってどこで売ってるの?]」と思われる方もいらっしゃると思います。そこで今回は、グリセリンソープの作り方やどこで材料が売ってるのかについてご説明したいと思います。

【簡単・グリセリンソープ】宝石みたいなアート石けん!作り方を解説♪のイメージ

目次

  1. 手作り石けんを作るなら「グリセリンソープ」がおすすめ!
  2. グリセリンソープとは?MPソープって何?
  3. グリセリンソープ作りに必要な材料、アイテムリストはこれ!
  4. グリセリンソープの作り方&保存方法!ポイントは?
  5. ⑥モールドから外した後も2~3日乾燥させる
  6. グリセリンソープの保存方法は?
  7. グリセリンソープを使用するときの注意点は?アトピーは大丈夫?
  8. 【応用編】さらにおしゃれで可愛いグリセリンソープを作る方法!
  9. グリセリンソープの作り方をマスター!オシャレな生活を楽しもう♪

手作り石けんを作るなら「グリセリンソープ」がおすすめ!

皆さんはグリンセリンソープというものをご存知ですか?グリセリンソープは手作りの石けんを作る時の材料として使われる石けんです。

グリンセリンソープを使ったオリジナルの石けん作りはとっても簡単♪グリセリンソープを使って作る手作りの石けんは、独特の透明感があり、とても可愛いんです。ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今回はグリセリンソープを使って自分だけのオリジナル石けんを手作りする方法を詳しくご紹介します。石けん作りに興味がある方はぜひ参考にしてみてください♡

グリセリンソープとは?MPソープって何?

グリセリンソープとはグリセリンを主成分として作られた石鹸のことです。

グリセリンソープは水に溶けやすい性質を持っているので石鹸の成分が肌に残りにくく、敏感肌の人や赤ちゃんにも使用できるお肌に優しい石鹸です。

誰にでも使いやすいグリセリンソープ。グリセリンは熱で溶ける性質を持っています。そのため、電子レンジや湯せんで溶かして自分の好きな形にしたり、色や香り付けをしたりと、自分好みのオリジナル石鹸を作ることが出来ます。

そこでまずはグリセリンソープの材料がどこで売ってるのか、グリセリンソープの作り方などを詳しくご説明していきたいと思います。

■参考記事:グリセリンとは?保湿化粧水も作れるの?

グリセリンとは?使い方や効果を解説!保湿化粧水も作れる?

グリセリンソープはどこで売ってるの?

グリセリンソープというもの自体があまり聞き慣れないもののため、「グリセリンソープってどこで売っているの?」と思われる方も多いかと思います。

グリセリンソープ自体は100均ショップや無印良品などのホームセンターでも販売されていますが、液体になっているグリセリンは主に薬局で販売されています。薬局ではグリセリンが500mlで1000円ほどの値段で購入することができますよ♪

グリセリンソープは薬局の場合、石鹸が売られているコーナーに陳列されていますが、液体のグリセリンは薬局コーナーのコンタクトレンズに使用する精製水が売られている場所に置かれていることもあるそうです。

もし薬局でグリセリンソープを探して見当たらない場合は、薬局でグリセリンソープはどこで売ってるのかを直接店員に尋ねてみることをおすすめします。

また、薬局でグリセリンソープが見当たらない場合は、インターネットの通販で500g/1500円ほどの値段で販売されています。

グリセリンソープに必要な物はどこで買える?100均、無印が便利!

まずは、グリセリンソープがどこで売ってるのかをご説明しました。次にグリセリンソープに色付けや香付けなどを行いたいときに使えるアイテムの入手方法について、触れていきましょう。

基本的に、アレンジするための道具は100均ショップや無印良品などのホームセンターで揃えることが出来ます。ドライフラワーや色付きパウダー、モールド(型)などをすべて揃えることが出来ますよ!

100均ショップで販売されているアイシャドウやチークを使って、グリセリンパウダーに色をつける方法もあります。

また、100均ショップでは製菓用のシリコンモールドがたくさん販売されているので、好きな形のものを選ぶことが出来ます。

また、100均ショップでも都市部にある大きな店舗ではグリセリンソープ自体も販売されているようです。100均ショップでグリセリンソープが見当たらない場合は、店員の方にグリセリンソープはどこで売ってるのか尋ねてみましょう。

また、無印良品ではアロマディフューザー用に使われるアロマオイルが販売されています。グリセリンソープに香り付けをしたい場合は無印良品のアロマオイルを使うのもおすすめです。

また、無印良品ではグリセリンソープ自体も販売されています。無印良品のグリセリンソープは100gのものが1個250円(税込)で購入することができます。無印良品のグリセリンソープの香りはレモン、シトラスウッド、マンダリン、アボカドなど様々なグリセリンソープが揃っています。

手作りでグリセリンソープを製作するときに色をつけるのがめんどうくさいという場合は、無印良品のグリセリンソープの中からお好きな香りや色を選ぶのもおすすめです。

■参考記事:浴室をスッキリさせるシャンプーラックもチェック♪

シャンプーラックのおすすめ25選!吊り下げ式でお風呂をおしゃれに!

グリセリンソープ作りに必要な材料、アイテムリストはこれ!

グリセリンソープの作り方をご説明する前に、グリセリンソープの製作に必要なものをご紹介しておきます。手作りのグリセリンソープを作るときに必要なものは以下の通りになります。

①グリセリン、グリセリンソープ

薬局などで購入できる液体のグリセリンはそのままモールドに流して使えますが、グリセリンソープは電子レンジで溶かしてから使います。

② モールド(型)

グリセリンソープを流し入れるために使います。製菓用に使われるシリコン製のモールドがおすすめですが、なければプラスチック製のものでも構いません。

画像のようにプッシュ式のモールドは固まった石鹸を押し出しやすく、グリセリンソープ作りに使いやすいモールドです。

③牛乳パック・プリンカップ

モールドがない場合は、牛乳パックやプリンカップなど型の取れる器を代用してグリセリンソープを手作りすることも出来ます。

④耐熱カップ

固形上になっているグリセリンソープを使う際、モールドに流す前に電子レンジで溶かす必要があります。その際に使う耐熱の容器を用意しておきましょう。

⑤竹串や爪楊枝

電子レンジで溶かしたグリセリンソープに色を混ぜたり、ドライフラワーなどを入れるときに使います。繊細な作業ができるので、とても役立ちます!

⑥色付きパウダー、アロマオイルなど

色付きパウダーや食用色素などはグリセリンソープに色を付けたいときに使用します。
お好みでアロマオイルやドライフラワー、ドライハーブなどを用意してください。

■参考記事:無印良品のアロマオイルもおすすめ!

無印良品のアロマオイルが人気!使い方や効果を解説します!

グリセリンソープの作り方&保存方法!ポイントは?

それではグリセリンソープの作り方についてご説明したいと思います。
今回は、固形のグリセリンソープを溶かして作るグリセリンソープの作り方をご説明します。

グリセリンソープを手作りするときは、温度や湿度が高い場所で作業するとグリセリンソープが溶けてべたつき作業しにくくなるので、なるべく風通しの良い涼しい場所で作業するようにしましょう。

①まずは刻む!

グリセリンソープを電子レンジで溶かしやすいよう包丁やカッターで細かく刻みます。一粒が大体1~2センチメートルくらいの大きさになるまでカットしましょう。

②電子レンジは10秒ずつ様子を見る!

耐熱カップに①で刻んだグリセリンソープを入れて電子レンジに入れます。グリセリンソープはすぐに溶けるので、10秒ずつ様子を見ながら少しずつ溶かしていくようにしましょう。

グリセリンソープが溶けたらすぐに電子レンジを止めて、耐熱カップを取り出します。

③色付け、アロマ付けをしよう!

グリセリンソープに色を付けたりアロマオイルなどを入れる場合は、溶けたグリセリンソープを竹串で混ぜながら色付けや香り付けをします。

薬局などで購入出来る液体のグリセリンを使用する際も、しっかり色付けや香り付けをするために混ぜてからモールドに流し入れるようにしてください。

④モールドに流し込む!その後にドライフラワー♪

③のグリセリンソープをモールドの半分くらいまで流し入れます。グリセリンソープにドライフラワーやドライハーブなどをはこの段階で入れ、竹串で位置を調整します。

⑤風通しの良い場所で乾かす

ドライフラワーやドライハーブなどを入れ終えたら、モールドいっぱいにグリセリンソープを流し込み、風通しの良いところで1~2時間自然乾燥させます。

⑥モールドから外した後も2~3日乾燥させる

グリセリンソープが固まったらモールドから外して更に2~3日風通しの良いところに置いて乾燥させて、出来上がりです。

グリセリンソープはモールドから外してすぐに使うことも出来ますが、2~3日置くことでグリセリンソープの内部までしっかり固まるので、グリセリンソープが長持ちしやすくなります。

グリセリンソープの保存方法は?

手作りしたグリセリンソープをそのまま常温で放置しておくと、夏場など気温が高いときはグリセリンソープが空気中の水分を吸収して細かい気泡を作ってしまうことがあります。

グリセリンソープの見た目をきれいな状態にしておきたい場合は、グリセリンソープをラップに巻いて冷蔵庫などの冷暗所に保存するようにしましょう。

グリセリンソープを使用するときの注意点は?アトピーは大丈夫?

グリセリンソープはお肌に優しい石鹸ですが、アトピーの方の場合はグリセリンソープを使って肌荒れが起きる体質の方もいらっしゃいます。グリセリンソープを使用する際には、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

【応用編】さらにおしゃれで可愛いグリセリンソープを作る方法!

グリセリンソープの基本的な作り方をマスターしたら、グリセリンソープに模様をつけてみるなどの応用編にチャレンジしてみましょう。

どんなグリセリンソープを製作すれば良いか迷う方のために、おしゃれなグリセリンソープの製作一例をご紹介します。

マーブル模様のグリセリンソープの作り方は?

マーブル模様のグリセリンソープを作るやり方は2種類あり、①色を付けたグリセリンソープを何色か薄くモールドに流して竹串でマーブル模様になるまで混ぜていく方法と、②透明なグリセリンソープに食用色素を付けた竹串で模様を描いていく方法があります。

グリセリンソープをカラフルなマーブル模様にしたいのであれば①のやり方を、透明なグリセリンソープの質感を活かしてマーブル模様をつけたいのであれば②のやり方をおすすめします!

お花やマスコットを入れておしゃれインテリアに♪

丸型のモールドにグリセリンソープを流し、マスコットやお花を入れたグリセリンソープです。このままインテリアの置き物としても飾れるので、プレゼントにも喜ばれそうですね。

宝石風のグリセリンソープ

グリセリンソープの色使いを工夫すれば、宝石風のグリセリンソープも作れます。

透明なグリセリンソープと紫色のグリセリンソープを半分ずつ流し入れることで、天然石のような透け感のある美しい模様を作ることが出来ます。

あえてグリセリンソープの中に空気の気泡を入れれば、更にリアルな宝石の質感を出すことも出来ます。

■参考記事:乾燥肌におすすめのボディーソープは?

乾燥肌におすすめのボディソープランキングTOP9!保湿効果抜群!

グリセリンソープの作り方をマスター!オシャレな生活を楽しもう♪

グリセリンソープの販売場所やグリセリンソープの作り方についてご説明しました。グリセリンソープは初心者でも簡単に手作りすることができ、アイデア次第で様々なデザインのグリセリンソープを作ることが出来ます。

今回の記事を参考に、ぜひオリジナルのグリセリンソープを製作してみてください!お部屋のインテリアにもピッタリですよ♪

■手作りコスメについてもっと情報を知りたいアナタに!

化粧水は手作りで!簡単なレシピ・作り方9選!
練り香水の作り方!市販の香水から簡単手作り!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ