ボタニカルキャンドルの作り方!簡単にできるアイデアまとめ!

見ているだけで幸せな気分にさせてくれるキャンドルの灯。今回は灯しても美しい、置いているだけでもとってもきれいなボタニカルキャンドルの作り方を解説します。ボタニカルキャンドルの作り方は慣れてしまえば難しくないのでぜひチャレンジしてみて下さい!

ボタニカルキャンドルの作り方!簡単にできるアイデアまとめ!のイメージ

目次

  1. ボタニカルキャンドルの作り方☆ボタニカルキャンドルとは?
  2. ボタニカルキャンドルの作り方☆ボタニカルの意味
  3. ボタニカルキャンドルの作り方☆プリザーブドフラワーを使う
  4. ボタニカルキャンドルの作り方☆ドライフラワーを使う
  5. ボタニカルキャンドルの作り方☆押し花を使う
  6. ボタニカルキャンドルの作り方☆フルーツも使っちゃおう♪
  7. ボタニカルキャンドルの作り方☆手作りしよう♪
  8. ボタニカルキャンドルの作り方☆必要な道具
  9. ボタニカルキャンドルの作り方☆キャンドルの作り方
  10. ボタニカルキャンドルの作り方☆初心者向けキャンドルの作り方
  11. ボタニカルキャンドルの作り方☆ジェルキャンドルの作り方①
  12. ボタニカルキャンドルの作り方☆ジェルキャンドルの作り方②
  13. ボタニカルキャンドルの作り方☆応用編
  14. ボタニカルキャンドルの作り方☆アロマキャンドル
  15. ボタニカルキャンドルの作り方☆色付き
  16. ボタニカルキャンドルの作り方☆100均で手作り
  17. ボタニカルキャンドルの作り方☆注意点
  18. ボタニカルキャンドルの作り方☆作品集
  19. ボタニカルキャンドルの作り方☆ワックスサシェも♪
  20. ボタニカルキャンドルの作り方☆まとめ

ボタニカルキャンドルの作り方☆ボタニカルキャンドルとは?

ボタニカルキャンドルっておしゃれな響き。
アロマキャンドルや、形がかわいいキャンドル、そしてカラフルなものまでいろいろありますが、今回はその中でもボタニカルキャンドルを特集します。

今、ボタニカルキャンドルはとっても人気で、雑貨屋にはボタニカルキャンドルコーナーがあるし、ハンドメイド作家さんも素敵なボタニカルキャンドルをこぞって出品しています。

ボタニカルキャンドルは置いているだけでもインテリアとしてすごくおしゃれだし、なんといってもカラフルで、全く同じ物がこの世に存在しないというユニークさが魅力です。

今回はそんなボタニカルキャンドルの紹介とともに、ボタニカルキャンドルの作り方まで解説していきます。
美しいボタニカルキャンドルを自分の部屋のインテリアに合わせて手作りなんて、素敵ですよね!

コツを掴めば難しくないので、いろいろ作ってぜひ楽しんで下さい。

ボタニカルキャンドルの作り方☆ボタニカルの意味

ボタニカルキャンドルのボタニカルは英語から来ていて綴りは’botanical’。
「植物の」という意味で、例えば植物園のことを「ボタニカルガーデン」と呼びます。

つまりボタニカルキャンドルとは植物を使ったキャンドルということになるんですね。

かわいいキャンドルがお部屋に飾ってあるだけでも気分が上がりますが、ボタニカルキャンドルは花の癒し効果とキャンドルの灯のリラックス効果の相乗効果のおかげで、今までにはない素敵なヒーリングの時間を持つことができます。

ボタニカルキャンドルの飾りには花だけでなく、ハーブやフルーツなど、色のきれいな植物ならなんでも使用できるので手作りすると季節感や、自分らしい個性のあるボタニカルキャンドルに仕上げることができます。

基本の色を決めて装飾していくときれいに仕上がりますよ。

ボタニカルキャンドルの作り方☆プリザーブドフラワーを使う

ボタニカルキャンドルに使う花にもいろいろな種類があります。
その中でも多く用いられるのがプリザーブドフラワー。
プリザーブドフラワーとは、生花を脱水してから保存液と着色液につけることで生花の時の鮮やかな色を保ったまま、加工した物です。
色鮮やかなため、ボタニカルキャンドルを作るときに使用すると色鮮やかでゴージャスな仕上がりになります。

プリザーブドフラワーは材料としては高価ですが、バラ一輪でも花びらを散らすだけで素敵な仕上がりになるので、たくさん使う必要はありません。

また、プリザーブドフラワーは初心者キットというものがあり、キットを使うと自宅で簡単にプリザーブドフラワーを手作りするのことも出来ちゃいます。
お気に入りの花を自分でプリザーブドフラワーに加工してからボタニカルキャンドルを作るのもまた一興ですね。

ボタニカルキャンドルの作り方☆ドライフラワーを使う

ボタニカルキャンドルの材料のお花に、ドライフラワーを使う方法もあります。
ドライフラワーを使うと独特の色あせた風合いが、ボタニカルキャンドルになんとも言えない味わいを出してくれます。

特にドライフラワーならおすすめしたいのはハーブ類や小花たち。
草原を思い出す爽やかで可憐な花々はドライフラワーで作るボタニカルキャンドルにピッタリです。

また、ドライフラワーでもボタニカルキャンドルの場合、花の部分を主に使うことが多いので(グリーン以外)より花の色を鮮やかに残したいのならドライフラワー用のシリカゲルを使ってドライフラワーを作ってみましょう。

普通ドライフラワーと言えば、さかさまに吊るして自然に乾燥させますが、ドライフラワー用のシリカゲルは乾燥材ですから自然乾燥よりも短期間に、そして色鮮やかに乾燥させることができます。
元の色があまり損なわれないため、ボタニカルキャンドルを手作りするときにはこちらの乾燥方法の方が向いています。
使い方も簡単なので、ぜひ試してみてください。

■参考記事:ドライフラワーの作り方はコチラも参照!

ドライフラワーの作り方まとめ!簡単な方法を紹介!【初心者必見】
ドライフラワー用シリカゲルでお花を残す!失敗しない作り方まとめ!

ボタニカルキャンドルの作り方☆押し花を使う

プリザーブドフラワー・ドライフラワーのほかに押し花を使うボタニカルキャンドルもあります。
押し花は当たり前ですが、ペチャンコに挟んで乾かすため、ボタニカルキャンドルを手作りするときに、使いやすく、花の模様を作りやすいのが特徴です。

とても使いやすいので、ボタニカルキャンドル手作り初心者には押し花が向いているかもしれません。

押し花の作り方は簡単。
昔ながらに辞書や百科事典など、分厚い本に挟んで自然乾燥させる作り方やがもっともスタンダードですが、もっと色鮮やかにしたいのなら、市販の押し花キットを使うときれいに押し花が作れます。

押し花キット以外にもティッシュで挟んだ花に低温のアイロンをかけて乾燥させる方法もあります。
短時間で水分を抜くとそれだけ色が残りやすいので、自然乾燥よりもおすすめです。

ボタニカルキャンドルの作り方☆フルーツも使っちゃおう♪

ボタニカルキャンドルといえばすぐに「花」をイメージしますが、なんのなんの、フルーツを使ってもとってもかわいいボタニカルキャンドルが手作りできます。

フルーツといってもメロンとかバナナは無理ですが、柑橘系のレモンやオレンジ、キウイなどスライスできるフルーツなら断面がキャンドルの側面に出てきれいです。

花を使うときれいですが、フルーツを使うボタニカルキャンドルはどちらかというとポップなイメージでキュートに仕上がるので、手作りに慣れてきたら色や形など、いろいろと試してみると良いですよ。

フルーツを乾燥させるのは天日干しという方法が最もポピュラーですが、あっという間に乾燥させたいのなら電子レンジを使って。
電子レンジで乾燥具合を注意しながら、乾かしていくと案外簡単に手作りできるのでぜひ試してみてください。

ボタニカルキャンドルの作り方☆手作りしよう♪

ボタニカルキャンドルの装飾部分である、花やフルーツの事が分かったところで、実際にボタニカルキャンドルを手作りしてみましょう。

ボタニカルキャンドルの作り方に難しいところは特にありません。
コツとしては、花やフルーツの色の組み合わせと、イメージのつかみ方だけ。
手作り方法もいくつかあるので、いろいろチャレンジしてみましょう♪

ボタニカルキャンドルの作り方☆必要な道具

まずは必要な道具をそろえましょう。
家にあるもので代用しても良いのですが、一通り道具を用意する方が出来上がりもきれいになりますし、手作りする工程やコツも簡単になります。

必要な道具

* 耐熱用ガラス性キャンドル型(モールド)
* 鍋
* 竹串
* はさみ
* 温度計
* 計量スプーン
* 割りばし
* IHヒーター

道具としてはこれだけそろえるとボタニカルキャンドルの作り方が簡単になります。
鍋はキャンドル作り専用にしてください。
蝋をとかすので、一度キャンドル作りに使用すると料理には使えないので注意しましょう。
また、直火だと過熱しすぎて発火する場合があるので、IHヒーターがおすすめです。もしもIHヒーターがないのなら湯せんで蝋を溶かしましょう。

ボタニカルキャンドルの作り方☆キャンドルの作り方

ではボタニカルキャンドルの作り方です。

型の中にベースとなるキャンドルを入れます。
型よりもベースキャンドルの方が小さいので、型とベースキャンドルの隙間に花やフルーツを入れていきます。
この時、隙間が狭いので竹串を使うと簡単です。

きれいに型の周りに花やフルーツを並べたら、溶かしたワックスをベースキャンドルの上に注ぎ込みます。

* この時、注ぐワックスの温度を70度まで覚ますことがコツです。それ以上熱いと、ベースキャンドルまで溶けてしまうので注意!

冷やされてワックスが固まるまで待つのですが、この時にベースキャンドルの芯が倒れないように割りばしで挟んでおきましょう。

完全にワックスが固まったらベースキャンドルの芯を持ってゆっくりと型からはずします。
キャンドルの大きさにもよりますが、だいたい半日以上たつと固まります。
これでボタニカルキャンドルの出来上がり♪
簡単ですよね♡

完全に固まっていないとモールドから外れずにひび割れや芯がすっぽ抜けてしまうことがあるので、注意が必要です。

ボタニカルキャンドルの作り方☆初心者向けキャンドルの作り方

基本のボタニカルキャンドルの作り方を解説しましたが、押し花を使ってもっと初心者向けに簡単な作り方も紹介しておきます。

用意する材料

* キャンドル
* スプーン
* スプーンを火であぶるためのキャンドル
* 押し花

まずスプーンを火であぶります。
スプーンが熱くなったら、ベースとなるキャンドルに押し花をあて、熱したスプーンで押し花をキャンドルに押し付けます。
この時やけどしないように注意しましょう。
するとスプーンの熱で周りの蝋が溶け、押し花がきれいにくっつくので、固まったら出来上がり♪

この方法だと初心者でも簡単にボタニカルキャンドルを手作りすることができちゃいます。
スプーンを熱しすぎないように、やけどしないように注意すれば、誰でも簡単に手作りすることができますが、もっと仕上がりをきれいにしたいのなら、鍋にワックスを溶かして出来上がったキャンドルを一度蝋の中にくぐらせるとさらに綺麗な仕上がりになります。

ボタニカルキャンドルの作り方☆ジェルキャンドルの作り方①

ボタニカルキャンドルってとってもかわいいのですが、これをジェルキャンドルで作るとまたまた違う印章で涼やかに、そしてみずみずしいキャンドルが出来上がります。
ボタニカルジェルキャンドルに必要な材料

* 耐熱ガラス容器 
* ジェルワックス
* キャンドル用の芯
* ボタニカルキャンドル用の花やフルーツ

ジェルワックスを鍋で溶かしていきます(ジェルワックス専用の容器もあります)
キャンドル用の芯を倒れないように、割りばしで挟んで、耐熱ガラス容器にセットします。
次に花やフルーツを入れていきます。
この時、ギューギューに詰め込みすぎるとあんまり可愛くならないので注意です!

ジェルワックスが溶けて70~80度くらいになったら、耐熱ガラス容器にワックスを注いでいきます。
コツはゆっくり注ぐこと。
一気にワックスを流し込むと気泡がたくさんできて、せっかくの花やフルーツが気泡で見えにくく残念な出来上がりになってしまうので注意しましょう。

ジェルワックスが固まったらできあがり♪

ボタニカルキャンドルの作り方☆ジェルキャンドルの作り方②

ボタニカルジェルキャンドルのもう一つの作り方も説明しましょう。

必要な材料
* 耐熱ガラス容器大&小
* ジェルワックス
* ソイワックス
* 花やフルーツ
* 芯

材料の耐熱ガラス容器、大の中に小のガラス容器をセットします。
2つのガラス容器の隙間に飾りの花を入れていきます。
溶かしたジェルワックスをガラス容器の隙間に注ぎ込み、固まるのを待ちます。
この時、気泡ができないようにゆっくりと注いでください。

次にソイワックスを溶かします。
小さなガラス容器の方に芯を立て、溶かしたソイワックスを注ぎ、固まったら完成です。
ガラス容器を大小2つ使うので、花の配置がやりやすく、簡単にきれいに仕上がります。
また、大小2つの容器を使うことで、花が燃える事を防ぐこともできます。
実はボタニカルキャンドルの花は芯に近いと燃える事がよくあるので、ジェルキャンドルでは容器を2つ使う方がより安全です。

*ちなみに、小さなガラス容器にわざわざソイワックスを溶かさなくても、100均のキャンドルを使う方法もあります。

ボタニカルキャンドルの作り方☆応用編

ボタニカルキャンドルを手作りする一通りの方法が分かったら、応用編も楽しみましょう。
応用編はボタニカルキャンドルに香りをつけたり、色を付けて楽しみます。

応用編とはいえ、作り方の工程が一つ増えるくらいなのでとっても簡単。
アレンジ方法が広がって面白いですよ。

ボタニカルキャンドルの作り方☆アロマキャンドル

ボタニカルキャンドルに香りをつけて楽しむアロマキャンドルの作り方です。
アロマキャンドルなので材料に香りをつけるためのアロマオイルが必要になります。

キャンドルを作る工程は普通のボタニカルキャンドルの作り方と全く同じ。
溶かしたワックスが70度くらいに冷えたら、その時点でアロマオイルを数滴たらします。
アロマオイルの量はお好みで。

香りがついたワックスを流しこめばアロマボタニカルキャンドルの出来上がり♪
簡単ですよね。

ボタニカルキャンドルの作り方☆色付き

ボタニカルキャンドルに色を付けたいなら、材料にクレヨンを追加。
色を付ける材料はクレヨンなのです。

これも工程は基本的に同じ。
ワックスと一緒に、好きな色のクレヨンを削って溶かします。
削る量はワックスの色を見ながら調節しますが、最初は少しから始めましょう。
あまり色を濃くすると、ボタニカルキャンドルなのに花が見にくくなるので注意してください。

最後に溶かしたワックスを注ぎ込めば色付きボタニカルキャンドルの出来上がりです。

■参考記事:クリスマスキャンドルの作り方と飾り方は?

クリスマスキャンドルを手作りで!作り方と飾り方解説!

ボタニカルキャンドルの作り方☆100均で手作り

ボタニカルキャンドルを手作りするために必要な材料は手芸店や通販で買うことができます。
でも、もっと気軽に手作りを始めたいなぁ...という人には材料を100均で揃えることもできます!

100均で代用する場合の材料

* 紙コップ 大&小
* ろうそく
* 割りばし
* ワックスペーパー
* ドライフラワー(100均に売ってます。ちなみに100均の造花でもOK)

100均の材料で作る工程も基本のボタニカルキャンドルの作り方を同じです。
材料をすべて100均で代用しているだけの話。

ガラスの型(モールド)は100均の紙コップで。
ワックスは100均のろうそくで代用します。
また、花も手芸店で材料をそろえると結構高いのですが、100均も侮ることなかれ♪
100均にもドライフラワーは売っているし、100均の増加もかわいいものがたくさんあります。

一つ基本の作り方と工程が違うところは、100均のろうそくを溶かしたときに、芯を取り出すこと。
やけどに注意して鍋から芯を取り出したら、ワックスペーパーの上に置いて乾かします。

あとの工程は全く同じ。
100均の材料でも簡単にできるので、初心者で続くのか心配だから、まだ材料は本格的に揃えたくない...という人に100均の材料で作る方法はおすすめです。

ボタニカルキャンドルの作り方☆注意点

ボタニカルキャンドルの作り方は基本的にはとても簡単です。
でも注意点もあるので、しっかりと確認しておきましょう。

ボタニカルキャンドルは作り方によっては使っている花が燃えるケースが多く、花やハーブが燃えると火事の原因にもなって大変危険です。
花やハーブが燃える原因は、火に近い位置に配置しているから。
もちろんデザインによっては芯に近いところに配置したい場合もありますから、その場合は燃える可能性も考えて、ボタニカルキャンドルを見て楽しむだけにしましょう。

燃えるのを防ぐには花を芯から遠い位置に配置するよう注意する事ですが、目安はキャンドルに火を灯したときに、蝋が溶けていく部分と、壁のように残って溶けない部分が出てくると思います。
燃えるのを防ぐには花をその壁部分に配置するよう注意する事です。

燃えるのが不安だという人は、一度目安としてキャンドルを普通に使ってみましょう。そして実際に溶けている部分の直径を確認する事をおすすめします。
溶けた部分の直径よりも外側のモールドを大きく取る事で花が燃える事を防げます。
また、キャンドルを使っているうちに、花が中央に寄ってくる場合があります。
そうなるとやはり花は燃えるので、もしも花が燃えるようでしたら、キャンドルの火を消して、燃える花を取り除くよう注意しましょう。

ボタニカルキャンドルの花は燃えるので、使う時にはそばをなるべく離れないようにする注意も必要です。

ボタニカルキャンドルの作り方☆作品集

桜の花を散りばめたボタニカルキャンドル。
春らしい暖かさが伝わってきます。
灯りがともるとまた幻想的。

桜は可憐だけど。
こんなに華やかな花達もゴージャスで素敵!
赤やピンクで女子力高すぎでしょ!

ゴールドと深いグリーンが大人っぽい!
こんな色合いならクリスマスにも活躍しそうですね。
シックで素敵です。

ミモザだけで作ったボタニカルキャンドル。
ミモザの愛らしさが際立ちます!
黄色の水玉模様が出来上がってかわいい!!!

グリーンが基調。
涼やかなボタニカルキャンドルはインテリアに最適です。
たくさん花を使っているのにまとまってるのはさすが!

ドライフラワーを上からはりつけたタイプ。
表面の蝋をすこーし溶かして貼り付けるだけだから誰でも簡単!
シンプルだから植物の配置がセンスの見せ所です。

フチ周りに花を散りばめて。
わざと立体的にすることで、まるでお花畑みたい。
キュートな作品です。

ボタニカルキャンドルの作り方☆ワックスサシェも♪

燃えるのが心配...

という人はワックスサシェを作ってみてはいかがでしょう?
ワックスサシェはボタニカルキャンドルと似ているのですが、火は使いません。
平らな方に蝋を流し込んで花やハーブ、フルーツで装飾をします。
見た目がとてもきれいで、インテリアにピッタリ。
火をつけないので、燃える心配もありません。

デザインだけを楽しむのも良いですが、ワックスサシェはぜひ香りをつけて楽しみたいところ。
アロマオイルで香りづけしたら、部屋のフレグランス代わりに棚に飾っておくのも素敵です。

ちなみに使う型は何でもOK。
目玉焼きの型やマドレーヌの型など、平たくて手のひらに収まるサイズならなんでも使えます。
ぜひ試してみてください。

ボタニカルキャンドルの作り方☆まとめ

いかがでしたか?

きれいな花々を使ったボタニカルキャンドルは見ているだけでもとってもきれい。
インテリアとしても、癒しのアイテムとしてもおすすめです。
置いておくだけでも綺麗ですが、せっかくのキャンドルなので、ぜひ火を灯してほんのり照らされる独特の美しい花を眺めてみてください。
素敵な癒しの時間になること間違いナシです♪

ハンドメイドについてもっと情報を知りたいアナタに!

ステンドグラスの作り方!自宅で簡単に作れるって知ってた?
ピアスデザインまとめ!【手作りハンドメイド】
ワイヤーアクセサリーの作り方!可愛い手作りのコツは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ