カーテンボックスの作り方!DIYで自作しよう!

カーテンボックスは、カラーボードや木材を使って手作りできます。お部屋のカーテンレールを隠したいなら、DIYで手作りのカーテンレールを作ってみましょう。簡単で楽しめるカーテンレールの作り方を紹介します。カーテンボックスの上に、小物をを飾ると素敵ですね!

カーテンボックスの作り方!DIYで自作しよう!のイメージ

目次

  1. 簡単なカーテンボックスの作り方8選DIYが楽しい💗
  2. 簡単なカーテンボックスの作り方①光を入れるカーテンボックス
  3. 簡単なカーテンボックスの作り方②超簡単!カーテンボックス✴
  4. 簡単なカーテンボックスの作り方③安い素材を使って💚
  5. 簡単なカーテンボックスの作り方④自作アレンジで素敵に💝
  6. 簡単なカーテンボックスの作り方⑤くりぬきデザインが個性的
  7. 簡単なカーテンボックスの作り方⑥100均アイテムを使おう
  8. 簡単なカーテンボックスの作り方⑦100均のカラーボードを使って
  9. 簡単なカーテンボックスの作り方⑧サイズはきちんと図ろう
  10. 簡単なカーテンボックスの作り方は、どうでしたか?

簡単なカーテンボックスの作り方8選DIYが楽しい💗

カーテンボックスを手作りしたいと、思ったことはありませんか?DIYでカーテンボックスが、楽々作れます。

材料は、白木板とポプラ材、チョーバン、結束バンド、プラスチックボードなどを揃えるだけで良いです。1,000円前後で、材料が揃えることができます。DIYが好きな人に、家族に喜ばれるカーテンボックスの作り方を紹介します。

簡単なカーテンボックスの作り方①光を入れるカーテンボックス

ウッドテイストで、ナチュラルな感じが素敵なカーテンボックスです。

まず、杉塗装材にポプラ材、チョウバン、結束バンド、プラスチックボードを用意します。次に木材を必要な長さにカットします。長さが足りない場合は、木材をつなぐとOKです。

ポプラ材は、カーテンレールのブラケット部分に合わせて、長さをカットした木材に取り付けます。

そして、ポプラ材に穴を開けてからブラケット部分に固定します。レール部分をカバーするようにセットして、プラスチックボードをカットすれば完成です。

カーテンボックスの上に、小物や置物を飾れます。光を通すデザインです。

カーテンボックスの設置方法

お部屋を賃貸したら、カーテンボックスが埋め込みされて設置されている場合があります。カーテンレールだけなら、カーテンボックスを手作りして後付けできます。

埋め込みされたカーテンボックスは、とっても頑丈に壁に埋め込みされているでしょう。埋め込みされているカーテンボックスは、インテリアとしても見栄えが良いです。

綺麗な設計で取り外すことができないのが、埋め込みされたカーテンボックスです。後付けできるカーテンボックスは、手作りしたり、インテリアショップで購入できたりすることがおすすめです。

■参考記事:カーテンレールの取り付け方法は?

カーテンレール取り付け方法!料金はどれくらいかかるの?

簡単なカーテンボックスの作り方②超簡単!カーテンボックス✴

コンパネを使った、カーテンボックスの作り方です。材料は、コンパネ、L字棚受け、平ネジです。

まず、180X150のコンパネの180㎝をそのままにして、150㎝を90㎝にカットします。カットしたコンパネのサイズを、6枚用意します。カーテンレールを外してから、L字棚受けをセットしてネジで留めます。

そして、L字棚受けにコンパネをのせます。のせてから、L字棚受けに接する部分に印をつけます。コンパネをおろしてから、カーテンレールを合わせて、J字棚受けに印をつけます。

カーテンレールとコンパネは、ネジで固定します。ネジの頭が大きいと、カーテンレールに入らないので注意します。

カーテンレールの内側から、ネジをいれます。完成したコンパネを、L字棚受けにのせて固定します。バランスレールを取り付けて、華やかにできますね。

簡単なカーテンボックスの作り方③安い素材を使って💚

カーテンボックスの材料は、SPP材1X4と1X6です。カーテンボックスのサイドパーツを、飾りっ気があるデザインにカットします。フロントパーツのサイドに、カットしたサイドパーツをネジで取り付けます。

カントリーチックなカーテンボックスを目指しています。フロントパーツのセンター部分を、へこませたデザインでサンタ―からサイドに向かって、曲線を描くデザインにカットしても素敵ですよ。

フロントパーツを、素敵なデザインカットしてから、ヤスリやトリマーでトリミングして綺麗にします。天板を取り付けます。

カーテンボックスを取り付けて完成です。デザインカットしたフロントに、好きな文字や絵を描いても、オリジナル感が出ますよ。

handmademiomio2さんの投稿
22426947 1552340228122627 433089035951407104 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

おしゃれなカーテンボックス

後付けできるカーテンボックスを、自分でアレンジしてカッコ良く作ることができます。ウッドテイストのカーテンボックスが、人気です。後付けできるカーテンボックスは、軽くて丈夫に作る必要があるでしょう。

カラーボードやプラスチックボードは、軽くて後付けのカーテンボックスにピッタリですね。手作りしたカーテンボックスに、ステッカーを貼ったり、アルファベットでワードを書いたり、おしゃれにデコレーションすると、お部屋が明るくなります。

カーテンボックスのカラーは、ホワイトなら、清潔感があっておしゃれです。

簡単なカーテンボックスの作り方④自作アレンジで素敵に💝

自作のカーテンボックスは、花の絵を描いたり、イタリック文字を書いたりして、オリジナルにしたいですね。杉塗装材よりも、白木材を使ってウェスタン風にカットして、素敵な絵を描いてみてくださいね。

フロント部分は、木材のカッティングにこだわってみるのも良いです。綺麗なラインになるように、丁寧に作業してデザインを完成させると、自作のクールなカーテンボックスができるでしょう。

yu.a.0406さんの投稿
21224090 186193918590584 6695767062851092480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

自作のカーテンボックスは、ウッドテイストが基本です。木材を好きなカラーでペイントすると、可愛いカーテンボックスが完成するでしょう。

ホワイトやブラックなど、お部屋のイメージに合わせて、DIYらしいカーテンボックスにします。植物や小物を、カーテンボックスに並べると賑やかになります。

life_happy_warmly_さんの投稿
20759400 1913513768916625 2467167031732994048 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

■参考記事:カーテンとブラインド、どちらがいい?

カーテンとブラインド徹底比較!どっちを使うのがいい?

簡単なカーテンボックスの作り方⑤くりぬきデザインが個性的

カーテンボックスを自作で作る時に、木材のフロントパーツの側面をハート型やダイヤ型にくりぬいたりすると、豪華に見えますよ。仕上げに鉄のやすりを使って、木を滑らかにしても良いですね。

フロントパーツの木を、個性的なカッティングで飾る方法がおすすめです。DIYになれている人なら、熱中してできるでしょう。

assssa48さんの投稿
24177999 144072959577453 8535983407555936256 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

自作のカーテンボックスを、彫刻したりくりぬくことも素敵ですね。技や感性を高めて、DIYのカーテンボックス作りに励んでみましょう。

フロントパーツのデザインを考えることは、素晴らしい仕上がりにもつながります。素敵なお部屋のイメージを、自作のカーテンボックスで仕上げてみてください。

カーテンボックスの便利さ

埋め込みのカーテンボックスでも、後付けのカーテンボックスでも、おしゃれで素敵なインテリアです。カーテンボックスの上に、飾りを置くこともできます。後付けのカーテンボックスの上には、軽い写真やプレートなどを飾ると良いでしょう。

埋め込みのカーテンボックスなら、プラントをいくつも置いても大丈夫です。埋め込みのカーテンボックスは、とっても頑丈だから安定感がありますよ。

後付けも埋め込みも、カーテンボックスとしてのメリットがあります。

簡単なカーテンボックスの作り方⑥100均アイテムを使おう

殺風景なカーテンレールに、カーテンボックスをかぶせたいなら、100均アイテムを使ってカーテンボックスを自作しましょう。ダイソーで販売されているPP厚板シートや半透明カラー2枚を使います。

100均には、カーテンボックス作りに使える物が、たくさんあるので探してみてくださいね。

kemikouさんの投稿
26072668 167919283972017 7484785978561789952 n

100均の木目調補修テープも使います。

①PPシートに定規で線を入れて、バキッと折ります。
②ガムテープを貼って、カーテンボックスの形に組み立てます。
③シートに、木目調テープを貼ります。外側や、外から見える部分全てに木目調テープを貼ると良いです。
④カーテンレールに被せます。
⑤完成です。

カーテンレールの長さに合わせて、PPシートをカットしてください。長さが足りない時は、継ぎ足してガムテープで留めると良いでしょう。

■参考記事:100均のカーテンクリップ活用法はコチラ!

100均カーテンクリップおしゃれアレンジ15選【セリア・ダイソー】

簡単なカーテンボックスの作り方⑦100均のカラーボードを使って

ダイソーの100均アイテムを使って、カーテンボックスを作ります。100均の木目調ボードと黒いカラーボードを使います。

ボードを、カーテンレールを覆うことができる長さにつなげます。ダイソーの100均の工作用角棒や木ネジも使います。家にある工具を使って、カーテンボックスを作りましょう。

ri.ao.asa_mamaさんの投稿
22858144 2022345784669841 6355742911572738048 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーテンボックスの作り方を説明します。

①最初にカラーボードでカーテンレールを覆うことのできる長さにカットします。
②側面も作れるように、サイズを測ってからカラーボードをカットします。
③上部やフロント部分のカラーボードもカットします。そして、サイズはカーテンレールの長さより2~3㎝長くはかります。
④側面部分の奥行きも、3、4㎝長くはかります。
⑤カラーボードを組み立てるときに、角棒をカットして、支えるための棒として使います。カットした角棒は、上部のつなぎ目の内側にガムテープで貼ります。
⑥木ネジを、裏側から差し込んで留めます。角材を張り付けた面が上で、木ネジを使った面が下になります。
⑦フロント部分は、ボードをつなげるときに、つなぎ目の内側から角棒を貼り付けます。
⑧側面は、上から木ネジを入れて固定します。ガムテープを貼って、頑丈に張り付けると良いです。
⑨カーテンレールの上に置いて、完成です。

hkmhyk_495672さんの投稿
22344715 1507663875966506 8609563438651277312 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

簡単なカーテンボックスの作り方⑧サイズはきちんと図ろう

手作りでカーテンボックスを作りたいときは、カーテンレールのサイズをメジャーで丁寧にはかります。ボードや木材は、ノコギリを使って綺麗にカットします。

手作りのカーテンボックスは、ノコギリやネジ、メジャー、ヤスリ、ガムテープなどを使うので、足りない物は100均で購入しましょう。100均のノコギリは、切れ具合がイマイチなこともあるので、ホームセンター等で探すのがおすすめですよ。

カーテンレールの長さが、ボードより長かったらつなぎ合わせる必要があります。綺麗なカーテンボックスを作るためには、側面のサイズやフロントや上部のサイズを丁寧にはかってから組み立てましょう。

akkiii46さんの投稿
21820104 285056425343495 3845325275701182464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

手作りのカーテンボックスは、サイズやネジの止め方、ガムテープでの補強、固定するための角棒などがポイントです。手作りのカーテンボックスは、お部屋をおしゃれに見せてくれるでしょう。

akkiii46さんの投稿
20902830 1359092627519438 7756964661769011200 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

簡単なカーテンボックスの作り方は、どうでしたか?

カーテンボックスをDIYする人が、増えているようです。趣味がDIYなら、カーテンボックスを手作りすることは、楽しい時間を過ごせることになります。

DIYのカーテンボックスの作り方は、シンプルな設計と単純な作業だけです。誰でも簡単にカーテンボックスをDIYできるので、頑張って作ってみてください。

カーテンについてもっと情報を知りたいアナタに!

カーテンの裾上げ方法!自分でやるなら手縫い?テープでできる?
白いカーテンで部屋をおしゃれに!遮光もばっちりできちゃう!
カーテンフックはAフックとBフックがある!どっちを選べばいい?

関連するまとめ

山下幾久子
山下幾久子
女性の興味が持てることにスポットを当てて、ライターとして頑張りたいです。未熟なライティングですが、lovelyにいい影響を受けています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ