別れ話の切り出し方11選!彼氏と穏やかに別れる方法とは?

別れ話の切り出し方に悩んでいる人も多いでしょう。別れ話の切り出し方を間違えてしまうと、彼氏との関係が泥沼化してしまったり、彼氏がストーカー化してしまうこともあります。そのため、慎重に行わなければならないのですが、いったいどうすれば良いのでしょうか。

別れ話の切り出し方11選!彼氏と穏やかに別れる方法とは?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】別れ話の切り出し方は難しい
  2. 別れ話の前に心がけておくことを学ぼう
  3. 【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと①】
  4. 【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと②】
  5. 【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと③】
  6. 【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと④】
  7. 【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと⑤】
  8. 別れ話の切り出し方を知ろう
  9. 【別れ話の切り出し方①】事前に準備しておく
  10. 【別れ話の切り出し方②】連絡の回数を減らす
  11. 【別れ話の切り出し方③】愛情表現をしないこと
  12. 【別れ話の切り出し方④】笑わないこと
  13. 【別れ話の切り出し方⑤】はっきりと別れたいと言う
  14. 【別れ話の切り出し方⑥】理由を明確に
  15. 【別れ話の切り出し方⑦】行為を理由にしない
  16. 【別れ話の切り出し方⑧】反論できないことを理由に
  17. 【別れ話の切り出し方⑨】友達という言葉を便利に使う
  18. 【別れ話の切り出し方⑩】人が多い場所で行う
  19. 【別れ話の切り出し方⑪】会うのが怖い場合
  20. 別れ話の切り出し方が自分を守る

【はじめに】別れ話の切り出し方は難しい

恋人が付き合っていれば、高い可能性で別れというものが訪れます。喧嘩や価値観の違いなど様々な原因がありますが、仕方のないことです。しかしここで問題になってくるのが、別れの切り出し方です。

女性にとって別れ話の切り出し方というものは、意外と難しいものです。もしも間違った別れ話の切り出し方をしてしまうと、男性がストーカー化してしまうこともありますし、別れ話がもつれてしまうこともあります。

別れ話が長引いてしまうと、女性はなかなか次の恋に進むことができません。さらにストーカー化してしまえば、もっと最悪です。警察に行かなければならなくなったり、周囲の人間にも迷惑をかけてしまうことになります。

このようなことにならないためにも、女性は別れ話の切り出し方をしっかりと学んでおく必要があります。それをしっかりと覚え、実践することが、自分のためになるため、必ずコツを掴んでおきましょう。

別れ話の前に心がけておくことを学ぼう

別れ話の切り出し方には様々な方法がありますが、実際にそれを紹介する前に、心がけておきたいことがあります。これは、多くの別れ話の切り出し方に共通する部分ですので、具体的な切り出し方を知る前に、覚えておきましょう。

ただし、共通する部分ではありますが、必ずしも守っておけば良いというわけではありません。なかには、それをやってしまうことで、彼氏のタイプによっては逆効果になってしまうようなこともあります。

そのため、今回紹介するのは、あくまで基本的な考え方です。この考え方に固執し過ぎることにより、うまく別れられないこともあるため、臨機応変に対処していきましょう。

【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと①】

別れ話の切り出し方の際に心がけておくこととしては、彼氏に優しくしない、ということが重要です。これから別れようと思っている彼氏に優しくしてしまうと、彼氏はあなたがまだ自分のことを好きなのだと勘違いしてしまいます。

女性と違い、男性は勘が鈍いものです。女性ならば彼氏の気持ちがなんとなく離れていることに気付くものですが、男性は鈍感ですので、なかなか気付きません。そのため、当然、これからもずっとあなたと付き合っていけるものだと、無条件で思ってしまいます。

そのため、たとえメールや電話であっても、別れ話を切り出そうと思っている彼氏に優しくするのはやめておきましょう。厳しくし過ぎるのも問題ですが、そっけなくするということを心がけておくと、丁度良い対応となります。覚えておきましょう。

【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと②】

別れ話の切り出し方として、突然にならないように臭わせる、ということも心がけておくと良いです。あなたがどれだけ別れたいと強く思っていたとしても、彼氏が必ずしもそのことに気付くとは限りません。もしも、突然そんなことを言われてしまえば、彼氏は「今までうまくやっていたのに」という反発心を抱いてしまいます。

このようなことにならないために、別れ話を切り出す前は、彼氏にもしかしたら気持ちがなくなっているのかもしれない、という疑念を抱かせることが大切です。つまり、別れ話をする前に、布石を打っておくということが大切ということになります。

布石は基本的には何でも良いのですが、会う時間を減らす、というのが、シンプルで一番効果があります。そのため、仕事や友人との遊びなどを理由に、彼氏と会う時間を減らしていきましょう。自分との時間よりも、友達を優先されることで、彼氏も徐々に気付いていくようになります。

【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと③】

別れ話の切り出し方として、回避策を与えないということも心がけておくと良いです。別れを切り出したときに、彼氏が別れを回避するため、あなたが別れる理由に対して、だったらこうする、と言う回避策を打ち出すことがあります。これをさせないようにするのです。

彼氏が回避策を出してくるということは、彼氏はまだ何とかなる、やり直せる、と思っているということです。彼氏にこのような思いがあると、別れる際にだいぶこじれてしまうことが多いため、注意しておかなければなりません。

回避策を与えないために大切なことは、彼氏に原因があるのではなく、自分に原因がある、という理由で別れることです。彼氏に原因がある場合、それを今後はしないようにする、という回避策が生まれてしまいます。しかし、あなたに別の好きな人ができた、ということであれば、彼氏にはどうしようもないことですので、回避策がなくなるというわけです。

【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと④】

別れ話の切り出し方として、彼氏を観察する、ということも心がけておきましょう。

別れ話の切り出し方で大切なのは、彼氏がどのような反応をするか、ということを事前に予測しておくことです。もしも、別れ話を切り出しても、素直に納得してくれそうだということであれば、わざわざ対策を立てる必要はありません。逆にストーカー化しそうだな、という時には、きっちりと対策をしておく必要があります。

彼氏がどのような反応をするかがわかれば、自然と対策も立てやすくなるでしょう。そのため、対策のための対策として、観察するということが大切なのです。

見極めるコツとして、SかMかを見極めるということが一番簡単です。もしも彼氏がSっ気の強い人の場合、ストーカー化する可能性が高いですが、Mっ気の強い人の場合は、可能性は低くなります。普段の態度でわかると思いますが、きっちり見極めましょう。

【別れ話の切り出し方の前に心がけておくこと⑤】

別れ話の切り出し方では、感情的にさせない、ということも心がけておくべきことです。人が感情的になってしまうと、人の言葉を素直に聞き入れようとしなくなります。言うこと全てに反対し、何が何でも別れない、という気持ちになってしまうでしょう。

このようなことになると、高い確率でストーカー化してしまったり、別れ話がもつれてしまったりするため、絶対に彼氏を感情的にさせないということが大切なのです。

彼氏を感情的にさせないためには、彼氏の言い分を聞くということが大切です、相手の話も聞かず、一方的にまくし立てると、彼氏もヒートアップして感情的になってしまいます。

また、メールや電話での別れ話は、相手の感情の動きが見えないため、できればやめたほうが良いです。メールや電話では、表情や空気感がわからないため、相手の感情を逆撫でしてしまいます。そのため、メールや電話ではなく、直接話すようにしましょう。

別れ話の切り出し方を知ろう

別れ話の切り出し方を実践する前に、心がけておくことを紹介しましたが、いよいよここからは、別れ話の切り出し方を紹介していきます。

別れ話の切り出し方には、それぞれの彼氏に合った方法というものがあります。そのため、自分の彼氏に合った方法を、紹介する中から見つけておきましょう。

基本的にはメールや電話ではなく、直接会って話すというのが大前提です。メールや電話は相手の気持ちを逆撫でしやすく、納得しにくいものだからです。ただし、メールや電話で話したほうが良いパターンも例外的に存在します。それはまた特別なことですので、基本的にはメールや電話で別れ話をするのはやめておきましょう。

【別れ話の切り出し方①】事前に準備しておく

同棲をしている人には、特に守って欲しいことですが、別れ話の前に、準備をしておく、ということも大切なことです。

同棲をしている人であれば、同棲している部屋から、少しずつ荷物を運び出し、同棲を解消するその日には、全ての荷物を一回で運び出せるようにしておきましょう。同棲していなくても、彼氏の部屋に自分の物が置いてあることもあるため、同じようにしてください。

同棲している部屋から荷物をなくしておく理由としては、何度も会わないようにするためです。同棲を解消したにも関わらず、また会ってしまうと、彼氏の気持ちが再燃してしまう可能性があります。そのため、同棲を解消したら二度と会わないで済むように、同棲解消前に準備をしておいたほうが良いのです。

また、同棲を解消したにも関わらず、あなたの物が室内にあると、彼氏は同棲していたときのことを思い出してしまいます。結果、未練を引きずることになり、ストーカー化してしまう可能性があるのです。
同棲している時点で引きずるリスクも高くなってしまうのですが、少しでもそのリスクを下げるためにも、同棲解消前にしっかりと対処しておきましょう。

【別れ話の切り出し方②】連絡の回数を減らす

別れ話の切り出し方として、連絡の回数を減らすという手段も有効です。連絡を減らすということは、それだけ二人の間に距離ができるということです。彼氏も最近連絡が少ないことに、すぐ気付くでしょう。結果、彼氏に別れたいという意志が無言で伝わることになり、別れやすくなるのです。

同棲している人は毎日会うため、この方法は使えませんが、メールや電話での連絡を少なくすることには、もう一つ利点があります。それは、彼氏の反応を確認できるということです。

彼氏がメールや電話が少なくなり、別れを勘付いたとき、もしもメールや電話が増えるようなことがあれば、彼氏が何とか関係を修復しようとしているということです。そのため、この場合は慎重に別れ話をしなければなりません。

逆に、変化がなかった場合は、彼氏も同じような気持ちである場合があります。そのため、すんなりと別れられる可能性が高いのです。彼氏の気持ちを見極めるためにも、重要なことですので、この方法は便利に利用してください。

■関連記事:彼女からの連絡に対する男性心理についてはこちらもチェック!

彼女から連絡がないと男は不安!どれくらいなら耐えられるの?

【別れ話の切り出し方③】愛情表現をしないこと

別れ話の切り出し方として、別れ話の前から、愛情表現をしない、ということも大切なことです。

男はとても単純な生物です。そのため、気持ちがなかったとしても「好き」という言葉をむやみやたらに信じてしまいます。愛情表現を別れる前にしてしまうと、彼氏は「この前、好きって言ったじゃないか」という思いを抱いてしまうため、こじれやすいのです。

愛情表現は言葉だけでなく、肉体関係においても同じことです。男性はその行為一つで、まだ大丈夫、という自信を持ちます。別れるつもりならば、体は許さないだろう、という考え方なのです。

あなたが嫌々やったとしても、彼氏はそう受け取らないため、このようなことも控えるようにしましょう。生理や体調が悪い、ということを理由に、しっかり断ってください。

【別れ話の切り出し方④】笑わないこと

別れ話の切り出し方として、笑わないことも大事なことです。これは別れ話を実際にする時の話ではなく、事前の付き合いの中での話です。

男性は女性の笑顔がとても好きです。笑顔に癒されると同時に、自分に心を許している、という考えを抱きます。そのため、できればリアクションとして、笑顔というものは、封印したほうが良いのです。同棲をしている人は、なかなか難しいことかもしれませんが、できるだけ笑顔は控えるようにしましょう。

また、彼氏が別れを勘付いても、あなたが笑うことで、やっぱり大丈夫だ、と自信を取り戻してしまうこともあります。それまで頑張って、勘付かせるところまで行ったのに、そのような状態になってしまえば、全部台無しです。注意しておきましょう。

【別れ話の切り出し方⑤】はっきりと別れたいと言う

別れ話の切り出し方としては、はっきりと別れたい、と言うことが大切です。

もしも、別れたいという言葉を言わず、濁してしまうと、彼氏はあなたが別れを悩んでいる、と受け取ってしまいます。その結果、あの手この手を使って、あなたを引きとめようとするはずです。

そのようなことにならないためにも、あなたの気持ちをはっきりと伝えるということが、かなり重要なこととなります。これにより、彼氏はあなたの本気度を知ることになるため、それを伝えるためにも、別れるという言葉は、はっきり伝えるようにしましょう。

また、別れる理由もはっきりと言うことが大切です。これを言うことで、彼氏は論理として、別れる理由を把握します。別れ話で理由を言わないと、どうして、という気持ちが渦巻き、彼氏が未練を引きずってしまうため、注意しておきましょう。

【別れ話の切り出し方⑥】理由を明確に

別れ話の切り出し方として、理由を明確にする、ということも大切なことです。
別れ話の際には、はっきりと理由を言うことも大切なのですが、明確であることも重要なのです。

例えば、「価値観が合わない」「性格が合わない」というような理由は、明確にも思えますが、明確とは言えません。少しざっくりとしています。

「あなたが他人の悪口を言うところが、合わない」「キレイ好き過ぎて疲れる」というような理由が明確な理由です。このようなことを言うことで、彼氏ははっきりと別れる理由を認識できるようになります。

男性は基本的に論理で物事を考えます。そのため、ざっくりとした理由だと、納得することができません。何がどうなって、こうなった、という論理に基づいた話し方が、一番理解しやすく、納得もしやすいため、このような話し方をするようにしましょう。

【別れ話の切り出し方⑦】行為を理由にしない

別れ話の切り出し方として、行為を理由にしない、ということも大切です。
ここで言う行為とは、彼氏が具体的に行った行動などです。いつも物を片付けない、ひどいことを言った、というようなものが当てはまります。

なぜこのようなことを別れ話で言ってはいけないのかと言うと、今度からはしないようにする、と彼氏に言われてしまうからです。もしもそのようなことを言われてしまったら、別れ話はこじれてしまうでしょう。「絶対にまたする」「絶対にもうしない」という水掛け論になってしまい、決着がつかなくなってしまうのです。

そのため、具体的な理由を言うことは大切ですが、彼氏の行動ではなく、性格や性質に属するようなことを理由にするようにしましょう。同棲などをしている人であれば、嫌というほど、そのような話はあるはずです。同棲していなくても、付き合っていれば彼氏の性格は理解しているものですので、そこをうまく利用して、理由にしましょう。

【別れ話の切り出し方⑧】反論できないことを理由に

別れ話の切り出し方として、反論できないことを理由にする、という方法もあります。この方法は誰もが使えるわけではありませんが、使える人はかなり便利に使うことができるため、覚えておきましょう。

先ほどは性格的な部分を理由にするという話でしたが、今回はその話よりもっと、限定的な話です。明らかな別れる理由、例えば、浮気をされた、というようなことがあるとしましょう。そのような場合、それを理由にすることで、彼氏は反論できなくなる、という方法なのです。

浮気は過去のものでも良いです。やはり我慢できなくなった、あれ以来信用できない、というように言うこともできるでしょう。浮気をしたことは紛れもない事実のため、彼氏は反論できなくなり、別れを認めざるを得なくなります。

できれば直接が良いですが、このような反論できない理由は大きな武器ですので、それがある人は、メールや電話で別れを告げても良いでしょう。ただ、やはりメールや電話だと確実とは言えないため、おすすめはしません。

【別れ話の切り出し方⑨】友達という言葉を便利に使う

別れ話の切り出し方として、友達という言葉を便利に使う、というのも良い方法です。つまり、別れ話をする際に、別れる意向は伝えながら、友達に戻ろう、という言葉を言い添えるということです。

別れる、となると、基本的には今後は会わない、という意志を伝えることになります。しかし、彼氏からすると大好きな人ですので、会えなくなることに大きなショックを受けてしまうでしょう。その結果、別れを拒否されてしまうことがあるのです。

友達になる、ということであれば、恋人関係は終わりますが、まったく会えなくなるわけではありません。そのため、男性としてもショックが少なく済みます。

友達に戻った後は、少しの期間、電話やメールくらいはしておいたほうが良いですが、徐々に回数を減らすことで、まったく連絡を取らない関係が出来上がります。長期戦となりますが、効果は高いため、彼氏が別れを拒否しそうだということであれば、この方法を実践してみましょう。

関連記事:元カレと友達になる場合はこちらもチェック!

元カレと友達になるべきでない9の理由!友達になってもいい条件は?

【別れ話の切り出し方⑩】人が多い場所で行う

別れ話の切り出し方として、人が多い場所で行う、というのも大切なことです。これは全ての別れ話の切り出し方に応用できることですので、しっかりと覚えておきましょう。

別れ話というと、普通は部屋で二人っきりの状態で行います。しかし実は、喫茶店やファミレスといった、人目がある場所で行ったほうが、すんなりと別れられることも多いのです。

男性はプライドが高い生物ですので、自分のみっともない姿を人に見せたくありません。特に、彼女に振られ、未練タラタラの状態など、赤の他人には見せたくないものです。

そのため、人前で別れ話をすることで、彼氏は何か言いたいことがあっても、ぐっとこらえるようになります。その結果、すんなりと別れ話を納得してもらえるのです。

【別れ話の切り出し方⑪】会うのが怖い場合

別れ話は直接話したほうが良いのですが、なかには、彼氏が何をしでかすかわからず、会うのが怖いという人もいるでしょう。そのような人は、電話やメールで別れ話をしても良いのですが、守っておくべき注意点があります。

電話やメールで別れ話をせざるを得ない男性ということは、男尊女卑の考え方や亭主関白のような性格を持ち合わせている男性ということでしょう。このような人に、相手の悪いところを理由に別れ話をすると逆上されてしまいます。さらに、別に好きな人ができた、というのもプライドを傷つけるため、NGです。

一番良い別れ話の理由は、その彼氏の素晴らしい考え方や、正しい行動に、ついていく自信がない、もしくはついていけない自分が悪い、という理由です。もちろん、彼氏の考え方は正しくありませんし、行動も正しいものではないでしょう。しかし、別れ話の際には、その真実をぐっとこらえて、彼氏に非はなく、自分が悪いという言い方をしたほうが、うまく別れられます。

女性としてはこの方法は納得のいかない部分も多いでしょう。しかし、このような男性はストーカー化してしまえばかなり厄介なタイプの男性です。そのため、これが一番自分のためになる方法となります。電話やメールで良いので、我慢して実践してみましょう。

別れ話の切り出し方が自分を守る

別れ話の切り出し方は少しでも間違えてしまうと、最悪の結果を生み出すこともあります。意外と大人しい男性が、別れ話で態度が急変することもあるため、念のため、対策しておくということも大切です。

自分自身を守るために、しっかりと別れ話の切り出し方を覚えておきましょう。

もっと別れの情報を知りたいアナタへ!

別れたほうがいい男・彼氏の特徴17選!別れるべきタイミングって?
彼氏と上手に別れる方法!こじれずに別れる方法を徹底解説!
彼氏を信用できないなら別れるしかない?不信感への対処法7選!
別れ話は電話でするべき?直接会うのとどっちがいいか解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ