相手の気持ちがわからない!片思い相手の気持ちを確かめる方法13選

相手の気持ちがわからない!片思い相手の気持ちを確かめる方法13選

相手の気持ちがわからないことで苦しんでいる人も多いでしょう。特に恋愛においては、相手の気持ちがわからないと様々な不利益を被ることになります。そこで今回は、相手の気持ちがわからない時に、その気持ちを確かめることができる方法を紹介していきたいと思います。

記事の目次

  1. 1.相手の気持ちがわからないと恋愛がうまくいかない
  2. 2.病気なの?相手の気持ちがわからない
  3. 3.【相手の気持ちがわからない病気】アスペルガー症候群
  4. 4.【相手の気持ちがわからない病気】ADHD
  5. 5.【相手の気持ちがわからない病気】パーソナリティ障害
  6. 6.相手の気持ちがわからない人が使うべき方法を知ろう
  7. 7.【相手の気持ちがわからない時の対処法①】外側を見る
  8. 8.【相手の気持ちがわからない時の対処法②】プライド
  9. 9.【相手の気持ちがわからない時の対処法③】ゆとり
  10. 10.【相手の気持ちがわからない時の対処法④】方向を見る
  11. 11.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑤】返信速度
  12. 12.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑥】目が合うか
  13. 13.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑦】会話の変化
  14. 14.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑧】ヤキモチ
  15. 15.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑨】誘う
  16. 16.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑩】ボディタッチ
  17. 17.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑪】笑顔
  18. 18.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑫】駆け引き
  19. 19.【相手の気持ちがわからない時の対処法⑬】告白
  20. 20.【まとめ】相手の気持ちがわからないのはみんな同じ

相手の気持ちがわからないと恋愛がうまくいかない

相手の気持ちがわからないという人が稀に存在します。それでも日常生活を送る上で何の支障もなければ特に問題はないのですが、特に恋愛面においては、相手の気持ちがわからないと、辛い思いをしてしまうことになります。

恋愛とは互いの気持ちを尊重することです。相手も自分を思いやってくれ、あなたも相手を思いやる。当然、人を思いやるためには、相手の気持ちがわからないと何もできないため、恋愛も片思いのまま終わってしまったり、片思いしている相手に告白しても、断られてしまったりするのです。

そのため、片思いの恋愛を成就させるためにも、相手の気持ちがわからないという状態を改善していく必要があります。とはいえ、そもそもなぜ、相手の気持ちがわからない人とわかる人がいるのでしょうか。その原因から紐解いていきましょう。

病気なの?相手の気持ちがわからない

相手の気持ちがわからないという状態になってしまう原因は、主に二つあります。一つは想像不足。もう一つは病気です。

相手の気持ちがわからない人の多くは、想像不足ということが原因なのですが、実はそれが病気のせいである可能性もあるため、注意が必要です。そのため、相手の気持ちがわからないという症状以外にも、病気に当てはまる症状がある場合は、すぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

このような話をすると、相手の気持ちがわからない自分は病気なのか、という誤解をする人がいますが、それは違います。必ずしもそうだというわけではありませんし、病気だと診断されるのは、ほんの一部の人です。

仮に病気だったとしても、病気が治るとまでは言えないですが、それも一つの個性ですので、うまく付き合う術があります。どちらにしても原因を知り、それに応じた適応方法を知ることが大切ですので、まずは原因を知りましょう。

【相手の気持ちがわからない病気】アスペルガー症候群

相手の気持ちがわからない病気としては、アスペルガー症候群という病気があります。アスペルガー症候群は発達障害の一つで、主にコミュニケーション能力の欠如、空気を読むことができない、特定のものに対するこだわり、などの症状があります。

昔は病気としての知名度が低かったため、見逃されていた病気でもあったのですが、現在ではアスペルガー症候群という名前が有名になったため、子供のうちから発見されることが多いです。そのため、気付かずにそのまま大人になった、という人は少ないでしょう。

人によって違うこともありますが、アスペルガー症候群の特徴は空気が読めないということや、想像して判断することができない、というようなことですので、相手の気持ちがわからない病気としては代表的なものです。

【相手の気持ちがわからない病気】ADHD

相手の気持ちがわからない病気として、ADHDという病気があります。これは障害の一種で、正式には注意欠如多動性障害と呼ばれ、子供だと4%前後の子供に見られる病気です。

主な症状のとしては、注意力の欠如、衝動的な行動や言動、落ち着きの無さ、などが挙げられます。一般的な子供にもあるような症状ばかりですので、病気だということを気付かれず、大人になる人が多いというのも一つの特徴です。ただ、多くの人は子供から大人になるにかけて、症状が出なくなります。大人になってからも症状が出るのは、25%程度の人です。

アスペルガー症候群とは違い、ADHDの人は他人の気持ち理解する能力はあります。ただ、衝動的な行動や判断により、相手の気持ちがわからない人、と受け取られてしまうことが多いです。必ずしも、相手の気持ちがわからない病気ではないため、ADHDだったとしても、うまく病気と付き合うことで、様々なことを克服できるようになります。

次のページ

【相手の気持ちがわからない病気】パーソナリティ障害

関連記事

人気の記事