彼氏が欲しい料理と彼女が作ってあげたい料理は違うかも?【要注意】

彼氏に手料理を作ってあげた時に彼氏の反応があまり良くない場合、彼女の料理が下手だったせいなのでしょうか?お料理の上手、下手だけでない可能性があります。本当に彼氏が彼女に望む料理はどんなものなのでしょう?彼氏が作って欲しい料理を考えてみましょう。

彼氏が欲しい料理と彼女が作ってあげたい料理は違うかも?【要注意】のイメージ

目次

  1. 彼にとって彼女の手料理はとても大切
  2. 彼女の手料理、彼氏の反応がイマイチ
  3. 彼氏のおいしいという言葉は信じて良い?
  4. 彼氏が彼女の手料理にがっかりする時
  5. 彼氏と彼女の料理に対する価値観の違い
  6. 彼氏が彼女に望む料理レシピ選びのポイント
  7. 彼氏が彼女に作ってほしい定番ランキング料理
  8. 実は賛否両論"彼氏が喜ぶお料理の定番"
  9. 彼女が上手くできたと思っても
  10. 彼氏が彼女の手料理に期待すること
  11. 手料理の仕上げは「真心」

彼にとって彼女の手料理はとても大切

彼氏とお付き合いが深まり二人だけの時間が増えてくると、外食ばかりでは無く手作りのお料理を振る舞う機会がでてきます。また、気になる人に振り向いてもらいたい時に"男性の気を引くなら胃袋をつかめ"と良くいわれるようにお料理で気を引こうとすることもあるでしょう。

彼氏にとって、彼女のお料理は将来の二人の日常生活を連想させるものですから、お料理が上手くできないととても心配になります。おいしくできないと悩む前に、彼氏が彼女に望むお料理はどんなものなのか考えてみましょう。

彼女の手料理、彼氏の反応がイマイチ

彼氏にお料理を作ってあげたい時には、彼氏が望むお料理ランキングを見たり、おいしいお料理のレシピを探したり…。
彼女がそんな大変な思いをして一生懸命作ったお料理に彼氏の反応が良くない時とショックですよね。その理由はどんなものなのでしょう?
原因は貴女のお料理が下手だったのでしょうか?実は彼氏の反応がいまいちだったのは、お料理の上手、下手だけでないことが多くあります。どんな原因、心理なのでしょうか?

彼氏のおいしいという言葉は信じて良い?

彼女が一生懸命作ってくれたお料理に「まずい」と言える彼氏はなかなかいません。そのため「おいしい」という、彼氏の言葉を鵜呑みにしていても、本音は違うかもしれません。彼氏が本当においしいと思って食べているのか、彼女に遠慮して我慢しているのかを見極めてみることが必要です。

そんな時、重要な見極めポイントは「一口目」。
彼氏が手料理を口に入れて直ぐ「おいしい」という時は、注意が必要です。もしかしたら、味に関わらず最初からそう言う予定だった可能性もあります。
逆に少しモグモグしてから考えながら「あー、いいと思う」「…うん、おいしい」と、微妙な反応。これは彼女に、気を使ってる可能性があります。

「おいしい」って言われても満足せずに、「また作りたいから、上手になる為に味付けどうだった?」と素直に聞いてみることをお勧めします。

彼氏が言いにくそうにしている時は「初めて作ったから、味付けが不安だったの。もっと味が濃い方がよかったかなあ?」「しょうゆ足した方がいいかな?」と、できるだけ具体的に聞いてみましょう。

手をかけて料理を作ったからと言って、それだけで満足して「こんなに大変だったんだから、おいしいでしょ!」という態度では、彼氏は本音を話してくれないので、気をつけましょうね。

彼氏が彼女の手料理にがっかりする時

彼氏が彼女の手料理を食べた時にがっかりするのは、お料理がまずかった時だけではありません。

「嫌いな材料が入っていた」
「食材を切っただけ?」
「ヘルシー志向過ぎ!」
「ボリュームが少ない!」

上手い下手とは違うことが意外にも多いのです。たまに作ってくれたのに、煮物など家庭料理風ばかりで地味すぎるなどという時もあります。ですからおいしいしいお料理ができないたことだけが、必ずしも彼氏を失望させる原因ではないのです。

彼氏と彼女の料理に対する価値観の違い

男性は味がはっきりするものを好みます。彼女が出したお料理に調味料を加える時には、貴女の味に満足していないからです。もちろん好みで何でも単一の調味料を加える人もいますが、塩や胡椒や色々な調味料を加える時などは、なんとか自分の味に調整しようとしていることが多いのです。

味の好みは人それぞれで、お料理の上手い下手ではありません。見極めて次回から調整をすれば、徐々に彼氏好みになるでしょう。

たとえば、多くの男性はお肉料理が好きですが、一言で「肉料理」と言っても、彼氏と彼女では想像する料理が違うことがあります。
女性はお肉が入っていれば肉料理と思いがちです。一方、男性はお肉が入っている料理と肉メイン料理は異なるものと思っています。
例えば、彼氏がお肉が好きだからお肉料理を作ろうと思うのなら、ハンバーグやとんかつ、しょうが焼き等を選ぶべきです。彼女が「お肉料理を用意したよー」と告げて、豚肉入りの八宝菜が出てきたら、彼氏は反応に戸惑ってしまいます。

彼氏が彼女に望む料理レシピ選びのポイント

大好きな彼氏に手料理をふるまう時には、お母さんが作る貴女のお家料理、webや雑誌などの彼女に作って欲しいお料理ランキングを調べたりするものです。お料理に自信が無くてうまくできない人は、事前に予習をすることもあるでしょう。彼氏が喜ぶお料理を選ぶ時のポイントを考えてみましょう。

的確なレシピを選ぶことが大切

手料理を作る時には、目的や状況によってレシピを適格に選ばなければなりません。特にお料理が下手だと思い込んでいる人の多くはレシピに頼りすぎることが多いようです。

同じお料理でも、時短レシピと本格料理のレシピではまったく異なります。レシピには作る相手や目的別になっているものも多くありますので、的確なレシピを選ばなければ同じ材料、分量、手順でもおいしいお料理はできないのです。時間が無い時にはそれ用に工夫されているレシピを選びましょう。

そして、もちろんですが「味見」は忘れずに。レシピでは調味料の量の目安として「適量」や「少々」と記載してあることが多いです。最終の仕上げの味に自信がない時は、彼氏に「コレぐらいの濃さでいいかな?」と味見を頼んでみましょう。

彼氏の部屋で作る時は事前にチェック

彼氏の部屋でお料理を作るのであれば、調理器具の有無や食器の種類を必ずチェックしておきましょう。独身男性の一人暮らしでは最低限のものしか無いことがほとんどです。特に重要なのが次の2点。

(1)調理器具(鍋、フライパン)とコンロの数のチェック⇒手順にかかわります。
(2)食器の数と種類⇒メニューの選択と盛り付けにかかわります。

メニューが決まったら、調味料の有無や食材をどこで購入するのかも事前に決めておくことも大切なことです。

確認せずに、料理が上手くいかなかった理由を

「この家、圧力鍋がないから、失敗しても仕方ないよね」
「この家、味噌が無いから、仕方なく塩で味付けしたの。だから、おいしくなくても文句言わないでね」
そんなことを言わないようにしましょうね。

ネットや本の料理情報なら間違いなし?

お料理に自信が無い、できないと思い込んでいる人は、webや本、雑誌の彼女に作って欲しいお料理ランキングやレシピに頼りがちです。ランキングが間違っている訳ではありませんが、自分のお料理の経験値でも可能なメニューを選ぶことが大切です。ランキングで上位だからといって、難しいお料理にチャレンジするのであれば、事前に何回か予習をしてからにしましょう。

また、ランキング上位のメニューでも、必ずしも彼氏の好きな料理とは限りませんよね。ランキングは参考程度にして、季節や時間帯、場所を優先して彼の好きそうなものから選びましょう。

できないお料理にチャレンジシンして失敗するより、シンプルなお料理で品数や盛り付けに工夫をすることを考えてみましょう。

さらに、女性は盛り付けのおしゃれな"カフェごはん"などを好みますが、男性はボリュームを好みます。もちろん多ければ良いという訳ではありません。彼氏は彼女の手料理を完食して、美味しかったことを伝えたい思いが強いので、大盛りし過ぎにも注意が必要です。食器を選び、副菜などを添えることで、よりボリューム感のある盛り付けを目指してみましょう。

彼氏が彼女に作ってほしい定番ランキング料理

webや雑誌には、彼女に作って欲しい料理のランキングがたくさん出ています。代表的なものを見てみましょう。

彼氏が彼女に作ってほしいランキングの定番料理①「[肉じゃが]

昔から、彼女に作って欲しいお料理の王道はなんといっても、肉じゃがです。その男性心理は家庭的な愛情を求めることからです。「肉じゃががおいしく作れる彼女は嫁候補」そんなことを考えている彼氏もいるようですよ。シンプルな家庭料理だからこそ、彼女からすると、失敗が許されない料理とも言えますね。

彼氏が彼女に作ってほしいランキングの定番料理②[オムライス]

オムライスもどのランキングでも上位に入っています。オムライスだけではなく、男性はハンバーグも好きなようです。どちらもお子様ランチの定番メニューですよね。男性は何歳になっても、子供ぽい食べ物が好きみたいですね。

彼氏が彼女に作ってほしいランキングの定番料理③[カレー]

カレーライスも必ず上位に入っています。カレーライスは日本の国民食とも言える存在で当然とも言えます。そして、家庭の味の代表的なものだからこその注意点もあります。
それは、カレーの味は家庭によってまるで違うことです。
せっかくカレーを作っても

「なんで、こんなに具が小さいの?失敗して煮込みすぎた?」
「シャバシャバのカレーになってるけど、大丈夫なの?普通はもっとトロってしてるよね」

こんなこと言われたら、嫌ですよね。作る前には「実家のカレーって、具ゴロゴロしてる?シャバシャバしてる?何か隠し味ってあるのかなー?」なんて聞いてみるのがオススメです。

実は賛否両論"彼氏が喜ぶお料理の定番"

webや雑誌の彼女に作って欲しいお料理ランキング定番には、"おふくろの味系"、"定食系"、などが上位に挙げられています。しかし、"おふくろの味系"の代表的存在、肉じゃがですら賛否両論があります。

"おふくろの味系"否定派の意見には、
「男は肉じゃがが好きってどこかの記事そのままで、なんの工夫も無い」
「家庭料理=結婚を意識させられて重い」
「惣菜系は冷凍食品に多くあるので自分でも"チン"して良く食べるからうれしくない」

"定食系"の中華への否定派の意見では、
「麻婆豆腐やチャーハンは自分でも作れる」
「外食でよく食べてるので、せっかく作ってくれるなら違うものにして欲しい」

"定食系"の王道カレーでの否定派の意見では、
「自分でも作れる」
「自分の家のカレーと比べてしまう」
「レトルトの方が美味しい」

定番料理であっても、人によって賛否両論なこともあるのです。

彼女が上手くできたと思っても

"家庭の味系"のお料理を作る時は特に注意が必要です。彼の好む味は、出身地やご家族伝来の味が基本になります。どのご家庭でも、カレーライスは隠し味や辛味、甘味にこだわります。お味噌も地方で違います。肉じゃがは関西と関東では牛肉と豚肉と違います。
当然ですが貴女が彼のお家の味を、おいしく再現することはできないのです。男性にとって「おふくろの味」がやっぱりナンバーワン。貴女にとって上手くできても、彼氏がおいしいと思うかはわかりません。

「体に良い」とは思うけど

さらに、カロリーを気にしがちな女性が大好きなヘルシー系のお料理は、男性には人気がありません。たとえば豆腐ハンバーグ、油を使わない揚げ物やこだわりドレッシングの野菜サラダなど。

彼氏の健康にも良いだろうからと選ぶ人も少なくありませんが、野菜が多い、お肉が少ない、味が薄くパンチが無い料理は、あまり男性は好きではないようです。彼女の「彼氏に体に良い物を食べてもらいたい」という思いは、ガッツリ食べたい男性には届かないことが多いのです。

手の込んだ料理なら大丈夫?

レストランやカフェ、有名シェフお勧めレシピなどに出てくるような、お洒落料理も「家めしっぽくない」との理由で苦手な男性が多いようです。

「魚のパイ包焼き」
「鶏肉の香草焼き」
「ビーフストロガノフ」

一生懸命作っても、家庭で食べ慣れていない料理だと「なにこれ?もっと普通の料理、作ってほしい」という本音を持つ彼氏も。手の込んだ洋食料理を作る前に「実家って和食料理が多かった?」と尋ねたり、香草焼きを作る前に「ハーブとか大丈夫?」と聞いてみましょう。

彼氏が彼女の手料理に期待すること

手料理を振る舞うのは、貴女が彼とのデートプランを立てて実行することに似ています。

「彼に食べたい物があるか聞いてみる」
「彼に食べたい物が特に無い時や聞く時間が無い時は、彼との食事の時を思い出す」
「彼の好きそうな食材や味などをリサーチする」
「メニューを決めてレシピを調べる」


どうでしょうか?デートのプランを決める時と似ていると思いませんか?
どちらもポイントは2つです。
(1)どうしたら彼が喜ぶのか
(2)彼が喜ぶための具体的な方法を考えて実行する

こんな風に考えれば、手料理のことを「彼がお腹がいっぱいになればいい」だけではない、もっと楽しい行動に感じられるかもしれませんね。

手料理の仕上げは「真心」

彼氏が彼女の手料理に最も望むことは、自分のことを理解して作ってくれたどうか、なのです。

「私がこれを作りたい」ではなく、喜んでもらいたいからと、彼氏の出身地の郷土料理をわからないなりに作ってみたり、彼の好きな料理をよくリサーチした上で、彼がおいしいと思う料理を作ることが重要です。

そんなお料理なら、例えまずくても、焦げて失敗しても、完璧じゃなかったデートでも心に残ることがあるように、彼の心に届くお料理になります。上手い下手ばかりこだわることなく、是非調味料に彼女としての「真心」を忘れずに使用してくださいね。

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ