結婚式の服装(親族)マナー解説!【兄弟・両親・親戚】

女性の憧れ、結婚式。親族の結婚式に出席する際、服装選びは友達や知り合いの式以上に気を使ってしまうものです。特に女性は何を着たらいいのか悩みどころですよね。そんな親族の式に参加する際に適した服装マナーを、主役の親戚との関係別に紹介します。

結婚式の服装(親族)マナー解説!【兄弟・両親・親戚】のイメージ

目次

  1. 結婚式の服装
  2. 【親族の結婚式の服装】結婚式での和装と洋装(男性・女性)
  3. 【親族の結婚式の服装】父親(男性)
  4. 【親族の結婚式の服装】母親(女性)
  5. 【親族の結婚式での服装】兄弟(男性)
  6. 【親族の結婚式での服装】姉妹(女性)
  7. 【親族の結婚式での服装】祖父(男性)
  8. 【親族の結婚式での服装】祖母(女性)
  9. 【親族の結婚式での服装】伯父・叔父(男性)
  10. 【親族の結婚式での服装】伯母・叔母(女性)
  11. 【親族の結婚式での服装】子供(男性)
  12. 【親族の結婚式での服装】子供(女性)
  13. 【親族の結婚式での服装】その他親戚(男性)
  14. 【親族の結婚式での服装】その他親戚(女性)
  15. 【親族の結婚式での服装】注意(男性・女性共通)
  16. 【親族の結婚式での服装】女性特有の注意点
  17. 【結婚式の服装と合わせてチェック】持ち物(男性・女性共通)
  18. 【結婚式の服装と合わせてチェック】女性の髪形
  19. 【結婚式の服装と合わせてチェック】女性のメイク
  20. 親族の結婚式での服装:まとめ

結婚式の服装

結婚式にお呼ばれした時に、まず最初に考えるのが服装ですよね?
着物だったり、ドレスだったり、スーツだったりと悩みどころです。

その中でも親族の結婚式に呼ばれた場合は何を身につければいいのか、親族と一般ゲストではどのように違うのかを両親や兄弟など、関係別に服装マナーを紹介していきたいと思います。

【親族の結婚式の服装】結婚式での和装と洋装(男性・女性)

一概に結婚式の服装と言っても、まず大きく分けて和装と洋装がありますよね。
友人の結婚式に呼ばれた場合はドレスコードがない限り洋装を着る人が多いと思いますが、親族の結婚式となると、そういうわけにはいきません。

新郎新婦や家族、相手親族と相談し、親族同士ある程度足並みを揃えることが大切になります。

困った場合は新郎新婦に確認して、レンタルなど、わからないことは式場などに問い合わせてもらうのが良いでしょう。

新郎新婦を通さずに勝手に会場に問い合わせすることは、たとえ親族でも、所在地の確認以外ではあまり好ましくないので気をつけましょう。

■参考記事:結婚式に和装で出たい方はコチラも参照!

結婚式には着物で出席!マナーや着こなし解説します!

【親族の結婚式の服装】父親(男性)

父親の服装は新郎新婦の服装の格に合わせるのがマナーです。
新郎新婦が正礼装なら父親も正礼装に合わせますし、新郎新婦が準礼装なら父親も準礼装に合わせるのがベストです。

礼装・準礼装ともに和装と洋装がありますが、父親の服装は、新郎が洋服・和服どちらを着用しようが合わせる必要はなく、 両家で相談して両親同士であわせます。
両家で全く違った服装(片方和装、片方洋装など)はよほどの理由がない限りNGです。
もし両家両親の怪我などで和装が難しい場合はその人に合わせて洋装にする(もちろんチャペル式などの洋装可能な場合)など、足並みを揃えましょう。

主役の新郎よりも地味であること、また、媒酌人夫妻よりも控えめの方が良いと思います。

【和装】
・紋付羽織袴
【洋装】
・燕尾服と白ネクタイ
・タキシードと黒ネクタイ
・フロックコート
・モーニングコート など

【親族の結婚式の服装】母親(女性)

母親の服装は父親同様。新郎新婦の服装の格に合わせます。
新郎新婦が正礼装なら母親も正礼装が良いですし、新郎新婦が準礼装(格式ばらない服装・セミフォーマル)なら母親も準礼装に合わせるようにし、両親並んでもおかしくない組み合わせにします。

礼装・準礼装ともに和装と洋装がありますが、最近では1披露宴内にどちらも着用する新郎新婦が多いので、新郎新婦に合わせるよりも両家で相談して足並みを揃える方が優先です。
また、主役の新婦や媒酌人夫妻よりも控えめにするのがマナーです。

【和装】
・黒留袖

【洋装】
・イブニングドレス
・アフタヌーンドレス など

【親族の結婚式での服装】兄弟(男性)

新郎新婦の男性兄弟の服装は、新郎や両親、媒酌人よりもやや控えめにするのが好ましいです。

洋装ならタキシードと黒ネクタイ、ダークスーツ(黒)と白系を基調としたネクタイなど、和装なら黒留袖などがあります。
両親同様、相手家族にも男性兄弟がいる場合はある程度兄弟同士で格式は揃えましょう。
自分の他に兄弟がいる場合も同様です。

※小さい子どもがいるような方は新郎新婦に近い親族でも、新郎新婦や他の親族に確認の上、準礼装にして動きやすくしておくことをオススメします。
また、兄弟がまだ高校生以下の場合は学校の制服で大丈夫です。

まだ高校生以下の兄弟に関しては別に紹介している「【親族の結婚式での服装】子供(男性)」の欄を参考にしてください。

【親族の結婚式での服装】姉妹(女性)

新郎新婦の姉妹の服装は、兄弟の時と同様に、新郎や両親、媒酌人よりもやや控えめにするのが好ましいです。

和服なら黒留袖(既婚者)や色留袖(未婚者)、準礼装として訪問着などを着用します。
洋服なら正礼装のイブニングドレスやアフタヌーンドレス、準礼装のカクテルドレスやフォーマルワンピースなどを着用します。

相手家族にも姉妹がいる場合や他の姉妹とはある程度格式を揃えることが望ましいです。

※兄弟の場合と同様に、小さい子どもがいるような方は新郎新婦に近い親族でも、新郎新婦や他の親族に確認の上、準礼装にして動きやすくしておくことをオススメします。

【親族の結婚式での服装】祖父(男性)

両親よりもやや控えめとなります。
父親が正装なら、祖父は正装または準礼装が好ましいです。
一般的には知人や親戚の結婚式に呼ばれた際と同様に黒のスーツに白を基調としたネクタイなどの男性用準礼装が多いようです。
この場合もまたある程度の格式を相手親族と揃えるのが好ましいです。

【親族の結婚式での服装】祖母(女性)

祖母の服装は祖父と同様に両親よりもやや控えめで、母親が正装なら祖母は正装または準礼装が良いとされています。
この場合もまたある程度の格式を相手親族と揃えるのが好ましいです。

【親族の結婚式での服装】伯父・叔父(男性)

叔父・伯父の服装は祖父母と同様に、両親よりもやや控えめで、父親が正装なら、伯父・叔父は正装または準礼装が好ましいです。
一般的には知人にお呼ばれした結婚式に参加する際と同様に、黒のスーツに白を基調としたネクタイなどの準礼装が多いようです。

【親族の結婚式での服装】伯母・叔母(女性)

叔母・伯母の服装は祖父母の場合と同様に、両親よりもやや控えめが好ましいです。
母親が正装なら、伯母・叔母は正装または準礼装が良いとされています。
この場合も新郎新婦を通して、相手親族とある程度格式を合わせることをオススメします。

【親族の結婚式での服装】子供(男性)

参加者に子供がいる場合(新郎新婦の兄弟を含む)は高校生以下で制服があれば制服でOKです。
制服がない場合はスーツやブレザー+ズボンでも大丈夫です。
まだ小さい場合は夏はフォーマル感のあるベストスーツなどでも良いと思います。

レンタルで子供用のタキシードやスーツを借りても良いと思いますが、ただでさえ特殊な雰囲気の中、普段慣れない服装で機嫌が悪くなってしまわないように注意しましょう。

基本的に子供の場合は親族も親族以外のゲストも共通です。

【親族の結婚式での服装】子供(女性)

男の子の場合と同様に、参加者に子供がいる場合は高校生以下で制服があれば制服でOKです。
制服がない場合はスーツや、フォーマル感のあるブレザー+スカートやワンピース、でも大丈夫です。
リボンやコサージュを付けると華やかになり、更にはフォーマル感も出てきます。

レンタルで子供用のドレスを借りても良いと思いますが、ただでさえ特殊な雰囲気の中、普段慣れない服装で機嫌が悪くなってしまわないように注意しましょう。

基本的に子供の場合は親族も親族以外のゲストも共通です。

【親族の結婚式での服装】その他親戚(男性)

伯父・叔父や祖父母よりも遠い親族になると、一般的なお呼ばれ結婚式での服装と同じように、黒のスーツに、白を基調としたのネクタイなどの準礼装が多いようです。
ドレスコードがある場合はそれに従いましょう。

【親族の結婚式での服装】その他親戚(女性)

伯母・叔母や祖父母よりも遠い親戚になると、一般的なお呼ばれ結婚式での服装と同様に、ドレスやフォーマルドレス、スーツなどの準礼装と呼ばれる服装が多いようです。
未婚の女性の場合は振袖(正礼装)を着ることもあります。
ドレスコードがある場合はドレスコードに従いましょう。

【親族の結婚式での服装】注意(男性・女性共通)

主役の新郎新婦よりも目立つような派手な色合いは厳禁です。
あくまでも主役よりは控えめにしてください。
制服に合わせる以外での白い靴下は好ましくありません。

ブラックスーツにシンプルな装飾品などの一歩間違えば喪服に見られてしまいまうような服装はNGです。披露宴の服装は華やかさが大切です。
どうしてもブラックスーツしかない場合は装飾品を華やかなものにしましょう。

ここで紹介したマナーは親族として参加する式でも、親族以外として参加する式でも共通です。
控えめにと言ってみたり、華やかにと言ってみたり、結婚式の服装マナーってややこしいですね。

【親族の結婚式での服装】女性特有の注意点

女性は新婦の色である白い色の服は避けるのが最低限のマナーです。
肌の露出の多いものもマナー違反なので、素足やサンダル、ミュールは避けましょう。
つま先の開いた靴もアウトです。
黒いドレスの場合は黒ストッキングは避けてください。

また、会場内ではコートや防寒着の着用は控えます。
ファーのついたボレロや羽織りものなども基本的にはマナー違反になるので注意しましょう。

ここで紹介したマナーは親族として参加する式でも、親族以外として参加する式でも共通です。

■参考記事:結婚式に余興はする?コチラも参照!

余興の意味とは!結婚式の余興のメリット・デメリットまとめ
結婚式の余興ネタ集!面白いアイディアで必ず盛り上がる!

【結婚式の服装と合わせてチェック】持ち物(男性・女性共通)

①ご祝儀
招待された結婚式で忘れてはいけないのがご祝儀です。
受付でスムーズに取り出せるように、わかりやすいところに入れておきましょう。
ご祝儀は鞄に直接入れて行くのではあまりよろしくないと言われています。
袱紗に包んで持参するのが結婚式のマナーです。

②招待状・メッセージカード
招待状は結婚式場までのアクセス方法やスケジュールなどが記載されているため、受付等には必要ない場合でも持参するようにしましょう。
最近では招待状にメッセージカードが同封されていて、あらかじめメッセージを書いてもらい回収するということをしている式場も多いようです。
受付にも予備のカードは用意されているとは思いますが、せっかく前もって送ってくれているので、忘れず持参するのがスマートです。

③お金・クレジットカード
御祝儀は別に用意していても。二次会や待ち時間での飲食、交通費などの支払いに必要です。
かさばらないように小さめのお財布に必要最低限のお金やカードなどを入れて持参することをおすすめします。

④携帯電話・スマートフォン
結婚式においても万が一の連絡手段として持参しましょう。
カメラとしても使えますし、久しぶりに再会した知人や友人との連絡先を交換する際に便利です。

⑤ハンカチ・ティッシュ
結婚式ではなくても常に持ち合わせておきたいものです。
スピーチでおもわず感動して涙を流したり、せっかくの服に食事や飲み物をこぼしてしまったりすることもあるので必要です。

⑥メイク道具(女性のみ)
身だしなみをしっかり整えるためにも、簡単なメイク道具は持参しましょう。
感動の涙でメイクが崩れてしまうこともあります。

⑦手鏡・鏡付きコンパクト
男性・女性ともに、身だしなみを整える事はとても大切なことです。
記念撮影などで、特に披露宴での料理や飲み物などが口まわりに残ったままだったり、髪型が崩れたままだと、せっかくの思い出が台無しになってしまいます。
記念撮影の前にさっと身だしなみを整えられるよう、手鏡があると便利です。

⑧カメラ
スマートフォンで撮影するのもいいですが、デジカメの方が画質が綺麗ですし、若干薄暗い室内でも綺麗に撮影することらができます。
後日新郎新婦や同席者にプレゼントする場合にも使えます。
ただし、プロのカメラマンが撮影している場合は、撮影の妨げにならないように配慮しながら撮影しましょう。

⑨靴擦れ用の絆創膏
結婚式では、普段履きなれない靴を履いて参加する方もいると思います。
あまり歩かないとはいえ、靴擦れを起こす可能性など十分にありますので、そのような場合に備えて絆創膏を数枚持参しておくととあるけなくなるようなことは避けられるのでお勧めです。
今は靴擦れ専用のものも市販されているようなので、そちらを利用しても良いと思います。

⑩予備のストッキング(女性のみ)
女性は素足ではなく、ストッキングを履くのがお呼ばれ結婚式のマナーです。
どこかに引っ掛けてしまい、破れてしてしまうということもあります。
また履きなれない人だとちょっとした動きで破ってしまうこともあります。
素足はマナー違反になってしまうので、予備のストッキングを鞄に備えておきましょう。

⑪エコバッグ
パーティー用のバッグは容量が少なめのものが多いです。
引き出物は丈夫な紙袋が用意されていると思いますが、他にもペーパーアイテムや帰り際に渡されるお菓子などのプレゼントなど、予想外に荷物が多くなってしまうこともあるので、サブバッグを持参することをお勧めします。
結婚式ではカジュアルなものよりも綺麗な飾りがついているものいつものお買い物よりも少し華やかなものをを選ぶと華やかな結婚式でも浮かずに済むと思います。

【結婚式の服装と合わせてチェック】女性の髪形

一般的な客としてお呼ばれされる式とは違い、親族として出席するしきでは、来てくださるお客様をもてなす立場に近くなりますから、だらしのない髪型は避けたいですね。

親族として参加すると、お辞儀をする機会が多くなると思います。
髪が長い人はすっきり上の方にまとめた方が、お辞儀をするたびに顔に髪がかかってしまうことを避けることができます。

親族として出席だと式場から美容室(会場がホテルの場合はホテル内の美容室など)を紹介してもらえることもあるので、新郎新婦に確認してもらい、早めに予約をとりましょう。

【結婚式の服装と合わせてチェック】女性のメイク

結婚式は分刻みであらかじめ進行が決められているので、あまり頻繁にお化粧直しに立つと、大切なシーンを見逃す恐れもあります。
そのため、なるべく席を立たないよう、ベースメイクは念入りにすることをオススメします。

ただし、厚化粧にはならないようにしましょう。
あまりにしっかりお化粧をしすぎて、新婦よりも目立ってしまうことがないようにしましょう。

アイメークは感動して涙を流してもとれてしまわないようにウォータープルーフのものを使うことをオススメします。

親族の結婚式での服装:まとめ

親族の結婚式での服装について、いかがでしたか?
親族の結婚式となると、友人や知人の時はまた違う意味で難しいと思います。
親族だからこそ、マナーをしっかり守って、新郎新婦の顔に泥を塗ってしまわないように気を付けたいところですね。

結婚式についてもっと情報を知りたいアナタに!

結婚式に出会いはある?友人の結婚式・二次会で出会う方法5選!
結婚式におすすめの曲・BGM!洋楽まとめ
結婚式の余興ダンスランキング!簡単で女子におすすめなのはこれ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ