旦那の借金が発覚!?妻が取るべき対応策9つ解説

幸せな結婚生活が不意に壊れてしまう「旦那の借金」。旦那の借金が発覚したら、あなたはどうしますか?借金返済には順序を決めて行わないと、場当たり的に返済をしていたのでは首が回らなくなるうえ、何の解決にもなりません。旦那の借金が発覚後に妻が取るべき対応を徹底解説!

旦那の借金が発覚!?妻が取るべき対応策9つ解説のイメージ

目次

  1. 【旦那の借金】旦那の借金が発覚!どうすれば?
  2. 【旦那の借金】借金が発覚するケースはどんな時?
  3. 【旦那の借金】発覚するケース①契約書
  4. 【旦那の借金】発覚するケース②不審な手紙
  5. 【旦那の借金】発覚するケース③不審な電話
  6. 【旦那の借金】発覚するケース④旦那の浪費
  7. 【旦那の借金】発覚するケース⑤督促訪問
  8. 【旦那の借金】借入先の種類
  9. 【旦那の借金】借金が発覚した時の対応は?
  10. 【旦那の借金】対応①督促時に勝手に返済しない
  11. 【旦那の借金】対応②旦那に借金理由と問いただす
  12. 【旦那の借金】対応③借金額、借入先の確認
  13. 【旦那の借金】対応④借入の開示請求
  14. 【旦那の借金】対応⑤返済計画を立てる
  15. 【旦那の借金】対応⑥双方の両親、兄弟に報告
  16. 【旦那の借金】対応⑦貸付自粛申請をする
  17. 【旦那の借金】★重要★妻に返済義務はない!
  18. 【旦那の借金】依存型借金の場合は離婚も視野に入れる
  19. 【旦那の借金】借金は離婚理由にならない
  20. 【旦那の借金】妻は経済的に自立するべし

【旦那の借金】旦那の借金が発覚!どうすれば?

愛する夫に借金があった!?
幸せな結婚生活が全て嘘だったのか?と結婚を後悔するほどの裏切りを感じる出来事です。
借金があったことを知らないのなら、それまでは何の問題もなく普通の生活をしてきたのでしょう。

まず大切なことは「冷静」になること。
そして、今後あなたがどうしたいのかを考えることです。
とりあえず借金を返済できるだけ返済して、それから考える...という人もよくいますが、それではいけません。

後で後悔しないようにまず落ち着いて、夫と話し合い。

大切な事は
「なぜ旦那が借金の事を黙っていたのか」
「いくら借金があって、何に使ったのか」
そして
「今後結婚生活を続けるのか、離婚したいのか」
という点です。

借金が発覚したらまず大ゲンカになってしまいそうですが、一方的に旦那を責めるだけでは旦那も防衛本能で、「嘘をつく」「黙る」「逆切れする」など良い事は全くありません。
まずは冷静に話し合いを。

そして今から旦那の借金が発覚した場合の対応を一つ一つ解説していきます。
後悔しないよう、マニュアルにそって借金問題に対応しましょう。

【旦那の借金】借金が発覚するケースはどんな時?

旦那が借金をしている場合、そしてその借金をひた隠しにしている場合。
おそらく何かのきっかけがない限り、旦那の借金はばれないはずです。

業者側も、基本的には本人とのみやり取りで、配偶者に借金の事をお伺い立てる義務もありません。
連絡が入る場合も、借り入れの事をにおわすようなことは一切しないでしょう。

「うちの旦那には借金がないから安心」

なんて思っている奥さんも、今一度考えてみてください。
最近ご主人、何か買い物していませんか?
夜のお付き合いが多くありませんか?
もしかしたら隠れて借金をしているかもしれません。

旦那の借金が発覚するケースはどんな時なのか、見ていきましょう。

【旦那の借金】発覚するケース①契約書

旦那の借金が発覚するケースその①

「旦那の借入契約書を見つけてしまった」
夫がうまく隠している借入契約書を妻がうっかり発見してしまい、借金がばれるケースです。

消費者金融や銀行系カードローンでは、無人契約機で契約すると自宅に本人確認の電話や、住所確認のための書類が送られてくることもなく、無人契約機の滞在時間約30分で契約ができ即現金を手に入れることができます。

借り入れる本人にとってはいたって便利。
家族にばれる心配もないので、本当に助かるシステムです。

ただ、発行された契約書を家に置いておけば、どんなに上手に隠したとしても、妻にばれるのは時間の問題。
いつもは掃除しないところも、大掃除で場所を動かしたり。
「カードローン基本契約書」など明確に書いてあるので、一旦見つかれば言い逃れはできません。


◆関連記事:離婚したい理由ランキング、まとめてみました。

離婚したい理由ランキング!なんで離婚したいの?

【旦那の借金】発覚するケース②不審な手紙

借入先から自宅、もしくは配偶者に借金の事で通知が来ることは原則ありません。
ただ場合によっては借入先から「手紙」が郵送されることがあります。

それは「返済義務を怠っている」時、つまり延滞です。

返済義務を怠っている場合に、督促状が送ってきて借金が発覚するケースです。

旦那宛てに不審な手紙が来たら借金と思え。
銀行系ローンなら、銀行の名前が書いてあるかもしれませんが、そうでない場合、社名を伏せて個人名で手紙が送られてくるケースもあります。

何はともあれ、旦那宛てだろうが、他の家族宛てだろうが、自宅に届いたのなら手紙を開封しましょう。
個人的な手紙なら開けてはいけませんが、明らかに友人からではない手紙ならもはや妻の権限!
後悔しないよう、そう思って開封してください。
借入先から手紙が来るなら「返済義務を怠っている」ということ。
もはや借金で首が回らなくなっている状態かもしれません。

【旦那の借金】発覚するケース③不審な電話

借入先からコンタクトをとってくるときは返済義務を怠っている時。
延滞が発生すると、借入先から電話連絡が入ることになります。
ただ、悪質でない場合は個人の携帯電話へ連絡をするのが基本なので、まず初期の段階では電話で妻に借金がばれることはないでしょう。

延滞が続き、本人が携帯に出ないなど、回収目途が立たない場合、自宅の固定電話、さらには勤務先へ電話が入るようになります。
そうなると借金がばれるの時間の問題ですね。

ただ借金の督促電話と言っても、本人以外には話をしません。
しかも、社名を名乗らず、個人名を名乗って電話をしてくるので、妻は「変な電話」だと思うでしょう。
こういった社名を名乗らず個人名なのに、口調が丁寧でビジネスライクな電話は借金だと思って間違いないでしょう。
見過ごして後悔する前に、旦那に借金があるのか問いただしましょう。

【旦那の借金】発覚するケース④旦那の浪費

旦那の借金が発覚するケースには、上記のように借入先の接触や物的証拠以外のものもあります。
夫の行動をよく把握していると、分かりやすいのですが、

「月々のお小遣いではちょっと買えないんじゃない?」

と思うような品物を持っていたり、仕事のお付き合いとはいえ夜のお遊びが多くなると要注意です。

金遣いが荒くなっても、妻から渡すお小遣いは同じ額のまま。
となれば、借金以外にお金を手にすることはできませんよね。

「競馬が当たっちゃったんだよね」
「パチンコで勝ったんだ」

なんて言うかもしれませんが、日頃の行動とお金遣いがシンクロしない場合は要注意。
そうやって疑って問いただした結果、借金がばれるケースもかなり多いようです。


◆関連記事:新婚でも離婚を考えることってありますよね

新婚でも離婚したい?スピード離婚の前に考えるべきこと!

【旦那の借金】発覚するケース⑤督促訪問

携帯への督促電話、自宅および勤務先への督促状、さらには自宅および勤務先への督促電話でも借金の返金が滞る場合は最終手段。
借入先からの訪問督促が始まります。

今は消費者ローンの法も昔よりはしっかりと整ってきて、「なにわの金融道」のような強面のお兄様方からの怒声、脅し、暴力はすべて違法です。
ただし、訪問自体は禁止されていないため、督促訪問を受けることがあります。

さすがに借金の督促訪問までされたら、いくらのんびりやの妻でも分かりますよね。
ただ、問題は借金があることではなく

「督促訪問が来た!」

という事。
これは重大な事件です。
というのも、よっぽどの事がない限り借金の督促訪問は通常行わないからです。
かなり稀。

つまり、借金がおそらく一か所ではなく、もはや自分では借金を返済できない状態に陥っている可能性が高いという事です。
督促訪問があれば早急に対応策を考える必要があります。

【旦那の借金】借入先の種類

旦那に借金が発覚した。
その時にまず確認しなければいけない点がいくつかあります。
それは「どこで」借金をしているか?です。

借金先によって借入条件や借入額が全く違いますから、「借金が○○円ある」と残高を確認するよりも、借入先と種類を聞く方が返済の対応を考えやすいのです。

借金の種類としては

①土地や建物を担保として借金をする担保型
②保険金の解約返戻金を元手に借金をしている保険型
③銀行系カードローン
④消費者金融
⑤闇金融

などがあります。
担保型は下手をすると今住んでいる家も土地も取られてゼロになってしまう危険性があるうえ、担保があるのでカードローンよりも多額の借金ができるところが怖い点です。

保険金タイプは借金を自分が払った保険金から借金をしている状態ですから、そこまで返済は大変ではありませんが、放っておくと頼りにしていた老後資金が全くない!という事態に!

カードローンは一社50万~100万円がほとんどで、数社から借り入れをしているケースが多いため、一つの借入先がわかっても、他にないかしっかり確認する必要があります。

闇金融は...違法操業ですから、ここに手を出してしまったら法外な利子、違法な取り立ても覚悟しなければいけません。
ここに手を出すという事は、他で借金をしつくして、もうこれ以上借金できない...
という場合に闇金融に助けてもらう(借金を重ねる)ケースがほとんどで、闇金融にまで手を出している旦那なら、借金癖など何か夫に問題があるはずです。
後で後悔しないよう、しっかり話し合い、離婚も視野に入れて対応しましょう。

【旦那の借金】借金が発覚した時の対応は?

それでは本題。

旦那に借金が発覚したときの対応マニュアルを紹介します。
借金の取り立てにも法律厳守が求められますから、大切なのは、その場でオロオロして言われるがままに返済せず、冷静に対応することです。

【旦那の借金】対応①督促時に勝手に返済しない

まず、旦那の借金が発覚したら、オロオロしない事。
借金が発覚したら動揺するのが当然ですが、冷静になるまで何もしてはいけません。
動揺している状態では、正しい判断ができません。

借入先がどこなのか、1社なのか数社なのか、そして借金の総額はいくらなのか、夫婦で話し合いの場を設けることが最優先です。

一番してはいけない事は、借入先の要求にこたえて「妻がとりあえずその月の返済をする」事です。
会社側も、妻へ返済要求はできないものの、妻から返済にこたえてくれるのだと確認することができますし、夫の方も、妻が返済すると調子に乗る場合があります。
夫の借金の返済義務は夫にある!

厳しくしていないと、旦那が甘えてまたほとぼりが冷めたころに借金をするかもしれません。
借金癖はなかなか治りません。
自分が作った借金は、自分でなんとかして返しなさい!と強い態度を示さなければいけません。

【旦那の借金】対応②旦那に借金理由と問いただす

妻から借金の返済はしないと心に決めたところで、次にすることは

「旦那に借金理由を聞く」事です。

借金理由によっては絶望的な借金癖がはっきりします。
例えば自分をかっこよく見せようとする自己顕示欲で借金をする場合は、借金癖になりやすく、返しても借金を繰り返すケースが多いし。

ギャンブルでの借金なら、これまた悪い借金癖。
「勝ったら返せる」という根拠のない自信のもと、軽い気持ちで借金を繰り返します。

借金癖はやっかいです。

借金癖ではなく、単発の借金の場合はまだ離婚を視野に入れなくても夫婦で頑張って行けそうですが、借金癖の夫なら離婚も視野にいれて対応策をねっていきましょう。

ただ、督促が来て借金がばれるようなケースなら残念ながら借金癖が原因で、単発の借金ではない事が多いでしょう。

【旦那の借金】対応③借金額、借入先の確認

借入理由が分かったら、さて本番です。
夫から借金総額と、借入先を確認しましょう。

発覚した借金先だけが借入先なのか、借金額を嘘ついていないかがポイントです。
借金額と借入先をはっきりと確認できない限り、きちんと返済計画を立てることはできません。

ここで、注意したいのは、借金をしている人は「借金をしている事」に多かれ少なかれ「後悔」と「罪悪感」を持っているので、本当の事は言いません。
悪い事をしていると思っている人って嘘つきますよね。

だから借入契約書など、きちんと見せてもらえない限り、口頭での確認は全く意味のないものだと思ってください。
ほとんどの人が、特に借金癖のある人は、借金額を少なめに申告します。
鵜呑みにしてはいけません。

【旦那の借金】対応④借入の開示請求

どうしても旦那の申告する借金額と借入先が信用できそうにない場合は、

「借入額開示請求」

を行いましょう。
借入先がはっきりしている場合は、借入先に取引履歴を開示してもらいます。
本人しかできないので、嫌がっても後悔しないように首根っこつかんで同伴すること。
郵送でもできますが、必要な確認書類などの問い合わせも本人にしか伝えてくれません。

もし、申告している借入先だけじゃないのではないか?と疑問を持つなら

「信用情報機関」に開示請求をすることで、全ての借金を明確にすることができます。
日本には3つの期間があり、それぞれ取り扱うローンの種類、登録する業者に違いがあります。

・全国銀行個人信用情報センター (KSC)
・日本信用情報機構 (JICC)
・シー・アイ・シー(CIC)

それぞれに借入金の情報開示請求を行うことで借金の現状が分かります。
訪問開示・郵送手続き・Web・電話開示など、それぞれで開示方法も、必要書類も異なるので、各HPで各印しましょう。

これで旦那に借金癖があるかどうかも一目瞭然。
後で後悔しないためにも、旦那の借金を正確に知ることが一番大切です。

【旦那の借金】対応⑤返済計画を立てる

旦那の借金総額と借入先が分かったなら、ここでようやく返済計画を立てることになります。
月々の生活費、子供の教育費、そして老後の貯蓄のお金の事を考えたうえで、計画的な借金返済計画を立てましょう。
月々いくら払うのか、そして一括返済ができる貯蓄があるのか。
また、借入先が複数の場合、一つにまとめられないか...など話し合います。

当然ですが、借金が発覚した時点で、カードローンならカードは取り上げてしまいましょう。
借金を返済しているのに、本人が気軽にカードで借金を繰り返すことも十分考えられます。
これでは、返済計画もあったもんじゃありません。

今後借金をしないと誓わない限り、子供の将来のためにも離婚を選択する方がよいでしょう。
借金癖がある父親から子供がいい影響を受けるとは到底思えません。

【旦那の借金】対応⑥双方の両親、兄弟に報告

借金返済の目途が立てば、旦那に今後借金をさせないようにすることが大切です。
そのためには、本人にもしっかり足枷をはめてもらわなければ、また同じことを繰り返します。
借金癖はもう病気です。

ギャンブル依存症、買い物症候群もカウンセリングなしではなかなか治らない病気ですから、お金が無くなったらカードローン...という負のサイクルを断つためにも、周りの協力をお願いしましょう。

本人は嫌がるかもしれませんが、

「親兄弟に借金の事を連絡する」

事で、借金癖から今後も借金を繰り返すことを防げるかもしれません。
夫もプライドがありますから、親には黙っていてくれというかもしれませんが、しっかり両親、しかも両方の両親と兄弟に告白して、少しは社会的制裁の味も知ってもらい、後悔と反省を促します。

ただ、両親によっては妻に内緒で息子の借金をひそかに返していた...というケースもあります。
そんな甘い両親なら借金癖がついて当然。
返済義務は本人にあること、今後一切手助けをしないように、厳しくしないと本人のためにならないと両親にもきちんと理解してもらうことが大切です。

【旦那の借金】対応⑦貸付自粛申請をする

後悔先に立たず!
今後一切借金をしない!させない!ために、「貸付自粛申請」も同時に行いましょう。
これは、借金をしている本人が、借金癖があることを心配し「自ら」業者に規制・借金の自粛をしてもらうよう依頼申請をすることです。

最長5年間借り入れができなくなるので、これで普通の金融機関からは借金ができなくなります。

ただし本人しか手続きができないうえ、3か月で本人が解除することもできますから、勝手に解除していないか定期的なチェックが必要です。
配偶者が手続きをする場合は、残念ながら借金をしている本人が行方不明のときのみなので、基本妻はできないということになります。



日本貸金業協会

日本貸金業協会

電話 (9:30~17:30) 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く
ナビダイヤル 0570-051-051

で自粛申請について問い合わせすることができます。

【旦那の借金】★重要★妻に返済義務はない!

ここまで旦那の借金への対応方法を解説してきましたが、一つ覚えておいてほしい事があります。
それは

「旦那の借金について、妻には返済義務がない」

という事。
旦那の借金は私の借金!という考えで返済義務があると思う人が多いのですが、借金は本来個人がするもの。
配偶者に返済義務はありません。

返済義務がないので配偶者が稼いだお金で借金を返済することも必要ないのです。

けれど、配偶者に返済義務が生じる場合も。
借金を作った理由が旦那の遊興費や、浪費のためなら妻に返済義務はありません。
しかし、夫婦生活のため、家族のために作った借金(教育費・光熱費・生活費など)の場合は夫婦に返済義務が生じます。

要するに返済義務が生じるかどうかは、旦那が借りたお金をあなた、使いましたか?ということです。

【旦那の借金】依存型借金の場合は離婚も視野に入れる

借金癖がある場合は離婚も視野に入れて話し合いましょう。
借金癖は何度も言いますが、病気です。本人が後悔していても治りません。

夫婦揃ってカウンセリングに行く、なぜ浪費したいのか本当の理由を突き詰めない限り、借金癖はおさまらないので、自分と向き合う覚悟が旦那にない限り、借金を繰り返す生活が続くでしょう。

中には、子供がいるから子供のためにも離婚はしたくない。

という奥さんがいますが、それは本当に子どものためですか?
離婚しないせいで子供が苦しむこともあります。
特に、旦那の借金癖が原因で離婚に悩んでいるのなら、子供にお金の負担をかけてしまうことになります。
それが子供のためとは思えません。
一度の我慢が後で大きな公開を招くこともあるのです。

子供は敏感。お金の事で両親が言い争っている環境は子供のためになりません。
子供のためといって離婚を我慢するよりも、思い切って離婚して子供と二人でゼロからスタートする方が子供のためになることもあります。
後悔のないよう、しっかり自分の気持ちに向き合いましょう。


◆関連記事:離婚を考えたとき心配なのが子供のことですよね

離婚の子供への影響!離婚の際に子供にできることって?

【旦那の借金】借金は離婚理由にならない

子供のために良い環境を...と離婚に踏み切ったとしても、旦那が納得しなければ調停になることもあるでしょう。
ただ、借金という理由では正当な離婚理由にはなりません。
夫婦生活が破たんしているという別の理由がない限り、離婚が認められないケースもあるので調停が長引く可能性もあります。

特に子供がかわいいと思う夫なら子供の親権や子供の面会の事でも争うことになるでしょう。

離婚は簡単ではありません。
特に夫がごねた場合は大変です。

借金が発覚して、離婚を決意した場合は特に自分には返済義務がない事を頭に入れ、自分のお金はしっかりと持っておかないと後で後悔します。
後悔してもお金は戻ってきませんから、自分のお金は大切に持っていくことが大切。

【旦那の借金】妻は経済的に自立するべし

いかがでしたか?
夫が勝手に借金を作ったときの対応策をまとめて書いてきましたが、一番大切な事は、後悔しないように、自分がどうしたいのかです。
夫と一緒に頑張っていくのか、離婚するのか。

借金癖はよっぽどの事がない限り、治りません。
借金がある、なしに限らず、安泰だと思っていた結婚生活が突然破たんすることは十分考えられる事です。
夫を信用しないのはよくありませんが、妻も経済的に自立するべきです。

経済的に自立していれば、不測の事態が起こったときも、冷静に対応することができるのです。
特に子供がいる場合は、子供に影響がでないよう、経済的に自立している事がとても大切です。

もっと離婚について知りたいアナタはこちらもチェック

離婚したい夫が知るべき11のこと!原因は自分かもしれない?
離婚の原因ランキング!夫婦が別れる理由で一番多いのはこれ!
離婚の準備はこれで完璧!準備期間にすべきこと7選

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ