男性が言われて嬉しい言葉まとめ!女性にこんなこと言われたい!

意中の男性や彼氏に対して「何か声をかけたいけどなんて言ったらいいんだろう」という事は誰にでもあると思います。男性と女性では言われて嬉しい言葉も違ったり、同じ言葉でも受け取り方が違ったりしますよね。そこで今回は実際に男性が言われて嬉しい言葉をまとめました!!

男性が言われて嬉しい言葉まとめ!女性にこんなこと言われたい!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】男性が言われて嬉しい言葉とは・・・
  2. 男性が言われて嬉しい言葉【挨拶では?】
  3. 男性が言われて嬉しい言葉【初対面では・・・】
  4. 男性が言われて嬉しい言葉【初対面でのSNSについて】
  5. 男性が言われて嬉しい言葉【分かりやすい一言が大事!】
  6. 男性が言われて嬉しい言葉【相手を褒める時の例】
  7. 男性が言われて嬉しい言葉【自分がどう感じたかを伝える】
  8. 男性が言われて嬉しい言葉【相手のプライドに訴えかける】
  9. 男性が言われて嬉しい言葉【よりよい頼みごとのしかたは?】
  10. 男性が言われて嬉しい言葉【頼みごとをする際に注意!】
  11. 男性が言われて嬉しい言葉【何で重い頼みごとがダメなの?】
  12. 男性が言われて嬉しい言葉【状況に応じたワードチョイスを】
  13. 男性が言われて嬉しい言葉【ハッピーな時は?】
  14. 男性が言われて嬉しい言葉【イライラしている時は?】
  15. 男性が言われて嬉しい言葉【落ち込んでいる時は?】
  16. 男性が言われて嬉しい言葉【寂しい時は?】
  17. 男性が言われて嬉しい言葉【彼氏には?】
  18. 男性が言われて嬉しい言葉【仕事では?】
  19. 男性が言われて嬉しい言葉【裏目を引くパターンは?】
  20. 【おわりに】相手のことを考えた言葉を!

【はじめに】男性が言われて嬉しい言葉とは・・・

誰しも好意を持っている男性が仕事で失敗して落ち込んでる時や喜んでいる時、彼を振り向かせたい時に相手が喜ぶ一言をかけてあげたくなりますよね。

ちょっとした一言を友達や彼氏にかけてもらうだけでも気分がすーっと楽になったり自信がでたといった経験は誰にでもあると思います。特に好きな男性に対して相手をいたわるような言葉をかけてあげたいと思うのは当然ですよね。

でもちょっとまって。あなたがかけようとしていたその言葉、本当に相手が欲しがっていた一言でしょうか。相手のことを思っての一言だったのに相手の受け取り方が予想と違って・・・という経験がある方も多いはず。

そうなってしまうのも仕方のないことで、男性と女性では脳の働き方が違うため、同じ言葉をかけられても受け取り方は異なります。男性目線から見た「言われて嬉しい言葉」とはどういったものでしょう?

筆者自身も非常に興味をそそられる話題でしたので今回はこの記事のために友達の男性複数人にもそれぞれ同じ質問をしてみました。そういった身近なところで出た話題も含めて紹介していきたいと思います。

男性が言われて嬉しい言葉【挨拶では?】

日頃何気なくしている挨拶ですが案外男性も女性がどんな挨拶をしているかチェックしているものです。「しっかり挨拶できる人は好印象」というのは古くからあるテンプレですがここで大事なのは相手のワンポイントを褒めること。
その際に以前の相手の様子との違いもふまえて褒めると会話の足がかりにもなり非常に有効です。よくいわれている方法ですがやはり挨拶での印象は大切なんですね。

「そのネクタイ清潔感あっていいですね。」や
「前会った時より少し髪伸びて落ち着いた大人ってイメージです。」など
褒める箇所はある程度なんでもいいですがやはり挨拶にもう一言相手の情報を付け足すのは王道です。友達と挨拶する時でもこういった心遣いはポイント高いですよね。

男性が言われて嬉しい言葉【初対面では・・・】

何か相手が喜ぶような気のきいた一言をプラスしようとしても彼氏や男友達ならまだしも初対面だったり仕事での人間関係では特に言葉を選んでしまってうまく言えないことも多いですよね。まだお互い手探りの状態で話している関係ではなかなか難しいかもしれません。

男性の友達との付き合いでもそうですがそういったケースでは短く簡潔に褒める言葉をまとめてしまったほうが吉。気の利いたことをいおうとして最初からダラダラと一方的に話してしまうようでは相手への印象も悪くなってしまいますよね。

筆者が知人に聞いたところでおもしろいと思ったのは意外と 清潔感があることを褒められると嬉しい と思っている男性が多いということでした。聞いてみると

「清潔感のない男性は無理だという女性は多いから、身なりを褒められると少なくとも悪い印象はもたれてないんだなと思えるよね。」

とのことでした。言われて嬉しい言葉というのは性別でもそうですが言う側と言われる側ではやはり印象が違うものですね。

男性が言われて嬉しい言葉【初対面でのSNSについて】

ネットが普及した現代ではコンタクトがLINE上などお互いが見えない状態ということもありえると思います。LINEでのやり取りは顔が見えないためより文章から受けるインパクトがより強いものになるため、普段話してる印象とLINE上での印象が違うと感じる人も多いのでは?

SNS上のやり取りは文章が主な伝達手段になるため無機質だったり主張が強く感じられがちです。そのためLINE上で何かプラスして相手を褒めたりすると少しくどかったり恩着せがましく見えてしまうことがあります。何か一言付け足す際にも

「ありがとう。いつも親切だね。」

などあっさりとした言葉がオススメです。

LINEやその他のSNS上で相手を長文で褒めているのは相手からしてもつらいものがありますよね。便利な時代だからこそ友達や彼氏とのLINEでのやりとりは新しく目を向けなければいけない面でもありますね。

男性が言われて嬉しい言葉【分かりやすい一言が大事!】

気の置けない友達や既におつきあいしている関係の彼氏がいるならいざしらず、相手とまだ知り会って間もない関係の場合、特に相手にかける言葉や話題には気をつかってしまいますよね。

相手の性格が詳しく分からない状況だからこそ相手にとって言われて嬉しい言葉をかけてあげたいケースが多いはず。LINEのような短文でのやりとりが多い場面でも同様です。

この際に気をつけるとよりよい事が1つあります!それは
「〇〇があるor〇〇がない という言い方で相手を褒める」ということです。
女性側が褒めているつもりでプラスワンの一言を付け足したとしても男性側からすると
「どうしてあの一言を言われたんだろう・・・?」とあらぬ方向に思案を巡らせる事が本当に多いです・・・。

男性が言われて嬉しい言葉【相手を褒める時の例】

例を出すと「落ち着いて見えますね!」と言った時にこちらは褒めているつもりでも「俺って老けて見えるって事かな・・・?」と思ってしまうなど、こちら側がよかれと思ってプラスした一言なのにかえって相手は沈んでしまうということは意外とありがちです。ここらへんは性格ももちろんありますが男女の違いも大きそう?

ですがこの際に
「~さんは落ち着きがありますね。」のように あるorない で相手を褒めると男性側にも分かりやすく受け取られます。
男性の心理としてはそこで褒められる事をそもそも予想していないため、少し婉曲的な表現で褒められると女性側の真意をはかりかねてしまうんですね。こういったちっちゃな認識の違いがトラブルに繋がったりといった経験がある方もいらっしゃるはず・・・。

そういわれてみると先述の「清潔感があるというのは言われて嬉しい言葉」というのも納得できます。男性側からも分かりやすかったため100%褒められていると確信できるからですね!深く読まなくてもいいところで発言の裏を探ってしまうのは男性の性なんでしょうか・・・。

男性が言われて嬉しい言葉【自分がどう感じたかを伝える】

最近ではLINEなどのSNSの発達により離れた相手とも気軽にコミュニケーションをとる機会が多くなってきました。
友達や彼氏とはもちろん仕事でもLINEをつかって連絡を取ったりすることは日常茶飯事という方も多いはず。そういったちょっとした短い連絡の時にどういった内容が男性にとって言われて嬉しい言葉になるのでしょうか。

ここで大事なのはこちら側が普段の挨拶や会話、感謝の気持ちを述べる時に「自分がどう感じたか」を伝えることです。特に喜ばれるのは男性側がちょっとした気遣いを見せた際にお礼の言葉と共にあなた自身がどうプラスの感情を持ったか知らせられるとgoodです。友達との会話であっても自然に伝えられますよね。

例えば仕事や行事などの共同作業がありサポートしてくれた時にただ女性側が
「助かりました、ありがとうございます。」というより
「ありがとうございます、丁寧に見てくださっていますよね。うれしいです。」
というように自分がどう思ったかが一言ついていた方が男性側からするとポイント高いです。ただ場合によっては少しあざとく聞こえてしまうときもあるのでケースバイケースで使ってみましょう!

男性が言われて嬉しい言葉【相手のプライドに訴えかける】

一般的に男性は女性から頼られた時はうれしいものです。もちろん借金などあまりに重たすぎる問題は関わり合いになることは避けたいのは当然ですが。
多かれ少なかれ「自分がいないとダメなんだ」という自尊心が女性よりも強いため、特に自分が得意とするフィールドで活躍しようと躍起になる男性はいつの時代も多いですよね。女性よりも「異性にいいところを見せてやろう」という気持ちは強いです。

頼みごとをする時などにはその相手に対して

頼りにしている
その人にしかできない
自分の個人的な頼みである

ということを伝えられると嬉しいものです。仕事場などで大勢の前で会議の一環として頼むのではなく、他に誰も聞いていないところで個人的な内容として話すのがよいでしょう。

プライベートな部分に立ち入った感覚になり、相手も「困って自分のところに頼って来てくれたのだから自分が何とかして助けてあげたい」と思います。
また同時に向こうがこちらに好意を抱いている場合は「ここで何もできなければ能無しと思われる」という心理も男性には強く働きます。

男性が言われて嬉しい言葉【よりよい頼みごとのしかたは?】

では実際にどういった言い方で頼まれるのが男性にとっては嬉しい言葉になるのでしょう。筆者の知人の多くも言っていましたがインターネット上の意見と照らし合わせてみてもそこには共通点がありました。前述した点もふまえて基本的に下手に出た方が男性からの評判はいいことが分かりました。一例ですと

「〇〇さんはこういうことに詳しいからできたら頼めないかなと思って・・・。」
「私の個人的な事情だからちょっと他の人に頼みづらくて・・・。〇〇さんは信用できるし手際もいいから。」
「~~さんもすごいと思うけど私はやっぱり〇〇さんの方が上だと思う。大事な仕事だから1番実力がある人に頼みたいんです。」

などなど。頼みごとの仕方がうまい人は仕事でも活躍しますよね。

例で出したのは筆者が友達に聞いた「言われて嬉しかった言葉」ですが確かにどの発言もうまいことツボをついていますよね。特に2番目3番目の例などは自尊心や他者へのプライドをうまくくすぐっています。こう言われたら男性はなかなか引くに引けないでしょうね。こういった言い方は頼む側の普段の態度でも賛否が分かれるところではないでしょうか?

男性が言われて嬉しい言葉【頼みごとをする際に注意!】

上述したような頼み方は非常に男性からしたら嬉しい言葉で男冥利に尽きるというところかもしれませんがここで1つ注意したいことがあります。
それは「あまり重い頼みごとをしない」ということです。誰だって重たい相手の頼みごとを引き受けるのは少し苦労しますよね。これは文章にしてみると単純なことですが女性と男性の主に自尊心に対する認識の違いからちょっとしたことでトラブルになりやすいです。

いくらうまい頼み方をして相手の好意を引き付けることができても相手に著しく損害を被る可能性がある頼みごとは避けるべきです。
分かりやすい極端な例だと借金の連帯保証人や誰か1人が問題児を怒らなければいけない時など。男友達や彼氏に頼む時でも頼んではいけないラインを踏み越えるといざこざが待っていたりします・・・。


◆関連記事:男性が言われたい言葉はこちらにもまとめています

「頑張ってね」よりも男性が言われたい言葉!これで彼を癒そう

男性が言われて嬉しい言葉【何で重い頼みごとがダメなの?】

少しの労力で相手を助けられるのならばよいですが男性側も自分が身を切らなければいけない状況に立たされて自尊心や他者への競争心をチラつかされてはたまったものではありません。
頼みごとはあくまでも相手の善意で成り立つ行為であり、相手を追い立てて逃げ場をなくすようなマネは言語道断。男性は女性に比べて自尊心、メンツを大事にする傾向が強いです。

明確に口に出さなくてもこういう時に「これくらいもできないの?」と自尊心を傷つけられる可能性のある状況に持って行かれることを男性は非常に嫌います。
特にみんなの目の前で恥をかかされる事を男性は嫌がるので女性からしたら少しの我慢で悪い状況を切り抜けられるなら我慢できる場面でも男性はメンツが潰されるような危機感を覚えることが多くあります。

こういった男性的な面が過去の武勇伝を語ったり「誰々より俺は仕事で有能だ。」といった男性にありがちな自慢につながっているのかもしれません。
もちろんどちらの性別が優れているかなどではなく男性と女性の違いですので、男性が言われて嬉しい言葉は女性の欲しい一言とは違うこともままよくあるということを心の隅に置いておきましょう!

男性が言われて嬉しい言葉【状況に応じたワードチョイスを】

相手にとって言われて嬉しい言葉になるようさりげなく言葉づかいやワードチョイスを気にかけている方もいらっしゃると思います。
誰にでも優しく気立てがよい女性というのはいつの時代も華やかに映るものですが男性の中では少なからず「自分の前でだけ優しくして他の人にはあんまりべたべたしないでほしい」と考えている人もいます。

悪い言い方をするなら彼氏面というところでしょうか。もし気になっている相手が少し嫉妬深い性格だった場合よかれと思って友達に対してプラスワンの一言をかけているつもりでも彼から見たらマイナス評価になってしまう事も・・・。男心はむずかしいものですね。

LINEなどのコミュニケーションツールを用いて会話する時に特にそういったことを感じる男性は多く、実際に会って会話するだけではなく、履歴としても残るので言った側は何気ない一言だったとしても

「LINEでいつも八方美人に振る舞って他人に取り入ろうとしているように見える」

などのように思われては損ですよね。SNS上で相手に一言かける時は会って話す時以上に少し注意してみるのがオススメ。特にLINEなどは大勢が会話に参加する事もあり、どこでだれが見ているか予測できないものですしね。

男性が言われて嬉しい言葉【ハッピーな時は?】

男性がハッピーな気分でテンションもどことなく高い時はそれほど難しいことはなく、基本的には相手の話を聞いてあげるスタンスでいるとよいでしょう。気分がいいときは相手も自然と饒舌になり出来事を詳しく話してくれる事も多いはず。

王道ですが相手の話を聞きたまに相槌を打つくらいでよく、意外と自分の意見を差し挟まない方が喜ばれることが多いです。男性からすると

「今自分が気分よく話してるんだから聞いて欲しい。」

と思う人も多く、男性の意見を遮ってまで長い意見を差し挟むのは得策ではありません。


◆関連記事:励ます言葉を知りたいアナタはこちら

励ます言葉9選!【仕事・病気】落ち込んだ時にNGの言葉は?

男性が言われて嬉しい言葉【イライラしている時は?】

一方で逆にイライラしている時はどうでしょう。仕事などで精神的に余裕がない時は男女関わらずイライラしてつい他人とギスギスした関係になってしまう事も。どちらかの余計な一言がきっかけで売り言葉に買い言葉のような状態になってしまってはもったいないですよね。

こういった場合、深く相手の意見を聞く前にアドバイスなどを出すのは逆効果になることが多く

「事情を全部知ってるわけじゃないのに好き勝手言わないでほしい。」

と防衛本能が働いた結果、女性側からしたら相手のためを思ってさりげなくアドバイスをしたのにキレられた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

これは女性の場合でも同じようなことが言えるかもしれませんがイライラしている相手が求めているのは多くの場合受容であり、自分の意見を肯定してほしいという気持ちがあります。
そのため、相手が間違っていると思っても1度言い分を受け入れ、肯定できるとなおよしです。その際「でも、だって」などの言葉は使わないとベター。

男性が言われて嬉しい言葉【落ち込んでいる時は?】

イライラしている時とは変わり、落ち込んでいる時は誰しもちょっぴり他人の暖かい言葉や道筋を示すようなアドバイスが欲しい時もありますよね。
男性が落ち込んでいる場合明確な問題がそこにあり、自分のやり方ではうまくいかない時が多いです。特に自分が自信を持っている分野や仕事などでは自己を否定された気分に近いかもしれません。

「がんばって!!」などの励ましの言葉より男性がもらって嬉しいのは自分をサポートしてくれ、肯定してくれる一言です。例えば彼氏が仕事で悩み落ち込んでいる時なら

「うまくいかなかったけど今までのあなたはすごくがんばってたよね。今までのあなたを活かせるにはどうしたらいいかもう1度考えてみよう?」

このように一度肯定から入ると自尊心を傷つける事がなく彼氏も自分自身を肯定し、立ち直ることができるはず!特に落ち込んでいる時は誰でも他人の暖かい一言が欲しいものですよね。自分が彼氏や友達からどんな言葉をかけられたら嬉しいでしょうか、自分からもそんな言葉をかけられるような人になりたいですよね。

男性が言われて嬉しい言葉【寂しい時は?】

寂しい時にかけてほしい言葉というのは案外難しく、寂しい時というのは直接急に家に会いに行くよりも現代だとLINEなどのSNSを介してまず連絡をとるというのが一般的だと思います。この時に相手の寂しいサインを感じ取れる嗅覚(?)が大事です!

LINEなどであっても直接寂しいという言葉を言うことに抵抗を感じる男性もいますので、特に用事がないのに何回か連絡が来るような時は相手が寂しがっていることも考えられます。寂しいけど会おうと誘って断られたら恥ずかしいからという理由で誘ってこない人もいます。

そういった時は女性の側からLINEや電話を少し時間をとってできないか、もし都合がよかったら会わないか誘ってみるのがオススメ。同じようなことが依然筆者の周りでも起こったのですがその時その友達は

「しょうがないなぁ・・・俺も暇じゃないのに・・・。」

といいつつものすごい速さで準備支度を終えてLINEを送りでかけていったのを覚えています。微笑ましくもシュールな光景でした。

男性が言われて嬉しい言葉【彼氏には?】

では彼氏に対してはどうでしょうか。仕事での人間関係や初対面での付き合いと違って彼氏の場合はもう予め相手のことを知っているため、性格もより詳しく把握できていると思います。そして仲良くなってきた頃にトラブルが起きてしまうのもまた事実。

「最近彼氏彼女が口うるさい」や「段々態度がデカくなってきた」などは非常によく男性女性関わらず両方から聞く言葉ですよね。
頼みごとの部分でも少し触れましたがこれには男性の場合自尊心や彼女への独占欲が関わっていると言われています。平たく言うならば自分が彼女の1番でいたいという気持ちの表れと言えます。

「今日の服のセンス好きだな、惚れ直しちゃったかも。」や
「〇〇くんが1番だよ。」など

人によっては言うのが気恥ずかしい一言かもしれませんがこれらを言われて喜ぶ彼氏はかなり多いはず。筆者の周りでも彼氏持ちの女性には非常に好評だったのを覚えています。潜在的な競争意識をちょっぴり刺激するフレーズにぐっとくる男子は多いのかも・・・?

男性が言われて嬉しい言葉【仕事では?】

一方仕事で男性が言われて嬉しい言葉というのは少し友人関係などで褒められる内容とは異なります。公的な場だということももちろんありますし自分に課せられた責任を果たす、いわゆる仕事ができる人間というのはいつどこでも好まれる存在ですよね。

仕事が達成できた時のねぎらいの言葉、落ち込んでいる時のいたわりの言葉をかけるのはもちろんオススメですが気になる点も。仕事の場合はプライベートと違って損得が関わることも多いため、褒められることで「自分は利用されているのではないか」と気になる人も多くいます。実際何か頼みごとをしたい時に事前に相手を持ち上げておく人は少なくないですしね。

「いつも身なりきれいにしてるね。」
「言葉づかい誰に対しても丁寧ですよね。」
のように仕事の時は立ち居振る舞いや精神的な姿勢について一言褒めると嫌らしさもなくよい印象を与えられます。やはり男性にとっても普段の自分にほんの少しだけ目を向けていてもらえるのは嬉しいですよね。

男性が言われて嬉しい言葉【裏目を引くパターンは?】

では逆にどういったパターンが男性からしたら嫌だったり、反応に困るものなのでしょうか。
男性女性問わず言われて嬉しい言葉はTPOにも深く関わっており、プライベートで言われると嬉しいことでも仕事で言われると反応に困ってしまうこともありますよね。ここでは私が知人に直接聞いたパターンを紹介します。

その中でも相手に声をかける際には男女間や資格などで差がでるようなことについて言及して褒めるのはあまりオススメできません。例えば力仕事や運転免許がよくある例で、褒めてる側は純粋に褒めてるつもりでも言われた男性は微妙に思うこともあるようです。

「力仕事してくれる男性がいると助かるなー。」や
「車持ってる人がいてよかった、助かります。」など

言われてみると利用されてるように感じてしまう人がいるのはしょうがない話かも・・・?うーん、難しいところですね。もちろん男性側も常に疑いを持っているわけではないため、誤解を招く可能性があると感じた時はシンプルにお礼だけの方がよさそうです。

【おわりに】相手のことを考えた言葉を!

男性にとって言われて嬉しい言葉をここまでまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?女性と男性では考え方が違うとよく言われますが、そういった性別の違いからくる性格の差異は言われて嬉しい言葉にも関わってきていると思います。

友達との人間関係や仕事での付き合いなど、相手の立場や性格を気遣った発言をするのが本当に相手のためを思った一言だと思います。時には必要以上の発言をしないことも大事というのは特に男性相手では重要なファクターですよね。

もちろん全ての男性にあてはまるわけではありませんし、彼氏や異性として好きな友達がいる場合は特に、その人個人の性格を重視してつきあっていくのが1番大切なことです!!
自分も気付かないうちに他人に助けられているということはよくありますよね。彼氏や友達、家族など周囲にいる人達に感謝しつつお互いに敬った発言を心がけたいですね!

もっといろんな言葉について知りたいアナタはこちらもチェック

かっこいい言葉・名言まとめ!短い言葉から英語まで!
胸キュンなセリフまとめ!言われたい言葉を男性・女性別に!
頑張ってる人にかけるべき言葉!「頑張れ」と言ってはいけない!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ