恋愛テクニック17選!心理学を駆使して男を落とそう!

恋愛テクニック17選!心理学を駆使して男を落とそう!

恋をしてしまったけれど、どうやってアプローチをしたらいいかわからない。
恋愛をするうえで効果的なアプローチテクニックってなに?
どうしたら彼は自分に好意をもってくれるの?
そんな疑問をお持ちの女性に、心理学に基づいた恋愛テクニックをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.アプロ―チ方法は恋愛心理学を上手に使いましょう
  2. 2.恋愛心理学① 誉めて肯定欲求を満たそう
  3. 3.恋愛心理学② 好意の返報性を利用しよう
  4. 4.恋愛心理学③ 良い印象を定着させよう
  5. 5.恋愛心理学④ ささやかなお願いからスタートさせよう
  6. 6.恋愛心理学⑤ 落ち込んでいる相手への適切な気遣いが肝
  7. 7.恋愛心理学⑥ 意中の人に自分のプチミスを見せよう
  8. 8.恋愛心理学⑦ 相手に色々聞く前に自分の事を少し話そう
  9. 9.恋愛心理学⑧ 知り合いに噂話を届けてもらおう
  10. 10.恋愛心理学⑨ 相手を見つめられる視線美人になろう
  11. 11.恋愛心理学⑩ 誉め方に一癖つけてみよう
  12. 12.恋愛心理学⑪ 相手の動きを真似っこしよう
  13. 13.恋愛心理学⑫ 男性は結果を褒める
  14. 14.恋愛心理学⑬ 女性はプロセスを褒める
  15. 15.恋愛心理学⑭ 甘い言葉は二人だけのツールで囁こう
  16. 16.恋愛心理学⑮ 名前を頻繁に呼ぼう
  17. 17.恋愛心理学⑯ 必殺技「素敵な彼氏になれると思うのに」
  18. 18.恋愛心理学⑰ あと一歩踏み出したい時は相手の懐へ
  19. 19.仕組んでいると気付かれてはいけない、演技力がカギ
  20. 20.意中の男性と、結ばれる為に

アプロ―チ方法は恋愛心理学を上手に使いましょう

もっと相手に伝わるように効果的なアプローチがしたいと思う女性も多いはず。
また、奥手だからこそどうやってアプローチをかけていったらいいかわからない、
なんていう女性も、中にはいるのではないでしょうか。
この記事では奥手の女性も、オープンな女性も意中の男性に好意を伝えることができる
テクニックを、恋愛心理学の視点から解説します!

相手への深層心理へアプローチするテクニックは実に多彩

相手に効果的にアプローチするには恋愛心理学を上手に利用しましょう。
意中の男性・女性から好感を持ってもらうために活用できる恋愛心理学の種類は
実に多彩です。

目や視線を使ったテクニックや、相手のパーソナルスペースを意識した立ち位置等、
人間の五感にアプローチをかけるものも沢山あります。
相手の深層心理を理解し、効率的にアプローチを掛けることで
他の人より一歩進んだ関係を築けるように努力していきましょう。

恋愛心理学① 誉めて肯定欲求を満たそう

テクニック:相手の自己肯定欲求を満たす

男性の好意を引き寄せたくば、まずは褒めること!
この方法が一番効果的で手っ取り早い方法なのです。

殆どの人が改めて言うでもなく、相手の良いところを
認めたり褒めたりして好意を引き寄せます。
一見、ゴマをすっていたり、媚を売っているように見えてしまうかもしれませんが、
この「褒める」という行為が一番効果的であることを知っているのでしょう。

好意を持っている男性、女性に対して賞賛する、褒める、認めるという行為は
とても効果的であることが恋愛心理学的にも認められているのです。

誰かに認めてもらうことや賞賛してもらうことは、
誰もが持つ自己肯定欲求という、「認めてもらいたい欲求」が
満たされるということにつながるのです。

大人になるとなかなか子供時代のように
褒められるということがなくなってきますが、
実際に褒められるということは自分の価値を認められるということ。
この自己肯定欲求を満たしてくれる相手に対して人は好意を抱きます。

それは恋愛心理学においても同じことが言える為、
相手の良いところを褒めれば褒める程、認めれば認める程
「この人は自分のことを理解してくれる人だ」と好意を抱いてもらう
きっかけになるのです。

好意をもってもらう為の第一歩は、まず「賞賛」と心得ましょう。

恋愛心理学② 好意の返報性を利用しよう

テクニック:好意を返さずにはいられない深層心理

次に紹介するテクニックはこちらから、さりげなく好意を見せ続けること。
この方法も相手から好意を持ってもらうための効果的なテクニックです。

「返報性の法則」という心理学ですが、男性・女性問わず
相手と自分の好意と嫌悪は鏡写しであると言えます。
好意には好意が返ってきますし、嫌悪には嫌悪が返ってくるのです。

返報性の法則を、恋愛心理学にも応用し、
まずは自分から相手へ「好意」を見せてみると良いでしょう。

意中の男性や女性は、相手からの「好意」やその施しに対して
何かお返しをしなくてはならないという心理が働きます。

例えば言葉でストレートに伝えるのが恥ずかしい場合は
相手の仕事をさりげなくサポートしてみる、
相手にコーヒー一つ差し入れしてみるなども効果的です。

返報性の法則が働くと、あなたからの好意には好意で帰してくれる
可能性が高いと言えるでしょう。
返報性の法則を上手に利用して、相手からの好意を効果的に手に入れられるよう
ささいなアプローチを繰り返していきましょう。

恋愛心理学③ 良い印象を定着させよう

テクニック:ハロー効果(印象効果)の影響は意外と大きい

人間は中身で勝負!と言いたい気持ちもあるとは思いますが、
そこで侮ってはいけないのはハロー(印象)効果です。

ハロー(印象)効果とは心理学用語で「認知バイアス」と呼ばれるもので
ポジティブ・ハロー効果とネガティブ・ハロー効果が存在します。

次のページ

恋愛心理学④ ささやかなお願いからスタートさせよう

関連記事

人気の記事