恋愛ホルモンの効果!恋の始まりと終わりに大きく影響している?

恋すると脳内で活発に分泌される脳内物質、これを一般的に「恋愛ホルモン」と呼ぶことがあります。一口に恋愛ホルモンと言っても種類は一つではありません。素敵な恋愛をするためにはかかせない恋愛ホルモン。恋愛ホルモンの事をよく知って、素敵な恋を手に入れちゃいましょう!

恋愛ホルモンの効果!恋の始まりと終わりに大きく影響している?のイメージ

目次

  1. 恋愛ホルモンって何?
  2. 【恋愛ホルモン】恋とホルモンの関係
  3. 【恋愛ホルモン】恋するホルモン
  4. 【恋愛ホルモン】男性ホルモン
  5. 【恋愛ホルモン】女性ホルモン
  6. 【恋愛ホルモン】PEA
  7. 【恋愛ホルモン】ドーパミン
  8. 【恋愛ホルモン】アドレナリン
  9. 【恋愛ホルモン】オキシトシン
  10. 【恋愛ホルモン】βエンドルフィン
  11. 【恋愛ホルモン】セロトニン
  12. 【恋愛ホルモン】バゾプレッシン
  13. 【恋愛ホルモン】恋するホルモンを増やす食べ物
  14. 【恋愛ホルモン】恋愛ホルモンで痩せる
  15. 【恋愛ホルモン】恋愛賞味期限は3年説
  16. 【恋愛ホルモン】長続きさせるには?
  17. 【恋愛ホルモン】オキシトシンが喧嘩の仲裁役
  18. 【恋愛ホルモン】オキシトシンスプレー
  19. 恋愛ホルモンは若返りのホルモン
  20. 【恋愛ホルモン】恋愛して脳活!

恋愛ホルモンって何?

mikeholmesjrさんの投稿
19955741 1876828805977370 7826324844546359296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

皆さんは「恋愛ホルモン」って聞いたこと、ありますか?
恋愛ホルモンと言うのは、恋愛をすると脳から活発に分泌される脳内物質のこと。
脳内物質は恋愛ホルモンを含めたくさんの種類があるのですが、そのうち恋愛に関係するホルモンは数種類。
なんとこのホルモンのおかげで、人間は「恋」という錯覚に陥ってしまうらしいのです。

また恋をすると「痩せる」説や「きれいになったね!」と言われること。
これも都市伝説ではありません。
実際に恋をすると痩せるしきれいになるのです。

そんな素晴らしい恋愛ホルモン、一体どのようなものがあるのでしょうか?

【恋愛ホルモン】恋とホルモンの関係

love_break_upさんの投稿
13531854 150586938684004 117450066 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

恋愛とホルモンには密接なかかわりがあります。
ホルモンが存在しなければおそらく、私たち人間は恋をすることもなく、まるで機械仕掛けのロボットのように感情の起伏もあまりなく、ただ淡々と日々を過ごすことになるのでしょう。

あまり恋愛感情がわかないという人は恋愛ホルモンの不足、もしくはバランスの乱れからくるのかもしれません。
恋愛ホルモンは、たくさん出ればいいという問題ではありません。
過剰な状態は、結局少ない状態と「バランスが乱れている」という点ではどちらもよくないからです。
きちんとホルモンバランスが整えられていなければ、素敵な恋愛もできにくいと言えますね。

【恋愛ホルモン】恋するホルモン

それでは何種類もある恋愛ホルモン。
実際に恋愛ホルモンにはどのような種類があって、それぞれどのような働きをするのか見ていきましょう。

一般的によく言われる「恋は3年で冷める」という噂にもどうやら恋愛ホルモンが関係しているようです。
恋愛3年説の根拠とその原因ホルモンについてもしっかり解説していきます。

恋愛をするうえでとても関わりの深いホルモンを紹介していますので、それぞれの働きを頭に入れておけば、恋人の心をつかむ方法も、新しく始める恋にもとても役に立つのではないかと思います。
3年以上たっても二人の仲が覚めなくなる方法も探っていきますね。

mariaritacolicchioさんの投稿
19955166 253710195121856 3341985160496152576 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【恋愛ホルモン】男性ホルモン

ikemen_kanさんの投稿
14596843 218543335264340 5401289801309618176 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

当然、恋愛にかかせない「男性ホルモン」正式名称テストステロンから説明していきましょう。

男性ホルモンは男性を男性らしくしてくれるホルモンの事。
10代前半に急に分泌が活発になる男性ホルモンは、男の子の声変わりを促し、声を低く、体を筋肉質に、そして女性に対して興味を持つように男の子の体を変化させてくれます。
体がマッチョな人ほど男性ホルモンが多いので、アスリートは比較的男性ホルモンが多いという結果が出ています。

また筋肉とは真逆な所にいそうな芸術家も男性ホルモンが多いそうです。
競争に身を置いている、自分の表現方法を突き詰めていくという姿勢が闘争本能を燃やしているのかもしれません。

男性ホルモンが活発に分泌されるようになると、「思春期」と言うホルモンに左右される難しい年齢に突入します。

男性ホルモンが多いと同じ男の子の中でも女性への関心が強く、喧嘩っ早くなります。
思春期になってよく喧嘩を始めるようになる子は、男性ホルモンが大量に分泌されているからかもしれません。
また、女性に興味がなくなると、男性ホルモンの減少を疑うことができます。

男性ホルモンの多い男性ほど、女性にモテる傾向があり、男性ホルモンは筋肉量を増やすことで、男性ホルモン量も増やすことができます。

askdoctorhansenさんの投稿
19761855 1404249386289649 4356952216771231744 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【恋愛ホルモン】女性ホルモン

live.mianiさんの投稿
19764777 303728000090575 1774055345627332608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

女性ホルモン(エストロゲン)は胸を膨らませ、髪の毛の質や、肌質を高めてくれます。
男性ホルモンが闘争的な性格を作り上げるのに対し、女性ホルモンは穏やかな性格を作り上げる要因となります。

ただよく誤解されているのが

「恋をすると女性ホルモンが活発に分泌されてキレイになる」という説。
女性ホルモンは、男性ホルモンと違い、自分の努力や環境で分泌量が変わるという事はありません。
確かに恋をすると「キレイ」になるとは言いますが、それは他の恋愛ホルモンの関係の方が大きいようです。

ただし、恋をするとポジティブになったり、快楽物質が脳内から分泌されることでストレスが軽くなり、女性ホルモンのバランスが整うことがあります。
女性ホルモンのバランスが整うと、体にも当然良い影響がでるので、正しくは

「恋をすると女性ホルモンのバランスが正常に整ってキレイになる」

と言えますね。

【恋愛ホルモン】PEA

trishthewriterさんの投稿
19985210 315588048883151 6192694240640761856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

前項で説明した男性ホルモンと女性ホルモンは、より男性らしく、より女性らしく変えていくホルモンです。

では恋愛自体に左右する恋愛ホルモンの説明に入りましょう。
まず、恋愛ホルモンの代表選手「PEA」正式名称フェニルエチルアミンは性的な興奮と快楽を左右する神経伝達物質です。

人に恋したとき、どんな状態になりますか?
好きな男性を見て「ドキドキ」
好きな人の事を考えて食事がのどを通らない、夜も寝られない。
ちょうど、恋の始まりのときめきを教えてくれるのがこのPEAです。

ちょっとしたモルヒネのような効果もあり、脳を気持ちの良い状態にしてくれます。
食欲も落ちるので痩せる効果やポジティブに変えてくれる効果も期待が!
また便秘が解消されるという効果もあり、痩せる、便秘の解消で美肌効果があるようです。

ただずっと恋のときめきを感じている事は残念ながらできません。
何年も食欲がない状態が続くと生命の危機ですからね、それは当然無理なのです。
だいたい3年ほどでPEAは減少すると言われているのですが、大丈夫。
好きな人に対してPEAが出なくなっても

好きな芸能人にのぼせる
ロマンチックな映画を見て恋愛疑似体験をする

このような事でPEAは分泌されます。

thepropozalさんの投稿
19984862 871142459715575 2589747416995463168 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【恋愛ホルモン】ドーパミン

caricampariさんの投稿
19985717 482872042066973 8877939727181807616 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

PEAが分泌されると促されるのが「ドーパミン」

ドーパミンはなかなか知名度が高いので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
ドーパミンは別名「脳内麻薬」
ドーパミンが出ると集中力が高まり、ぽーっと気持ちがよくなります。
感情が高ぶって動悸がし、顔が赤くなるのもドーパミンのせいです。
また食欲も抑えられるので、痩せる効果があります。これも痩せる効果!恋愛ホルモンすごいです...

では、恋愛とドーパミンの関係は?
人間は、恋をすると、ドーパミンがどっかんどっかん分泌されるそうです。
ちょっと酔っぱらったような状態でしょうか?
麻薬と言われるだけあって、ドーパミンが大量に分泌されるととても気持ちがよくなります。
その気持ちのよさがたまらず、また好きな人に会いたくなるという構図です。
さらにさらに、ドーパミンはテストステロンの分泌も促します。
つまり、恋愛のドキドキ感プラス性欲マックス。さすが恋愛ホルモン...


ドーパミンもやはりPEAと同じく、恋愛で効果があるのは3年前後。
3年ってやはり恋愛賞味期限なのでしょうか?

「3年目の浮気」という曲があるくらいですから、3年には根拠があるのかもしれません。

【恋愛ホルモン】アドレナリン

vamossisepuedeさんの投稿
19984651 157030424844903 5346724664175493120 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ドーパミンとよく似ていることからごっちゃになることの多いアドレナリン。
どちらも興奮剤のような働きがあり、ドキドキして動悸や汗をかくようになるのですが、ドーパミンは気持ちの良い時に分泌されるもの。
そしてアドレナリンは恐怖や緊張感を感じるときに分泌されるもの。

そんなに好意を持っていない人でも一緒に恐怖体験や、緊張体験をするとアドレナリンのせいで一気に恋に落ちます。
これを心理学では「吊り橋効果」と言います。
好意を寄せている人がいれば、ドキドキ緊張するシチュエーションに持ち込んで一緒に体験すると、あなたの事を好きになってくれる可能性が高くなります。

ジェットコースターやお化け屋敷などがおすすめですよ。

quentingroellさんの投稿
19984505 856645547826933 2835436799210291200 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【恋愛ホルモン】オキシトシン

今までは恋愛ホルモンの中でもドキドキ高揚感を伴うホルモンを紹介してきました。
盛り上がっている時の感情をもたらす脳内物質ですね。

今からはとても「安心する」「癒し」の恋愛ホルモンを紹介します。
恋愛賞味期限3年説も、こちらのホルモンたちのおかげで最初の3年間も、3年たった後も恋人たちが仲良く付き合っていけるようになるのです。

オキシトシンは哺乳類のみが持っているホルモンです。
オキシトシンが分泌されると心が落ち着き、安心感に包まれます。
ストレスや痛みへの耐性が強くなるので、精神的にも癒しが生まれ、寿命が延びるとも言われます。
別の名を「絆のホルモン」といい、恋愛に限らず、親子間のスキンシップなどでもオキシトシンが分泌されます。
また肥満や過食を防ぐ効果があるので、痩せる効果にも期待大!

ハグやキスをするとオキシトシンが分泌され、とても幸せな癒された気分になります。
オキシトシンは心を落ち着かせ、ストレスレベルを下げる効果があるので、朝、仕事に行く前にキスをするカップルは事故率が下がるとも言われています。
やはり、イライラした状態で仕事に行くと、注意力が散漫になり、事故にあいやすいという事でしょう。

そしてこのオキシトシン。
パートナーと触れ合うときに分泌されるので、その人といると「癒される」という意識が生まれ、なんと浮気防止になる効果が期待できます!
そのため、付き合って3年を過ぎたカップルでもオキシトシンが保たれているカップルは3年以上長続きする事が出来ます。

1994.annaさんの投稿
42409259 248053742734490 6687016612446339072 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【恋愛ホルモン】βエンドルフィン

βエンドルフィンも癒しのホルモン。
βエンドルフィンは脳内麻薬の中でも特に強力。その鎮痛効果はなんとモルヒネの6.5倍!?
穏やかな安らぎを手に入れることができるのがβエンドルフィン。

誰かを好きになって片思いの、どうやって話したらいいのか分からずドキドキするのがアドレナリン。
そして好きな人に近づいて興奮して「好きな気持ちが爆発!」そんな気持ちはPEAから派生するドーパミン。
恋する気持ちが落ち着いて、大好きな人の腕の中にいる安心感がβエンドルフィンと言えるでしょう。

失恋するとβエンドルフィンの分泌がなくなり(安心感が失われ)その喪失感に悲しみが襲うという構図。

βエンドルフィンは食べ物の満足感ももたらします。
他のホルモンは痩せる効果が期待できましたが、逆にβエンドルフィンは食べ物をより美味しく感じさせるので、ついつい食べ過ぎることがあります。

幸せな恋愛をしている女の子が「油断して最近太っちゃった」というのは食べ物を美味しくしてしまうβエンドルフィンのせいかもしれませんね。

【恋愛ホルモン】セロトニン

恋愛ホルモンとして全く上記のホルモンとは違う作用をする「セロトニン」があります。
「セロトニン」は実は恋愛中ほとんど分泌されません。
なのに、なぜセロトニンが恋愛ホルモンとして欠かせないものなのか?

セロトニンは精神の心のバランスを整えてくれるホルモン。このホルモンバランスが保たれることで、鬱から身を守ることができるのです。
それではなぜ心のバランスを整えるホルモンが恋愛中には出ないのでしょうか?

極端に言うと恋をしている状態は「異常」なのです。
セロトニンは恋をしている興奮状態を抑える働きがあります。
心のバランスを整える働きがあるので、恋の異常状態は格好の餌食。
でも恋心を抑えられてはちょっと困りますよね。

だからセロトニンは恋愛中には分泌を抑えられています。

では恋愛にどうして有効なのか?
なぜなら、セロトニンはその心のバランスをとる効果で、「失恋の痛み」を和らげてくれるのです。
セロトニンがうまく分泌されないと、いつまでも失恋の痛みを引きずり、心のバランスを崩してうつ病になってしまうこともあります。
セロトニンは失恋119なのです。

【恋愛ホルモン】バゾプレッシン

allisonbailey1さんの投稿
21294269 503803193301318 7042304407479779328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

オキシトシンと対のバゾプレッシンもあります。
オキシトシンは実は母性のホルモン。対して、バゾプレッシンは父性のホルモン。
スキンシップなどを通じて分泌され、ともに浮気を防止する大切なホルモンです。

バゾプレッシンは父性を育て、パートナーに愛情を感じる大切なホルモン。
男性に多く分泌され、働きは女性のオキシトシンと似ています。

ただ、バゾプレッシンは外敵への警戒心、そして敵から身を守るという行動に関係しており、まさに家族や大切な恋人を守る立場の男性にぴったりなホルモンだと言えるでしょう。

tr.dolunayさんの投稿
19984897 1415786375169826 4141095789063569408 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【恋愛ホルモン】恋するホルモンを増やす食べ物

食べ物で恋するホルモンを増やせることも分かっています。
意識して食べることでホルモンを増やすことができちゃうんです。
恋するホルモンを増やしたい方はぜひ!

チョコレート

lulubeechocolatesさんの投稿
19955615 113317542644190 2348300302827913216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

食べ物の中でもチョコレートはPEAの分泌を促す作用があります。
恋するドキドキを高める食べ物だと言えますね。
恋人と一緒に食べれば効果抜群!?

チーズ

PEAの分泌を促す効果のある食べ物の中にチーズも含まれます。
チーズは緊張をほぐす効果もあるので、好きな人と話をするときには食べ物の中ではチーズをチョイスするとよいかも。

赤ワイン

martinzaplephotographyさんの投稿
19955254 1714639135242924 4048446000094773248 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

食べ物ではありませんが、こちらもPEAの分泌を促します。
好きな人とお酒を飲むなら赤ワインをセレクト。
お酒で恋愛ホルモンを増やしちゃいましょう!

大豆食品

ginociekさんの投稿
20065219 178361889370114 4831926469577932800 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

大豆食品の食べ物はすべて植物性の天然エストロゲン。
女性ホルモンです。
女性ホルモンの成分を含む食べ物を積極的に食べることでホルモンバランスを整え、美肌を目指しましょう。

キャベツ

キャベツに含まれる成分の中には、PMSを減らす効果が期待できるものがあります。
これは女性ホルモンのバランスを整えてくれるから。
ただし、熱に弱い成分なので、女はキャベツを生食で!

【恋愛ホルモン】恋愛ホルモンで痩せる

「痩せる目標はたてたけど...」
ダイエットで悩んでいる女子は恋愛するのが一番。
恋すると好きな人の事を考えて胸が苦しくなるから、食べ物がのどを通らない、結果痩せる。
これは科学的にもれっきとした事実。

食べ物を見ても、食べたいという気持ちが抑えられるのです。
ダイエットしたいなら異性にときめくべし!

ただし、恋をすると痩せるけど、痩せるのも最初のうちだけ。
両想いになって幸せ気分に使ってるとドーパミンのせいで今度は食べ物がおいしくて仕方ない幸せ太りに代わります。

【恋愛ホルモン】恋愛賞味期限は3年説

tskt.aoymさんの投稿
21296521 903565823130063 4263510955524096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

恋愛期間の踏ん張りどころは3年目。
付き合って3年もたつと最初のころのトキメキはなくなり、「楽しい恋」をしている状態は終わります。
とはいえ、恋愛のバランスの狂った異常状態を3年以上も続けると、体力的にも無理があるのではないかと思います。

3年説を裏付けるのがPEAの存在。
恋愛の高揚感を支えるPEAがなくなってしまうのが3年目。
付き合い始めてから最初の楽しくて仕方ない期間が過ぎるとだんだんとPEAがなくなっていき、3年もたつころにはゼロになるという節目の年です。

3年目をやり過ごせたカップルは絆が強いと言ってよいでしょう。

■関連記事:倦怠期かも!?不安な時はこちらもチェック!

彼氏との倦怠期の乗り越え方7選!カップルの危機をさけるには?

【恋愛ホルモン】長続きさせるには?

PEAがなくなってしまう3年以降。
もっともっと長続きさせるには、オキシトシンが欠かせません。
PEAがアゲアゲのホルモンだとすれば、オキシトシンはダウンの癒しの神。

触れ合うことで絆を作り情を感じることができるオキシトシンはまさにPEA依存系恋愛の救いの神。
PEAの座を乗っ取るかのようにオキシトシンが活躍すると、とても穏やかな素敵な関係を3年後もずっと続けていけるでしょう。
そのためのスキンシップは欠かせません!

【恋愛ホルモン】オキシトシンが喧嘩の仲裁役

allisonbailey1さんの投稿
21227013 1949123455356731 288733969657102336 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

恋人間の愛情を深め、長く付き合えるようになる絆ホルモン、オキシトシンですが、なんと喧嘩の仲裁役でもあることが分かりました。

オキシトシンがよく分泌されているカップルは、まず「喧嘩にならない」ようです。
簡単に言うと喧嘩する気が起きない。
それだけ気持ちのバランスが取れているのです。

何か喧嘩になるようなきっかけがあったとしても、なんだか許せてしまう、怒る気がしないというのがオキシトシン。
例えば喧嘩しているカップルに、お互いオキシトシンを嗅いでもらうと

「?」
なんでこんな事でイライラしているんだろう?と喧嘩をしていることがばかばかしくなります。
あっという間に喧嘩が収まってしまうのです。
スキンシップで分泌されるオキシトシン。

つまり、日頃から手をつなぐ、キスをする、というスキンシップをずっと保っているカップルは喧嘩が少ない、もしくはこじれにくいというデータになっています。

【恋愛ホルモン】オキシトシンスプレー

the_aussie_photoguyさんの投稿
19984882 1899117937024169 8916517793449377792 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

とっても大切なオキシトシン。
実は最近「点鼻薬」としてネットで買えるのです。

まさに恋の媚薬として売り出されているオキシトシンスプレーはなかなか効果が期待できるよう。
もちろんPEAやドーパミンのように心をときめかせるタイプのホルモンではないので、点鼻薬を使ったからって目の前の相手に一目ぼれするわけではありません。

でも点鼻薬を使うとリラックスし、癒されるので目の前にいる人のせいで心安らかなのかな?と勘違いさせることはできるかもしれません。
また、彼氏に使うことで浮気防止には有効!

心拍数をやわらげ、落ち着くことができるので、プレゼンなど緊張する前に使うのもOKなんだとか。
倦怠期のカップルにも試してもらいたいですね。

beyond__healthさんの投稿
13561985 1315690645111127 1079959627 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

恋愛ホルモンは若返りのホルモン

PEAには痩せる効果、βエンドルフィンにも痩せる効果がありますが、痩せるだけでなく恋愛ホルモンはアンチエイジングの効果も期待できます。
脳の活性化を促し、集中力を高める恋愛ホルモンは脳内の活性化もお手伝い。
そして美肌にもとても有効です。

見た目が若いお年寄りには「好きな人がいる」「生涯現役!」なんて言う人が多く目立ちます。
やはり恋愛は若さの秘訣なのですね。

bestphotographydublin.ieさんの投稿
19985974 125638228043047 266341092507516928 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

【恋愛ホルモン】恋愛して脳活!

恋愛ホルモンは、彼氏づくりになくてはならない存在!
それぞれのホルモンの働きをしっかり頭に入れておくとなかなか恋愛にも有効なのでは?

好きな人の前で緊張して話ができないようなときでも

「今、PEAのせいでドキドキが止まらないんだ。そんでもってアドレナリンが出ているせいで緊張してるのよ。だから深呼吸」

なんて論理的に考えられるかも。
テンパって変なこと好きな人の前でしたくないですもんね。

付き合い始めたら、喧嘩したときでもスキンシップは大切に!いや喧嘩している時こそスキンシップを多めにとって。
喧嘩しても同じベッドで寝る。
朝のいってらっしゃいのキスは怒っていてもする。
これだけでカップルの絆の強さは倍増です。

恋愛ホルモンの効果をしっかり頭に入れて、ホルモンを整える食べ物もチョイスして楽しい恋活!
今年は素敵な彼氏を捕まえられる予感?

もっと恋愛効果を高めたいと思っている方はこちらもどうぞ!

好きな人へのアプローチの仕方!女性がすべき11の効果的な方法とは
好きな人へのアピール!片思い中の女性におすすめな効果的な方法!
キスの効果がすごい!キスの11の効果を解説!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ