「お声掛け」の意味と敬語としての正しい使い方!【例文あり】

職場で「お声がけください」という表現を良く耳にします。あなたも仕事中に何気なく使っているのでは?無意識に使っている「お声がけ」という表現には、注意しないといけない点も。そこで「お声がけ」の意味と使い方を、例文と一緒に整理していきます。

「お声掛け」の意味と敬語としての正しい使い方!【例文あり】のイメージ

目次

  1. 何気なく使っている「お声がけ」その意味は?
  2. 「お声がけ」の敬語表現は?
  3. 「お声がけ」の使い方
  4. 【まとめ】使い方を理解して「お声がけ」!

何気なく使っている「お声がけ」その意味は?

お店や会社で、よく聞く表現のひとつが「お声がけください」というもの。ショッピングをしているとき、店員さんがよく「お声がけください」という表現を使います。

また「困ったときには、ぜひお声がけください!」なんていうキャッチフレーズがある広告を見ることもあるのではないでしょうか。

仕事中、社内でメールをやりとりしているとき、「何かありましたら、お気軽にお声がけください」という文面を目にすることもあります。

また、「お声がけください」と同じくらいによく使うのが「お声がけします」という使い方。人がたくさん並んでいるとき、このように言われたことはありませんか。

仕事やプライベートで、無意識に使ったり、聞いたりすることが多い「お声がけ」という表現。敬語であることは分かるのですが、そもそもどういう意味があるのか、気になりますよね。

お声がけには、「声をかける」という基本的な意味と、ビジネスでの「ご質問ください」という質問や用命、「何かありましたらお声がけください」という打診、といった意味もあります。そこにも注目して、お声がけについてチェックしましょう!

「お声がけ」の敬語表現は?

お声がけというのは、既に敬語表現になっているのでは?と思う人もいますよね。確かに、「お」がついているので、丁寧で綺麗な言葉にも感じるものです。

ただ、「お声がけ。」だけでは文章としてもおかしい気も。述語がないので「え?話の途中?」と感じますよね。正しい敬語をチェックしましょう!

「お声がけください」は正しい

お声がけの敬語表現は、「お声がけください。」になります。ただ、この敬語は「本当に正しいの?」と不安に思っている人も多くいるものです。

お声がけくださいというのは、敬語として正しいものになりますよ。しかし、より丁寧に「お申し付けください。」と言ったり、「お声をおかけください。」と言い換えたりしてもいいでしょう。

不安な場合は、より丁寧な敬語を覚えておくといいですね。

「お声がけします」はNG

お声がけの敬語表現として、「お声がけします。」という言葉を使う人がいますが、これは正しい敬語ではありません。

確かに、綺麗な言葉にしようとしていたり、敬語として使う努力は見られますが、お声がけしますという言葉は自分のことを上にあげている表現になってしまうのです。

そのため、この場合は「声をおかけします。」と使ったほうがいいでしょう。

■参考記事:「全然大丈夫です」は敬語としておかしい?

「全然大丈夫です。」は正しい日本語?敬語として使うのは間違い?

「お声がけ」の使い方

お声がけの敬語表現などを見ていると、考えるほどに使い方が分からなくなったりもしますよね。どんな使い方をしたらいいのかについて紹介しますね!

相手と関係を続けたいときに便利

お声がけは、相手がどう思っているのか分からないけど、自分は関係を続けたいと思っているときに便利な表現です。

例えば、お店でお客さんが洋服を見ているとき、しつこく話しかけると嫌がられます。でも、お店側としては、洋服を買ってもらう流れにしたいわけです。そこで、このように言います。

例文1「試着したいときは、お声がけください。」このように言えば、試着することを強いることなく、洋服を買う流れを作ることができるんです。声をかけるのか、かけないのかは、お客さんの自由であることが、ポイントなんですね。

仕事で営業している人の場合、取引のきっかけとして相談されたいもの。そのときはこう言うのがいいでしょう。

例文2「何かございましたら、遠慮なくお声がけください。」こう言うことで、しつこく勧誘することなく、相手に自分の存在を念頭に置いてもらい、ゆるやかに関係を続けることができる、そういうわけなんです。

さらには、例文3「なにかありましたらご質問ください。」という用命や質問系のお声がけもありますね。

手伝う気持ちを込める際にも

仕事が忙しそうな人を見たとき、できることなら手伝ってあげたいと思うことがあります。とはいえ、すぐに「手伝います」と言うと、相手も遠慮することが少なくありません。

そこで使うといいのが、これ。

例文1「お声がけくだされば、いつでも行きますよ。」自分から「手伝います」と言うと、遠慮しがちな人なら「いえいえ、大丈夫です」となるはず。だから、手伝う気持ちがあるので、声をかけてくださいね、そんな意味を込めるんです。

自分の部署に、仕事に慣れていない人が来たとき、助ける気持ちをお声がけに込めることも。質問があるならいつでも聞いていいですよ、そんな自分の立場を伝えることができます。

例文2「問題が出たときは、お声がけくださいね。」こういう使い方をすることで、質問することに遠慮しないでいいよ、ということが伝わります。

相手が遠慮するのではないかというときに、お声がけの表現はとても便利な言い方なんですね。

対応に時間がかかるとき

また、対応に時間がかかるとき、申し訳ない!そんな気持ちを込めて使うのが、お声がけしますという表現。

例えば、受付にたくさん人が並んでおり、すぐに対応できないとき。このように使うと、相手も心が和らぎます。

例文1「順番が来たらお声がけしますので、そちらでお待ちください。」ただ待っているように言われるよりも、声をかけると言ってもらった方が、自分を気にかけてもらっている感じがして、イライラも収まりませんか?

さらに、「お」が付くことで、いろいろな立場にある相手を高くする意味が込められるので、使う方も安心です。

そのため、とくに不特定多数の人を相手に接客の仕事をしている人は、お声がけしますという表現を使うことが多くなるのでしょうね。

誘いに対する感謝をあらわす

さらに、お声がけという表現は、誘ってくれたけれども自分の都合で行けないときに、誘ってくれてありがとうという気持ちを込めるのにもいい使い方です。

例えば、交流がある他の会社から、一緒にプロジェクトを担当しようと誘ってくれたものの、いろいろな都合で関わることができない・・・そんなときこう言います。

例文1「せっかくのお誘いですが、今回は見送らせていただきます。お声がけいただき、ありがとうございます。」

誘ってくれてありがとう、そんな感謝の気持ちを意味することができます。また、今回は参加できないというよりも、声をかけてくれたことに感謝する方が、次のチャンスが回ってくる可能性も高まります。

大切なのは、声をかけてくれた相手と、引き続きつながることですよね。お声がけくださいという表現を上手に使うことで、仕事のチャンスが広がる、というわけです。

営業メールでも使える

仕事をするなかで、知らない相手に営業メールを入れるのは、なかなか緊張するものですよね。ずうずうしいと思われたらどうしようと、相手の気持ちに敏感になってしまいます。

押しつけがましくなく、自分との取引に興味を持ってくださいね、というような意味をさりげなく伝える使い方がこれ。

例文1「弊社の商品にご興味がありましたら、お気軽にお声がけください。」これは、問い合わせの意味を持つお声掛けの使い方になります。

相手は多くの場合、同じようなメールをたくさん受け取っています。そのため、あまり強く主張すると、「めんどくさい相手」と思われ、敬遠される可能性も。

だから、ちょっと一歩引いた感じで自分のことを印象付けるのに便利な使い方です。相手に考える時間を持ってもらえるという意味でも有効です。仕事の成功の一歩に、上手に使えるといいですね。

■参考記事:一人称「小生」の使い方、間違っていないかチェック!

小生の意味とは?ビジネスでの正しい使い方解説!【誤用注意】

【まとめ】使い方を理解して「お声がけ」!

お声がけという表現は、色々な場面で聞いたり使ったりしますが、敬語の使い方として心配になる人も多いと思います。

「お声がけください」「お声がけします」は両方とも、仕事で使う一種の業界用語のため、神経質になる必要はありません。でも、しっかり意味を理解しておくと、仕事で上手に使うことができるのではないでしょうか。

仕事に役立つ情報をもっと知りたいアナタに!

▼関連記事:公私混同の意味とは?

公私混同の意味とは?職場・仕事で公私混同する人への対処法も解説

▼関連記事:仕事のミスが多いのはなぜ?

仕事のミスが多い人の原因と習慣9つ!ミスを防ぐには?

▼関連記事:面接で自分を動物に例えると?と聞かれたときは?

面接の「自分を動物に例えると」への13の回答例!何と答えればいい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ