公私混同の意味とは?職場・仕事で公私混同する人への対処法も解説

公私混同の意味とは?職場・仕事で公私混同する人への対処法も解説

職場での公私混同で、トラブルとなってしまうケースはよくありますね。大概が経費の使い方や恋愛関係が絡んでいる場合が多いでしょう。でも、人間が仕事していれば、ある程度の私情は仕方ないもの。この公私混同とはどこまでを言うのでしょう?その例や対処法をあげてみます。

記事の目次

  1. 1.公私混同の意味とは?
  2. 2.仕事で公私混同する人
  3. 3.公私混同する職場のケース〜経費の使い方
  4. 4.公私混同する職場のケース~人間関係
  5. 5.公私混同する職場のケース~プライベート
  6. 6.公私混同する企業
  7. 7.公私混同する社長
  8. 8.公私混同する人への対処法〜経費
  9. 9.公私混同する人への対処法~人間関係
  10. 10.公私混同する人への対処法~プライベート
  11. 11.公私混同?社内恋愛
  12. 12.公私混同?社内恋愛~気をつけること
  13. 13.公私混同?社内恋愛~もし別れた場合
  14. 14.公私混同で気をつけたいこと
  15. 15.公私混同は人間性が出る?

公私混同の意味とは?

仕事関係や職場で、ある程度の人間関係や私情が絡んでくるのは、
どうしても避けられないものですよね。

とはいっても、あくまでも仕事や職場は、お金をいただくために働いている所である以上、
プライベートなことを持ち込むのは、基本的にタブーではあります。

また、ヒドイ人になると、会社の経費の使い方を私事に利用したり、
見境なく振る舞う人も存在します。

ケースバイケースですが、企業にとって必要なお付き合いとして発生する事であれば、
公私混同が許される場合も実際あるものです。

でも…その辺りの公私混同な見極め方も、微妙なところです。

そもそも公私混同って、公的な事が絡んでいる事ならOKで、
私情がある場合はダメ、という意味になりますよね。

仕事とプライベートで、ケジメをつけない場合を指しているのでしょう。

仕事で公私混同する人

仕事で公私混同な言動をする人でも、色々なケースが見受けられます。
その例をあげてみると…

会社の経費の使い方を私事に利用する

・プライベートでの飲食代を会社の経費で落とす人

・実際には私事で使う物を「仕事で使用する」という理由で会社に費用を負担させる人

最も悪い経費の使い方といえますよね。

人間関係が絡んでいる

・プライベートで個人的な付き合いがある場合…
 仕事上でトラブルが発生した時など、感情が挟んで適切な対処ができない人

・社内恋愛をしている場合、喧嘩などが原因で、必要最低限な仕事をやらなくなる人

仕事とは関係のない事を持ち込む

・仕事とは全く関係のない私事を、必要以上に持ち込んでくる人

 例えば、会社のPCで私用メールをしたり、仕事と関連性のない情報をネット閲覧する。

大体が、会社の経費の使い方や、人間関係が絡んで周りがやりにくい…!
といった公私混同のケースがほとんどでしょう。

公私混同する職場のケース〜経費の使い方

この公私混同するケースで、一番厄介な事と言えば、経費の使い方でしょう。

またタチの悪いことに、それをやっている本人が、
平気になってしまっているということです。
社長であれ、上司という立場であれ、ちゃんと社員は見ているものです。

中には、デートで食事をした時の会計で、領収書を切ったという男性を見て、
とてもがっかりしたという残念なケースも…!
ここまでくると、公私混同というよりも、もはや悪質な行為!

だからといって、経費の使い方を公私混同している社長や上司を相手に、
直接文句を言うケースは、よほどのことがない限りあまりないかもしれません。
こっそり、他の上司にチクるだけ…?

ただ、本人は誰からも注意してくれないまま「そういう人だったんだ…」
と見られて、信頼されなくなるだけでしょう。

トップである社長であれば、尚更、誰も止められないですよね。

もし社員の誰かが何か訴えるようならば、
実力があって、結果も出していて、会社から必要不可欠な立場にいなければ、
声は弱いものです。

次のページ

公私混同する職場のケース~人間関係

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely