LikeとLoveの違いとは?自分の気持ちの見分け方教えます!

LikeとLoveの違いとは?自分の気持ちの見分け方教えます!

LikeとLoveの違いをあなたはハッキリと答えられますか?男女の心理によってもLikeとLoveには違いがあるのです。自分の気持ちの見分け方や、相手の気持ちを察する見分け方などもご紹介します。人を愛する心理の答えはここにありました!

6674View

記事の目次

  1. 1.LikeとLoveの違いとは?
  2. 2.LikeとLoveの心理的な違い
  3. 3.【LikeとLoveの心理】1.Likeは「尊敬・好意・親しみ」
  4. 4.【LikeとLoveの心理】2.Likeの主成分は「信頼と類似」
  5. 5.【LikeとLoveの心理】3.Loveは「献身・依存・独占」
  6. 6.【LikeとLoveの心理】4.Loveの主成分は「独占と同化」
  7. 7.【LikeとLoveの心理】5.相手と自分との距離感について
  8. 8.【女性編】LikeとLoveの心理の違い
  9. 9.【男性編】LikeとLoveの心理の違い
  10. 10.恋愛に関する気持ちの見分け方
  11. 11.男女の友情は成り立つのか
  12. 12.現代版『男女の友情』なら成り立つ可能性もある?!
  13. 13.【まとめ】LikeとLoveが両方揃ってこその『好き』♡

LikeとLoveの違いとは?

「LikeとLoveの違いとは?」なかなか難しくもあり、面白いテーマですよね。誰しも自分の気持ちが常に明確であり、しっかりと認識できているわけでもありません。

むしろ、「今の自分って何者なの?」といった心理の迷子になった経験がある人がほとんどではないでしょうか。今回は、LikeとLoveの心理的な違いや、恋愛に関する気持ちの見分け方、そして男女の友情は成り立つのかということを紹介していきます。

LikeとLoveの違いがはっきりしないのは、何も恋愛初心者だけとは限りません。海千山千の恋愛強者だったとしても、不意を突いて訪れる恋の病には太刀打ちできない場合もあります。

恋に悩む乙女にエールを♪自分の気持ちを知って、すっきりした気分で告白に応じるか否かを判断したいですね。また、告白されたのはいいけれど、自分にとって相手がLikeなのかLoveなのか判断に困っている人がいるかも。


■参考記事:好きが何かわからない。そんな人はコチラが参考になります♪

好きって何?恋愛感情を見極める方法9選! | Lovely[ラブリー]のイメージ
好きって何?恋愛感情を見極める方法9選! | Lovely[ラブリー]
誰かを好きになるってとても素敵な感情です。人それぞれで考え方が違いその感情に明確な答えがない為、時に好きって何?と私たちを悩ませます。そして大人になればなるほど、好きって何かわからなくなるように思います。もしも迷っているときはぜひこの記事を読んでみてください。
好きとは何かわからない?恋愛感情と友情を見分ける方法って? | Lovely[ラブリー]のイメージ
好きとは何かわからない?恋愛感情と友情を見分ける方法って? | Lovely[ラブリー]
好きとは何かわからない。 友情とは何が違うの? そんなあなた。 好きという気持ちと友情の違いは、場面ごとに現れる感情の意味を考えると分かります。 好きという言葉の意味、友情との違いとは何か?分からないあなたのために、このふたつの見分け方を徹底解説!

LikeとLoveの心理的な違い

LikeとLoveの心理的な違いを問う前に、まずはなぜLikeとLoveを分けて考えようとするのかに注目していきます。日本人が良く言う「好き」は、とても便利な言葉で色んな場面で登場します。

主に自分が「いいな」や「好感を持てるもの」に使用する言葉であり、時として人生を共に歩みたいと感じる人に対しての告白としても、「好き」と表現する場合もあります。

「好き」を英訳するとLikeとLoveに分かれる

好きを英語に表すと、大きく分けて2種類の単語が候補に挙がります。それが、今回のテーマでもあるLikeとLove。逆に日本語にしてみると、「Like=好き」「Love=愛してる」と変換されたりもします。

LikeとLoveは密接な関係。同じ意味でもあるし、全く同じとは言い切れない言葉。日本人の感覚でLikeとLoveを使い分けようとすると、感情が付いていけなくなる場合もありそうですね。

「単に好き」なのか「愛してる」のかを知りたい!

今、自分が抱えている心の軋みや相手に告白したい衝動を、言葉として表現することで形にしたいと思うからこそ、「この気持ちはLikeなの?それともLove?」と自問自答したくなるのかもしれません。

あるいは、気になる人の自分への気持ちがLikeなのかLoveなのかについては、もっとも知りたい心理であるに違いないでしょう。人の心理としてLikeとLoveの違いはどこにあるのか、気持ちの境界線について、これから詳しく考えていきましょう。

【LikeとLoveの心理】1.Likeは「尊敬・好意・親しみ」

人がLikeだと表現する心理を別の言葉で言い表すとすれば、「尊敬・好意・親しみ」を表す言葉になります。

相手の人を尊敬する気持ちであったり、相手のことを好ましく感じたり、自分と似ているところを発見して嬉しくなったりする感情を「好き」と表現し、その心理は「Like」に分類されるとみて良いでしょう。

Likeという心理には、「好印象である」という親しみの感情を多く含むケースが多く、いわゆる友達に感じる気持ちや、自分に似た感受性を察知した時に持ちやすい感情になります。

【LikeとLoveの心理】2.Likeの主成分は「信頼と類似」

そしてLikeという心理の主成分は、「信頼と類似」ということです。具体的に言うと、相手に対して好感度が上がる要因は、信頼の積み重ねと自分とのシンクロ率の高さということになるでしょう。

自分が信頼できる相手だからこそ心を許すことができる。自分と似た部分が多くある相手だからこそ、共感できる。信頼の数と類似点が多くなればなるほど、Likeの心理が強調され、相手のことを認めたい気持ちが強まります。

【LikeとLoveの心理】3.Loveは「献身・依存・独占」

次のページ

【LikeとLoveの心理】4.Loveの主成分は「独占と同化」

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely