口紅の塗り方まとめ!きれいで落ちにくい塗り方とは?

口紅って塗るだけじゃないの?という方、女性でも結構多いんです。塗り方によっても表情を変える口紅は、メイクで抑えておきたいポイントの1つ。アイメイクはしっかりなのに、リップメイクが手抜きだなんてもったいない!ここでは初心者向けに口紅の塗り方をまとめてみました♪

口紅の塗り方まとめ!きれいで落ちにくい塗り方とは?のイメージ

目次

  1. メイク初心者もこれで安心!?口紅の塗り方完全ガイド
  2. 口紅の塗り方でメイクの出来映えが大きく変わる♪
  3. 【口紅の塗り方】~下準備編~
  4. 口紅の塗り方:リップバーム/リップスティック
  5. 口紅の塗り方:リップライナー
  6. 口紅の塗り方:口紅
  7. 口紅の塗り方:グロス
  8. 【口紅の塗り方】~どんな方法があるの?~
  9. 口紅の塗り方:直接塗る「直塗り」
  10. 口紅の塗り方:指で取って塗る「指塗り」
  11. 口紅の塗り方:ブラシを使う「ブラシ塗り」
  12. 【口紅の塗り方】~リップの形~
  13. 口紅の塗り方:縦幅広めのぽってりリップ
  14. 口紅の塗り方:横長の大きめリップ
  15. 口紅の塗り方:魅惑のアヒル口リップ
  16. 唇の形をデザインするなら唇の色を消して!
  17. 【口紅の塗り方】口紅を落ちにくくする一手間
  18. 【口紅の塗り方】~リップメイクの手順~
  19. 口紅の塗り方手順①:リップバームで保湿
  20. 口紅の塗り方手順②:リップライナーでデザイン
  21. 口紅の塗り方手順③:下準備ができたらいよいよ口紅
  22. 口紅の塗り方手順④:うるおいとツヤを与えるグロス
  23. 【口紅の塗り方】ワンポイントテクニック集!
  24. かわいいリップを作る口紅の塗り方
  25. きれいなリップを作る口紅の塗り方
  26. 「こんなリップは嫌だ!」NG口紅/リップメイク
  27. 口紅は色選びも大切な要素♪
  28. イエローベースさんの口紅の色選び
  29. ブルーベースさんの口紅の色選び
  30. 脱初心者!口紅の塗り方の基本をマスターして美リップに♪
  31. 口紅はデザインや塗り方で自由自在♪

メイク初心者もこれで安心!?口紅の塗り方完全ガイド

メイク初心者の方ですと「とにかく口紅は塗るだけだから」と直接塗るだけ、なんて女子も多いんじゃないでしょうか。

実は口紅こそ、塗り方や形で「きれい」にも「かわいい」にも「しっかり」にも印象を変えることが可能なんです。あまりメイクの幅が出にくいリップメイクですが、だからこそしっかり押さえるべきポイントは押さえておかなくてはいけません。

ここではメイク初心者でも、メイク歴が長い人にも、口紅の塗り方や、唇の形による効果などを見ていきたいと思います。

また口紅に関する悩みで「すぐに口紅が取れてしまう」などの悩みについても触れていますよ。

口紅の塗り方でメイクの出来映えが大きく変わる♪

口紅の塗り方と言っても方法がいくつかあるんです。

塗り方によって、キュートでかわいい印象にしたり、キリッときれいな美女へ、など塗り方や形を変えてあげるだけでメイクの出来映えが変わってきますよ。

リップメイクを変えるだけでかわいく、時にはきれいになれるのでメイク初心者の女子は必見です。

【口紅の塗り方】~下準備編~

口紅の塗り方をここから順番に見ていこうと思います。

まずはリップメイクをするにあたって準備するのは口紅だけではありません。きれいなリップを描くのに必要になってくる道具もあるんです。

また直接塗る以外にも、唇の形を描きやすくしたり、滲みにくくなったりと色々嬉しい効果があるアイテムもたくさん♪メイクは下準備が大切、早速見ていきましょう。

口紅の塗り方:リップバーム/リップスティック

いくら口紅で唇を彩っても、唇がガサガサでは魅力は半減・・・

唇の保湿をしっかり行うことで、うるおいのあるみずみずしい唇の土台を作ることができるんです。唇の皮膚は特に薄くできていますので、乾燥しやすいのが欠点。そこでリップバームやリップスティックでうるおいを逃がさないように下地を作ります。

リップバームやリップスティック、どちらも自分の好きなテクスチャのもので大丈夫です。

リップバームはリップクリームやリップスティックよりも柔らかい質感のものです。しかし目的はどれも「唇の保湿」という点で同じ。なのでどのアイテムを選んでも大丈夫ですよ。

口紅の塗り方:リップライナー

口紅を塗る前に、リップライナーで形を縁取っておくとよりきれいに口紅を引くことができます。「リップライナーの使い方が分からない」という方も中にはいらっしゃいますが、きれいな唇の形を作りやすくしてくれるので1本は持っておいて損はありません。

リップライナーは口紅との密着を高めてくれる効果もありますので、きれいな唇の形を作るだけでなく、口紅を落ちにくくしてくれる効果も。

リップライナーを使ったことがない、という女子もいるかもしれませんが、プロのメイクさんの間ではきれいな形の唇を作るための必須アイテムなんです。裏を返せばそれだけメイク初心者だって恩恵があるということになりますよね。

口紅の塗り方:口紅

リップメイクをするのに口紅は当然必要になりますよね。

口紅は化粧品の中でも、色や種類がかなりたくさんあります。デパコスからプチプラ口紅まで広くラインナップがありますので、レギュラーの1色を♪

口紅の塗り方:グロス

グロスとは唇にツヤを与えてくれるアイテムで、グロスのみでもリップメイクを作ることができます。

ただグロスは口紅よりも落ちやすく、長持ちしないので口紅とのW使いがおすすめ♪口紅のみではマットな質感になりやすいので、グロスでツヤをプラスして濡れたようなジューシーな唇を演出してくれるのに役立ちます。

【口紅の塗り方】~どんな方法があるの?~

口紅を塗るために必要な道具が揃ったら、次に口紅を塗る方法を見てみましょう。

塗り方1つでラフな印象になったり、キッチリ感を出すことができたりもします。シーンごとに口紅の塗り方を使い分けて、かわいいリップメイクをマスターしちゃいましょう。

口紅の塗り方:直接塗る「直塗り」

口紅の塗り方で最もポピュラーなのがこちら、直接塗る「直塗り」。

この直塗りは口紅の発色がよく、ほどよく輪郭がボヤけます。なのでちょっとラフに、けれども口紅の持つ色味を最大に出したい場合に向いています。

けれども発色がいいためのデメリットも。

それは「口紅の色が強すぎて浮いてしまう」という悩みのある女子って結構多いんじゃないでしょうか。直塗りしかしたことがない、という女性の中にはリップメイクに今1つ自信を持てない人がいるのはこのためかもしれません。

けれども直接塗りの発色のよさは塗り方の中ではナンバー1。セクシーなモテリップを作るならこの直塗りです♪

口紅の塗り方:指で取って塗る「指塗り」

口紅を塗るとき意外にも優秀なツールが指。指で口紅をサッと取ったら唇にポンポンと置いていくように乗せていきます。

あとはその口紅を全体に広げていけば完成です。指を使うので輪郭がなぞりやすく、自分の持つ唇の形をデザインするには一番手軽で簡単な方法になります。

また発色は控えめで、輪郭もハッキリ出ないのでラフな印象に移ります。あえてキチッとした輪郭を取らないことでオシャレなリップの完成です。

他のメイクはきっちり、リップをあえて外すことで抜け感を作る塗り方もあります。

ラフでオシャレな抜け感を出すなら指で口紅を塗っていきましょう。

口紅の塗り方:ブラシを使う「ブラシ塗り」

口紅を塗るための専用リップブラシ。

このリップブラシを使うことで口紅の輪郭がハッキリ出て、フォーマルなリップを作ることが可能になります。ブラシの中でもコシが強いブラシで、口紅のような"もったり"としたテクスチャのものも簡単に塗ることができるんですよね。

直塗りのパキッとした発色はそのままに、直塗りの弱点でもあったエッジの効いたリップデザインができるのがブラシ塗りの強み。

かわいい、ラフな印象を出すのは指塗りや直塗りに任せて、ブラシを使ってしっかり輪郭が出せるフォーマルできれいなリップをブラシ塗りで目指しましょう。専用ブラシだけあってきれいな仕上がりが特徴です。

【口紅の塗り方】~リップの形~

口紅を塗るとき、リップの形を考えたことがありますか?

自分の唇の形をそのまま塗る人が多いのですが、唇の輪郭を少しはみ出させたり、わざとボリュームを抑えたりすることも。

それはリップの形によって、見る人の印象が変わってくるからなんですよね。口紅でリップの形を変えて、なりたい唇になっちゃいましょう。

口紅の塗り方:縦幅広めのぽってりリップ

かわいいリップを作るなら、普段の唇よりも縦幅を広げてぽってりとしたリップを作ってみましょう。

丸いぽってりとした唇は、男性ウケも抜群♪かわいいと評判の芸能人もメイクに取り入れています。これは「オーバーリップ」と呼ばれており、唇を丸く見せてかわいい印象にすることができるんです。

ポイントは輪郭をオーバーさせるときに、極端に大きくしすぎないこと。自分の唇の輪郭から1ミリ~2ミリ程度に抑えるとナチュラルにかわいいぽってりリップが完成します♪

バランスよく輪郭を取る必要があるので、指塗りや直塗りではなかなか難易度が高くなってしまいます。なので必ずリップライナーを使ってから形をデザインするように心がけてくださいね。

口紅の塗り方:横長の大きめリップ

口の幅には限界がありますが、口角ギリギリまでしっかり口紅を塗って横幅を広く見せることができるメイクです。メイクで横幅を出したい面長さんや、リップメイクで小顔効果を狙いたい女子はこのリップメイクがぴったり♪

口角側に唇を塗るときは不自然にならないように、ある程度エッジを効かせて口紅を塗りたいものです。そのため必ずリップブラシを使うようにしましょう。

おちょぼ口で悩んでいる女性は、唇を横に広く見せるように形を整えてみましょう。慣れればメイク初心者さんでもすぐにコツを掴むことができますよ。

口紅の塗り方:魅惑のアヒル口リップ

世の男性から「かわいい!」と大評判なのがアヒル口。このアヒル口だってリップメイクで作ることができちゃいます。

アヒル口はかわいいけど、私の唇の形じゃ・・・と嘆いているメイク初心者さん。形がアヒル口じゃなければ、形を描いてあげればいいんです!

アヒル口リップの描き方は、なんといっても上唇にポイントが。リップの山から口角にかけて直線的にラインを引いていきます。

元々ある唇の形よりも内側に口紅の色を乗せていきます。かわいい唇で男子たちの視線を集めちゃいましょう♪

こちらもきれいな輪郭を描くためにリップライナーやリップブラシを駆使して、形を整えていきましょう。左右のバランスさえ整えばメイク初心者さんでもアヒル口を作るのは難しくありません。

唇の形をデザインするなら唇の色を消して!

元々ある唇の形を活かしてリップメイクをするならば、そのままでも大丈夫なこともありますが、唇の形をデザインするならば唇の色は最初から消しておきましょう。

理由はもちろん、自分の唇の色が出てしまっていては、きれいにリップの形をデザインすることができないからです。

唇の色を消しておくために使うものは、リップコンシーラーやファンデーションなどが使えます。唇の縦ジワに合わせて軽く叩くように塗っていきましょう。唇の色が隠れることできれいなリップデザインができるようになります。

また口紅の色も邪魔しないので、口紅の色味を目一杯活かすためには唇の色を消すことは有効です。「なんだか口紅の色がちゃんと出ていない・・・」という初心者さん。もしかしたら貴女の唇の色が重なってしまって色が出ていないだけかも?

【口紅の塗り方】口紅を落ちにくくする一手間

メイク初心者もずっとメイクをしている女子も、口紅の悩みと言えば「口紅がすぐに落ちてしまう」ということじゃないでしょうか。

食事やマスクでどうしても落ちやすい口紅を少しでも長くきれいなまま保ちたいものです。

そこで口紅を長持ちさせるにはリップメイクに一手間かけてあげるだけで、持ちが全然変わってきます。それは口紅の二度塗り。

初心者の方はついついべったりと塗ってしまいがちですが、薄く二度塗りすることで口紅の持ちがよくなるんです。

方法は、ます口紅を塗ったらティッシュを口に挟んで余分な口紅をオフします。そしてその上から口紅を重ねるだけです。たったこれだけの一手間で、メイクが長持ちしちゃうんです♪

朝イチでせっかくかわいいメイクが完成しても、すぐに落ちてしまっていては化粧直しも面倒です。少しでもきれいに長持ちするように口紅の二度塗りをおすすめします。

実は落ちにくい口紅を必死で探すよりも、こちらの方法が簡単で落ちにくいと評判なんですよ。

【口紅の塗り方】~リップメイクの手順~

これまではリップの形や色による注意、テクニックを見てきましたがいよいよ口紅の塗り方実戦です!

この手順通りに口紅を塗ればメイク初心者だって簡単にきれいなリップメイクができちゃいますよ♪なかなか口紅が思ったとおりに引けない、なんて悩みを持っている女子も必見です。

口紅の塗り方手順①:リップバームで保湿

最初はリップバームやリップスティックなどで唇を保湿してあげましょう。唇の皮膚は非常に薄くて乾燥しやすいので、油断すると唇がカサカサに・・・

こうなってしまうと見る人に若々しさを感じさせないばかりか、「疲れて見える」「なんだかガサガサしてて若々しくない」なんていう意見まで。ベースメイクではきちんと保湿をしますが、それはリップメイクでも一緒です。

口紅の塗り方手順②:リップライナーでデザイン

唇からのはみ出しや口紅の滲みを考えるとリップライナーで縁取ってあげたほうが、出来映えがよくなりますのでリップライナーを使うようにしましょう。

縁取りだけなら唇の外側だけに。またリップベースとしての役割もありますのでベースとして使うなら唇全体にリップライナーを使ってあげましょう。

口紅の塗り方手順③:下準備ができたらいよいよ口紅

保湿とリップライナーで下準備ができればここで口紅の登場です。

最初に紹介したように、直塗り、指塗り、ブラシ塗り、とそれぞれ特徴を活かしてシーンに合ったリップメイクを心がけてくださいね。

唇の形を自分でデザインせず、自分の唇の形を活かすのならば、メイク初心者は指塗りが簡単です。指でポンポンと置いていくだけで簡単に口紅を塗ることができます。しかも発色がそれほど強く出ないので、ナチュラルなメイクが作りやすいメリットもあるからなんですね♪

口紅の塗り方手順④:うるおいとツヤを与えるグロス

口紅のみだとどうしてもマットな質感になってしまいます。2018年のリップメイクは、ほどよくかわいいツヤ感がポイント♪

なので口紅の上にグロスをオンして、みずみずしいうるおいで唇にツヤめきを与えてあげましょう。

ここでかわいいリップを作るためのグロスの注意点を1つ。口紅の上に重ねるためのグロスなのでカラーはクリアグロスが無難。またグロスを塗る範囲は、唇の中央上下に軽く乗せましょう。そして唇を合わせて自然に広げてください。

こうすると唇の中央だけにグロスが乗って、バランスのいいリップメイクが出来上がります♪くれぐれも唇全体にグロスを塗ってしまわないように注意しましょう。

いかがでしたか?

まずは基本的なリップメイクの基本手順を見てみました。メイク初心者さんはとりあえずこの方法を軸にしてリップメイクを進めてみましょう。

ただ口紅の使い方や色の見せ方はまだまだ奥が深いものなんですよね。ここでワンポイントテクニックを集めてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【口紅の塗り方】ワンポイントテクニック集!

「口紅はサッと直塗りしかしない!」なんてそこの貴女。口紅の塗り方にはこれをするだけでぐっとおしゃれになったり、かわいい印象に、はたまた唇美人に、などメイクの大きなポイントがあります。

普段のリップメイクにも使えちゃう、ちょっとしたテクニックをこちらで見ていきましょう。

ワンポイントテクニック①:リップライナーと口紅の色の差

実はこのリップライナー。どんな色を選ぶかによって使い道が変わる奥が深いアイテム。それは口紅の色を基準にして

・薄い色=リップの輪郭がボヤけてラフな印象に
・濃い色=リップの輪郭がハッキリしてフォーマルな印象に

とそれぞれ使い道が分かれます。

女優さんがパーティーへ参加するようなパキッとしたフォーマルなリップを作るならば濃いリップライナーを。ただ普段使いでこの使い方はなんとなく古臭い印象を受けてしまい、メイクで抜け感が出せません。

普段使いで抜け感を出すなら口紅よりも薄いリップライナーを使いましょう。ラフな印象には輪郭をあまりハッキリさせないような色使いがベターです♪

ワンポイントテクニック②:唇の黄金比率

唇には黄金比率があることを知っていますか?

メイク熟練者はともかく、メイクの初心者だって知っておいた方がいいポイントなんです。それはオーバーリップで口紅を塗るような場合、黄金比率を知っておくだけで、セクシーでかわいい魅力的なリップを作る目安になるからですね。

唇の黄金比率は上唇が1に対して下唇が1.5、これが黄金比率になります。

これを覚えておくだけで、唇の形を自分でデザインするときにはバランスが取れたリップメイクができちゃいます♪

ワンポイントテクニック③:口角に口紅は塗る?塗らない?

皆さん口角へ口紅は塗っていますか?

口角へ口紅は「塗った方がいい」んです。それは口を開けたとき、口角に口紅がついていないと上下の唇が離れて見えてしまうことがあります。

こうなるとだらしない、間の抜けた印象になってしまうからなんです。口を開けたときに、美しいリップがパッと映えるように、口角にも気を抜かず口紅を塗っておきましょう。

口角に口紅を塗るときは口を開けて、丁寧にリップラインをなぞってください。ブラシ塗りや指塗りが簡単です。逆に直塗りははみ出しやすく、ちょっと難易度が上がってしまいます。

ワンポイントテクニック④:ぷるぷるリップを作るには?

ぷるぷるのリップを作るには、先ほども紹介したようにみずみずしさやツヤがポイント。

そのためグロスを使ってふっくらとした、みずみずしいリップを演出してあげましょう。唇の中央にグロスが軽く乗るだけで、きらきらと若々しいリップが彩りを添えてくれますよ。

ワンポイントテクニック⑤:唇の山をあえて消すセクシーリップ

口紅を塗るとき、皆さんは唇の山を作っていると思います。自分の唇の形になっているはずですし、唇の山を活かしたほうがナチュラルなリップメイクができるからです。

けれどもこの唇の山をあえて消して、丸いリップを作るメイクもあるんです。

唇の山を消すとぷるんとした丸いリップで、ぽってりとしたセクシーなリップができるんですよね。思い切って唇の山を消して、あえてのセクシーリップを試してみてはいかがですか?

口紅の塗り方やテクニックを見てみました。

ここで「かわいい、キュート」や「しっかり、フォーマル」とそれぞれの口紅の使い方を見てきましたが、おさらいのためにまとめてみました。どういう使い方をすればどんな唇になれるのかをしっかり掴んでおきましょう♪

かわいいリップを作る口紅の塗り方

まずはかわいいリップを作るためには

・直塗りや指塗りで輪郭をボカしてラフな印象に
・リップメイクは縦幅を意識して、丸いぷるんとしたリップにデザイン
・リップライナーは口紅よりも少し淡いカラーを

これでデートや普段のショッピングに、普段着で出かけるかわいいリップを作っちゃいましょう。

きれいなリップを作る口紅の塗り方

かわいい、とは少し違う、どこかフォーマルでしっかりした感じのきれいなリップ。このリップを作るには

・ブラシ塗りで輪郭をきっちり出す
・リップデザインは口角もきっちり
・リップライナーは口紅と同色、もしくは1トーン濃い目のカラーを

しっかり発色のフォーマルで、デキる女のリップメイクの完成です♪

「こんなリップは嫌だ!」NG口紅/リップメイク

女子たちのメイクに関して、世の中の男子から「これはNG」と思われているリップメイクをいくつかピックアップしてみましたよ。

実際にこのようになっている女子もいますので、皆さんは気をつけてください・・・

NG口紅/リップメイク①:べったりグロス

リップメイクのNGで最も分かりやすい、そしてメイク初心者が陥りがちなのがこちらのべったりグロス。

グロスはリップ中央部分に軽く乗せるだけ。唇全体にグロスをべったりと乗せてしまうとみずみずしさどころではありません。むしろ「テカテカ」に見えてしまうんですよね(汗)

ツヤツヤしていた方がかわいい!というわけではありません。何事もバランスですよ。

NG口紅/リップメイク②:薄すぎる下唇

唇がもともと厚めの女子がやりがちなのがこちらの、薄すぎる下唇。

唇の黄金比が崩れてしまうばかりか、薄いリップはどこか幸薄そうなイメージに写ってしまいます。唇の黄金比に従って理想のバランスで口紅を描いていきましょう♪

唇をデザインするときオーバーリップとは逆に、アンダーリップにする場合ももちろんあります。そんなときは、唇のラインからプラスマイナス2ミリまでに収めておくと自然なリップメイクができますよ。

もちろんこの場合、指塗りや直塗りはラインが崩れやすいのでブラシを使うようにしましょう。

NG口紅/リップメイク③:時間が経つとすっぴんリップ

飲食をするとすぐに口紅が取れてしまう、朝は口紅がついていたのに、すぐにすっぴんリップになってしまう。これんなリップメイクもNGですね。

とにかく落ちにくい口紅を探している女子が多い印象ですが、落ちにくく口紅を塗るのが現実的。一番やってはいけないのが、落ちやすいから、と濃い目にべっとりと口紅を塗ってしまうことです。

これをしてしまうと、口紅って落ちやすいんですよね。直塗りの場合、特にこうなってしまいやすいので薄く重ね付けが基本ですよ。

また口紅全体にリップ下地やリップコンシーラー、リップライナーでベースを作ることで、さらに落ちにくいリップメイクに。気付いたらいつも口紅が落ちている、という悩みをお持ちの方は、下地をちゃんと使って薄く重ね塗りで対策しましょう。

口紅は色選びも大切な要素♪

口紅を使うときは直塗りやブラシ塗りなどの塗り方、落ちにくいための下地使いや重ね塗り、と合わせて大切なのが色選びです。

パーソナルカラーとも呼ばれる「自分に似合う色」「メイクのカラーがケンカしない調和の取れた色」を選ぶことはとっても大切。

この色選びが合っていないと、口紅だけ浮いてしまっている、唇だけがすごく尖った印象で"唇お化け"っぽい、などメイク全体のバランスまで崩してしまいます。

それは口紅の発色がいいことと、メイク全体の占める割合が大きいからなんですよね。アイメイクやベースメイクが自分の肌色に合ったカラーがあるように、リップメイクも肌色から合う色を探すことができますよ。

イエローベースさんの口紅の色選び

まずは黄色っぽい肌をしているイエローベースさんのリップカラー選びについて見てみましょう。

腕の血管の色が緑色に見える方はイエローベースさんになります。

【イエローベースさんに合うリップカラー】
コーラルピンク
オレンジ
ベージュ

このような色が似合うんです。どちらかと言うと、暖色系の温かみのある色合いがイエローベースさんにはしっくりきます。

ブルーベースさんの口紅の色選び

そして透き通るような肌が印象的なブルーベースさんが似合う口紅の色を見ていきましょう。

ブルーベースさんの見分け方は、イエローベースさんと同じく腕の血管の色。これが青く見える方がブルーベースさんになりますよ。

【ブルーベースさんに合うリップカラー】
ローズピンク
マゼンダ
ピンクベージュ

このような色が似合います。色を並べてみると青みがかった色が、ブルーベースさんのナチュラルに馴染むカラーなんですね。

脱初心者!口紅の塗り方の基本をマスターして美リップに♪

口紅の塗り方を細かく紹介してみました♪

基本をマスターして美リップをメイクで実現できるようにがんばっていきましょう。直塗りしかしない、リップのカラーは1つしか持っていない、なんて方もいるくらいですが、リップメイクの幅が広がればもっとかわいくキュートなリップに♪

基本になるメイクを持っておけば、色々なシーンで応用が効きますからTPOに合わせてかわいい口紅、フォーマルな口紅、と使い分けていきたいですね。

口紅はデザインや塗り方で自由自在♪

いかがでしたか?

口紅はデザインや塗り方を変えるだけで、見る人への印象が大きく変わります。また塗り方を一工夫するだけで、あれだけ落ちやすかった口紅の持ちが変わってきます。

落ちにくい、きれいなリップを長時間維持できると普段のメイクにも自信が持てますよ。また自分の唇の形だけでなく、デザインも準備次第で変えてしまうことだってできるんです。

お手軽に、しかも簡単に印象を変えることができるリップメイク。ここを上手に見せることができるかどうかで、男子ウケも随分と変わってきますからね。

「口紅をとりあえず塗るだけ」ではもったいないですよ。

もっとリップメイクについて知りたいあなたへ!

人気リップランキング11選!口紅はこれを買いたい!
赤リップが似合わない顔の特徴!似合う顔になるにはどうする?
ピンクベージュリップおすすめ9選!高感度抜群の女になれる!
リップクリームおすすめ人気ランキングTOP23!【口コミあり】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ