おゆまるくんの使い方&アクセサリーの作り方解説!【100均】

おゆまるくんというものは知っていますか? 今、話題の、粘土のような感覚で、レジンのようなアクセサリーが作れたり、レジンや、フェイクスイーツの型取りにも使える面白いものです。 おゆまるくんの使い方や、アレンジ方法まで、一緒に見ていきましょう。

おゆまるくんの使い方&アクセサリーの作り方解説!【100均】のイメージ

目次

  1. おゆまるくんで手作り・アレンジ
  2. おゆまるくんで手作り・アレンジ(1)基本的な使い方
  3. おゆまるくんで手作り・アレンジ(2)使い方の注意
  4. おゆまるくんで手作り・アレンジ(3)アクセサリーを手作り
  5. おゆまるくんで手作り・アレンジ(4)レジンのように使う
  6. おゆまるくんで手作り・アレンジ(5)レジンのアレンジ
  7. おゆまるくんで手作り・アレンジ(6)おゆまるくんで型取り
  8. おゆまるくんで手作り・アレンジ(7)型取りの作り方
  9. おゆまるくんで手作り・アレンジ(8)型に詰める作り方
  10. おゆまるくんで手作り・アレンジ(9)型取りのアレンジ
  11. おゆまるくんで手作り・アレンジ(10)固まった後のアレンジ
  12. おゆまるくんで手作り・アレンジ(11)どこで買えるの?
  13. おゆまるくんで手作り・アレンジ(12)他の使い方
  14. おゆまるくんで手作り・アレンジ(13)子供の自由発想にも
  15. おゆまるくんで手作り・アレンジ まとめ

おゆまるくんで手作り・アレンジ

そもそもおゆまるくんって何?
という人に説明をします。

おゆまるくんとは、お湯に入れると、柔らかくなり、粘土のようにして、形を作ることができます。
実際には、粘土ではなく、プラスチックのようなものです。

ダイソーやセリアでも見かけることができます。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(1)基本的な使い方

手作り品で。アクセサリーや、キーホルダーを作る際に、とても便利な、おゆまるくんですが、使い方はちゃんと覚えていますか?
おゆまるくんの使い方を見ていきましょう。

まず80度以上のお湯に2〜3分入れておきます。

お湯につける時間が短いと、固く、整形が大変になってしまいます。

おゆまるくんが柔らかくなったら、取り出します。
おゆまるくんが熱くなっていますので、箸などでつかんで取りましょう。

(1)水分をきちんととる

使い方の、次の行程にいきます。

箸で取ったおゆまるくんは、タオルなどの上に、一旦おきます。

おゆまるくんについている水分をよく拭き取りましょう。

おゆまるくんは、水分が残っていると、うまく形を作ることができないことがあるので、きちんと拭き取る作業が、作り方でも、大切になります。。

お湯につけておく時間が短いと、この水分を取っている作業の間に固まってしまいます。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(2)使い方の注意

おゆまるくんを使う時の注意点とはなんなのでしょうか?

おゆまるくんを使って、アクセサリーやキーホルダーを作る時などに、気をつけたい注意点についてまとめてみましたので、一緒に見ていきましょう。

注意点を気にかけておけば、正しい使い方にもなりますよ。

(1)硬くなってきたら、再度お湯へ

おゆまるくんは、お湯につけることで、何度も、再生可能なものです。

一度アクセサリーやキーホルダーにした後でも、気に入らなければ、またお湯につけておき、使い直す。というやり方もあります。

それ同様に、アクセサリーやキーホルダーが、なかなか仕上がらずに、おゆまるくんが硬くなってしまった時は、お湯に少しつけておくことで、また、柔らかくなります。

お湯につけておいたからといって、原形をとどめなくなるほどに、柔らかくはなりませんので、安心してくださいね。

(2)火傷に注意

おゆまるくんは、80度以上のお湯につけておきます。
取り出すときには、火傷に注意しないといけません。

少しの時間とはいえど。かなり熱くなっていますので、指先でこねるようにした使い方がオススメです。

ダイソーやセリアなどで手軽に買えてしまうので、子供が火傷をしてしまわないように、子供だけでやらせるのはオススメできません。

YouTubeなどで、おゆまるくんで体の方を取るようなものがありますが、そのような使い方は、気をつけないと、火傷をしてしまいます。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(3)アクセサリーを手作り

おゆまるくんで、アクセサリーを作ってみたい!
そう思っている人も多いですよね。

おゆまるくんは、レジンのようなアクセサリーを作ることもできますし、粘土のような感触なので、好きな形のアクセサリーが作れます。

時間が経ち、おゆまるくんが冷めてしまえば、固まりますので、普段アクセサリーとして使っていても、何の問題もなく過ごせると思います。

気に入らなくなってしまったら、再度お湯に入れ、アクセサリーを作り直すという使い方ができるのもいいところですよね。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(4)レジンのように使う

おゆまるくんを使って、手作りのレジンに似たものを作れるのを知っていますか?

レジンというと、ライトで固めたり、レジン液を何度も分けて足していったり、大変ですが、おゆまるくんを使ってレジンに似たものを作るときは、とても簡単です。

おゆまるくんでレジンアクセサリーや、キーホルダーを作る作り方や、コツなどを見ていきましょう。

(1)中身が見えるカラーで

レジンというと、透き通っていて、中にパーツが入っているのがよく見えますよね。

おゆまるくんをレジンの代わりにするときも、レジンと同様に、よく透き通る色を使うことで、本当のレジンのように見えます。

作り方は、レジンを作るときと同じように、パーツを使う作り方がオススメですが、レジンのように平らになっている部分においていくのとは違い、おゆまるくんで、包み込んでいくような、埋め込みの作り方で作ります。

中に違う色のおゆまるくんを入れることで、またレジンのような雰囲気が出てきます。


◆関連記事:もっとおゆまるくんについて知りたい!

おゆまるで型取り!レジンを簡単に型取りする方法解説!

おゆまるくんで手作り・アレンジ(5)レジンのアレンジ

レジンのようにパーツを作ったら、今度はそのパーツをアレンジして、アクセサリーや、キーホルダーにする作り方について、見てきましょう。

自分だけのオリジナルキーホルダーや、アクセサリーが、簡単に作れると嬉しいですよね。
友達や家族で、色違いのキーホルダーなどを作るのもオススメです。

ダイソーや、セリアなどで購入した、おゆまるくんなら、100円ほどで、できてしまうということになります。

(1)キーホルダーにしたい

まずは、キーホルダーの作り方について、見ていきましょう。

キーホルダーは、好きな形にした後、キーホルダーの部分をつける箇所を作らなくてはいけません。

キーホルダーの種類にもよりますが、おゆまるくんが固まらないうちに、棒などを差し込んで、穴を開けておくこたで、パーツを取り付けることができます。

(2)ネックレスにしたい

キーホルダーと同様に、穴を開けておく作り方もありますが、ネックレスの場合、穴はできるだけ目立たなくしたいですのね。

その場合だと、おゆまるくんが、固まらないうちに、丸カンや、紐を刺してしまう作り方をオススメします。

丸カンは、キーホルダーの時も同様ですが、丸の大きさに似合った場所に穴を開けないと、丸カンが、はまらなくなってしまいますので、気をつけましょう。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(6)おゆまるくんで型取り

おゆまるくんを、型取りの、型にして使う使い方もあります。

おゆまるくんは、冷めると固まるので、その性質を生かし、型を作ります。

型を取った場合、周りの部分が厚みのある型にしてしまうと、型を抜くにくくなってしまいますので、固まった後に、カッターなどで、そぎ落とす作業をすると、型取りとしての使い道は、とても楽になります。

削ぎ落としたおゆまるくんは、お湯に入れひとまとめにすれば、また型取りなどに使うことができます。

(1)レジンやフェイクスイーツの型に

おゆまるくんで取った型を使ったアレンジとして、レジンの型にしたり、フェイクスイーツの型にすることができます。

レジンを固める際のライトでも、おゆまるくんは、変形することはありませんので、レジンの型にもぴったりです。

フェイクスイーツでは、細かい質感などを、毎回作ることが、一回型を取ってしまえば、省ける作業になります。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(7)型取りの作り方

おゆまるくんで型取りをするときの使い方について見ていきたいと思います。

型を直接取るやり方と、型にはめるやり方で見ていきたいと思います。

どちらも、簡単に作ることができますし、失敗しても、やり直しがなんども聞くという点では、おゆまるくんは、型取りにぴったりなのではないでしょうか。

(1)直接型取り

まずは、直接型を取る方法を見ていきましょう。

形のあるものを複製したい時などに使うやり方になります。

型を取りたいものに、おゆまるくんを押し付けるか、型を取りたいものを、おゆまるくんに押し付けます。

立体的なものは、包んでしまうと、取れなくなってしまうため、半分のところまでを、一回分の型取りで取ります。

先ほど述べたように、周りを少し削ぎ落とすと、型を使うときに、使いやすくなります。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(8)型に詰める作り方

次に、型を複製する使い方を見ていきましょう。

型があるものに、おゆまるくんを詰め、型を取ることで複製していきます。

用途の違うものに、同じ型を使いたい時や、たくさんにいっぱい、同じものを作りたいときに、とても役に立つ使い方です。

(1)型に詰める

まずは、型に、柔らかくした、おゆまるくんを詰めていきます。

このときに、型が柔らかい物だと、おゆまるくんを押し付けすぎてしまうと、変形の原因になってしまいますので、型に入れたあとに、型の方を動かして、ぴったりとはめていくやり方がオススメです。

完全に、固まるまでは、おゆまるくんは、外さずに、待ちましょう。

(2)詰めた物を型どる

肩が取れたら、余分なおゆまるくんは、切り取ります。
切り取った、おゆまるくんは、お湯につけて、まとめれば一つになりますので、捨てずに、置いておきましょう。

綺麗に型ができたら、そのおゆまるくんを、おゆまるくんで型取りします。

熱すぎると、土台にした、おゆまるくんも変形してしまいますので、気をつけてください。

冷めているようでも、型にして時間を置くと、熱が伝わりますので、注意が必要です。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(9)型取りのアレンジ

おゆまるくんで、型取りをした時にできる、アレンジについて見ていきましょう。

なんども、再生することができる、おゆまるくんですので、自分の気に入った型ができるまで、色々と作って見てはいかがでしょうか?

キーホルダーや、アクセサリーを作るときでも、型があると、簡単に作れますよね。

では、アレンジについて少し見ていきましょう。

(1)二つくっつけて立体に

同じ形のもので、二つ型から、形を取り、くっつけることで、立体的なものが、型取りでできます。

ドロップや、球体なども、このやり方で作ることができます。

型取りでは。半分しか、型を取ることができませんので、後からくっつける作業が必要になります。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(10)固まった後のアレンジ

おゆまるくんで、好きな形にしたら、それをキーホルダーなどにしてみるのはどうですか?

丸カンなどを通すことを考えずに、形を作った場合は、冷めて、固まった後に、ピンバイスで、穴を開ける方法をお勧めします。

この場合も、丸カンを通す時と同様に、丸カンの大きさを、確かめながら、穴を開ける場所を決めてください。

(1)型取りを使えば同じものが作れる

型取りをしたものを使えば、同じものがたくさん作れますので、友達同士でお揃いにしたり、コンサートなどにみんなでつけていくこともできるので、オススメです。

ドロップなどの形を作り、ブレスレットなどにして繋げるのも、とても可愛いですね。

カップルで、二人だけの、アクセサリーを作るのも、特別感があっていいですね。

(2)ピンバイスの使い方

ピンバイスは、手芸屋さんで購入することができます。

レジンなどに、穴を開ける際に使うもので、先が、ドリルのような形で、尖っていますので、取り扱いには、気をつけてください。

使い方は、手動の、ドリルのように、先の部分で穴を開けていきます。

おゆまるくんは、柔らかいので、力も、そこまで使うことなく、穴を開けることができます。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(11)どこで買えるの?

今まで述べてきた中で、ダイソーや、セリアなどの100円ショップでも購入できると書いていますが、実際には、どのようなところで販売されているのでしょうか?

ネットでも、もちろん買うことができますが、身近にあるダイソーやセリアで変えたら、手作りも楽で楽しいものになりますし、みじかなものになります。

(1)ダイソーやセリア

ダイソーやセリアでは、文房具の売り場にあったり、粘土の売り場にあったりと、ダイソーやセリアでも売り場に違いがあるようです。

ダイソーやセリアと言っていますが、キャンドゥにも、取り扱いはあるようです。

ダイソーのものは、型が入っているもので、おゆまるくんの本数は、セリアに比べると少なめです。

セリアのものは、ダイソーのような型がないため、何をしていいかわからず買った人には困ってしまうかもしれません。

(2)ハンズや手芸屋

ダイソーやセリアだけでなく、ハンズのような、ハンドメイドの材料を扱うお店にも、おゆまるくんはあります。

手芸屋さんでも、取り扱いをしているところが多くあります。

ダイソーや、セリアに比べると、値段が高く、ダイソーやセリアでは入っていない色まで、たくさんの色が入っています。

ダイソーやセリアは、100円で販売できる、個数しか入っていないとも言えます。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(12)他の使い方

おゆまるくんは、レジンアクセサリーのように使ったり、型取りなどにも使えることがわかっていただけたと思います。

フェイクスイーツを作る際にも、おゆまるくんは、とても優秀な仕事をしてくれます。

フェイクスイーツで、どのようにして使うのかや、使う場所などについて、見ていきましょう。

(1)フェイクスイーツのジャムやゼリーに

フェイクスイーツを作ってみたいという人にも、おゆまるくんはオススメです。

クッキーの中のジャムや、ゼリー、グミのような、透き通っているスイーツに、おゆまるくんはぴったりです。

棒をつけて、キャンディーにしたり、オレンジや、キウイや、パインなどのフレッシュなカット果物にもオススメですよ。

おゆまるくんで手作り・アレンジ(13)子供の自由発想にも

おゆまるくんは、使い方も簡単なので、お子さんの自由な発想を伸ばすのにも、ぴったりです。

ただ、先ほどから述べているように、熱湯を使いますので、大人の方が見守っていてあげられる状況下で、遊ばせるようにしましょう。

お湯などは、使い終わった後は、すぐにどかすなどの方法で、火傷などの事故を防ぐ必要もあります。

(1)スーパーボール

おゆまるくんのパッケージにも、書いてあるように、おゆまるくんは、スーパーボールにもなります。

プラスチック粘土なので、床などに落とすと、スーパーボールのように跳ねます。

弾力などは、本当のスーパーボールのようにはいきませんが、いろいろな色を混ぜたりして、オリジナルのスーパーボールができるので、オススメです。

(2)自由研究

夏休みの、宿題の一つにもある、自由研究などの、自由作品には、おゆまるくんを使うと作る楽しさもあるので、楽しみながら、自由研究ができると思います。

海などの透き通ったものも再現できますし、ただの粘土としてではなく、作品として、宿題を提出するのはいかがでしょうか?

おゆまるくんで手作り・アレンジ まとめ

いかがでしたか?

実は、簡単にアクセサリーやキーホルダーを手作りすることができるんですね。

使い方や、アレンジのやり方は、知っているようで知らなかったことなどありましたか?

おゆまるくんを知ってはいたけど、挑戦したことのない・・・
という人も、ダイソーや、セリアに行った際には、100円で、手軽に買えるので、挑戦してみてはいかかでしょうか?

もっとレジンについて知りたいアナタはこちら

レジンアクセサリーの作り方!初心者でも簡単に作れる!
セリアのレジンが優秀!100均レジン液でアクセサリーを手作り!
押し花レジンアクセサリーの作り方!ピアスやスマホケースに!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ