ラブホ代はどうしている?世間のカップルに聞くデート事情

ラブホ代割り勘賛成派・反対派それぞれの意見を紹介します。ラブホ代割り勘問題はカップルによって考え方が異なります。彼氏の年齢や収入、そして2人の関係性によっても割り勘に対する考え方は違ってくるでしょう。そこで自分たちの関係を知るためにも世間のカップルのデート事情を聞いてましょう。

ラブホ代はどうしている?世間のカップルに聞くデート事情のイメージ

目次

  1. カップルはどこまで割り勘してる?デート代は?
  2. ラブホ代を割り勘するのには賛成?反対?女性の意見
  3. 割り勘したい?男性の意見は?
  4. 割り勘しようと言われときの対処法
  5. 事情は人それぞれ!まずはお互いに話し合ってみて

カップルはどこまで割り勘してる?デート代は?

ラブホ代を割り勘にしてって彼氏に言われたんだけど、これって普通?ラブホ代くらい男性が払うものじゃないの?

そんな風に頭をかしげる女性も多いはず。そんな時は周りのカップルの意見を聞いてみたくなりますよね。デート代も含め、カップルは実際どこまで割り勘にしているのでしょうか?

デート代は割り勘派や男性に払ってほしい、女性に払ってほしくないというさまざまな意見があるようです。年齢層が低くなるほど割り勘の常識が広がっていっているようですが中にはまだ一定数割り勘は嫌だという否定派もいます。

今回はデート代やラブホ代を比較しつつ、割り勘に対する意識の違いやカップル事情について賛成派・否定派それぞれの意見を紹介していきます。

▼関連記事:デート代は割り勘するのか?男性・女性それぞれの本音はコチラから!

デート代は割り勘?男の奢り?女性の本音を調査!
デートで割り勘する?男性・女性の本音を調査!男がおごって当然?

ラブホ代を割り勘するのには賛成?反対?女性の意見

デート代をどちらが払うのか、または割り勘にするのかという意見はカップルによって様々です。

デートは二人で楽しむものですから当然割り勘で問題ないという女性もいれば、デート代を出してもらったら違う場面では自分が払い全体的に平等になるようにしているという女性もいます。

そんなにお金持ちの彼氏ばかりではありませんから、デート代を彼氏ばかりに負担してもらうことでデートの回数が減ってしまうのも嫌ですよね。

でもラブホ代を割り勘にしたいという彼氏のことはどうでしょうか?例えば記念日や特別な日に高いディナーをごちそうしてもらった後ならラブホ代くらい割り勘にしても違和感はなさそうですが...?

普段からラブホ代も割り勘で!という彼氏には敏感に反応してしまう女性も多いようです。それでは彼氏に「ラブホ代半分お願い」と言われたとき彼女はどう思うのか本音を聞いてみましょう。

ラブホテルの予約なら【ホテリブ】がおすすめ!

割り勘でも問題ない!【賛成派】

まずはデート代と同様、ラブホ代が割り勘でも問題ない!という賛成派も一定数います。

デート代の場合、おごってもらいたい派よりも、割り勘派と彼よりは少ない額を負担派が多いのですが、ラブホ代の割り勘は嫌だという女性が過半数を占めるようです。

とはいえ、4割ほどの女性はラブホ代を割り勘しても問題ないと考えているようです。ではラブホ代を割り勘にしてもいいと思う女性の本音を聞いてみましょう。

お互いが楽しむ時間だから

ラブホはデートと同じでお互いが楽しめる場所。彼氏ばかりがラブホ代を出していたら毎月かなりの負担になってラブホに行く回数が減ってしまいます。

特に同世代のカップルなら懐事情も似たようなものですよね。彼氏にばかり払わせてラブホの回数が減ってしまうよりもお互いが負担なく楽しむためにラブホ代を割り勘にするほうが良いのです。

特に実家暮らしのカップルなら二人きりになれる場所はラブホくらいしかない場合もありますから、割り勘をしても貴重なラブホの時間は割り勘でなるべく増やしたいというのが本音なのです。

彼氏が年下だから

ラブホ代を割り勘にするかどうかは彼氏の経済事情によるところも大きいようです。例えば彼氏が年下だからラブホ代は割り勘で当然だという意見があります。

彼氏が年下の場合、自分よりも収入が低いことも多いですし彼女が社会人で彼氏が大学生という可能性もありますよね。

懐事情が寂しい彼氏にラブホ代をすべて出してほしいというのは到底無理な話。彼女ならそれくらいは分かるので割り勘でも問題ないのです。

彼氏に悪い気がするから

彼氏にラブホ代をいつも払ってもらうのは申し訳ない気がするからという意見もあります。

デート代もラブホ代も割り勘なら明朗会計でお互いのお財布の負担も軽くなります。また自立心の高い女性は彼氏に払ってもらうということ自体フェアじゃないと考えることがあるようです。

安いラブホより割り勘でいいラブホに泊まりたい

例えショートステイだとしても毎月のラブホ代はかなりの金額になってしまいます。彼氏にラブホ代を任せていると安いラブホばかりになることだって当然ありうるのです。

いつも高めのラブホに泊まる必要はありませんが、毎回安いラブホだと彼女も興ざめですよね。それよりも彼女が半分負担して人気のラブホに泊まる方がいいという意見もあるのです。

結婚を考えているから

付き合いが長いカップルや結婚を考えているカップルほど割り勘肯定派が増えます。それはお互いの懐事情や貯金のことをよく分かっているから。

特に結婚前提に考えているのなら共同名義で貯金を始めているカップルもいるでしょう。そういうカップルなら出費も「2人のもの」という考えがしっかりしているので割り勘でも不思議ではありません。

ラブホ代は払いたくない【反対派】

デート代は割り勘派が増えてきたとはいえ、ラブホ代はさすがに男性に払ってほしいという意見は半数を超えます。

ラブホ代を割り勘にされたらその場でドン引き、彼への気持ちがそこで一気に冷めるという女性も多いようです。

では割り勘は嫌だという反対派の女性の意見を聞いてみましょう。

彼氏が年上だから

彼氏が年上で彼女とは収入差がある場合はやはり彼氏にラブホ代を払ってほしいという意見になるようです。

デート代と比べるとラブホ代は高いですし、デートに比べるとラブホを使う頻度は少ないですからそこはお願いしたいという気持ちですよね。

男性として格好つけてほしい

ラブホに行くときは彼氏にリードしてもらいたいと思うのが女性の本音ですよね。

学生なら入口で二人で財布を出し合って...というのもあるのかもしれませんが、やはり社会人になると男性にはラブホでさっと支払いを済ませてもらってスムーズに部屋に進みたいものです。

ラブホに行って部屋に行くまでの一連の流れはサラリと進めてほしいもの。これは女性のワガママかもしれませんが、彼氏にはやはり格好つけてほしいのです。

そういう意味ではラブホ代は彼氏に払ってほしいという気持ちも理解できますよね。

大切にされていない気がする

彼氏からラブホ代を割り勘にしてと言われると「大切にされていない」と思う女性もいます。

例えば長く付き合っていてお互いの懐事情を分かっていれば時々「今日は割り勘でもいい?」と言われても嫌な気持ちはしないかもしれません。

けれど初回から「割り勘ね」と言われるとどうでしょう?彼のドライな考え方はそのまま彼女に対する気持ちを映し出していると思ってしまっても仕方ありません。

ラブホに誘うのは彼氏だから

彼女がラブホに誘うならまだしも、彼氏がラブホに行こうと誘ってくるのだからラブホ代は彼氏が持つのが当然だと思ってもおかしくはありません。

誘った方が払う。これなら誘う男性の方も同じように考えているのではないでしょうか?

セックスが楽しくない

女性の中には「セックスは男性が気持ちよくなるためのものだから」ラブホ代は彼氏持ちでお願いしたいという意見があります。

彼氏とセックスするのが好きという女性もいれば、セックスがあまり好きではない女性もいます。

経験が少ないとセックスを楽しめないこともあるのでラブホは彼氏のためだと思ってしまうのでしょう。

自分が楽しめない行為のためにラブホを使うのであれば彼氏に支払ってもらいたいというのは当然かもしれませんね。

▼関連記事:彼女がエッチしたくない理由と対処法はコチラ!

彼女がエッチしたくない理由。その気にさせるためにすべきことは?

割り勘したい?男性の意見は?

では男性の意見も聞いてみましょう。

ラブホ代はどちらが持つべきかという質問に対する男性の意見はほぼ半々。割り勘派もいれば自分で出したいという意見もあります。

割り勘したい男性

まずは割り勘派の男性の意見から聞いていきましょう。ラブホ代は彼氏に払ってほしいという彼女が多いなか、やはり割り勘でお願いしたいという正直な男性の意見を紹介します。

なぜ割り勘がよいのか男性の本音は?

長く付き合うことが前提だから

ラブホ代を割り勘にしてほしいと思う男性には「長く付き合っていきたいから」という意見がありました。

遊びならセックスは男性の欲望のためのもの。それならラブホ代は男性が払うけれど、彼女とずっと付き合っていきたいと思うからこそ割り勘にしたいというのです。

これだけ聞くと彼女が大切にされていない気がしてしまいますが、ずっと長く付き合いたいから毎回ラブホ代を男性が払っていると経済的負担が大きくなりすぎるのです。

ずっと良い関係を続けるならお財布事情もきちんと彼女にも理解してほしいと思うのも当然のことですね。

セックスは二人で楽しむものだから

ラブホ代は割り勘にしたいという男性には「セックスは男のためだけじゃなくて二人で楽しむものだから」という意見があります。

確かに恋人同士でセックスを楽しむことは男性のためではなくお互いのため。スキンシップやセックスを通じて愛を確認し合うことってありますよね。

彼女も彼氏とそういう時間を持ちたいと思っているのだから男性だけが負担するのはおかしいと思うのも当然なのかもしれません。

収入が変わらないから

彼女が男性よりも収入が少ないのであればラブホ代は彼氏が払うというのも当然ですが、収入が変わらないのであれば男性ばかりが負担するのは不公平と思う気持ちも出てきますよね。

ラブホ代を毎回男性が支払おうと思うとやはり懐事情が厳しくなって当然です。彼女にとってもラブホ代を全部彼氏に負担させることでチープなデートになってしまうのも不本意でしょう。

収入が同じくらいならデート代やラブホ代をどこで公平にするかということも考えなければいけません。

割り勘にはしたくない男性

一方、割り勘にはしたくないという男性もいます。割り勘にはしたくない男性の意見と割り勘派の意見を比較して、自分の彼氏がどちらのタイプなのか考えると良いでしょう。

ラブホ代の支払い問題はなかなかデリケート。彼氏がどんな意見を持っているのか理解してあげることが大切です。

それくらい恰好つけたい

ラブホ代くらいは男が支払いをして男のメンツを保ちたいという意見が割り勘否定派には多いようです。

女性から聞くと「セックスは男のプライド」というのもおかしな話ですが、彼女をラブホに誘っておいて「じゃあ4000円お願い」なんて恥ずかしいとういのです。

また、格好つけたい男性は女性から「半分出すよ」と言われるのも苦手のようです。

男が払うものだと思っているから

割り勘も何もラブホ代は男性が払うのがマナーでしょう?と言うように、割り勘否定派にはそもそも男性がは払うものだと思い込んでいてなんの疑問も持たない人が多いようです。

ラブホ代を女性に負担してもらうのは非常識と考えているので、こういうタイプの男性にはラブホ代を少しでもだそうとすると断わられるのがオチ。

女性が支払うのは男性のプライドが許さないというところでしょうか。

女性にはリスクがあるから

男性の中には「女性にとってセックスはリスクを伴うものだからラブホ代くらい男が出す」という意見もありました。

どんなにセーフセックスを心がけていても妊娠のリスクは常に存在します。妊娠してしまったら女性の体には大変な負担を強いることになりかねません。

男性にはそのリスクがないのでラブホ代は男性持ちだという意見になるのでしょう。

アフターピルやピルで女性ができる避妊をしよう【スマルナ】

アプリで問診に回答するとオンラインで診察してくれ、最短翌日にはポストにピルが届くアプリ【スマルナ】。毎月ピルが届く定期便もあるので、コンドームと併用すればより高い避妊効果を得ることができます。

割り勘しようと言われときの対処法

割り勘しようと言われたときはどうすればよいのでしょうか?

心情的に女性も少し負担してあげたいなと思うことはあってもラブホの会計時に「割り勘ね」と言われることに違和感を感じる人も多いでしょう。

その場合どうしたらよいのか対処法を紹介します。

手持ちがないからとやんわり断る

ラブホ代は彼氏に払ってほしいと思うのなら彼氏の機嫌を損ねないようにやんわりとお断りしましょう。

彼氏がそれなら仕方ないなと思う理由を使って断ることがポイントです。「さっき使っちゃったから今手持ちがないの」という理由は中でも彼氏が受け入れやすいようです。

行く前に、「手持ちがないからラブホは今度にする?」と言っておく方法もあります。それでも彼氏がラブホに行きたいのなら支払ってもらってもよいですよね。

「次は払うね」ととりあえず出してもらう

割り勘しようと言われたときにとりあえず「次は払うから今回はお願い」という断わり方もあります。

次はというフレーズを使ってその場はかわしますが、落ち着いたあとに2人で今後のラブホ代をどう負担するのか話し合うのもよいでしょう。

「ラブホ代は彼氏に払ってほしいからコンビニで飲み物や食べ物を買うのは自分が払うね」など二人が納得する形を見つけるのがおすすめです。

素直に払う

割り勘にしたいと言われたら素直に払っても良いのではないでしょうか?

割り勘にするかどうか、してほしいかどうかは自分が割り勘に対してどう考えるかによります。その点においてはカップルによって様々。

友達カップルは彼氏が払ってるからというのは理由にはなりません。もしも自分が払うことに違和感を感じるのであればその場は割り勘にしてもきちんと気持ちを伝えるようにしましょう。

違和感を感じながら割り勘を続けていても「彼女は納得している」と彼氏は思ってしまうだけ。その違和感はいずれ関係に亀裂を生じさせることもありますから気持ちを理解してもらうことは大切です。

事情は人それぞれ!まずはお互いに話し合ってみて

ラブホ代割り勘問題はカップルによって考え方は様々です。彼氏の年齢や収入によっても事情は変わってきます。

問題は彼女が「割り勘」に対してどう感じるか。

もしも違和感を感じるのなら彼氏と話し合うと良いでしょう。違和感を閉じ込めておくとのちのちトラブルの原因になります。

ラブホ代を割り勘するかどうかは恥ずかしくても彼氏に気持ちを伝えてしっかりと話し合うことが大切です。

▼関連記事:ラブホデートのマナーについてはコチラ!

ラブホデートのマナー9選!過ごし方・誘い方などのたしなみ解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ